きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

親族紹介

307 :きまぐれ鬼女 2017/05/31(水) 10:49:58 ID:6WCkm+Lh.net
新婦親族として出席した結婚式
結婚式と言うか、その前段階の親族紹介のときの話だけど

新郎母は新郎が子供の時に離婚してシングルマザーってことは聞いてた
新婦親族は新婦父、新郎親族は新郎母が紹介してたんだけど、新郎母が最後に紹介したのはなんと彼氏
彼氏が来てたことにもびっくりしたけど、その文言が「今私がお付き合いしてる〇〇さんです。近々同棲して、ゆくゆくは入籍したいと思ってますのでよろしくお願いします」だった
新郎は顔が見えないくらいうつむいて、新婦はシラーっとしてたけど新郎母は照れてる感じで気づいてない
彼氏は挙式でも披露宴でも新郎母の新郎母の隣に座ってた
式にまで出るってことは、付き合いも長くて新郎とも交流があるんだと思ったけど、まだ付き合って二、三年で新郎とも顔見知り程度らしいことにもびっくり

それからもう三年以上経つけど、新郎母とその彼氏はまだ同棲もしてないらしい
彼氏が紹介されたときの新婦親族の声にならない驚きは今でも忘れられない
不幸ほどではないけど、当時学生だった私には結構衝撃だった
続きを読む

307 :きまぐれ鬼女 2017/05/31(水) 10:49:58 ID:6WCkm+Lh.net
新婦親族として出席した結婚式
結婚式と言うか、その前段階の親族紹介のときの話だけど

新郎母は新郎が子供の時に離婚してシングルマザーってことは聞いてた
新婦親族は新婦父、新郎親族は新郎母が紹介してたんだけど、新郎母が最後に紹介したのはなんと彼氏
彼氏が来てたことにもびっくりしたけど、その文言が「今私がお付き合いしてる〇〇さんです。近々同棲して、ゆくゆくは入籍したいと思ってますのでよろしくお願いします」だった
新郎は顔が見えないくらいうつむいて、新婦はシラーっとしてたけど新郎母は照れてる感じで気づいてない
彼氏は挙式でも披露宴でも新郎母の新郎母の隣に座ってた
式にまで出るってことは、付き合いも長くて新郎とも交流があるんだと思ったけど、まだ付き合って二、三年で新郎とも顔見知り程度らしいことにもびっくり

それからもう三年以上経つけど、新郎母とその彼氏はまだ同棲もしてないらしい
彼氏が紹介されたときの新婦親族の声にならない驚きは今でも忘れられない
不幸ほどではないけど、当時学生だった私には結構衝撃だった
続きを読む

741 :きまぐれ鬼女 2011/06/19(日) 23:28:52 0
何年か前の、自分の結婚式のこと。
親族紹介の時に姑に「高校もろくに通って無い嫁なんて~ウンヌン」
とかまされた。
舅は横で偉そうに頷いてるし、親族ざわざわ。
びっくりして新郎を見ると真っ青な顔してオロオロしてた。
すぐにうちの父親が、日本の高校は中退だけど、それは
自分の海外転勤に家族が付いて来てくれたからで、
某国の大学も卒業してます!と反論してくれた。
そもそも、婚約が決まった時の挨拶でも大卒なことと、
語学力のおかげで外資系企業に勤めてると伝えたのに?
そしたら姑が、そんなの真っ赤なウソで見栄張ってるだけだと
息子チャンが言ってます!と…。
ネッ、そうよね、息子チャン!!と叫んでる姑に、
イヤ…、とか、ちょっと待って…とかもごもごしてる新郎。

わたしは泣いている母に引きずられて控え室でドレスを脱ぎ、
披露宴会場に集まっている恩師や友人達に祝儀を返却して
回った。
パーティヘアと濃い化粧に普通の服で恥ずかしいな~なんて、
上の空状態でした。

続きを読む

105 :きまぐれ鬼女 2015/12/09(水) 17:11:45 ID:e45
従弟の結婚式が4年前にあったんだけど、
式場で式の直前に新郎新婦双方の親族紹介があり
その時に初めて従弟の奥さんになる人を見た。
その女性.(仮にA子)と言うのが、私の高校時代の同級生。
割とよくある名前だったし、特別仲が良かったわけでもないので
その時まで全く気付かなかった。
A子の方も私が紹介されて初めて気が付いたみたいだったが
かなり驚いたようでその後私と全く目を合わせず
心なしか表情が強張って見えた。そりゃそうだろう。

当時の同級生の殆どの人が知ってる。A子が中絶したこと。
だってクラス中に中絶費用のカンパをお願いして回ってたから。
それも巻き上げるように。
私も売店でパンを買おうと思って鞄から財布を出したところで
財布ごと取りあげられて500円玉盗られた。
「カンパしてね~」って言ってたけど、ありゃ強盗だ。
とにかくシモ関係の噂が絶えない子だった。
停学食らったこともあったはず。
続きを読む

このページのトップヘ