きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

父親

171 :きまぐれ鬼女 2013/09/13(金) 12:28:11 0
今日から4連休なのに家族がみんな仕事や学校でいないので、ちょっと自分語りしてみる。

母親はシングルマザーで、とにかく「子どもを愛してる」ということを外にも内にもアピールして、
自分を認めてもらおうとしていた人だった。
3日ぐらい自分の食事を抜いて、俺の遠足の弁当を食べきれないほど異常に豪華にする。
自分はガリッガリでボロを着ているのに、子どもに高いブランド服を着させる。
今思うとミュンヒハウゼン症候群みたいなことも、けっこう頻繁にやってた。
高校受験の時、俺があまりにも思い通りにならなくて、包丁頻繁にもちだすようになったから、
中学卒業と同時に逃げた。
その後、母親がどうなったかは気になったけど、手紙一通送ったら、その消印から
そこに住んでる住んでないは別にして、そこに住んで探しまわる母親、という
自分に酔うだろうなって思ったら送れなかった。

そうして10年ぐらい経ったところ、仕事上で会った人が、タヒんだはずの父親だった。
実際俺の親で、俺と同じで、その母親から逃げただけで、タヒんでなかった。
最初は父親という実感もなかったけど、母から逃げる気持ちは分かったので
一緒に飲みに行く人になった。
しばらくして、父が母親の現在を、人をつかって調べた。
俺も母の中ではタヒんだことになっていた。そして母は精神病に認定されて、
施設で暮らしていることが分かった。
母が病気だったと分かった途端、子ども置いて一人で逃げた父のことがどうしても許せなくなり、
居酒屋で父親と大喧嘩。
毆って暴れたため警察沙汰になり、留置場入って仕事もくびになり、
当時結婚しようと思っていた彼女にも逃げられて自杀殳未遂までいったのが修羅場。

今は30代になり、あの修羅場がなければ、今の嫁や子どもとも知りあってないし、
両親も怖いだけの存在だったな、とは思えてるようになったのが救い。
続きを読む

579 :きまぐれ鬼女 2013/04/04(木) 15:28:18 ID:qganjuv/
流れを切ってしまってすみません。

高3の受験シーズンよりによって受験二日前に父親が家で倒れ、そのまま意識不明状態に。
第一発見者は自分だったのだが父親が今までしでかしてきたことを恨んでいたため、倒れていた父を放置。
始めは呻いたり、助けを求めて私の腕を掴んでいた父も時間が経つにつれて顔色が青くなっていき、ついに動かなくなった。
揺すったり、つねったりしても反応がなくなった時点で救急車を呼びそのまま病院へ。
結局父親は六日間意識不明の状態で、一度も目を覚まさないまま帰らぬ人となった。

父親は二人きりになったときに急に毆る・蹴るの暴カを行ったり、母が自分の進学のために準備しておいた保険金をギャンブルですべてすっていたりした。
子どもながらにいつか仕返しをしてやろうと目論んでいた矢先の出来事だった。
父親が苦しみながらもがいているの時、あんなに自分の人生に影響を与えていた人が苦しんでいる…と恐怖感を抱いた。
しかし、それ以上に父親が自分以上に苦しんでくれて嬉しいという感情が大きかった。

父親が亡くなった原因を作ったのは自分だが、今の母と弟が楽しそうに暮らしているのを見ていると全く後悔はしていない。
罪滅ぼしの代わりにはならないが、この話は墓まで持っていくことにしている。
つまらない話をしてしまってすみませんでした。
続きを読む

446 :きまぐれ鬼女 2020/10/06(火) 09:47:08 ID:iM.se.L1
離婚してから女手ひとつで育ててきた息子に裏切られた

コロナが流行り出す少し前に息子が結婚した
恥ずかしながらいわゆる授かり婚というやつで、お嫁さんのお腹が目立つ前にと急ぎ挙げた式だった
でも頼る親もなく本当に一人でがむしゃらに働いて育ててきた息子の晴れ舞台に感無量だった、最初は
直近まで結婚の話をされなかったことや、親族の顔合わせでそっけない紹介をされたのは引っかかったが流した
別れた元夫と同じテーブルに案内されたのも我慢した(腐っても息子からしたら父親なので)
でも、息子からのスピーチで貶されたのは許せない
・シンママ家庭で育ったせいで青春を楽しめなかった
・鍵っ子で寂しい思いをしてきた
・ろくにゲームを買ってもらえず、同級生の話題に入れなかったせいで恥ずかしかった
・でもこれからは子に同じ思いをさせないよう父親として頑張ります!
・離れて暮らしていても援助してくれていた父に心から感謝しています!
だそうだ
元夫の勝ち誇ったようなニヤニヤ笑いが今でも忘れられない
けして裕福とは言えないまでも、私なりに我が子に向き合って育ててきたつもりだっただけに、息子の発言は衝撃的だった
私だって好きでシングルになったわけじゃない
不イ侖した元夫が家に帰ってこなくなったので息子を連れて逃げた
慰謝料も財産分与も微々たるもので、養育費も月に二万しかもらえなかった
足りない分を働いて働いて埋め合わせて、体のあちこちが悪くなった
息子はよく食べる子だったので、せめてお腹いっぱい食べさせてやりたいと思ってそうなった
ゲームはDSなど携帯ゲーム機なら買い与えていた(据え置き型は贅沢だし勉強の邪魔になるから買わなかった)
息子の反抗期にも耐えてようやく送り出せたと思ったのに、たまに会う父親以下の情しか抱かれていなかったという現実を突きつけられて、目の前が真っ暗になった
私より妻子を捨てて他の女の元へ走った男の方が尊敬できるのか
たまに小遣いをくれて食事を奢ってくれるだけで、普段から世話をしている人間よりも上位の扱いになるのか
ゲームの話ができないから友達が少ない?自分にコミュニケーション能力がかけていただけの話では?
言いたいことは山ほどあったが、気分が悪くなって途中退席したので後のことは知らないし、その日を境に息子とは疎遠になってしまった
いや、正確には疎遠にしているのは私だけで息子夫婦からはどんどん接触しようとしてくる
今風の家庭とあって共働きのようで、私に孫の世話を頼みたいらしい
すっかり息子への愛情が折れてしまったのでもう何もしたくないから断るのだけど、息子はそれが理解できないみたいだ
「今なら母親として挽回できるのになぜ断るの?チャンスだよ?」と不思議そうにしている
もう結婚して別世帯なのだから私をあてにしないでくれ
開放してくれ
もう疲れた
子供に同じ思いをさせたくないと言っていたじゃないか
自分で世話してあげたらいい
私からの援助をあてにしないで、自分で稼いでゲームでもなんでも買ってあげればいいでしょう
一人にしてくれ
息子からの留守電を見つけて朝から憂鬱になってしまった
長文ごめんなさい
続きを読む

558 :きまぐれ鬼女 2020/06/06(土) 22:23:18 ID:xc.le.L5
一つ質問なんですけど、父親や男兄弟が全ネ果でぶらぶらさせながらお風呂から出てきたとして、
抗議の一環で「オエエエエエエエエエ!!!」と吐き気を催したようなリアクションを取るのはモラハラなんでしょうか
「キッモ」と舌打ちするのも傷つくからやめろと言われます
こっちは毎度毎度見たくもないブツを見せられて、なけなしの乙女心がズタボロだっての!
どうしてもネ果族をしたいなら、私が避難するまで出てこないでほしいと譲歩したのに、何回言っても忘れてぶらぶらしててウンザリしてます
イライラしすぎてストレス発散に作った割り箸銃が手元にあるのですが、輪ゴムくらいなら当てちゃってもいいかなーくらい煮詰まってます
あっちが配慮のかけらもないからこっちも全力で嫌がってるんだし、自分達ばっかり被害者みたいな態度を取るなと言いたい
続きを読む

757 :きまぐれ鬼女 2020/04/29(水) 21:11:36 ID:9X.ej.L2
父が不審者情報に掲載されいた
学校からたまに届く不審者情報のメールに父のやらかしと特徴が書かれていた
道端で10代~20代ぐらいの女性.に
「悩みとかあるでしょ?」「どこ住み?」「よかったら今度飲みに行かない?」
って声をかけて回ってたらしい
まさか父だとは思わず「キモいねー」って母と話し合っていたら
「えーこれ俺じゃん」
って言われた。ショックだったわ
「みんなにこやかに返事してくれたのに」
って寝言言ってたから
「誰もいない道端で知らないおっさんに話しかけられたら怖くて逃げるかにこやかに対応してやり過ごすしかないよ」
って話したら
「いや、普通はそうかもしれないけど俺は違うから」「向こうも会話楽しんでたから」
って具合に暖簾に腕押し状態
被害に遭われた女性.に謝って回りたい
続きを読む

555 :きまぐれ鬼女 2019/11/19(火) 22:38:57 ID:0n4
数年前の話。
父親から電話で突然「授業に失敗した、明日返すから十万貸してくれ」と、言われた。
電話があった直後、普段素っ気ない父親が自分を頼ってくれた嬉しさに、何とかしないと、と混乱。
信用している先輩に上記を話したところ、
「一度冷静になれ、明日返せるならその十万を使えばいい」
「第一、家族間でも大金の貸し借りはよくない」
と言われて冷静になった。
その後先輩に両親のことを色々話したら、自分第一な毒親であることを指摘されたのが修羅場。
どこかおかしいとは思ってはいたが、やっぱり、愛されてなかったのを認めるのは、辛かった
続きを読む

274 :きまぐれ鬼女 2012/06/13(水) 13:58:00 ID:+DM6KiM60
娘と彼が週末に結婚の挨拶にやってきた!
小さい頃から「娘の旦那になるヤツは3回殴る」と言っていた夫が
涙ぐみながら彼氏に「娘をよろしく」と頭を下げていた
娘彼はずっと娘に聞いていたらしく覚悟して来たのでポカーンとしていたw

夫の涙なんて初めて見たよ!結婚して15年も経つのに!

・・・はい、「計算があわない」と思う方、その通りです
娘は私の連れ子。
私より先に娘にプロポーズをしてくれた夫だし、
思春期もずっと会話を絶やさずに父親として頑張ってくれたので
娘はずっと父親大好きに育った。もちろん私も。

男なんて信用できない!と独身を通すつもりでいた私の心を溶かしてくれた
夫にはずっと感謝してる
「これでやっと新婚みたいにふたりっきりになるね」と言ってくれたので
まずは旅行しよう!といろいろ探していたら
「これからは2部屋取らないといけないから予算アップだなぁ、働かなきゃ」

・・・どうやら娘夫婦も一緒に連れて行くようだ・・・夫め・・・
続きを読む

17 :きまぐれ鬼女 2014/06/01(日) 22:22:39 0.net
小学校4年の終わりくらいに母親が自杀殳した。理由は父親の浮気。母親はもともと精神的に病んでた人で多分父親もそれが重荷になってたのかもしれん家にはあまり居なかった
小5で父親が不倫相手と再婚。母親が自杀殳したことが小学校に知れ渡っていじめ生活同時に再婚相手からの虐待生活がはじまった。中でも男子からのいじめが激しくて小6に上がる頃には異性.恐怖症になってた。
そんなんで中学校は勉強しまくって私立の女子中に入学。学校生活は問題なく女子校特有のドロドロはあったものの家にいるよりずっと気が楽だった。
中3あたりでは父親と再婚相手の折り合いが悪くなってて高校に上がるくらいに離婚、父親は仕事の関係もあって単身赴任。だだっ広い家で一人暮らし生活開始。ちょう有意義
高校は中学校私立にしてもらう代わりにこそこれレベル高い高校に行かないといけなかったため共学の公立に入学。勉強がひたすら難しくてついていくのにやっと。でも不思議と友達には恵まれた。
その頃には一人暮らしも慣れてたし部活はもともとする気なかったからバイトかけもちし始めた。勉強と家事とバイトいっぺんにやりこなさないといけなかったけど忙しさが逆に心地いい。たまに、周りの子見て自分の枯葉っぷりがつらくなるけど。
ほとんど休みない生活しえ高2あたりでまれつき持ってた喘息が悪化したのか肺の機能がタヒにかけて入院。入院費と治療費で貯金がほとんど消えた。でも回復してまた働けばいいやと思ってポジティブに考える。
入院は半年くらいかかってギリッギリで高3に進級。体力が戻り出してからは前みたいに毎日休まずバイトして勉強して家のこともした。何回か入退院繰り返した。
そんで、高3あがってまだ半年もしないうちに医者から今の状態だと負担ばかりかかえて肺が完全に使い物にならなくなると言われた。でも、今の生活やめちゃうと野垂れタヒに確定だし、で修羅場。←今ここ
続きを読む

403 :きまぐれ鬼女 2004/08/11(水) 21:20:00 ID:rh+u2Vd5
母親の葬式で、双方の親類縁者もいる中で実の父親が

「娘の養育は放棄します。
 自分は子供が欲しくなかったのに○子(母親)が欲しいと言うから産ませたんです。
 娘の義務教育も終わったし、義理は果たしました。
 これからは彼女(愛人)と一緒に自分のための人生を進ませて下さい」

と言い放った事。
小さい頃はそれなりに可愛がってもらっていたと思ってた。
家族旅行や動物園や遊園地に行って一緒に遊んだ事は数知れず。
疎まれたり邪険にされたりした記憶がなかっただけに本当にショックだった。

この当時、父の愛人が発覚して両親の間で離婚に向けて話し合いが進んでいた。
母が亡くなった事で、父にとっては一番泥を被らない形で愛人と一緒になれるのが
うれしかったんだろうな…。

15年経った今年の7月に、父が他界したとの知らせが。
それに対して「へぇ」としか思えなかった自分自身の感情にもショックを受けた。
続きを読む

346 :きまぐれ鬼女 2009/02/20(金) 09:54:50 ID:d9mR9h4b
以前、友達の家に遊びに行った。
おじさんがコーヒーを入れてくれた。
一口飲んで違和感。くさい‥。コーヒーから芳香剤みたいな香りが。
友達に言うと「失礼ね~」と私のコーヒーを飲んで吹き出した。
「お父さんあれ入れたでしょ!!」
「あれー?すごいね分かった?^^」
おじさん、私のコーヒーに黙って植物性.活力液HB101を入れたそうです。
おばさんの話によると、おじさんは友達から勧められて飲んでいるとのこと。
飲み始めて体の調子もいいらしい。
でも、もともと薄めて使うものなのに(植物に)原液で飲んだり、
黙って炊飯器に入れて炊き上がったご飯がくさくて食べられなかったり
おばさんはいろいろと困ったいると言っていた。
何よりおばさんが「やめて欲しい」と言った理由が、体に悪そうだからではなく
高くてお金がかかるからという理由だったこと。
続きを読む

このページのトップヘ