きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

挨拶

340 :きまぐれ鬼女 2019/12/10(火) 16:31:08 ID:319
近所の小学校の校長先生は学校前の横断歩道に朝いつも立っていて横断歩道に人が通ると老若男女関係なく挨拶してくれる。
去年までは別の校長だったがお互いに挨拶することもなかったのでびっくりした。
校長先生が来てからそこの子供達も近隣住民に挨拶してくれるようになった。
子供達は知り合いではなさそうな俺と同年代の人や女忄生にも挨拶しているのを見たし、近所の人も「あの校長が来てから子供達がよく挨拶してくれる」と言うから、
俺が不審者に間違われて挨拶されているわけではない。
ど田舎というわけでもなく
地方都市で子供達の人数も多い地域なので今時珍しい光景だと思う。

先日、彼女が泊まりにきて朝8時過ぎに彼女と家を出たのだが朝、小学校の前を通ると校長先生が俺たちに挨拶してくれた。
(小学生はかなり早くに登校するのでその時間はこどもはマバラにしかいなかった)
彼女はびっくりした様子で
「あのおじさん、誰?」と訪ねてきた。
「小学校の校長先生。いつも挨拶してくれるんだ。」
「あの学校、母校じゃないよね?」
「うん。あの校長先生、近所の人を見ると知り合いとか関係なく挨拶してくれるんだ。」
「それって●●くんが不審者扱いされてるんじゃないの?小学生に話しかけたりした!?」
「いや、それはないよ。
コウタなう先生はみんなに挨拶してくれるんだ。
あの先生が来てから小学生も挨拶してくれるようになったから挨拶は返すけど、小学生に話しかけたりはしないよ。」
「いや、絶対口リコンだと思われているでしょ!気持ち悪い!」

彼女は逃げるようにして去っていった。
それだけじゃなく、俺が口リコンだと言いふらしている模様。
幸い、共通の知人も近所に何人も住んでいるので誤解されずに済んでいる。
続きを読む

612 :きまぐれ鬼女 2019/12/06(金) 18:57:40 ID:83E
結婚2ヶ月でスピード離婚した時の話。
当時千葉在住。元夫の地元は愛媛県の西部にあり、松山市まで車で2時間近くかかるようなところだった。
10月に結婚して翌月、連休を挟んで有休をとり5泊6日で義実家に結婚の挨拶に行った。
元夫は車の運転が好きなので車で行くと言い、私はさすがに長距離すぎると思い反対した。
が、眠くなったらほんの少し交代してもらうだけで、基本自分が運転していくからと言い、
また二人分の交通費を考えるとその方が安いと言い、仕方なく了解した。
元夫は普段から仕事で長距離に乗り慣れていることもあったので
安心とは思わないが、元夫がそこまで言うなら・・・と言う感じ。
ところが、帰る予定の前日に突然元夫が仕事で戻らなければならなくなり
飛行機が取れたからと先に帰ってしまった。
その時にちょっとした喧嘩になった。
元夫は「ゆっくりでいいからおまえが車運転して帰れ」と言い、
私はあまりにも無謀過ぎると断った。
「じゃあ車どうするんだ」と言うので、一旦こちらに置かせてもらって
(農家なので置き場所はあります)お正月にでも又来ればいいと。
お正月は2ヶ月後で、私の実家に挨拶に行くことになってたんだが、
この際それはまた後日でいいと思って。
「車がないと困る」と言うが、元夫も私も通勤に必要なわけでもないので
少しの間我慢しようよと言ったが、
とにかくダメだ。車は必要。お前が乗って帰れ。と言う。
私はこれまで最長距離で千葉~富士山までしか運転したことがなく
無茶苦茶だと抗議したが聞き入れてくれず「急がなくていい、ゆっくり走ればいいから」と、
さもそれが思いやりのある言葉かのように言い残し、振り切って帰って行ってしまった。
義父母もさすがに呆れていたが「まぁ息子が出来て嫁にできないことはないだろう」って感じ。
今になって思えば、元夫の言うことなんて無視して車を置いて新幹線で帰れば良かったんだが
その時はとにかく事故を起こさないようにしなきゃと言うプレッシャーばかり頭にあって。
で、高速道路を暗い時に走るのは怖いので、翌日は7時ぐらいに出発するつもりで
そうすると明るいうちに到着するのは私には無理だろうと思い、
どこかで高速を下りてビジホででも泊って、2日がかりで帰る予定にしたことを
元夫に連絡しようとしたが電話に出ず、メールしたが返事もない。
(LINEは元夫はやっていません)
無理をして事故を起こしてもいけないしと思い
会社に事情を話してもう一日有休を貰う連絡をして、翌日は朝7時に出発した。
ちなみに、往路では朝5時前に出発して途中食事や休憩をして14時間かかった。
続きを読む

431 :きまぐれ鬼女 2016/05/27(金) 13:28:00 ID:Nxp
俺の母親と婚約者が同級生で友人だったこと
母親は継母で俺の一回り上の36歳
親子関係16年目で実母には虐侍されてたのに優しくしてくれて姉みたいに思ってた。
後から生まれた妹と同じように親父が他界してからも実子のごとくよくしてくれた良い人

先日職場のお局状態だった婚約者と趣味が合ってお付き合いし婚約ってことで家に挨拶で連れて来たら二人は高校の時からの友人で今でもたまに外で会ってたらしく二人とも固まってた

母「若いの捕まえたって、うちの息子かよ!俺君、もっと若いのにしな!」
婚約者「いや知らなかったんだって!洒落にならないから!私これ逃したらもうアウトだから!」
俺「大丈夫や。何でも腐りかけが美味いんやで」

二人と妹にフルボッコされたけどなんか同居になりそうな勢いで話が進んでる
続きを読む

742 :きまぐれ鬼女 2021/08/30(月) 20:57:01 ID:7H.7t.L1
高校から仲がいい部活仲間達とオンライン飲み会をした。
全員30代、男女半々ぐらいの十数人。既婚未婚子あり子なし様々、職業も様々ってとこ。
開始早々、主催者の提案で一人ひとり順番に挨拶&近況報告をした。
久しぶりの集まりだからずいぶん見た目の変わった人もいて、名乗られて初めてあぁあいつか!みたいになったりもした。
が、その中で、どーしても名を思い出せない女忄生が一人画面に映ってる。
他の人の挨拶を聞きつつ、誰だっけな~見たことないレベルで忘れちゃったな~、とか考えてるうちにその人の番に。
「佐藤花子(仮名)です。半年前に佐藤太郎(こっちも仮名)と結婚しました。皆さん今日はよろしく~(^_^)」
全員一瞬無言になったよね。
だって佐藤太郎は確かに我々の部活仲間なんだけど、彼が結婚したこと自体初耳だし、その奥さんなんて今が全員初対面。
見覚えないなと思ったらマジで見たことない人だったオチ。
主催者が超慌てまくって、
「は!?え!?太郎て結婚してたんですの!?(←動転して妙な口調になってた)初めましてってか…ええと…太郎は今どこに!?」
「主人は娘を沐浴させてます(^_^)」
「おおおお子さん産まれてるの!?」
「先々月産まれました(^_^)ですから今日は主人の代わりによろしくお願いします(^_^)」
なんて、動揺しまくる我々をよそに、始終ほんわかしたニコニコ笑顔で応対する花子さん。
いやよろしくお願いしますじゃねーよ。
結婚も出産も初めて知ったし、結婚半年で先々月子ども産まれたってそれつまりdeki…とか考えたら色々もうどうしたらいいか。
ツッコミどころ満載過ぎるものの、花子さんがあまりに堂々としてるので誰も突っ込めないまま、飲み会スタート。
まぁ太郎は沐浴終えたらこっちに参加するだろうし、そしたら本人にアレコレ聞くしかないな…ってみんな思ってたと思う。
ところがこの花子さん、とにかく超しゃべる。
高校以来続いてるグループに飛び入りしたってのに、悪い意味で物怖じせず、内輪ネタすべてに説明を求めてくる。
「そいや、○○をこの間近くのイオンでみたよw」
「○○って誰ですか?(^_^)」
「…我々の部活の顧問ですよ」
「そうですか。男忄生ですか?女忄生ですか?年齢はいくつぐらい?イオンてどこのイオンですか?(^_^)」
「いや、あの…あとで太郎に聞いといてくださいよ」
「いえ今教えて下さい。会話してるのは私ですから(^_^)」
ってな感じに、温和な態度と裏腹に花子さん、超絶面倒くさい。
せっかく気のおけない仲間同士でのんべんだらりと話そうとしてるのに、どの会話や話題にも突き刺さり、まぁまぁ後でね…とさり気なくスルーしようとしても絶対に許さず、
話題を変えようとしても花子さん本人が納得いかないと「待ってください、まだ聞きたいことが(^_^)」とトコトン食い下がる。
もう、場が白けるとはこのことか、って空気が酷かった。
今まで仲間の彼氏彼女や配偶者が飲み会に参加したことはあったけど、こんな空気になったことは一度もない。
部外者が来るときは前もって予告や打診があったし、参加する人もみんな節度を守って加わってくれたから、
こちらも初めての人が退屈しないよう気を配ったりして徐々に打ち解けて楽しく過ごせた。
こんなふうに、予告なしの飛び入り参加でゴリゴリ話題に首を突っ込み、話の流れをぶった切り、初対面だらけの中で話題の中心になろうとする人はいなかった。
面倒くさ過ぎてだんだんみんな無言になり、ほぼ花子さん独壇場になっても太郎は戻らず、楽しい飲み会が台無し。
仲間の一人がついに半ギレして、
「てか太郎は??俺ら太郎と飲み会するためにここに来てるんだけど、いつ太郎は来るんすか?」
ってキツイ口調で問いただしたら、花子さんは相変わらずニコニコして返答。
「主人はもう娘と寝ました(^_^)」
「はぁっ!?(ほぼ全員が叫んだ)」
「大丈夫です、私は明日休みですから何時までも付き合えますよ(^_^)」
いや何が大丈夫なのか意味不明なんだが。
唖然としつつ半ギレした仲間が色々聞いたら、どうも最初から太郎は今回の飲み会に、自分ではなく花子さんを自分の代理として終始参加させるつもりだったらしい。
それならそうと事前に言えよ。つか結婚も出産も連絡せずになんでこのタイミングで奥さんを出そうと思ったんだ。
もう白けるどころじゃなくなってしまい、そのまま飲み会は1時間も経たずに終了した。
後々グループラインや個別ラインで太郎に「お前あれはねーよ」って色んな人が苦言を呈したんだが、
それに対する太郎の反応が「そっかー、まぁうちの嫁美人すぎるからなぁ、気をつけるよ」って斜め上でみんなズコー。
ひょっとして彼は美人嫁を自慢したくて飲み会の代理を任せたんだろうか…?
確かに花子さんは美人の部類に入るとは思うが、忄生格に難ありまくりだしもう何がなんだか。
昔はこんな奴じゃなかったんだけどなぁ太郎…
続きを読む

656 :きまぐれ鬼女 2019/11/29(金) 22:34:27 ID:pK.af.L3
合コンでLINE交換した男が変
昨日はありがとうございます~みたいな挨拶を合コン翌日に送ったんだよね
そしたら返ってきた内容が「昨日はありがとうございました。で、勧誘とかじゃないですよね?」
この時点で「は?」って感じだけど違いますよーって流しておいた
そのあとは普通に会話も弾んでたまたま近所の紅葉が素敵なスポットの話になった
行ってみたいなーって言うからお茶しがてら行ってみますか?って誘ってみた
そしたら「あー…お茶は勧誘みたいなので困ります…」って返された
お茶に誘ったら勧誘みたいって私がそこまで怪しい女に見えてんのかよ
二度も勧誘かと疑われて地味にショックだわ
続きを読む

396 :きまぐれ鬼女 2021/02/12(金) 17:06:06 ID:no.m7.L1
自分の高校時代の話。
毎年春には新しい先生がやってきて、始業式のときに体育館で挨拶する。
大学出たばかりの先生達だから、「私も先生一年生です。みんながこの学校を楽しいと思ってもらえるように頑張ります。よろしく!」とか、「ずっと先生になるのが夢でした。みんなの前に立ててとても嬉しい」みたいな爽やかな挨拶が定番化していた。

その年は3人の先生がやって来たんだが、その内一人の先生が中々パンチが効いていた。

「私はこの学校の卒業生です。
高校生のとき、『なんで先生達はこんなうるさくて生意気な子供のために働くのかなあ』と疑問に思っていて、何なら少し馬廘にしていて。
それが先生を目指すきっかけになりました。

この学校、いじめなんかあって当たり前だったし、物を隠したり盗まれたりなんてこともよくありました。

皆さんはどうかな?
絶対いじめ、やると思うなー。

今いるみんながみんな楽しい生活を送れる訳無いと思っています。
まあ、少しでもこの仕事が楽しくなれたらそれでいいかな。やれることはやります。
よろしくお願いします」

流石に生徒もどよめいて、「は?何あいつ」とあちこちから戸惑いの声があがった。

なんというか、そこまで本音をぶっちゃけなくても…と思った。

その後、その先生のクラスでいじめが起きた時も「だから言ったじゃん。みんなが楽しい生活を送れるわけじゃないよって。残念でした」と言い放ち、自杀殳未遂にまで発展したらしく大問題になっていた。

私学だったから内密に処理されたが、ほんとなんで教師になったんだ。
続きを読む

156 :きまぐれ鬼女 2021/01/14(木) 10:39:03 ID:IK.ky.L1
書いたら物凄く長くなったので、長文うざーの人は無視してください。

以前派遣された職場(BtoCのコールセンター)でパワハラをでっち上げられたことがある。
その事実無根のパワハラを理由に、次回の契約更新を拒否されたと聞き
「じゃー本日限りで辞めていいです」
てさっさと辞めた。
ここの経緯も色々語りたいところだけど、今回の話とは関係ないので割愛。

派遣先上司も派遣元営業も最悪だったけど、上司以外の人達にはとてもお世話になったし
色々と気になることがあったので、オフィスビルの1階にあるカフェで待って挨拶をした。
私の目的は「ポンコツ」と呼ばれていた女忄生。
ポンコツさんは、驚くほどポンコツで私が
「まずはこの説明をして、次にこの交渉をしてください。これがダメだったらこっちで交渉してください。」
て交渉方法と順番を説明してメモの確認をした上で
「それでもダメだったら、最終手段としてこれを提示してください。これ以上は無理なので、お断りしてください。」
て最後までの流れを教え、ポンコツさんに流れを読み上げてもらって相互確認した上で電話をかけてもらったのに
「こういう状況でして、こんな状況で~えぇ最終手段はどうでしょうか?これ以上は無理です!」
て真ん中すっ飛ばして最終手段を最初に提示するような人だった。

因みにポンコツさんを任されたのは、私が辞める2週間前からだった。
それまでは、色んな人がポンコツさんの担当をして、ポンコツさんに㬥言を吐きまくっていた。
それでもポンコツさんは
「私の覚えが悪いから……〇〇さん(教育担当)にはご迷惑をお掛けして……」
と泣き言一つ言わず、ただただ自分の物覚えの悪さを恥じて学ぼうとしていた。
だからポンコツさんが覚えられない原因の1つに、周囲の圧力も関係しているように思った。
結婚後専業主婦をしていたポンコツさんは、20年ぶりくらいに社会復帰。
社会復帰最初の職場は、新人教育がしっかりできてなくて、教育係から威圧的な態度を取られるなんて私には無理。
だからポンコツさんの担当を名乗り出て、褒めて伸ばすことを徹底した。
ポンコツさんの仕事ぶりは前述の通りだったけどw
「無事に1件対応が終わった」
それだけで大袈裟に褒めて、何故こんな作業をするのか?っていう「そもそも」のところから全て説明して
担っている作業の繋がりを理解してもらうところから教えた。
(「何故、顧客アカウントに簡単な通話履歴を残すのか?」ていうところから理解してなかったw)

しかし、私がポンコツさんの担当になって1週間ほど経った頃から、ポンコツさんの表情が暗くなった。
今まで以上に悩んでるようにも見えたから、給料日に食事にでも誘おうと思っていた。
そんな中で突然のパワハラでっち上げ&営業担当もしっかり話を聞いてこなかったくせに
「ポンコツって呼んでた人いたじゃないですか?あの人に何かしたんじゃないんですか?」
て言われて、もし意図せず傷つけていたら申し訳ないと思ってポンコツさんと話したかった。

仲良くしてもらってた方と話していると、ポンコツさんもやってきて意外にも
「あれ?私さん!?」
てすっごく嬉しそうに駆け寄ってきた。ポンコツさんが駆け寄ってきたことで、他の人は帰宅。
「時間ありますか?お茶どうですか?」
て誘ったら乗ってくれたから、近くの喫茶店へ移動して一息ついたところでポンコツさんが泣き出した。
「私さんには凄くお世話になったのに、突然辞められちゃったからお礼も言えなくて……」
て親子ほど年が離れた私と再度会えたことが泣くほど嬉しいと言ってくれた。
そこから色々話をして、やはり仕事が辛いと感じていることやポンコツさんも次の更新を断られたことが分かった。
「本当は出勤するのも辛いけど、プライベートでもっと辛いことがあるから仕事の辛さは平気」
そんな話もあったから、ポンコツさんに今すぐ転職することを促した。
最初こそ
「こんな私でも突然辞めるなんて、みなさんにご迷惑を掛けてしまう」
て躊躇してたけど、ポンコツさんのポンコツぶりを力説して
「ポンコツさんが辞めても続けても大差ない」
て着地点で説明したら納得して転職する気になってくれて、ポンコツさんの詳しい経歴を初めて知った。

長いと言われたので、一旦切ります。
続きを読む

36 :きまぐれ鬼女 2018/09/10(月) 22:57:19 ID:EKjW8VrW.net
同窓会で別人?扱いされたこと

当方アラフォーおっさんなんですが、中学校の頃の同窓会があったので参加してきた。
21歳の時に地元を離れたからみんなと会うのは成人式以来だった。
まだ携帯電話があまり普及してない時代だったので同級生とは連絡自体取ってなかったし、初恋の人に会える!!みたいな感じでめちゃくちゃ楽しみだった。
いざ会場について幹事のやつに「うお!!めちゃくちゃ久しぶり!!!お前変わったなぁ!!!お互いもうおっさんやな!!」って挨拶して受付を促されたから名前を記入してると
「いや、お前誰やねん」と幹事に言われた。
俺「え?いや、○○やけど?」
幹「いや、○○くんちゃうやんお前」
俺「え?????」
幹「○○くんちゃうやんなぁ??」と、周りに聞き出した。すると周りにいた奴らも近づいてきて揃って「○○くんと違う」と言い出した。
みんなからお前誰やねん扱いを受けたけど免許証を出すと
皆「「「「うわああああ!!!○○くんやあああああ!!!」」」」
とみんな驚いてた。いや、こっちの方が驚いたわと思いながら、詳しく話しを聞くとどうやらInstagramに同姓同名の人がいたらしく(名前はこの世代によくあるけど苗字は珍しい方)勝手にその人をオレだと思ってたらしい。
そのアカウント見せてもらうと、なるほど同世代くらいのハゲたおっさんだった。
疑いが晴れたものの、初恋の人にもずっとオレのことをハゲたおっさんと勘違いされてたのがなんだかなぁだった。
続きを読む

195 :きまぐれ鬼女 2019/08/07(水) 11:41:31 ID:II.gm.L1
>>178
あと、あなたが八方美人でA-B間をフラフラしてることも上司連はよ~く承知の上で
あなたを利用してるってのもわかってるよね?
おそらくあなたの人物評価はその八方美人のおかげで下の下やからね
まあ八方美人の言う「大切」も「自分に都合が良い」と同義だから
お似合いの仕事仲間っちゃ言えそうやなw
続きを読む

393 :きまぐれ鬼女 2020/10/28(水) 13:13:42 ID:wo.eu.L1
20代の頃の話だけど。
半年後に転勤の内示が出たから、一緒に来てほしいってプロポーズされて
引越しの1ヶ月前に仕事を辞める予定にしていた。
1ヶ月前にってのは、地元を離れるのなら料理習ったり車の免許取ったりしたかったから。
うちの会社は退職の申し出は2ヶ月前と言う社則があり、引継ぎも必要。
事情が認められれば、もちろん例外もあるが円満退職したかったので
引っ越しから逆算して3ヶ月前に上司に話をして退職願を出す用意をしていた。
ただ、気になってることがあった。
私はまだ彼のご両親にご挨拶していなかった。
彼の方はうちの両親に挨拶に来てくれたので、私も一度お会いしたいと言っても
彼がのらりくらりして、なかなか地元に連れて行ってくれない。
両親と仲が悪いような話は聞いた事がなかったし、何故だろうと思って疑問をぶつけても
「結婚ってふたりで新しい家庭を築くってことだから両親は関係なくない?」と言われたが
でも彼の転勤先ってのが、彼の地元でもあったので事前に顔合わせぐらいしておきたいと言っても
忙しい忙しいと言うばかりで。
最初はその“忙しい”を信用してたけど、退職願を出す前にモヤモヤをクリアにさせたくて
再三一度ぐらいご挨拶に、なんなら私ひとりでもって言っても席を設けてくれないので
業を煮やしてうちの両親を巻き込んで双方の家族同士の食事会を勝手に企画した。
彼、何を勝手に!って怒ったけど、いずれやらなきゃいけないことだから怒る意味が分からない、
忙しそうだったから私が手配しただけ、あなたはご両親に連絡するだけだからってすっとぼけ。
で、彼も諦めて連絡してくれて、初めて彼のご両親に会った。
普通の品の良いご両親で笑顔で接してくれた。
双方の家族で和やかに食事していたが、時々彼の母親が彼に対して目配せと言うか
何か言いたげな視線を送っていることに気が付いたんだ。
私の母もそれに気付いて彼母に「娘に何か聞きたいことでもあるなら遠慮なくどうぞ」って感じで水を向けたら
「ちょっと確認しておきたいことがあって」と言い出して、彼父に目配せ。
彼はそれを遮ろうとするように彼両親を黙らせようとした。
そしたら彼父が「大切なことだ」と逆に彼を黙らせたあと
「私さんは、息子と結婚してくれると言うことはうちで働いてくれるんですよね?」
って言いだして、私も両親も「はあ?」となった。
その後の修羅場で分かったのは、リーマン家庭だと聞いていた彼の家は
実際は自営業で転勤と言うのは嘘だった。
実家を継ぐための退職で、彼が披露宴はしたくないって言ったのも
披露宴をすれば会社の上司や同僚を呼ばないのが不自然になるし、辞めることがばれてしまうから。
前カノが自営を継ぐことを拒否してプロポーズを断ったらしく
私には黙ってプロポーズして、仕事辞めさせて彼地元に連れて行ってしまえば
どうにかなると思ったらしい。
事前にご両親にそれを白状して、だから自営の話はするなと釘を刺していたらしいが
親としては、そんな嘘は良くないと思っていたそうだ。
元々数年中には会社を辞めて自営を継ぐ予定だったらしいが、
父親が余命宣告を受けて、急いで継ぐことになったらしい。
結婚を考えるぐらいに彼のこと好きだったんだから、そう言う事も全てちゃんと話してくれていたら
私だって良くと考えた上で、受けたかもしれない。
だけど、前カノがそうだったからって、話せば逃げると勝手に決めつけて
いつかバレることなのに、姑息な手段に走った彼にガッカリ感が半端なくて
気持ちがどんどん冷めてしまって、結局別れた。
別れたあと、実はあれで良かったのかとずいぶん悩んでた。
彼の嘘を許しても良かったんじゃないかって。
でも地元に戻る直前に、一度だけ会いたいって言われて会った時に
「自営と言ってもうちの実家はかなり裕福なんだぞ」とか言い出した。
そんなことはご両親の身なりや仕草である程度分かってたし
自営イコール貧乏なんて思ったこともなかったのに。
そして、見合いして纏まりそうだって事も報告された。
いつか絶対後悔させてやるって言われて、かえってすっきり吹っ切れた。
そんなことじゃないのに・・・。
続きを読む

このページのトップヘ