きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

GJ

672 :きまぐれ鬼女 2009/06/11(木) 18:55:01 O
携帯から失礼します。


顔会わせれば私のことを「ブス」だの「ご飯が不味くなる辛気くさい不細工」だの
色々と言ってくれる中距離(電車で1時間)トメ。
その都度、旦那やウトに〆られるも「だって本当だもの」などと言って反省の色無し。



先週の土曜日に用事があって義理実家に行ったとき
いつものように私の悪口を言うトメに対し、旦那やウトが〆る前に
「ねぇお義母さん、人の悪口しか言えない人って、劣等感の塊のような人で、
悪口の内容も悪口言ってる人が一番気にしていることなんですって」と言ってみた。

ポカーンとしているトメに対し、とどめとして
「だから、私のことブスとか辛気くさいとかお義母さん言いますけど、
お義母さんも自分のことブスとか辛気くさいとか気にしてるんでしょ?」

やっとここで「嫁にバカにされた!」と赤い顔してトメがフジこり始めた。

そのあと、旦那から「今の母さんの顔が今の世の中で一番醜い」と言われ、
ウトからも「自分の顔をもう一度鏡で見た方がいいぞ」と畳み込まれ、今度は泣き出すトメ。
本当は夕飯一緒にする予定だったんだけど、
「私といるとご飯が不味くなると言われるの嫌ですから、帰ります」、
「ご飯が不味くなるのは嫁のせいじゃなくて、悪口しか言わない母さんがいるから、行かない」
と旦那と二人して断り帰宅しました。


その後はトメの電話凸もアポ無し凸も無く、快適です。
書いてみたら、一言じゃなかったねorz
続きを読む

702 :きまぐれ鬼女 2009/05/09(土) 12:49:40 0
きたない話なのでご注意ねがいます。


うちの●トメは近距離別居の我が家へ、毎日必ずお昼時に押しかけてきては
昼食を要求し、残さずきれいに食べる割には
「味が薄いわね~w年寄り臭いww」だの「こんな食事じゃ息子くんが身体
おかしくしちゃうわ~」だの「碌な料理もできないなんて嫁として恥ずかしいわ~w
」と、ネチネチグダグダうるさい。
こちらも「だったら食べにくるな」くらいのことを言い返してるんだが
全く堪えない。
そして昨日も懲りずにやってきたんだが、まだ昼の支度をしていなかった。
腹ペコでやってきたトメは早く用意してよ!と急かしてきた。
余りにも図々しいトメにだいぶイラっときて「うっせー!これでも喰らっとけ!!」
と渾身のにぎりっぺをご馳走しました。
「んおぶううぅうっ!!」と悶絶するトメにかなり気持ちもお腹もスッキリ
しましたw臭いはずですよ。腹壊して下ってますからね。
お昼作ってなかったのも、さっきまでトイレ往復してましたからね。
「今度お昼時に来たらにぎりっぺ以上のモノをごちそうするからね!」
と笑いながら、食欲も失せて涙目のトメを玄関でお見送りしました。
にぎりっぺのために力みすぎたせいで●もらしたうえに
液状だったためにぎった手にちょっと付いちゃった事は内緒です。

続きを読む

416 :きまぐれ鬼女 2009/04/28(火) 18:30:05 0
4年前のGW前、母が事故にあい意識不明の重体になった。
私は妊娠を理由にお見舞いすら行くなとトメに言われていて、
それをぶっちぎって駆け付けた。
戻ってきたらトメに開口一番「子供より母親が大事なんてなんて人かしらね!」と罵られ、
それでもお腹の子には負担だろうという気も確かにあったので黙った。
それに調子に乗ったトメは1日中文句を言い続け、
夜、「まあでもタヒぬならGWは避けてほしいわ。混んでるだろうし。
あ、でもどうせどこにも行く予定ないし、GWの方がいいかしらね。
旅行がてら車で足伸ばしても。
まあどっちにしても入院費がかかっちゃうし、そしたらあなたの取り分も減っちゃうから
出来るだけ早い方がいいわよね。
慰謝料とか請求したって、何カ月もかかるんでしょ?
あ、でもあなたは行っちゃダメよ。連れてかれるわよ」
これで切れて切れて切れまくった!
トメにビンタかまして「お前がタヒねしねしね!!」と叫びながら殴る蹴るした。
トメは「嫁子が狂った!」と逃げ出し、近所のババァ連れて戻ってきた。
二人でいびり倒すつもりだったんだと思う。
でもそこに居たのは痛みだしたおなか抱えて苦しみながら泣く私。
近所のババァに「こんな事言われて!急にお腹が!」と泣き付き
トメよりは理性.の残っていたババァに乗せられて産院へ行き入院。
出張先から慌てて戻ってきた夫に泣きながら事情を話し、
退院する頃には別居になってた。
トメは最後まで「わざわざ遠くまでお見舞いに行くからこんな事になった!」とわめいてたけど無視。
最後トメに「あなたの葬式には出ません。今後お会いする事もありません。
子供にはお婆ちゃんはタヒんだといいます」と宣言してきた。
トメはそんなのダメよ!とかわめいていて、私は先に車に乗り込み、15分くらいしてから夫が来た。
トメは泣きじゃくっていて「ごめんなさい!」とか言ってた。
結局母は全快し、トメは去年孫の顔見ずに亡くなった。
それでも宣言通り、葬式には出なかった。
ざまあみろって思っちゃう私はDQN。
続きを読む

136 :きまぐれ鬼女 2014/07/12(土) 13:22:02 ID:pwSU2v7h.net
随分前の話ですがうちの実家の隣人のお話。
実家は北海道で冬が厳しい。
実家の隣には3人の男の子(推定:小学校高学年、小学校低学年、幼稚園)がいて
ある日その男の子3人が真冬の寒空、家の鍵がなかったのか外で放置されていた。
母がそんな子供達を不敏に思い家の人が帰ってくるまでうちに入れた。
温かい飲み物と食べ物を出して当時私も高校生ぐらいで流行のゲーム機などを
渡す目が子供たちの目が輝いた。どうやら家が厳しいらしくゲーム機は買ってもらってない様子。
しばらくするとお父さんと思われる人が迎えに来て頭を下げて迎えにきてくれた。
どうして家にいることが分かったのか今思えばおかしな部分もあったけど。
それから、外で寒そうにしてるところを時々みかけたので家にいることがたまにあった。
どうして鍵作ってもらえないのか聞いたら「お母さんが鍵開けてくれないから」と。
どういう意味かわからなかったけど、どうやら母親はパチンカスで父親に内緒で
借金をしていて、借金取りに家にいることを知られたくないから子供が帰ってきても鍵を
開けなかったらしい。

続きます
続きを読む

547 :きまぐれ鬼女 2012/11/28(水) 19:18:54 0
旦那は、義姉 旦那 義弟 の三人兄弟。
旦那が跡取りの自営で、義両親と同居してました。

義姉は従業員だ毎日出入りしてました。義両親と義姉の事は
きらいではありませんが、家族で話しているのをみるとやはり
他人は私だけという感じでした。

子供は、義姉三人 旦那小梨 義弟六人。
この義弟嫁がうざい人で、嫌味を私一人の時に必ず言う。
「お義兄さんの代でこの家も絶えてしまうんですねぇ。」
「子供がいない人が同居していても意味ないですよねぇ」
「お義母さん達に孫のありがたさを味あわせて上げらないのに
同居しているなんたお義姉さんは厚顔無恥ですよねぇ」
と必ず小梨をせめて来る。小梨は痛いところで言い返す気力も無かった。

ある日義弟嫁が嫌味を言っているところに義弟嫁は気が付かなったけど
私の旦那がいた。旦那が陰からぬっと出てきて
「そんなに子供がいるのが、偉いなら自分達で自分の子は育てるんだな。」
と言って実家自営から援助していたお金を打ち切った。
旦那になぜ早く言わないんだと怒られたけど、私理由で子供がいないので
旦那に訴えられなかった。

旦那が二人で暮らすかぁと言ってくれ、狭いアパートで暮らすことになったら
一年で子供が生まれた。しかも男の双子で今はひーひー言いながら
子供を追いかけまわす毎日を送っています。

義弟一家は援助を打ち切られて優雅に専業主婦してランチ三昧だった
義弟嫁が働きに出たそうです。
続きを読む

270 :きまぐれ鬼女 2009/02/04(水) 08:51:46 0
母が亡くなり、落ち込んでいる時、
同居義母が私の結婚式の時の亡き母の写真を、
「ほら、すっごくいい顔してるわ。どれほど嬉しかったかこの顔見れば分かるね」
と、綺麗に引き延ばしてシックなフレームに入れてプレゼントしてくれた。
「気持ちが大事なのよ」と、小皿をくれて、
毎朝ここにご飯乗せて出すように言ってくれた。
泣きながら感謝し、毎朝お供えしているんだけどそれが気に食わないウト。
「ったく毎朝毎朝タヒんだ人間の事ばっかりか!
そんなのがあるからいつまでも引きずるんだ!
そんな事する暇があったら、生きてる人間に一秒でも早く朝飯を出せ!」
と怒りだした。
私と夫が言い返そうとしたら、トメがすかさず
「ええ、あなたの時はそうさせてもらうわよ。フフン」
ウトと大トメは昔、トメ母が亡くなった時お供えしてた写真やごはんを捨ててしまったそうな。
トメはそれを切なそうに語ってたっけ…
そして私に「そういう事だからお父さんがタヒんでも何もしなくていいそうよ。
故人の遺志だから尊重してあげてね」
私と夫は元気よく「はいっ!」「オウ任せろ!!」と返事w
ウトは「まだ根に持ってるのか…あいつは…しつこい奴だ…」
とブツクサ言いながら退散し、朝食も食わずに出かけて行ったww
続きを読む

833 :きまぐれ鬼女 2010/05/19(水) 16:43:28 0
義実家同居中で娘2歳。
良ウトは去年他界。トメさんとはうまくやってます。

先日コトメとコトメ子(5歳女の子)が遊びに来てブログの話をトメさんとしてた。
コトメはよく写メ撮ってたからうちの子も勝手に載せてるんじゃないかと思い
「すごーい、ブログ書いてるんだー!見てみたーい」と明るく振舞ってブログタイトル聞いて見てみた。

そこにはコトメ子とうちの娘の姿だけではなく、私たち夫婦の写真を写メで撮ったものや
家の中が丸わかりの写真、家の周りの風景、娘が全ネ果の写真まで載せられてた。
すでにだいぶ前からブログにアップされてると思うとめまいがしたけど
すぐ削除してもらわなきゃ困ると思ってコトメに言いに言ったら
「大丈夫だよー、お義姉さん気にしすぎだよーw」と。
これは力ずくでと拳を握ったところでコトメ子が「おかあさん、それはダメだよ」と一言。

コトメ子が出てきたのは隣の仏間。
あげてた線香の香りが漂ってきてなんともいえない空気になった。
その後私の目の前で記事をチェックしながら削除しようとしたらまたコトメ子が
「全部消して」と一言。
コトメ、素直に全部削除したわ。

コトメに言った、個人が特定できること、家が特定できることをコトメ子は聞いていてそれを理解して
母親にダメだと言ってくれたのだと思うけど、仏間から出てきてずっと線香の匂いをさせてたから
良ウトの力かもとか思ってしまったけど、とにかくコトメ子ありがとう!!
次会う時にはおもちゃ用意しといてやる。
続きを読む

235 :きまぐれ鬼女 2018/12/04(火) 01:27:13 .net
中学まで護身術の為に柔道やってたけど、一度も実戦で使った事はない
いざとなったら、格闘技の心得の無い男なら、投げ飛ばせる自信はあるけどね
続きを読む

465 :きまぐれ鬼女 2014/04/25(金) 14:47:54 ID:rpRm2J5Kl
思い出したことを書き残しておく。しょっぼい仕返しでスマンw

消防の頃。絵を描くのと読書好きで1人で居る事も多く友達は居たが少なかった。
クラスで暗い子ポジションに居たんだけど平和にやれていた。
が、新しいクラスになった時の担任が酷くて、どうしてだか分からないが自分がタゲられた。
授業中に皆の前で堂々とやる。
「例えば○○(俺)君がゴキryを食べるのが大好きだったとして~」
とか、脈絡もなく自分のことを話題にあげて妙なイメージをうえつけていく訳だ。
俺はこのデブ担任(男)が大嫌いになった。
デブ「A子ちゃんのハサミが無くなったの~?俺君知ってるんじゃないの?」(どういう意味だ?)
デブ「俺くん走るの遅いよ!皆の足引っ張って!」(俺より遅い奴が5、6人居ますが)
デブ「俺君変な苗字だよねwww△△(汚い系)みたいに聞こえる。ねえ皆、そう思うよねー?」(は?)
などなど、言われまくった。その都度反論したかったが
「教師に歯向かう=悪」だと思っていた自分はいつも黙っていた。
これがデブの態度を悪化させ、俺にならこういうことをしてもいいんだと判断した連中が
ちょいちょい馬鹿にしてくるようになった。
そんで、作文を書く日があって、テーマが「将来なりたい自分」みたいなやつだったんだけど、
何を書こうか紙を見下ろして悩んでいたら、コンコンって机を指でノックして、デブがまた始め出した。
「ハァ…将来どんな風になりたいかも書けねーのかよ」って。
書く事が2つあってどっちにしようか迷ってただけだし、周囲だってみんな今考えてる。
今まで我慢できてたのに、なんでかこの時に言ってしまった。
「2つ夢があって悩んでるんですけど、逆に、なりたくないことならあります。太った大人になることです、みっともないから。」
もうね、すっごいハキハキした声で言ってしまったw
その時間静かだったから余計に教室に響いちゃって、こっちは真剣に言ったんだけど
クラス中が大爆笑した。デブは俺がまさか反撃するとは思ってない&恥かかされて文字通り真っ赤だし、
ふじこって教室出て行くその巨体に向かってデーブ!デーブ!の連呼を浴びせられるカオス状態に。
デブデブ言ってたのは例の、俺にチョッカイを出してた悪ガキ達だった。
マズイことしてしまったと焦った俺は取り繕うと思って
「デブって言うなよ!!!!かわいそうだろ!!!!」と大絶叫、また不本意な爆笑を呼ぶ。
ゲラゲラ笑われてデブは出て行き、以来、デブは俺に絡んで来なくなった。

この時に作文に書いた夢が叶い、10年目を迎える。
いい先生もたくさん居たけど、やっぱりこういう奴が印象に残っちゃうね。
続きを読む

755 :きまぐれ鬼女 2008/12/26(金) 22:44:15 0
絶縁するほど何かひどい仕打ちを受けたわけじゃないけど、チクッとイヤミを言ったり
私たち夫婦になかなか子供が出来ないのを私一人のせいだと思い込んだりと地味に
ストレスのたまる相手だったトメに、見知らぬおばあちゃんが。
トメと私たち夫婦でショッピングセンターに買い物に行ったとき、数人の孫に手を
引っ張られてウフフアハハと歩くおばあちゃんがいました。近くには娘?嫁?というくらい
仲良し~な雰囲気の女性.が2人。
それを見たトメが「ま~いいわね、私も早く孫と仲良く買い物に来たいわ~。一体
どうやったら妊娠できるのかしらね!嫁子さん!」と言った。
それが聞こえたらしいおばあちゃんはニッコリ笑ってトメの目を見て
「可愛い孫と仲良く買い物に来るのは簡単よ。お嫁さんを大事にすればいいの。
赤ちゃんはね、全部見てるからね」
と言って去っていった。
トメは分かってるのか分かってないのかよく分からない反応だったけど、少なくとも
あれから私に妊娠について言ってくることがなくなった。
あの時のおばあちゃん、ありがとう。年明けには男の子が生まれる予定です。
続きを読む

このページのトップヘ