注目の人気記事

893

943: おさかなくわえた名無しさん 2016/07/07(木) 18:52:56.93 ID:e6RLhxyb
893系注意 

今年から同棲していたパチカスの彼氏が忽然と消えて、
サラ金?の取立て人が来るようになった 
電話と取立て人がほぼ毎日来るので
「次に来たら警察呼びます」と言ったら、
次には少し偉そうな青年がきた

その偉そうな人が、
私が小学校の時に住んでいた団地で有名な
放置子だったことが衝撃だった 

私が小6~中3、
放置少年が小2~小5のときに交流があって、 
コンビニのご飯や筆記用具を差し入れしたり
お風呂を親に無断で貸してたり
宿題を一緒にしたりしたんだけど、 

「ガキの頃はありがとうございました。
俺を助けてくれたのは893の名前?と○○さんだけでした」と
893風味の怖い男の人に
いきなり頭を下げられて心臓が止まるかと思った 

身近だった人がソッチの道に行ってしまったことと、 
私は大したことしてないのに「助けて」くれたのが
私ともう一人しかいないと言われたことが衝撃だった…
続きを読む

156: 名無しさん@HOME 2010/03/23(火) 10:15:13 0
893がらみで。

車を運転していて、小道から大通りに出たところで直進車と事故。
私の車の横っ腹に相手車が突っ込んだ形。
エアバックが開き、クラクション鳴りっぱなし。

「うへー事故っちゃった・・・・・」

ってボー然としてる所に、相手車運転手が登場。
どう見ても893です。
しかもその人の組事務所の真ん前だったため、ワラワラと仲間893登場。
道の真ん中でその人たちに囲まれる形に・・・・

「人生おわた」
と魂の抜けた感覚になったのは初めて。

事故相手は
「あ~~~~!!!あそこ痛い!!!!ここ痛い!!!!!」
と大騒ぎ。いやいや、私は軽で相手車セダンで、エアバック開いてるの私で、運転席側に
突っ込まれてる形なのに、無傷なんですが・・・・・

「警察呼べ!!!!救急車呼べ!!!!!!消防車もだ!!!!!!」
って、全部読んじゃった。
ギャラリーも結構いたみたいだけど、遠巻きに見るだけ。
続きを読む

496: おさかなくわえた名無しさん 2007/08/27(月) 23:22:33 ID:Vd4xIWMq
俺の武勇伝ではなくて助けてもらった話
ネタみたいな話だが一応実話w

俺は横浜の大学に通ってたんだ。

趣味のバイクのローンを返済する為、ビデオ屋でバイトをしてた。
バイトは時給の良い深夜に入ることが多かったんだが、
結構暇な店で楽な仕事だった。
ただ、店の場所が結構ヤバメの場所ということもあり、
バイトの日は毎日のようにヤクザの事務所に配達をさせられていた…
そのヤクザは店長の知り合いで、断れなく行くのはいつも俺の役目だった。
でも、俺が選んで持っていくビデオはそのヤクザのツボにはまるらしく、
「○○(←俺の名前)が持って来るビデオはいつもおもしれいなぁ」とか
「○○がいつも持って来いよ」とか言ってくれて、
チップを貰ったりして結構可愛がってもらっていた。

そんな日が一年くらい続いたある日…

続きを読む

535: おさかなくわえた名無しさん 2010/10/27(水) 11:06:55 ID:1AmoTfLR
 
893に拉致られてボコボコにされて山に埋められた 

ボコられている時に携帯を無くしたフリをして
携帯を袖の中に隠してて、警察に電話して
話せないけど逆探知されて警察が来て助けてもらった。 

あの時穴の中でうずくまって携帯を隠してなかったら今頃は…
続きを読む

23: おさかなくわえた名無しさん 2009/10/21(水) 18:23:05 ID:X58IS5jo
歌舞伎町にあるペットショップを見てた。
歌舞伎町にペットショップなんて動物をなんだと思っているんだ、ずうずうしい。
と思いながら見ていた。
やはり客もピエ□メイクのギャルや、100%893幹部だったりする。
「このささみじゃなくてもっと柔らかいのはないのか」と、893が店員の若い兄ちゃんに凄んでる。
兄ちゃんも馴れたもので対応も鮮やか。
「この中の何割の動物が酔った勢いや、キャバ嬢の気を引くためだけに売られていくんだろう」
と、切なくなりながら店の外に出ると、そこには一匹のスタンダードプードルがいた。
銀色ででっかい。きちんとお座りしてる。看板犬かな?と思い、モフモフしていると
「キング、行くぞ~」との声。
さっきの100%893が大量のささみを手に、プードルに声を掛けていた。
キングが嬉しそうに尻尾を振る。
893も嬉しそう。
ささみをあげたりもらったりしながら893とキングは、歌舞伎町を当然のようにノーリードで帰っていった。

どうかキングが無事に天寿を全うできますように・・・・!


続きを読む

このページのトップヘ