きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

非常識

444: 名無しの心子知らず 投稿日:2012/03/20(火) 00:09:14.09 ID:Tpq6X7r8
事故つながりプチ。 
子ども乗せて保育園まで法定速度以下で送る途中、道路左側の小児科の駐車場から 
バックですごい勢いでキチ車が出てきた。こちらはクラクション鳴らしつつ 
急ブレーキしたが間に合わず、こちらが安全確認しながら反対車線まではみ出して 
衝突回避して停車した。 
私の車がクラクション鳴らしたまま完全停車しているのにも関わらず 
キチ車はバック走行を止めなかった。私の車体左後部側面にめり込んできた。 
警察呼んで、私は一旦保育園に子どもを送ったり遅刻連絡を職場に入れたり。 
車から出てきたのは推定2ヶ月未満の小さな赤ちゃんを抱いたママ。 
私は「ああ、このママ赤ちゃんの世話と看病(小児科から出てきたことから推測)で 
疲れ果ててるんだな。ここは穏便に済ませよう。」と思った。

しかしキチママはとんでも理論だった。 
キチ「私はバックで後ろが見えなかった。よく見えていたそちらが車を止めて当然。 
車の修理代と赤ちゃんとと私の治療費出せ。」と言い張った。そして「赤ちゃんが寒がっている 
けどあの人(私)怖い。あの人は外で事情聴取させろ。私は屋内で。」と警官に頼んだ。 
そのせいで、目撃証言からも私の過失は0だと分かっているのに、北風がびゅーびゅー吹く 
外で私だけ事情聴取された。
続きを読む

861: 名無しさん@おーぷん 2015/02/03(火)18:13:35 ID:9qm
神経わからんけど3段構えでむしろ爆笑させてもらった
私は麦茶が好きで、かつカフェインがちょっとだめで
緑茶紅茶コーヒーよりも麦茶をよく飲む

先日魔法瓶が破損してしまい、
今日は保温でない水筒に麦茶を詰めて職場に持って行った
保温じゃないので飲む頃には冷えてしまってるので、
給湯室にて片手鍋で温めていると
バイトのAさんがやってきて…

A「何作ってんの?」
私「麦茶あっためてんの」
A「麦茶!今真冬だよ!」
私「はあ」

Aさんによると、
「麦茶は夏に冷やして飲むもの」であり
「冬に麦茶を飲むなんて非常識極まりない」んだそう
そんなの好みの問題だろうと
「(´・ω・`)?」みたいな顔で聞いてると
なぜか段々ヒートアップしてきて
「非常識!」「有り得ない!」「頭おかしい!」と大騒ぎ
なんだか家庭板を思い出して噴きそうになった

なんだなんだと給湯室にやってきた
バイトリーダーのBさんに経緯を説明すると

B「Aさんもこう言ってることだしここは謝って……」

とこれまたなぜか私のほうを説得にかかり出した
ここで耐えられなくなりついに噴き出した
頭のなかのビジョンで私が真顔で
「冬に麦茶を飲んで申し訳ございません」と深々と頭を下げる
記者会見の模様が再生されるのが止まらなくなり、笑い転げた
バカにされてると思ったらしいAさんが顔を真っ赤に膨らませて

「この件は課長に報告するから!」

と言ったので、Aさんから
「私さんが真冬に麦茶を飲んでてけしからん!」
という報告を受けた課長の表情を想像したら完全にツボに入った
一人でアハハホホホと笑う私の姿はちょっと危ない人だったかも知れない
休暇明けで課長が出勤してくるであろう明日が楽しみです


なお、麦茶は沸騰した

続きを読む

113: 名無しの心子知らず 2006/07/19(水) 23:58:04 ID:/e3KpNK/


総合病院の話なのでスレチだったらすみません。 

友人のお見舞いで病院に行ったら、大きいお腹で点滴につながれながらも 
たばこをプカプカとふかし携帯でくっちゃべっている人がいて驚いたの 
なんの…。後日、再度行った時も点滴こそしてませんでしたが、同じように 
お腹が大きい人同士が二人連れで庭のベンチでたばこを吸いながら仲良く 
くっちゃべっておりました。 
見かねたのかどこぞの年配の女性が声をかけたところ、投げるように 
たばこを灰皿に捨て、ぶつぶつ言いながらどこかに行ってしまいましたが 
その光景に自分だけでなく、見ていた人みんな呆れ顔でした。 
お腹の中の赤ちゃんがすごく気の毒に思いました。
続きを読む

367: おさかなくわえた名無しさん 2015/09/10(木) 22:29:40.58 ID:EWQD5/Q1.net
友達やめるときじゃなくて友達やめられた時でもいいですか?
最近、中学時代の友達に友やめされたっぽい。
あまりに一方的で意味が分からない。

キッカケ?は、
その友達に最近子供が生まれたから、会わせてーってLINE。

いいよって返事来て色々世間話している流れで
無理だとは分かっているけど、ちょっとしたお願いをしたら
非常識ってブチ切れられて

そんなに切れられると思ってなかったし、
言ってることが極端過ぎて訳分からなかったけど
ごめんよって謝ったら既読スルーされたwww

無理だって分かってるしって前提だったのに
そんなに怒られたのが謎。
それで今まで返事なしだから友達やめられたっぽい。
続きを読む

314: 名無しの心子知らず 2011/07/23(土) 02:18:11.27 ID:wTe62236
非常識というか馬鹿親話。
髪が長くて子供を産んでもスタイルが良くて美人だと憧れていた人がいた。
子供を連れてプールに行かないと誘ったら断られた。
都合が合わないなら仕方がないな~と思って付き合いを続けていたが
プールへ行けない理由が判明。
肩甲骨に入れ墨掘ってたよ!どうりで夏でも黒長袖な筈だよ。
何でもメタルとか言う音楽が好きらしく、自分もご主人もバンドを組んでいるらしい。
怖ーーーーーーーーー!と他のママ友に報告したら
その人は知っていたらしい。ライブ楽しいよだって!
正直程度が低い人と付き合いたくないんで、園のママさん達にメールしておきました。
続きを読む

395: 愛とタヒの名無しさん 2011/05/25(水) 09:06:49.55
文章下手で投下迷ってたけど、投下してみる

以前別スレで相談させてもらったんだけど…
友人の披露宴に招待されていたところ、突然「白いふわふわのドレスで参加してね☆」という連絡がきた。
「披露宴に白?」と思って、ちょっと友達に連絡とってみたところ、友人でも未婚だけがお願いされていたみたい。
スレで相談したところ「それって金銭的な負担でないんでしょ?非常識だしやめときなよ」とかそういう回答だったので
先輩(未婚)にお願いして「わざわざ白いドレス買うのきついし、白とか非常識だから無理」と連絡をしてもらった。
その後、色々やりとりはあったんだけど、一応お断りで納得してもらえた。

ところが、しばらくして、後輩2名と友人1名が断りきれずに、白いドレスで来るように厳命されていたことが発覚。
3人とも大人しいタイプで、ごり押しされたらしい。
新婦に連絡とったんだけど、「本人たちの了承は得てるから」「アンタは関係ない」と突っぱねられた。

んで、当日。
新婦友人のなかの3名は明らかに浮いてた。
でも新郎友人のなかにも3名浮いてる人がいた。
タキシードで参加してた、新郎の友人&上司3人。
「これって明らかにアレだよね」と友達と言っていたところ、案の定サプライズ企画
「恋のキューピット大作戦&擬似挙式」とかそういうタイトル。

新婦友人3名と新郎友人&上司3名が前に呼ばれて、あれやこれやと司会から質問され
しかもちょっと下ネタとかエ□ネタ込みの質問もあり、招待客はドン引き。
盛り上がってるのは新郎側友人と新郎のみ(新婦は申し訳無さそうな顔してた)。

やがて、無理矢理3組のカップルをつくり、模擬挙式。
さらに、挙式の最中で新郎友人たちが「キース!」「キスしろー!」と野次飛ばす始末。
その気になった新郎上司が、新婦友人の肩を抱いたのをみて、私が我慢できずに立ち上がろうとしたら
新婦が高砂から立ち上がって「ちょっとまったー!」と焦って止めて
気まずい雰囲気になったので、司会が「まぁ、これからそれぞれ清い交際をしてください」で閉めた。

帰り際に新郎友人に渡されたのは、新婦友人それぞれのメアドと携帯番号の入った名刺(勝手に作成されたもの)。

396: 愛とタヒの名無しさん 2011/05/25(水) 09:07:40.88
ちなみに、新婦友人は22~24歳、新郎友人は30歳前後+上司40代。
ふざけるにしてもダメだろって年齢差。

後日、新婦が平謝り。
最初は、新郎友人が彼女いないし上司もいないし、カップリングでもしようか、と冗談を言っていたところ
新郎が本気にして新郎友人や上司に声をかけてしまい、みんなノリノリ。
まぁ、いいかと軽い気持ちで友人たちに『白いドレスで…』と声をかけたところ、先輩から説教されて
はじめて自分が非常識なことをしていることに気づいて、新郎に中止を注げたところ
新郎が「上司がノリノリだし、今更中止とかいえない」と泣きつかれて、友人たちにお願いしまくって
大人しそうな友人や後輩が何とかOKしてくれた、ということらしい。
その後のキスとかは予定外だし、名刺は新郎の上司の提案で断りきれずに
名刺は全部嘘情報(本当の友人たちのアドレスや携帯番号の一部をわざと間違えて印刷して、連絡がつかなくしたもの)ということらしい。

それでも、やっぱり見ていて気分悪かったし、今度の件でかなりの友人から切られた。
私も今後の付き合いは控えようと思ってる。

引用元: ・***** 私は見た!! 不幸な結婚式 101 *****

続きを読む

このページのトップヘ