349: このスレ見てたら思い出した。 ID:???
去年の夏。 
飼っていたハムスターに腫瘍が出来て、手術したのを引き取りにいった時だった。 
病院に入る前はカンカン照りの青空だったんだけど、出てくる時には 
すっごいどしゃぶりの雨。どう見ても通り雨じゃない。天気予報を呪った。 
でも、病院の中で待とうか?とも思ったけどイパーイでとても居られそうに無い。 
でも外に出るにも術後のハムを雨に濡らすなんて冗談じゃない。 
しかたないから着ていた男物のサマーセーターのお腹でハムゲージをくるみ 
10m程離れた小さなラーメン屋さんの軒下を借りてタクシーを待つ事にした。 
そこに移動した私はすでにびしょ濡れ。5分程たったがタクシーは来ず。

すると、出前から帰ってきたと思われるおじちゃんが店の前に来た。 
慌てて「すみません、タクシー来るまでちょっと居させて貰えないでしょうか?」 
と言った所「それは全然かまいませんけど…?」(お腹の中のハムゲージwを見る) 
事情を説明すると、おじちゃんは店の中に入りなさいと言ってくれてタオルをくれた。 
そしてありがたくゲージをタオルで拭いていたら、いつの間にか外に出ていた 
おじちゃんが「タクシーきたよ」  
おじちゃんは、タオルを貸してくれただけでなく、どしゃ降りの中道路に立って 
タクシーを止めてくれたのである。浸水した道路に居たおじちゃんの足元びしょ濡れ。 
そして相合傘でタクシーまで送ってくれた。 
愛しのハムが病気になって落ち込んでただけに、その優しさに泣きそうになった。 
あの時のおじちゃん、ほんとにありがとう。 
ハムは寿命でタヒんじゃったけど、あの出来事はいまだに忘れられません。 
今度あのお店にラーメン食べに行ってみようかな…。 
超文スマソ。思い出してまたチョトホローリ
続きを読む