きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

遠距離恋愛


13: 名無しさん@おーぷん 2015/02/12(木)17:28:55 ID:kBh
郵便局に行ったら思い出したので、ゆっくりと投下。
長くなるけどご容赦を。

私が結婚式を挙げたのが20代半ばの事。
その半年後、友人A子が「子供ができたみたい!どうしよう!!」と言い出した。

A子とA子の彼氏(以下B)は飛行機の距離でずっと遠距離だったから、妊娠を聞いた時には「遠くに嫁ぐから会えなくなるなー」程度にしか思わなかった。
ところが、聞いてみればお腹の子はBの子ではなくて、浮気相手の子(以下C)。
本命はBだけれども、友人として親しくしていたCともそういう関係にあって、ほぼ同棲状態にあると言う・・・。

浮気の時点でおかしいと思うけれど、それ以上に浮気相手と同棲って何!?と色々驚いたけれど、パニックっているAには突っ込めず、とりあえずどうするかを尋ねた。
続きを読む

830: 恋人は名無しさん 2006/05/12(金) 02:20:16
友達から聞いた話。
修羅場なんだけどうけた。

遠距離中のA(女)B(男)
Bの誕生日に忙しくてこれないと嘘をついてAは驚かそうと、誕生ケーキを作り二時間かけてBのもとへ、
部屋をあけるとすぐに異変に気付いた、なんだこの大音量は…‥

そっとのぞくと、まぁみんなもしってる光景が…

一瞬真っ白になったAだが目の前の光景はもう説明など無用の状態

ケーキをもってる手がふるえた!

気持ち良さそうな二人に近づいてコンポをとめた。
青ざめる二人
Aはケーキをとりだし手で二分割、ハッピーバースデーと叫び二人の顔面にケーキをぶつけて、
Bに私の最後のごちそうだ、味わえよ。
と言い残し、浮気相手にお前にはサービスだ。
と言い残し、
また二時間かけて帰ったらしい。
ほんと笑えた。

その友達も今では新しい彼氏とラブラブらしい。

続きを読む

367: 恋人は名無しさん 2006/06/20(火) 20:15:31
プチ修羅場をば。

彼氏は船乗りで、半年帰って来なかったり、3ヶ月連絡つかないのも当たり前だった。
まあ、それは我慢してて、たまたま下船が私の地元で、しかも誕生日だった。
喜んで色々お肌のお手入れやら、色々と頑張りました。

で、下船。
無茶苦茶ラブラブして、半年振りだから夜も……。
彼も、「会いたかったよ。大好きだよ!!」連呼。

遠距離恋愛なので数日滞在して貰ってバイバイしました。
その3日後……彼氏から電話、妙に暗い。やな予感。
「好きな子が出来ちゃった、ていうか、好きって言われて気になって……ごにょごにょ」
一瞬で、あーヤったな、と。
半年溜まってたのが数日じゃ足りんかったか、と。
「ヤったんでしょ?正直に言いなよ、その方がスッキリするよ。」
バカ正直な彼は無言に。

「とりあえず、約束してた来週のディズニーランド、いいから相手連れて来い」
ディズニーランドが修羅場に……。

続きを読む

670: 名無しさん@HOME 2014/02/02(日) 16:55:46.89 0
見合いつながりで、自分の最悪の出来事を書く
事情があって、去年の秋に地元に帰って見合いをさせられた
自分は東京で働いてて、相手の子は、自分の地元県の隣県(といっても互いの実家は車で小一時間)
に住んでいて、うちの父親の同業者の娘さんで、しかも互いの母親同士が高校の同級生だった
第一印象は、ちょっと大人しめの可愛い子(26歳)
母親同士だけが煩いくらいキャーキャー盛り上がってて、口をはさむ暇もなかったから

二度目は、こっちの帰省に合わせて二人で昼食でも食べに行こうという話になっていた
だが、会話のテンポが壊滅的に合わなかった
自分も人づきあいは苦手なので、女の子が楽しめるような話術には欠けている
それでも何とか盛り上げようとしたのだが、
「専門学校でどんな勉強してたんですか?」「普通です」
「○○の仕事(彼女の勤め先)って面白いですか?」「いえ」
「趣味は?」「別にないです」 「学生時代、得意科目とか・・・」「特には」
これを仏頂面ではなく、ニコニコした可愛い笑顔で、ちょっと首をかしげた動作付きで言われる
そしてこちらから聞いたわけでもないのだが、自分アゲ(言い方悪いが)エピソードを語りだす
彼女 「職場の上司や、窓口に来たお客さん、もう四人にプロポーズされたんです。でも皆さん、
田舎の売れ残りの40~50代で、正直身のほどを知らない方たちなのかな~って思うんです(笑顔)」
俺 「へ、へー、すごいね,もてるんだ」「そんなことないです」(ここで話終わり)
「東京でお仕事できるって、いいですね。同級生でも何人か都会に行っている子がいますけど、
正直実力も学力もなくて、運があるだけの子たちなんですよね~(笑顔)」
「(行った施設が臨時休館だった時に)こういうのって、事前にネットとかで調べられるんですよ。
あとは昔ながらの電話で問い合わせるという方法もあるんですよ(笑顔)」

とっとと断りたかったのに、向こうはもの凄く乗り気だから話を進めたいと連絡が来た
そして年末に帰ったら、母子でうちに遊びに来ていて、ホラーに近い怖さを感じた
母親同士は台所で喋ってて、彼女は我が家みたいにお菓子食べながらテレビ見てて、俺の妹が困惑してた
この見合いのせいで大事な物を失くしたのに、毎日後悔ばかりで、本当に勘弁してほしい

続きを読む

このページのトップヘ