きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

運転手

873: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)02:51:35 ID:W99
ついさっきあったこと。

飲みに行ってタクシー呼んだんだけど、
帰る前にトイレに行きたくなって
トイレに寄ってから外に出たら
運転手にすげえぐちぐち言われた。

「こんな何人もの人が待ってる時間に
タクシー呼んで待たせるとは何事だ」
「油売ってる時間がもったいない」

確かに5分くらい待たせてしまったかなと思ったから
タクシーに乗ってすぐに
「お待たせしてすみません」って謝ったのに
そんなこと言われたから
酔った頭がすうっと冷えて真顔で対応した。

店から家まではワンメーター前後くらいだから
短い距離で申し訳ないって思って
謝罪の気持ちで言ったんだけど
そこまで言われなきゃいけないほど
待たせた覚えもないので
降りるときに2千円運転席に投げて
「せっかくの稼ぎ時なのに油を売らせるような真似をして
どうもすみませんでした」と言って降りた。

家に帰ってから店の子に確認したら
タクシーが来て私が下に降りるまで
5分から10分くらいだと言われた。

これは私が悪いのか?
悪いとしてもああまで言われなきゃいけないことなのか?

まじはらたつけど
飲み屋でタクシーを10分ほど待たせる行為は
非常識なのでしょうか?

わざと待たせたわけではなくトイレに行っていたんだが。
続きを読む

417: 名無しさん@HOME 2008/06/08(日) 13:37:19
 
トメ所有の国産セダン(高級な方だと思う)の運転手がわりに呼び出される。

お友達の家に乗せてって。お迎えの電話するまでの間、給油と洗車しておいて。 
明日お友達と○○迄行くので乗せてって。その前に、給油と洗車しておいて。 
こっちの都合を聞いた上なら、たまには運転手してやってもいい。 
高速乗るのはちょっと怖くて…とかいうのも分からなくはない。
感謝の言葉もないわ、運転手するのは当然。


友達の手前か、ちょっと偉そうな態度がムカついてきたので、

プチなドキュ返し。

トメの愛車、預かってる間にドキュ仕様にしてきた。
ハンドルカバー、なんちゃんてムートン、ココナッツの芳香剤。
スティッチ?って言うの?ディズニーの青い奴。後部シートをあれの牧場にしてきた。
精一杯ドレスアップしたのに、ちっとも褒めて頂けなかったのは、
まだまだ足りないからよね!嫁子がんばるぞっ(ハァト)

次はネオン管付けてやる。
続きを読む

219: おさかなくわえた名無しさん 2007/01/14(日) 00:12:01
 
高校時代、隣の空き地に小型ダンプが停められるようになった。 

ボロいためか朝早くから長時間アイドリングしていた。よりにもよって俺の部屋の真横で。 
登校時間ギリギリまで寝ていたいのに否応なしに起こされる。 

ダンプの持ち主に駐車場所変えるように頼んだが、
奴は仕事の都合で仕方ない、学生なんだから我慢しろだのと逆切れ。 


親まで、いい機会なんだから朝型生活に切り替えろと説教しはじめた。 


当事の俺はアトピーを患っており、痒みのピークは
深夜に訪れるため寝るに寝れなかった。

だが親は夜更かしの言い訳と解釈していた。 

ダンプはエンジンかけてから出発までの間は持ち主がいったん家に戻るのか無人となる。

その隙にキー抜くなり何なりしてやればいいのだが、そんなことをしたら更に親から責められる。

そこでプレゼントをすることにした。
針の音がしないデジタル式の目覚ましを4個、昼休みの時間帯に
時間差をつけて鳴るようにセットし、ごちゃごちゃとした雑誌などの荷物の中に紛れ込ませて置いた。

もし昼飯のあと昼寝するとしたらいい嫌がらせになるだろうと思っていたが、予想以上の効果があった。
そのダンプを所有する工務店の社長が菓子折り片手に謝罪に訪れた。
なんでも、あのダンプは諸事情あってダンプの担当者に自分で
駐車場を確保させていたのだが、奴は駐車料金を浮かすため
自宅の近所である我が家の隣の空き地に無断で停めていたらしい。

目覚ましで昼寝を妨害された奴が思わず口走った俺への悪態でこのことが発覚したそうだ。

でも親は、まじめに働いてる人に恥をかかせるんじゃないと言い、俺に更なる説教。

これだとスーッとしないだろうが、後日、痒みを抑える
ホルモンの分泌サイクルと睡眠時間の関連を示す資料を見つけた。

明け方になって分泌されるため、そのころになってようやく熟睡できるようになるのも仕方ないとのこと。
親が怠慢と見なした俺の生活は仕方ないものだったことを裏付ける資料を突きつけて謝らせた。
こうして自分らの知識や経験が絶対でないことを親に認めさせ、
その後は進路や休日の過ごし方や交友関係に関しても

あれこれ口出ししない約束を取り付けることに成功した。

続きを読む

このページのトップヘ