注目の人気記事

運転

166: 名無しさん@HOME 2008/03/24(月) 23:06:52
先月、5●さいにして運転免許を取得(AT限定)したうちの近距離トメさん。 
ドライブにウトさんを誘うが断られ、息子である夫も断固拒否。 
ならば嫁子が!と立候補。 

「どこに行きたいんですか?」と聞いたら、早咲きの桜を見に近くの山へ行きたいとのこと。 
そんなに遠くないし大丈夫だろう。

超心配顔のウトさんと夫に見送られ、トメさん意気揚々と出発。 
・・・30分後、真っ青な顔のトメさん。 
「よ、嫁子ちゃん、運転変わって・・・。」 
トメさん、激しく車酔い。 


とりあえず路肩に寄せてもらい運転交代。 
とても桜を見に行ける状態ではなく、あきらめて引き返す。 
助手席の窓を全開にして「あーあー」と酸素補給をするトメさん。 
帰宅後、ウトさんに「お前は車に酔いやすいんだから何したってダメなんだ!」と言われしょんぼり。 

すっかり意気消沈したトメさん。 
せっかく買った車を嫁子にやるとまで言い出した。 
それはそれで嬉しいけど、がっかりしたトメさんがあまりにも不憫になった嫁子。 
どうしてあげたらいいのか悩み中。 

続きを読む

607: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/04/27(月) 12:09:50.69 .net
相談させてください。
初なのでお手柔らかにお願いします。

前提として、嫁妊婦で2ヶ月、子供1歳。
再来月、片道4時間弱の嫁実家の近くで
俺友人の結婚式がある。

それに参加するんだが、できれば二次会も参加したい。
終わったら嫁に迎えに来てもらって嫁運転(俺が酒飲むから)

で家に帰ろうみたいな話をしたら、
「妊婦に何させるの」と呆れられた。

我に返ってその話はうやむやに打ち切ったんだが、
確かにまずいお願いをしてしまった。

ただ、嫁は体力こそ少し落ちたもののつわりは
一切ないと自分で言っているし実際に元気。

前回似た状況の時(安定期の午後帰宅)は
快諾してもらってたし、
今回もそれでいけると思った。

そこで、今度はどの程度妥協して
お願いしたらいいだろうか。
できれば二次会は参加したい。

途中抜けでも二次会でしか会えない人がいるし。
電車も考えだけど、そうするとほとんど参加できない。

せっかく嫁実家の近くだからじじばばにも孫見せてやりたい。
翌日仕事休むのは無理。

やっぱり難しいかな?

続きを読む

259: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/15(火) 11:00:56.26 .net
嫁が踏切を斜めに切らず真っ直ぐ登って
バンパーガリガリした時には思わずブチ切れてしまった 
自分でも訳わからないくらい逆上した 

人間は擦り傷程度なら放っときゃ塞がるけど車は放置しても直らないんだよ
続きを読む

842: 名無しさん@HOME 02/09/04 01:46
高速教習の為、高速のインターへ向かうまでの一般道での事。
相方君(教習生)が運転してたんだけど、後ろからプシュプシュいわせた
トラックが煽る煽る!こちとら教習車だってのに。

一瞬だけ2車線になる道路でグア~ッと追い越しするトラック。
すると教官が「ああいうのが事故ったり捕まったりするんやで」と言ってた。

そして高速に乗って見たものは・・・高速機動隊に捕まったさっきのトラック。
横を走りながら、教習生皆で指差して笑ってさしあげました。

「な? 言ったやろ(笑)」 <By教官

続きを読む

14: 名無しさん@HOME 2014/02/25(火) 23:53:53.42 0
妻が豹変した。唖然として何も考えられない。血の気が引いていくのを感じた。
その時、過去の記憶が鮮明に蘇って来た・・・

数ヶ月前・・・俺はフィアンセとデートの約束をした。いつもの駐車場で待ち合わせる。
出入り口で女性が佇んでいた。フィアンセだ。俺の車に気付いた途端、笑顔になって俺を迎える。
フィアンセは嬉しそうに助手席に座った途端、俺の頬にキスをして腕を絡めて来た。愛おしい。
桜が綺麗な景勝地へドライブに行った。桜に包まれた山道を走る。良く整備されていて走りやすい。
フィアンセの嬉しそうな顔を見ているだけで幸せな気持ちになれる。
その時、「俺さん、少しスピードを落として頂けませんか?怖いです・・・」
俺は慌ててスピードを落とす。その時、気付いた。
俺にはこれから一生守らなければいけない人が居る。万が一のことがあれば悲しませてしまう。
深く反省をして、これからスピードを出すのは控えると心に誓った。

続きます。

続きを読む

14: 名無しさん@HOME 2014/02/25(火) 23:53:53.42 0
妻が豹変した。唖然として何も考えられない。血の気が引いていくのを感じた。
その時、過去の記憶が鮮明に蘇って来た・・・

数ヶ月前・・・俺はフィアンセとデートの約束をした。いつもの駐車場で待ち合わせる。
出入り口で女性が佇んでいた。フィアンセだ。俺の車に気付いた途端、笑顔になって俺を迎える。
フィアンセは嬉しそうに助手席に座った途端、俺の頬にキスをして腕を絡めて来た。愛おしい。
桜が綺麗な景勝地へドライブに行った。桜に包まれた山道を走る。良く整備されていて走りやすい。
フィアンセの嬉しそうな顔を見ているだけで幸せな気持ちになれる。
その時、「俺さん、少しスピードを落として頂けませんか?怖いです・・・」
俺は慌ててスピードを落とす。その時、気付いた。
俺にはこれから一生守らなければいけない人が居る。万が一のことがあれば悲しませてしまう。
深く反省をして、これからスピードを出すのは控えると心に誓った。

続きます。

続きを読む

このページのトップヘ