注目の人気記事

連れ子

426: 離婚さんいらっしゃい 投稿日:2005/09/04(日) 16:58:57
今日久々にあった彼女の子供が、えらく生意気になっていたので(勿論ムカつく生意気さでは無く、可愛い生意気さ)、 

冗談で「しつけし直さないと駄目だな」と言ったら、突然彼女の態度が変わり、夜までみんなで遊ぶ約束だったのが、昼過ぎにさっさと帰ってしまった。

続きを読む

229:名無しさんといつまでも一緒2008/12/18(木) 16:57:47 0
略奪婚の友人の結婚式に、浮世の義理で参列したときのこと。
前妻が病気持ちとかで、新郎側が前妻との子供を引き取ってたんだけど
続きを読む

96: :2016/10/05(水)16:31:25 ID: 
妻の連れ子の結婚式に元旦那と出るから俺に遠慮してほしいと言われてケンカになってしまった。
先月には相手のご両親と3人であってきたらしい。
実父(元旦那)がいるのに継父(俺)が出るのはおかしいっていうんだけど、娘が小学校4年から育ててるのにそっちのがおかしいだろ。
娘育てるためのATMだったのかと思うと娘と妻の顔も見たくないと思って家出してしまった。
離婚したら俺が悪くなるんだろうか。
  続きを読む

924: :2016/09/18(日) 07:09:32.83 ID:
妻が出かけて、連れ子と二人きりで過ごす夜。
まず連れ子は晩飯を食わない。おかずが気に入らないのかほかに理由があるのか、とにかくちょっと食べたきりで残してしまう。
俺が夕食の片付けを終える頃、
「なんか(食べるもの)ないの」
と言ってくる。ケロッグがあったが、それでは駄目だと言う。缶詰めにみつ豆があり、それなら食べると言う。
俺はみつ豆を用意してやった。ガラスの容器にもりつける。
しかし彼はみつ豆を食べない。理由を聞くと
「変なものが入っている」
変なものとは、みつ豆の豆のことだった。
しかたなく俺は梨をむいてやった。彼はそれを黙って食べる。やがてまた
「なんかないの」
と言い始める。当然だ。彼は夕食をほとんど食べていないのだ。
「もう食事の時間は終わり。風呂に入って」
と俺は言うが、言うことを聞く耳はない。いつまで冷蔵庫をがさがさやって、バナナを見つけて食べた。
テレビのお笑い番組を見て笑い転げる。


俺は宿題をやらせるどころではなかった。
10時に近くなる。俺は連れ子に懇願した。俺がお母さんに起こられるのだから、頼むから風呂に入ってくれ。
連れ子はふてくされながらも風呂に入った。
妻が帰ってきた。大変だったと話す。
「あたしの言うことだってきかないんだから」
しかしそう言う妻の顔には、勝ち誇ったような笑みが浮かんでいた。
「あたしのいつもの大変さがわかったでしょう」
というように。

いろんな感情が渦巻いが、最も大きかったのは
「俺が子供の面倒を見て当然」
と思っているのだな、ということだった。そこには感謝もないし、すまないという気持ちもなかった。
まるで子供が二人の愛の結晶であるかのように。

続きを読む

510: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/09/22(月) 23:42:29.02
書き逃げ 

昨日娘が嫁いでいった 
嫁の連れ子だったが(当時8歳)最初のうちは全く懐いてくれず、思いっきり嫌われてたんじゃないかと思うw 
娘が高校の時に交通事故で病院に運ばれたのよ 
俺も仕事早退して病院にいったが、田舎の病院でその火手術したとかで血液のストックがないとのこと 

で、俺はO型で娘もO型 思わずドラマのように言ったのよ、俺の血を使ってください、俺はこいつの父親ですって 
そしたら、本当に遠慮なく抜いてくのなw 後で聞いたら、1500mlくらい抜いていったとのこと 
で、その後に血液届いて、無事に手術終了、俺フラフラ、嫁クラクラ、娘グッスリ、結局俺と嫁も一晩入院w 

で昨日なんだが、娘からその時に輸血してくれて本当の娘として育ててくれてたことと、血も繋がったことが嬉しかったって新婦のスピーチで言われた 
おもいっきり泣いちまったんだよなw 

今日から嫁と2人きりだが、よく考えたら結婚して初めて2人きりの生活なんだよな 
明日は初めて2人きりでデートしてくる 
よっぱらいの戯言でした、長文すまんw
続きを読む

276: 名無しさん@HOME 2012/08/30(木) 23:39:30.78 0
先週の話になります、その日は定時前に職場から帰宅
玄関を開けたら子供の鳴き声と悲鳴が
何があったのかと血の気が引く思いで中に入ると、クソトメが娘を風呂場で水攻めの真っ最中
何してんの!と叫ぶと、娘がママーと泣き叫んで私の元へ
洋服のまま頭からずぶぬれで頬にはミミズ腫れ、それを見た瞬間私のどっかがブチ切れた
「何しとんじゃオラアアア!」な勢いでクソトメの襟髪掴んでそのまま湯船にザブン
蛇口ホースから水を全開にして頭からざばざば水攻めにして、布団叩きでバンバン叩いた
何か言い合ったけれど興奮していたので覚えていない
風呂場から出て食器の類を割りまくったのは覚えてる

私の居ない所でさんざん娘をいじめてきて絶対に許さない
連れ子ということもあって今までずっと辛抱してきたけどもう無理
旦那も年中娘に嫌味を言ったり馬鹿にしていたので、とっくに情は冷めている
明日弁護士も交えて話し合いに出ます
逆に慰謝料払えと言われても、娘に辛い思いをさせ続けてきた私の責任なのでケジメをつけます
貧乏生活になったとしてもがんばる


続きを読む

510: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/12(月) 11:49:27.35
 
嫁の連れ子が自タヒした 

今嫁と元旦那ともうひとりの連れ子が遺体囲んでる 
俺は1人換気扇の下で煙草吸ってる
続きを読む

303: 離婚さんいらっしゃい 2015/10/18(日) 16:10:35.37 .net
俺も、もう無理かも 

俺が初婚で相手が子連れ再婚(4歳男の子1人) 
結婚を機に転職したが 
転職先は俺の地元で準公務員

妻からは
私の地元で就職してよ、あなたの地元は嫌
と言われていたが、話し合って、俺の地元に行くことになった 

妻は俺の父の紹介で事務パート 

妻は常に帰りたがっていた 
元旦那との子が俺の地元で受け入れられないのでは、と 
その危惧していたことのせいか、
俺の親親戚から言われる言葉に敏感だった 

2人目は?と聞かれると、俺の子を早く産め、と言われているようで
すごく嫌だと言った 

俺の父が、まるで子どもを可愛がるような素振りを見せなかった。
一応孫にあたるが、可愛いと思ってないのかも。
妻はそれも見抜いていた 

とある日、妻の妊娠が発覚。お互い素直に喜んだ。 
しかしその後で妻の不安が募る。 
生まれてくる子と今の子が比較されて差別されるんじゃないかと。 
その考えは理解できた。でも大丈夫、と言い聞かせ、
ようやく家庭が落ち着いてきた。 

そんな中、妻と父が言い合い。
地元のしきたりに妻はついていけないらしい。
やっぱり出て行く!と言い、きかなくなった。 

トラブルが絶えないので、
妻は自分の地元に帰りたいあまり離婚騒動。
俺は折れて転職活動を始める。
でもなかなか気持ちがついていかない。 

そんな俺を見て妻が、
もうあなたについていけない、子どもの為に帰ると言う。 
喧嘩して喧嘩して喧嘩して、収拾つかず今に至る。
続きを読む

189: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/11/12(月) 12:35:00.90
父と血が繋がってないことを知った時かな
小学校3年生の冬休み
正月に叔父(父の弟)が遊びに来た
父と叔父は朝から酒を飲んで語り合っていた
どちらも酔うと声が大きくなる
母と弟は買い出しに
私は手伝いでお汁粉に入れる白玉を量産
リビングとキッチンが繋がってる間取りで酔っぱらいの会話が筒抜け
うるさいと思いながら作業してたら父が泣きながら口走り始めた
「○○(私)は俺の娘じゃないけど俺の娘だ!」
「俺みたいな良い男と結婚する時に話す!」
とか叔父は適当に相槌を打ってた
どうも私は母の連れ子で私が1歳くらいの時に結婚したらしい
あの酔っぱらい親父…と思いつつ、まあ、良いかと深く考えずに白玉作成
そのうち、叔父が私がキッチンにいることに気づいたw
灰皿に水を入れに来たフリをして分かりやすく私の様子を伺う
「何してるの?」「白玉!」
楽しそうに白玉を丸める私を見て白玉に夢中で聞いていないと判断したようだ
安心して酔っぱらいの所へ戻ったw

時は流れて中学
血が繋がってないのを意識する訳でも無く、普通に過ごしてた
あるとき授業で血液型云々の話
母と父からじゃ生まれない血液型w
面白いと思う程度で気にしなかった
で、無事、成人して社会人に

何が修羅場って私に結婚どころか浮いた話が1つも無いことだと思う
互いにカミングアウトのタイミングを完全に逸してるw
続きを読む

154: 名無しさん@HOME 2014/12/03(水) 18:26:35.68 O
今日は元嫁の三周忌
けれど当然呼ばれていない

旦那を亡くし、娘と2人暮らししていた女性に惚れ込んで交際を経て、
娘との関係も良好だったため結婚

血は繋がっていないけど娘もかわいくてたまらなくて、愛していた
だけど娘が中学に入った頃に「寄らないで」とか
「気持ち悪い」とか言われるようになって、
娘への愛情が消えた

嫁のことは愛してやまないけど娘が愛せなくて、
これじゃあ嫁の望む「平穏な家族」になれないと思って
離婚を切り出した
嫁は泣いて止めてきたけど「もう娘が娘と思えない」
と言ったら仕方ないと離婚に応じてくれた
娘からは手紙が定期的に届いたが
読む気になれなくて全て廃棄していた
愛情って消える時は一瞬で消えるんだよな

それから10年以上経って、疎遠だった弟夫婦から
嫁が亡くなったという知らせを受けた
ショックを受けて嫁実家に駆けつけると成人した娘がいて、
泣きじゃくる小学生~中学生くらいの男の子の手を握っていた
娘が俺を見て「お父さん」と言った瞬間、
男の子がものすごい形相で俺を睨んできた

泣きじゃくっていたから最初は分からなかったけど
その男の子は俺にそっくりな顔立ちをしていた
俺の血を引いた息子だった
年齢的に、離婚する時に最後にと頼み込んでいたした時の子
息子がいたことも衝撃だったが、
その息子から憎まれていることがそれ以上にショックだった
続きを読む

このページのトップヘ