きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

貯金

460 :きまぐれ鬼女 2013/09/20(金) 21:22:54 0
先週、4年ほど前3ヶ月弱つき合ってた…つーか、遊ばれてた(ATMにされてた)女からジュリメっぽいのが来たんだが、
厳密には元カノとは言えない奴なんで、ここで晒してもいいのかな?
続きを読む

782 :きまぐれ鬼女 2011/07/26(火) 16:58:16 0
コピペ認定してもらえそうもない微妙なヤツだけども
15年前に離婚した夫からいきなりこんな手紙が来た


○○さんへ(私の3文字の名の下2文字・その呼び方は嫌だと言ったろうが!)

大和証券
野村證券
みずほ証券
トレード丸三証券
SBI証券
SMBC日興証券
松井証券
内藤証券
三井住友プライマリー生命
ゆうちょ銀行(通帳は2冊)
みずほ銀行
三菱UFJ銀行

小生はすっかり年をとりました
いつタヒぬかわかりません
もしものときのために財産のありかを○○さんにだけ教えておきます
忄生悪の姉たちには絶対に渡さない
小生のものは○○さんと△△(長女の名)に相続させます
結婚してからずっとお金を貯めてきたのは
大切な大切な妻子の幸せのためでした
どうか信じてください
老後は家族仲良くすごしたいです
続きを読む

572 :きまぐれ鬼女 2021/10/18(月) 10:22:14 ID:DZ.ky.L1
さっき離婚届を出して来ました。
理由は元夫が子供達の貯金を飲み代に使ったから。
それだけ聞くとそんな事でって言われると思うかもだが、それまでの経緯と元夫と義父の言い分からこれは直らないし教育に悪いなと思って決断した。
元夫と義父の言い分は給料が下がったから焦りと鬱憤が溜まっていた、スト乚スが多い日常で息抜きは必要だというものだけど、この2年弱続くコロナ社会で誰しも息抜きがしたい。
それに私も働いているし、夫婦合わせたら生活費に危機はない。
それでも一家の大黒柱の男のプライドという。
そんな理由でお小遣いを超えて子供の貯金箱からお金を抜き取って飲み屋で使うなんて親として情けない。
その貯金は息子達が犬を飼うために貯めてたお金だと知ってたはずなのに。
だから離婚した。子供達には「そんな事」と考える人にはなって欲しくない。
もし気の迷いが元夫だけで義父が元夫を叱咤する側だったらこうはならなかったと思う。
でも直るチャンスがないなら仕方ない。
続きを読む

189 :きまぐれ鬼女 2019/12/17(火) 05:43:23 0.net
ちょっと考えすぎて眠れなくなってしまったので相談してもいいかな。
ROM専で書き込みするのは初めてだからちょっとドキドキしてるけど.......。
続きを読む

218 :きまぐれ鬼女 2011/02/06(日) 00:28:34 0
去年夫が事故で急タヒした。
うちは夫が財布を握り、私が生活費をもらってやりくりしていたが
通帳やカードこそ持たせてもらえなかったものの、貯金が800万程度あるのは知っていた。
ところが夫のタヒ後、通帳を見たら残金たった70万になってた。
少し前、トメがウトに内緒でFXに手を出して失敗して大金を失い、
ウトにばれたら離婚されるから助けてくれと泣きついたことがあったんだよね。
夫がウトにうまく話してとりなして事なきを得た、思い出させるのはまずいから
ウトメの前でその話はタブー…と聞いていたのに、ちょうどその時期に貯金が引き出されてる。
じゃあ生命保険は?と慌てて調べた。
上の子を妊娠した時、俺にもしもの事があったときのために…と入ってくれたもの。
それも見事に解約されてた。
いい夫いい父親を演じてたけど、トメのためなら家族の未来を差し出しちゃえる人だったんだ。

事故の相手がすぐに慰謝料を払ってくれなかったら、今ごろどうなっていたことか。
そのお金のおかげで、安いアパートを借りて子供を高い無認可保育園に預け、
なんとか仕事を見つけることができた。
けど、トメから「保険金が入ったのなら半分でいいから分けて」って手紙が来る。
現住所は教えてないけど、転送されて手紙だけは来るようになってる。
またFXで損をして、穴埋めが必要なんだって。
トメは保険解約のことすら知らないみたい。
夫の奴、せめてうちの家計にどれだけのダメージを与えたかトメに教えてからタヒねばよかったのに。
続きを読む

713 :きまぐれ鬼女 2011/01/22(土) 07:32:51 0
大金は人を狂わすって本当です。
離婚した元夫や元トメがそれでした。
何年も前の話で恐れ入りますが、投下させてください。

私と元夫は3年計画小梨でその間に2馬力で頑張って
将来に備えた貯金をしよう、と結婚前に話し合っていて実行していました。
勿論、私の親元夫の親双方にもキチンと話して理解を得ていました。

ところが結婚3年目、私がたまたま買ったある宝くじが高額当選。
これを知った元夫が真っ先にはっちゃけて、当選を知った翌日に
「退職届出してきた^^」とニコニコ顔。
「あれだけの金と今までの貯金あればもう働く必要ないじゃん^^」とほざくバカ。

口がポカーンとなっているところに、今度は元トメがやってきて
ドアを開けるなりマンションの廊下中に響き渡る馬廘でかい声で
「聞いたわよ!○○○○マン当選したんですってええええ!
ちょっと!詳しく話を聞かせてよ!!!」と人の肩をポンポン叩いてきました。
そこで、キンキン声の元トメを家に入れ元夫にどういうことだ?と聞いたら
バカは高額当選を知ってから義実家だけでなく、自分の知り合い中に
高額当選した事を言いまわっていた事が判明。
更にそれを知って歓喜する元トメに「今までの貯金もあるし、
これででかい2世帯住居新築して親孝行してあげるよ^^」と宣言したそうです。
続きを読む

18 :きまぐれ鬼女 2019/10/29(火) 17:03:41
義兄嫁が見栄張りのバカだった
色々バレていま鬼のように電話が来て、着信拒否したところ

もともと子供の七五三や節句は嫁実家で用意する土地柄で私も実家の親が揃えてくれた
義兄嫁が「実家親が買った」と嘘をついて自分の貯金と借金で買っていたそうで
買うお金が尽きたと我が家の七五三セットを借りに来た
貸す筋合いじゃないので断ったらキレたり泣き落とししたので近所の実親召喚
親が義実家に連絡して引き取ってもらったので事情は説明した

なんで義兄嫁が私が事情を義親に言わないと信じてたのかわからないけど「言いつけるなんてありえない!」と電話が来て呆れてる
続きを読む

24 :きまぐれ鬼女 2011/01/25(火) 02:30:57 0
旦那が寝たので投下。怒り狂ってます。

旦那がトメに「大学の学費を返したい」言って来た。
トメに返せ言われたんだって。
なんだそれ?と思ったけど、しょうがないかと思ってお金準備した。
そしたらトメから電話があって
「義姉娘ちゃんの学費出してくれるんでしょ?ありがとう」だって。
トメに学費返すんじゃなくて、義姉に「義姉娘の学費は任せろ!」言ったらしい。
問い詰めたら「結局払う金は変わらないんだから問題ないだろ!」と逆切れ。
全然違うって話だし。
義姉娘の学費を払いたきゃ自分の貯金から払えと通告した。
そしたら旦那、うちの通帳漁ってたよ・・・。
発見して通帳取り上げて、今は私の腹巻の中w
義姉は離婚して確かに経済的に苦しいだろう。
でも義姉娘の進学先が、授業料が高いことでも有名なお嬢様大学。
生活厳しいなら、公立にするか奨学金とらせろよ!
続きを読む

324 :きまぐれ鬼女 2013/11/05(火) 21:38:19 0
フシアナ旦那の吐き出し
嫁がソシャゲの課金とやらで8ヶ月で貯金100万円強を使い込んでたのを知った今が修羅場
娘の進学資金じゃん、お前を信じて管理任せてたお金じゃん、俺毎月定額振り込んでたじゃん
娘は事情知らないから俺に怒られてる嫁を庇うしさあ、なにこれ状態
これ家の購入資金とか車の買い替え資金の貯金も使っとりゃせんだろうなと今戦々恐々
明日銀行行くのが怖いよ
続きを読む

322 :きまぐれ鬼女 2019/12/25(水) 06:10:33
お金の出し方で夫婦で意見が合いません
・このことで両家の親に相談するのはアリかナシか
・妻の主張する方法にどんなメリットがあるのか
この二点について意見を下さい

20代の新婚で、夫婦の稼ぎを一つにまとめてお小遣い制にするということについては考えが一致しています
妻は非正規で年収は僕の半分
現在の生活費は僕の月収とトントンになるくらい
今は僕20万、妻8万を出し合って余ったら貯金、定額出し合った残りの給料はそれぞれ自由(妻は昼食代も含む)

妻の主張:夫の給料で暮らして妻の給料は貯金
理由:もし妊娠などで働けなくなってもこれなら困らない(なぜそうなるのか分からない)

僕の主張:妻の給料で暮らして夫の給料は貯金(家賃や光熱費通信費などは夫口座から引き落とし)、もし妻の収入がなくなったら毎月一定額を妻に渡す

理由:
基本的に妻が買い物をするから、妻が普段からお金を使えば良い。
妻が働けなくなったとして、もしも僕の給料を使いきる生活レベルだった場合にそこから更に貯金するのは大変になると思う。妻の給料の範囲で生活していればもし働けなくなっても僕の毎月の収入で生活すればボーナスをそのまま貯金できる

上記を話しても聞いてくれず「夫の収入で生活して妻の収入は貯金がジョーシキなの!」と繰り返すばかりですが、妻の言う方法って本当にメリットがあるのでしょうか?
続きを読む

このページのトップヘ