注目の人気記事

貯金




263: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/01(土) 23:48:47.75 ID:vxcm8zWr
◆現在の状況 
迷っています。 

◆最終的にどうしたいか 
自分の選択に後悔しない形をとりたいです。 

◆相談者の年齢・性別・職業 
30歳・女・事務


子供の頃からの夢があり、そのために貯金をしてきました。 
現在550万の年収で2500万強あります。 
もうすぐ夢が叶います。 

それと同時に
難病の姪に多額のお金をかければ新しい治療を受けられる
可能性がでました。 

姉夫婦、双方の両親がお金を出しても、今までも
多額の治療費を支払っていたため足りません。 
私の手元にはあります。 

このお金がなくなったらおそらく夢は叶いません。
姉は夢の事はしっています。
お金の事は知りませんが、私がお金を出したら察すると思います。 

しかし姪は助かるかもしれません。 
私は夢を諦める選択をしようとしています。 
既婚女性の立場として、この選択はどう思われますか? 



続きを読む

454: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/29(日) 20:50:33.85 0
相談いいいでしょうか。 

私、旦那ともに37歳、結婚11年、子供2人です。 
旦那に外食などとは別の純粋なお小遣いとして月3万渡しています。 
ここ何年か旦那はそのお金の何割かを、使わずに貯金しているみたいなんです。 
見慣れない通帳が家にあったので、疑問に思い見た際に、 
毎月ではありませんが1~3万前後をATMから入金しているみたいです。 
本人に聞いてみましたが深い理由はないと言われてしまいました。 
お小遣いだしどう使おうと自由なんですが、なぜ貯金するのかが全く不明ですっきりしません。 

車や家、子供絡みのお金は家計から出しているので違いますし、 
大金がいるような趣味も心当たりはありません。 
使い道がなく持て余しているのかとも思い、 
お小遣いの制度を変えようかと提案してみてもそれは困るとのこと。 
家計の管理は私ですが、旦那も普通に使えるので緊急時に困るとも思えません。 

もう一つ気になるのは、入金が3万より少ないのは使ったからなんでしょうが、 
入金が3万より多い月もあることです。 
不定期ですが2~3ヶ月に1回のくらいそういう月がありました。 
飲み会や趣味でそこそこ出かけているのにそんなにお金が残るのも不思議です。 
お金の出処がわかりません。 
一応浮気も疑いましたが、今のところそういう気配はありません。 
給与明細と家計への振込はきちんと合っています。 

何か、手がかりはないでしょうか。
続きを読む


第一話
第二話
第三話
第四話
第五話

52: プレーン ◆JK9cOhgs22 2007/11/08(木) 20:04:08 ID:???O
嫁の病院が分かった!見舞いに行くべきか? 

 
続きを読む



第一話
第二話
第三話
第四話
第五話

13: プレーン ◆Ne9x8wC9HM 2007/11/07(水) 00:00:38 ID:???O
冷凍してあった里芋の煮っ転がしを発見して食べた。
なんか泣けてきた。嫁と別れるのか・・・ 
 
 
続きを読む


第一話
第二話
第三話
第四話
第五話

737: プレーン ◆Ne9x8wC9HM 2007/11/04(日) 08:19:55 ID:???O
みんなおはよう。いつの間にか寝てしまってたよ。料理酒って言っても、料理用に置いてあった普通の日本酒だからマズくなかった。
昨日は暴れまくってスッキリした。なんだ、あれだな、ちゃんと離婚するから嫁の心配しなくてもいいよ。
確かに、俺おかしいわ。みんなの言う通りだな。
よく思い出せば、嫁が段々食が細くなっていったのも俺のせいだな。そりゃあ、体調管理も出来なくても仕方ないな。
みんなにも暴言吐いてすまんかった。
 
 
続きを読む



第一話
第二話
第三話
第四話
第五話

407: プレーン ◆Ne9x8wC9HM 2007/10/30(火) 18:13:04
また、嫁を怒鳴ってしまった。
凄い腹減って帰って来たら嫁寝てて、ご飯の準備してなくて腹立って怒鳴ってしまった。
朝、仕事行く前に嫁に「帰ってきたらお米買いに行こうね」って、言われてたの忘れてて怒鳴ってしまった。しかもちゃんと下準備は出来てる状態だった。
今回はすぐ謝れたけど、どうしたら冷静になれるのだろ? 
 
続きを読む


第一話
第二話
第三話
第四話
第五話

852: プレーン ◆Ne9x8wC9HM 2007/10/25(木) 22:48:22
嫁に逃げられるかも
俺30才、運送業、月収50
嫁25才、パート、月収8
子供無し、結婚6年目
嫁から、「あなたは私の事、変わったって言うけど大人になっただけ。あなただけが考え方、行動、すべてが幼いまま。このままならやっていけない。」と、言われた。
結婚当初はDV、貯金使い込みもしてしまったが今はそんなこともない。たまに、怒鳴ってしまうことはあるけど。
遠出が趣味だから嫁に小遣いを申し出たら「節約しなくちゃ。あなたの親もいい年なんだから、いずれは同居でしょ?」と言われて
「オマエ変ったな。やっぱ、女は結婚すると変るな、騙された。」と言ったら上の言葉を言われた。
嫁の目が真剣だったから今回はヤバイかも。
俺は別れる気はない。
 
続きを読む

464: 名無しさん@HOME 2007/04/13(金) 09:36:01
家は結婚して7年で子供2人、結婚2年目に家をたて土地名義人私、家共同名義。
トメはそれが気に食わないらしく、事あるごとに突っかかって来てた。
別居させて あ げ て る なんて優しいトメだ、だの
私の時代には考えられなかっただの。
最初は怖かったので素直に「はい」って言ってたけど、さすがにムカついてきた。

聞き流しつつもイライラしてる所に追い討ちをかけるように
「家を 買 わ せ て や っ た んだから感謝しなさい」発言にブチっと。
「いい加減、他人の家の事なんてほっといてくれます?5年も飽きもせずまぁブチブチと」
トメも切れて「他人!あなた夫の親に向かって!」

「他人ですよ。家は他所の家庭ですよ。
大体なんでそんなに偉そうなんです?私が私の稼いだお金を私の家を買うのに使って何が変なの?
ちょっとでも援助を受けたなら言われてもしょうがないけど、
こっちが金出してあ~げ~た~事はあっても金もらったことないし。
あの時の金(ウトの入院費、当時夫は転職中)
私が稼いだ金だってわかってるのに
完全に無視してお礼の一つもない、随分ですねぇ?
そんな失礼な人なんかに礼儀だなんだと言われたくないわ。
三つ指つくのはどっちです?
だから友達も居ないし、子供にも孫にも嫌われて、
話し相手ったら無理やり押しかけて行く嫁だけ。
そんなに嫁に対して優位に立って、大昔の常識押し付けるなら
炊飯器も洗濯機も、文明の利器はぜーんぶ捨てて、
嫁は土間でメシ食ってた時代の家に建て替えたら?その時代が好きなんですよね?」
続きを読む

944: 名無しさん@HOME 2006/11/19(日) 23:16:35
豚切ります。ただの愚痴ですが。 

月に1万円の定期をしていたトメが、景品につられ月2万円5年の定期に変更。 
後で考えたら300万円の簡保の支払いもあるし、月2万円はキツい。 
あんたたち、やらないか?と。 
名義は息子ちゃんの名義にするから、って当たり前じゃ。 
中距離別居で月に1度顔を出すので、 
その時に2万円置いて行け、ということらしい。 

毎月2万円必ず出せるならその分先に自分で貯金してるし、
今やってる財形とかやめてまでその定期をやりたくもないし。

↑の文章でわかっていただけるかどうか心配なのですが、
少なくともトメにはわかってもらえなかった。
「毎月2万円も出せないの!?」とものすごい勢い。
その後も何か言いたそうなのを横から旦那が
「俺がこづかいから出すから。」と。

昼食代込み月4万円のこづかいで月2万円の貯金が続く訳もなく、
その定期は車を買う費用の足しにすることを条件に結局家計から出す事に。

そして満期を迎えたとたん、旦那が「30万円くらい親にやるから。」
「車買うお金が減るだけだよ。」「うるさい!俺の金だ!!」
いくら私がトメに貯金の額を聞いて見ろ、と言っても絶対聞かず
自分の親は貯金もなく貧乏だと決めてかかる。
そして何かと理由をつけて20万円、30万円と金を渡す。
私が少しでも何か言おうものなら
「うるさい!俺が出せと言ったら黙って出せば良いんだ!!」

ホントになんでこんな奴と結婚したのか。
緑の紙はすでに用意してあります。

続きを読む

184名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-05-03 07:56:24
相談させてください。
私も妻も共に37歳、2歳半の子供が一人おり、
結婚してからもう10年を過ぎました。
私は某IT企業に勤務するサラリーマンで、
妻は専業主婦でパート等はしていません。

我が家は家計の一切を僕が管理しており、
私も妻も小遣いせいで、お互いに毎月3万円ずつです。

ところが先日、家に見慣れない通帳があったので中を覗いてみると、
妻の名義で毎月3万円から時には5万円くらいの貯金がしてある通帳がありました。
合計400万円ほど。


妻に聞いてみると、
お小遣いの中から余ったお金を貯金しているとの事だったのですが、
毎月の小遣いの3万円より多い金額の時もあり、
そのお金を妻がどこから持ってきているか聞いても教えてくれません。

思わず『大黒柱に秘密にするとは何事だ』と説教してやったのですが、
頑として口を開きません。

続きを読む

このページのトップヘ