きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

責任


610: 恋人は名無しさん 2016/11/19(土) 23:34:25.84 ID:c2/kkpw70
お互い29歳会社員、交際歴は6ヵ月です。 
彼氏から妊娠について責任取れないという発言がありました。 

勿論きっちり避妊はしていますが、
学生でもないのに責任取れないと断言することに少し引いています。 
要は私と結婚する気はないということですよね?

来年30になるので私に焦りがあるのかもしれませんが、
今後このまま付き合っていていいのか悩んでいます。 
半年で見切りをつけるのは早いのでしょうか?
続きを読む


186:恋人は名無しさん2010/09/05(日) 23:53:11 ID:e9ZOXECQO
さっき休憩所で励ましてもらった者です。


大学生の時からで、付き合って3年になる彼氏がいました。合い鍵ももらってました。
長い片思いの末やっと付き合えた人だったので、3年経っても大好きなままでした。
お互い社会人になったりと忙しかったけど、浮気とか疑ったことありませんでした。

夏になってすぐ、彼の会社の飲み会に誘われました。

恋人や家族などを誘ってもいい、ということになったから紹介したいんだ、と言われました。
それが嬉しくてうきうきしながら参加したんですが、そこで浮気が発覚しました。

発覚したとは違い、ピンと来てあたってただけなんですが…。
続きを読む

358:おさかなくわえた名無しさん2016/07/25(月) 14:00:08.71ID:VLoCCZqH
今日、原稿料が入金されるはずなのに昼前になっても入らない(普段は朝一)。
新人が担当だったからイヤな予感がして電話で確認したら
「経理に確認します」とのこと。
10分ほどして電話があり「入金は来月になります」と言う回答。

「今月入金分の〆に十分間に合うように請求書を送ったはずですが?」と言ったら
「あ、すみません。僕が経理に回すのすっかり忘れてて。アハハ」って。
この時点でスレタイ。
大人なのでグッと抑えて「それは困ります。2ヶ月も前に出したのですから」と言うと
「ですから!(←何故かキレ気味)、経理に先ほど出したので、
本来なら再来月になるところを特別にお願いして来月にしてもらったんですよ?」
と不満たらたらの口調で言い返して来たのでキレた。

「あんたね、自分のミスを棚に上げてその言い方はないんじゃないの?
○○さん(そいつの上司で20年来の付き合いがある)に替わって」と言うと
「いや、担当は私なんで私の責任で・・・」とごねてるので、
つい「おまえが責任感のカケラもないから替われって言ってんだ馬鹿野郎!」
と怒鳴ってしまった。

上司に代わって事情を話したら1時間後に無事入金された。
この新人、これで東大だか京大だか出てんだよな。
続きを読む

858:おさかなくわえた名無しさん2011/11/15(火) 00:06:45.52 ID:+kSt2/mk
クレジットカードの会社から連絡が来た
「こちらの不手際で先月の支払い分を引き落とせなかったのでお客様の方でこちらの講座にお振り込みください。」
自分のミスなのに俺に振り込ませるのかと思いつつも疑問に思っていた

「振り込みに手数料もかかるのですがそれも払えということですか?」
と聞いてみると
「はい、申し訳ございませんが手数料はお客様の負担になります。」
なんでそっちのミスでわざわざ振り込みに行かせて手数料まで払わせるんですか、と聞いてみると
「上の者に相談してみます。」
最終的に来月分の引き落としに含まれることになった。最初からそうしろ
続きを読む

400: 名無しさん@おーぷん 2015/08/02(日)16:07:10 ID:yS5
彼女と別れて数日後、彼女の親から電話が来て「貴重な20代の時間を無駄にした責任は取るべきだ」とか、
「婚約したも同然の関係なのだから慰謝料払うべき」と意味不明な主張をしてきた
婚約なんかしてないし責任なんてないと思うのですがこれからどう対応しようか迷う
突っぱねるか無視するかあるいは謝るか…
どちらにしても相当面倒なことが待っているのが目に見えて憂鬱だ…
続きを読む

490: 恋人は名無しさん 投稿日:2010/02/19(金) 00:31:12 ID:9X/RzWZYO
過去の思い出。年齢は当時

私子(21)
姉子(26)私子の姉
ゴミ男(21)
兄男(31)ゴミ男の兄

私子とゴミ男は大学で知り合った。
ゴミ男は小さい頃から親と不仲で
原因は両親が長男である兄男優先の生活だったから。

いつも少し拗ねたような甘えたような表情のゴミ男に一目惚れした私子は
必死で彼を支えようとした。
続きを読む

このページのトップヘ