きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

財布


90: 恋人は名無しさん 2014/01/25(土) 13:57:16.85 ID:AwSMu6da0
自分が馬鹿だったのはわかってるし前の彼氏のことなんだけど。

欲しいと言うからプレゼントしたGUCCIの長財布を3日で売られたり、くれた財布を後輩に売るからって言って一週間で返してくれって言ったり、
借金を代わりに払ったり名義貸したり、パチンコ代とか家賃代もって元カノと旅行行かれてた。

お金無いと怒ったり出ていくとずっと言ってた。(出ていくってのが恐怖だった)
ていうか、ほぼヒモで自分は金づる&体のみってのは分かってたんだけど…
その時は本当に好きで好きで耐えてたけど、自分の親友と浮気されて限界がきて別れた。
続きを読む


279:名無しの恋愛速報さん2007/08/18(土) 22:59:38 ID:56lSzH5j
確実に!俺の財布から金を抜いてるのが判明…orz
今朝、財布のお札全てに印つけておいたら、彼女がレジで金を出す時に、俺印の札を出したorz
いつも食事しても「私が半分出すよ♪」ってワリカンにしてくれる良い彼女だと思ってたのに…実質自分が全部出してたのか…
続きを読む


1:名無しさん@おーぷん2017/11/14(火)20:14:18 ID:MOn
6万あったのに5万しかない
おかしいなって思ったら彼女が今日珍しくご飯行かない?奢ってあげると言われたんだが完全に黒だよな?
同棲してるからいつでも俺の目を盗んで財布を触れる状況にはあった。
続きを読む


765:おさかなくわえた名無しさん05/03/10 08:54:30 ID:l3761eNO
職場の女。

先月の頭、自分の不注意でデスク下に財布を落としてしまっていた。
それに気付かず外回りに出て、少ししてすぐに気付き会社に戻った。
財布は誰かが拾ってくれてデスクの上に置いておいてくれていたんだけど
うわー、焦ったよー。よかったー、なんて何気なく財布を開いたら
財布の中から1枚しか入っていなかった1万円がなくなっていた。
え・・・と思って一瞬固まってると、その女が帰ってきて

「あー、○○さん(自分)財布落ちてましたよー。危ないですよー。
注意の意味をこめて、中からお金もらって、
そのお金でみんなのおやつ買ってきちゃいましたぁ(はぁと」

・・・。
今父親が入院してて、その入院費や母親の生活費なんか
全部自分がみてるんだよね。
色々計算して、1ヶ月1万でなんとかやりくりしようってやってたんだけど。
それ前に何かの話の拍子に言った事あったよね?
第一、勝手に人の財布開けて金抜くって泥棒じゃねーの?
その場にいた全員ドン引きしてた。
あんたそれ泥棒だよとか、そんな風に買ったおやつなんかいらんとか
周りはその女を責めたけど、自分がどうして文句を言われてるか
本人は全くわかってない。
「みんな食べないなら私一人で食べるからいいですよ!!!」
金返せよって言ったんだけど、
「財布落としてた○○さんが悪いんじゃないですか!!」
と逆ギレして、金を返す事もなく結局持って帰りやがった。
こいつは一事が万事こんな感じらしい。
続きを読む

1: 名も無き被検体774号 2016/06/11(土) 09:28:47.80 ID:ra5DyvuH
こないだ付き合って3ヶ月の彼女と電車で出かけたんだよ
目的地の駅に着いてコンコース歩いてたら財布が落ちてた

俺が拾って中を見たら大金と複数枚のカードが入ってた
札1枚を帯封みたいにして10万ひとまとめにしたやつあるだろ?
ちゃんと数えてないけどあれが7~8束くらいは入ってたんだよ
続きを読む

731: 名無しの心子知らず 2012/07/13(金) 17:22:33.06 ID:oIyk6qmE
面倒なので簡潔に 

財布を交番届けたら素敵な白い粉が出てきた 
子連れママが旦那が財布落としちゃってと登場 
警察官に連れられて、奥に入って行った 

このママは財布拾った時に絡んできたママなので 
確実に財布の持ち主ではないと思われるが 
泥だらけでも財布を手に入れたいと思う 
ママの邪魔しちゃ悪いと 
拾った時の事は何も言わないでそのまま帰った 
続きを読む

776 おさかなくわえた名無しさん 2007/02/22(木) 23:28:37 ID:HHX56c+r
あれほど反対したのに、韓国人のバイトを雇ったバカ副店長。
私のことを「おいおい、差別か?www」と嘲笑。
ムカついたので、副店長には何もアドバイスしなかった。

他のバイトの子達には、裏で一人にならないこと、
貴重品の管理(これは最終的にわたしが預かる事に)、
容易に住まいや親の職業や家族構成を言わないこと
(場合によっては嘘をついてもよし)、
携帯にはオートロックを必ずつけること、等を徹底させた。

そうして来た、新バイト。

その次の日から、
店の収支が合わなくなる。
売れてないのに、品がない。
挙句の果てに、副店長の財布が消える。
(ちなみに、ロッカーに鍵つけなくても
今まで一度も問題なかった職場)。

もうね、そのバイトが
半島のデフォな行動ばかりしてくれるもんで、
こっちはむしろスーッとしたわw
副店長、そのバイトの監視することになって、
べったり見てなくちゃならなくて、すごくやつれてたw

白髪がどっと増えてたww
続きを読む

51: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/07/23(土) 19:21:24.36 ID:TVD1Xs0q.net
深夜3時に警察が来たときが修羅場だった。 

当時新卒一年目で独り暮らし。 
残業続きの毎日だし、馴れないことばかりでストレスMAX。 
その日も帰るのが23時とかで晩御飯をコンビニで買って食べて風呂に入って寝た。 

ふと何かガンガンする音と何か叫ぶ音がするから目が覚めた。 
何だよ向かいの部屋のカップルの痴話喧嘩かよ、野次馬したろ!と思ってドアスコープ見たらどアップで父の顔。 しかも後ろになんか人がいる。 
ドア開けたら父がものすごい形相で財布を持っているか聞いてきた。 
状況が掴めずぼんやりしてたら後ろに居た警官から説明があった。
続きを読む

731: なご 2011/11/05(土) 18:34:59.62 ID:In+1+qRS0
昔、当時10歳だった妹(めちゃくちゃ聞き分け良くて、ワガママとか全然言わない子)が珍しく母におねだりをしてた。 
(ちなみにお小遣いとかは貰ってなくて、必要な物はその都度母に相談して一緒に買いに行く、というルールだった) 

妹「おかーさん、これ(雑誌に載ってた黒革の財布を指さして)欲しい。買ってください」 
母「( ゚д゚)えっ!?な、何が欲しいの?」 

妹からのおねだり攻撃は超珍しいことだったせいか、カーチャンは動揺気味w

んでその欲しがってるものが財布だと知って、軽く考え込んで 

母「うーん、自分の財布欲しいってのはいいんだけど、これ革でしょ? 
  ●●(妹)にはまだ早いんじゃない?もっと可愛いのとかにすれば」 
妹「やだ!どうしてもこれがいいの!お願いします!大人になってもずーーーっと大事に使うから!」 

と必タヒに頼み込んできて、押しに負けたカーチャンは結局その財布を妹に買ってあげた。 
喜びの舞を踊ったり、ぴょんぴょん飛び跳ねたり、あげくの果てには財布を抱きしめて寝る妹は可愛かったのを覚えてるw 

で、こっからが本題。 
妹は今25歳なんだけど、その時の財布未だに大事に使ってた。 

妹「だって大人になってもずっと大事に使うって約束したから!(*゚∀゚*)」 

ととてもいい笑顔で言う妹を見て和んだというか、なんかほんわかした。
続きを読む

46: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/06(金) 20:42:39.20 ID:/BRnQ/1r
 
大分前のことなんだが、娘と一緒にスーパーに行ったら、
市内のドッジボールクラブが全国大会に行くらしく、
スーパーの前で募金をしてたんだ。 
まぁ募金をせずにスルーをすると

4年生ぐらいの餓鬼が

「うわ、優しさってものがないんですか」って言ったんだわ。 

親は聞こえてなかったらしく、他の保護者と談笑中。
面倒なことになるのも嫌だから無視しようと思ったら、
娘が鞄からサイフを取り出したんだ。

そしたらその財布ごとその餓鬼に差し出して
「ほら、好きなだけ取ってその箱の中に入れれば?」
って言ったんだ。
その餓鬼はどうしていいのか分からずに半泣き状態
騒ぎに気付き親もやってきて事情を話すと平謝り。

その餓鬼の頭をものすごい勢いで叩いて謝らせた。
娘も満足したのか親に「いや、分かってくれたならよかったです。
全国頑張ってください」と言って財布から500円玉を出して募金したんだわ
保護者もそれに吃驚して、近くで売ってあった

タイ焼きを10個ぐらい買って渡してくれたんだ。


そのあと娘は
「いやー生活費用の財布じゃなくて、
私の小遣い用の財布だからお金がなくて焦ったわ。
あそこで10円玉出すのもカッコ悪いし500円玉出しちゃった」と。
娘の財布には残り27円しかなく、俺はそのあと娘に5000円やった。

母親が死んで俺と娘の2人暮らしだから
教育とかきちんと出来てるか心配だったが、
娘がしっかりした子に成長してて安心した
それと同時に、嫁とそっくりで泣きそうになった。
娘は教師になりたいらしく、今猛勉強してる。

ちなみにそれから俺は煙草をやめ、

浮いた金で娘の小遣いを増やした
続きを読む

このページのトップヘ