きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

誘拐

298: 名無しさん@おーぷん 2017/02/28(火)09:30:42 ID:DWU
先日、車に引きずり込まれそうになったこと。

運良く通りかかった人たちに助けて貰ったけど、
誰も来なかったと思うとゾッとする。
続きを読む

886 : 1/3 2009/06/28(日) 19:32:47
フェイク&当事者の許可有りの友やめ話投下。 
子供絡みなので嫌いな人はスルーしてください。 

幼馴染みでヲタ友でもあるAは数年前に結婚、妊娠・出産を機にヲタ活動を引退した。 
イベントに行けないAの為に、家が近い私がよく頼まれた本を買ったりしながら今も交流している。 

数ヵ月前にAに第2子(男児)が生まれた。 
共通のヲタ友B、Cと共に、出産祝いと超都市での頼まれ物を持ってA宅へ伺った。 

お昼寝中の赤ちゃんを見せてもらい、名前を尋ねたら〇〇君だと教えられた。 
するとBが 
「〇〇!?マジ〇〇!?」 
と物凄い勢いで食らい付いてきた。 
話を聞けば、どうやらBのジャンルの萌えキャラと名前が(漢字も)同じだという。 
勿論その名前になったのは偶然。 
名前自体もよくあるもので、別に「如何にもアニメキャラ」という風ではない。 
だがBはヒートアップ、一人で騒ぎ出したので○○君が泣き出してしまい、 
Aが寝かし付けている間に私とCとでBを引っ張り別室に移動した。  
続きを読む

152: 名無しさん@HOME 2011/05/30(月) 22:11:53.99 0
20数年前の修羅場を投下します。

長伯父 母の長兄
次伯父 母の次兄
A子 私のことです。

母が弟を産むため&私の小学校入学に合わせて、父の海外赴任先から一足先に日本に私ともどり、母の実家に居候していました。
母の実家には長伯父夫婦と祖父母、それに次伯父がいました。

当時、私は片言の日本語と現地語が混じった状態で、祖父母とはうまく話ができず、
長伯父は近寄りがたい雰囲気があり、
唯一話せる母は臥せっていて、いじけた状態だったらしいです。

そんな私の相手になってくれたのが、次伯父でした。
子ども扱いがうまい人で一日中、私の相手をしてくれていました。
そんなある日、次伯父から
「A子、A子のお母さんは弟君を生むから今日から入院するんだよ。
しばらく伯父さんと暮らそう。
伯父さんだけじゃなく、伯父さんの奥さんも一緒だよ」
と言ってきたのです。次伯父が結婚していないことを知っていたので、そのことを指摘すると、
「A子のお母さんとお父さんも別々に住んでいるだろ?大人ならよくあるんだよ」
と言われ、納得しました。

そして、伯父に手を引かれ、5分程歩いた先にある小綺麗なアパートにつれていかれました。
そこには母よりずっと年下の綺麗な女性がいて、次伯父の妻だと紹介されました。
その女性は私の好きなグラタンを作ってくれ、お風呂も一緒に入り、一緒にそのまま寝ました。
そして、目が覚めると何故かあの小綺麗なアパートではなく母の実家で、いつも近寄りがたい雰囲気をだしていた長伯父が私の頭をなでていて、母は泣いていて、
数日後には夏までは会えないときいていた父がいました。
そして次伯父やその奥さんはいませんでした。
そして子ども心に次伯父について、母や祖父母に聞いてはいけないと分かったのでした。
ここから現在にとびます。
続きを読む

536: 名無しさん@HOME 2014/03/17(月) 21:39:40.77 0
スレチだったら申し訳ありません。

家を出て行った母親にペットを誘拐された事。
たかだかペットと思われるかもしれませんが我が家の可愛い家族です。
何よりこの母親、自分を「自分じゃ何一つ出来ない障害者」と罵った過去があり、他にも諸々とあって昨年自分から家を出て行った経緯があります。
その際にもペットだけは連れて行くと言い張ったのですが、そのペットは自分がペットショップで見付けてお迎えした子。
冗談じゃないとはね除けて家に残したのですが…。
先日仕事から帰ると父が険しい顔で家に居り、何事かと思う自分に「何も言うな」とだけ告げました。
訳が解らずにいると、どうやら自分達が不在の間にペットが連れ去られていたらしく。
慌てて見たペットのケージはもぬけの殻で、ペットと餌だけが忽然と消えていました。
正直もう顔も見たくない母親が家に入った事も耐え難いですが、知らぬ間に家族を誘拐された事が悔しくて気持ち悪くて。
無事にペットは帰ってきたのですが突然連れ出されたせいか酷く怯えていて、こちらの油断が招いたとは言え可哀想な事をしたと思います。
現在父には母親から合い鍵を返して貰うよう頼んでいますが、まだ荷物がある為に応じるかどうか…。
またこんな事があるのではと思うとぞっとします。

続きを読む

このページのトップヘ