きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

訪問


192: 名無しの心子知らず 2010/10/25(月) 19:47:01 ID:aC2CUXPc
ちょっと泣きそうっていうか泣いた。 
最近引っ越しした小2息子をもつ母です。初めての転校で凄く緊張してた息子が友達と一緒に帰ってきた。 
その友達が小4男の子で同じマンションで仲良くなったみたい。 
明日一緒に学校行こう〜って言われた!と、とびっきりの笑顔で話してくれた息子。

そして次の日、小4友達が迎えにきた時間は7時ジャスト。(学校までは10分ちょい。もちろん早くて8時頃に着いたらいい)しかもなぜか年長妹も一緒に。
息子も戸惑っていて「ごめん。まだ起きたばかりで今からご飯なんだ〜」と説明していた。しばらくして息子が私のもとへ「なんかね、一緒にご飯食べたいって〜」と言いにきた。
ここを読んでいた私はドキっとしつつ玄関へ行き「お母さんは?」と聞いてみたら
「お母さん寝てます」と言われて、「ここでご飯食べていいって言われたの?」と聞くと「はい!」とorz
ちなみに「この子(年長妹)も?」と聞くと「はい!!」とorz
取りあえず断っていると途中で旦那に呼ばれて「今日だけパンでも焼いてやれ」と言われたが無理と言って、玄関で改めて断って追い返した。
その後旦那はグチグチ言っていたが8時にまた迎えにきて息子は一緒に登校したんだけど、その次の日はもう迎えに来なかった。
それを知った旦那に「せっかく息子にできた新しい友達なのに!息子可哀相」と晩ご飯の席で責められた。
何が悲しいかってそれを見ていた息子が後で私のところに涙ぐみながら「お母さんごめんね」ってきた事。
なんか…私間違ってないよね?教えてちゃんでごめん。でも教えて。
続きを読む


729: 名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/08/19(金) 14:23:51.29 ID:b1iz0U+g.net
三つ子が起きるからインターホン切ってたら玄関バンバン叩かれて知らないオバサン二人組が立ってた 
いきなり「あなた虐待してるでしょ。毎日何回もここ通るけどいつも泣き声聞こえる。子供見せろ」って叫ばれて家の中押し入ろうとしてきた 

びっくりして否定したけど聞いてもらえないから家に入れて子供たち見せたんだけど「寝てるから起こさないように静かにして」って言ったのに三つ子見て騒ぎだした
やっぱり一人が泣き出して連鎖してカオス状態
貴重な自分の睡眠時間だったのに
不審者で警察呼べばよかった
続きを読む

949: 友やめ(1/4) 2008/12/03(水) 01:37:38 ID:usKQgrv+O
職場で知り合った同人友達を先日友やめした話。 

今から三年前に現在も働く職場で知り合い、お互いに同じジャンルでサークル活動中なのを知り仲良くなったA。 
Aはネットのみの活動。 
私は地方のライブで活動していたので、お互いに本を委託したりした。 
たまにライブ
(某会社主催の中・大規模の同人イベントの事)や職場以外で会ったり買い物したりもしていた。 
今年に入り実家暮らしだった私が彼と同棲して部屋を借りた事をAに報告。

Aが 
「それなら、○○(私)の部屋でこれから原稿出来るね!」 
と言われたので 
「流石に彼の部屋でもあるんだからそれ無理だよ」 
と受け流した。 
以来Aは「○○部屋で原稿したい!」としつこく言う。職場でもライブでもメールでも、何回も断っているのに全然聞かない。 
続きを読む

873: 名無しの心子知らず 投稿日:2012/05/22(火) 17:22:35.42 ID:oclMwG/T
キチというほどでもないけどきもちわるかったので書かせてもらいます。
先月末、引っ越しの荷造りをしていたらインターフォンが。
深夜3時なのに非常識だろとか思ったら、下のママさん。
私「こんな時間にどうされたんですか?」
下ママ「あ、いえ。お引っ越しでもなさるのかと思ってちょっとごあいさつに・・・。」
私は引っ越しのことなんて一言も話してないのになんでわかったの?とちょっと不気味に思っていたら
下ママが、今日は休まれて続きは明日にしては?みたいなことを言ってきた。
勝手に身の上心配された上、「これ、息子さんに。」とポテトチップとチョコスナックみたいなのを渡された。
くれくれなわけじゃないけど、普通あいさつって菓子折りみたいなの持ってこないか・・・と。
そもそも昼間は子供の相手や家事で忙しいのにその辺を察して欲しい。
普段からすれ違うとニコニコあいさつしてくるし、田舎のママさんってなれなれしいというかずうずうしいというか
勝手に他人の身の上にまで入ってくるのがずうずうしくて嫌だ。
続きを読む

このページのトップヘ