きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

英語

176 :きまぐれ鬼女 2018/11/05(月) 18:00:34 ID:B+9hICyy.net
旦那さんが外国人の方で家ではずっと英語で会話をしてるみたいだけど、いきなり話の途中で英語で喋って「あ、自然に出ちゃった、ごめんなさいね」と言うけど、たまにわざとじゃないかと思うくらいに長々と英語で喋る。
私も周りもわらないからぽかーんとしてたらそれが面白いのか「ごめんなさいね。わからないよね」って笑いながら言う。
続きを読む


840: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/01/09(火) 09:48:47.25 ID:XqZ+nT78a
赴任先の田舎のキャバ○ラにお気に入りの子が居たんだが
擦れてない感じで田舎って感じの可愛い子だ。同伴は居酒屋かラーメン屋で大喜び、東京は数回遊びでしかいったことないって
いつものように俺と馬鹿話してるとき外国人の客が入ってきた
スタッフが英語出来なくて店のシステムがわからず騒いでいる様子
そしたら俺の隣からスッと立ち上がっていって外人に何か話している
身振り手振りで何か説明している様子
あとで馬鹿にしてやろうと思って聞き耳をたてたら英語ペラペラだった
その瞬間こころが冷めた。その場で会計して逃げるように店を出てきた
なんか騙されたような気分になり連絡も無視している
続きを読む

931: 名無しの心子知らず 2012/04/16(月) 18:49:14.72 ID:TVrwXZfW
非常識スレと迷ったけど親子の態度にムカついたんでこっちに。

先日、花見で行った公園の遊具のある広場に物凄く可愛いハーフっぽい兄妹が
いたんだけど遊具の割り込みなどやりたい放題で酷かった。
割り込まれた子のお母さんが注意しても
「え~並ぶの嫌だぁ~(ニヤニヤ)」「妹もヤダって言うしぃ~」でスルー。
自分が滑り台を滑りたいからと他の子を押しのけてでも滑る。
その兄妹のお母さんらしき人(白人のカッコイイ美人さんだった)は
「楽しい?」みたいな感じで声はかけるんだけど割り込みに関しては注意しないし
ずーっとちょっと離れたところに立ってニコニコして見てるだけ。
あまりにも酷いし、うちの子の前にも割り込まれかけたんで
「嫌じゃない!皆並んでるの!滑りたいなら並びなさい!」
強めに叱って、手で制して絶対譲らなかったら一旦は後ろに行って並ぶ振りをしたけど
うちの子が滑り終わったらまたすぐ戻ってきて堂々と割り込んでた。
滑り台のすぐ脇で仁王立ちしてたら私の顔見てゲッ!って感じで逃げてったけど。
お母さんのほうにも
「子供さんたちに順番を守らせて、ちゃんと並ぶように言ってください」
と声をかけたけど何にも聞こえませんでした、って顔で黙って去って行った。
子どもたちは日本語ペラペラだったし、あの子達のお母さんですか?と聞いた時には
「はい、そうですけど」と普通に返ってきたから日本語がわからないわけではない。
もしかしたら普段から面倒なことや都合の悪いことは「ニホンゴワカリマセン」で
逃げてるのかなーとか考えてしまった。

続きを読む

78: 名無しさん@HOME 2013/06/16(日) 12:37:44.86 0
プチだけど私的にけっこう修羅場だったやつ。

海外勤務が多くなかなか春が来なかった義兄が、カリブ系の外国人女性と結婚した。
赴任先で知り合ったそうで、義兄は歳行ってるけれどもお嫁さんは若くて義兄にベタ惚れで即子宝に恵まれ、
日本人ageの国らしく向こうのご家族はよくやったと諸手を挙げて送り出し、
良ウトメも最初こそ戸惑いはしたけれどもやっと訪れた長男の遅い春に大歓喜で、
慣れない日本暮らしに馴染むようあれやこれやと協力していた。
トメさんは英語もスペイン語もさっぱりわからないのに日本語一本で果敢にコミュニケーションに務め、
ウトさんが「あれはさすがに真似できない」と舌を巻いたほど。

義兄嫁さん本人もよく義実家を頼って来てたし、
家族を大切にするお国柄だそうで、義両親の誕生日やクリスマスは欠かさず尋ねて来てくれて、関係はとても良好だった。

ところが義兄の長期海外出張中、義実家から切羽詰まった声で「今すぐうちに来て」と電話があった。
義兄嫁さんが怒り心頭でうちに来て何かを訴えているが何を言っているのかわからない、
嫁子さんなら若いから言葉とか気持ちとか何かわかるんじゃないか、と。

そんなこと言われても私だってスペイン語なんかパエリアぐらいしかわからないし英語だって高校卒業と同時におさらばだし、
とは思いつつ仕方なしに行ってみたら、そこには顔を真っ赤にして見事な巻き舌で何かを怒鳴り続ける義兄嫁さんが。
情熱の国の血を受け継ぐ女性のマジギレは何を言ってるかさっぱりわからなくてもとにかく怖かった。

とはいえ呆気に取られていても仕方ないので、どうにか宥めすかして
片言の英語(スペイン語圏だけど英語もできる、ただし多分すごく訛ってる)で話しかけ、
パソコンで翻訳サイトを見せながら事情を聞いてみたところ、
義兄さんが私を侮辱している!こんなの耐えられない!もう終わりよ!といった感じ。

続きを読む

このページのトップヘ