きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

花嫁


584: 愛とタヒの名無しさん 2016/09/12(月) 15:32:40.28 ID:HDNu15mD
少し昔に出席した式 

お相手は年上で婚歴あり 
前の奥様とお子様は関西の実家に遊びに行った間に
阪神淡路の震災で亡くなられた 
それを友達が励まし続けてついに結ばれることになった 

友達は一途に懸命に新郎に尽くしていた 
本当に健気な子だった 
が、最後の花嫁から両親への手紙が
予想外のものだった 

両親への言葉は最初の
「今まで育ててくれてありがとう」程度で、
次に来たのが「新郎さんの近所に産まれて良かった」 

その後のスピーチをまとめると 
子供の頃から好きだった新郎さんが
結婚したときはショックだった 
だけど奥さんも子供も早くにお亡くなりになった 

こ れ は チ ャ ン ス だ と 喜 び に 震 え ま し た 

きっと前の奥さんとお子さんは
私に幸せを譲ってくれてたのだと思います 
月並みですが二人の分も幸せになります 

誰も何も言わなかった 
ただ空気が沈んだ 
二次会も荒れはしなかったが盛り上がりもしなかった 

新婦は新郎を幸せにしなきゃ!と
使命感に燃えてるようなところがあったから 
気持ちが前のめりになってしまったのだろうな 

結婚生活では年若い妻として大切にされたそうだが
数年後離婚した
続きを読む

501: 名無しさん@おーぷん 2016/09/24(土)20:44:35 ID:Gmn
やっと落ち着いたので

大学時代に同じゼミになり、
それが縁で2ヶ月だけ付き合った男性がいた

その元彼から披露宴の出席を打診された
ゼミ生全員を招待してるというので、
その流れで私にも打診が来たらしい
そうはいっても花嫁さんが嫌がるだろうからと、
適当に理由をつけて欠席することにした


その後、
元彼妻からボロクソに言われていたことを知った

(他人行儀という意味で)
丁寧な手紙を添えて、
お祝いを贈っていたのだけど
それがとても気に入らなかったらしい

というのも、私が贈ったのが
ユ○ハイムの詰め合わせだったんだけど
元彼=洋菓子大好き、
元彼妻=和菓子大好きで洋菓子大嫌い 
だったそうで
さらにあて先が元彼だったこともあって
「これは元カノの宣戦布告!」と激怒したそうな

そんなん言われても、
私は元彼妻の名前すら知らないし・・・
元彼の現住所だって知らないから、
結婚式二次会の幹事をする共通の友人に預けて
元彼と会うタイミングで渡してもらったくらいなのに

なぜ↑がわかったかというと、
結婚式のしばらくあとに
私家にカミソリレターが届いて
警察が調べて元彼妻にたどり着いたから
(あて先はゼミの同窓生名簿から調べたらしい)

私が開封したときに
盛大にケガしてしまったせいで、
辞め検弁護士の父が激怒して
色々と大事になってしまった

最終的に示談になって、
元彼妻側から治療費と慰謝料をもらった
示談が決まったタイミングで、
私夫の遠方への赴任が決まったので、
私も仕事を辞めて引越し

それすら
「うちからむしりとったお金で引越し代をまかなった」
と逆恨みされたらしくて
その後何度も迷惑をこうむって引越しをし、
その都度父に出て行ってもらった

父は身内だからと甘い顔をしない人なので、
ちゃんと正規の料金を支払ったけど
それと引越しが度重なったせいで、
相手からの慰謝料があってもカツカツだった・・・orz
続きを読む

87: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2013/09/25(水) 09:27:32.03
やったぞー やっと旧嫁と離婚して新嫁と入籍できたー
結婚式すっぽかされたマヌケな男から、×1だけどかわいい嫁もらった幸せな男になります

とりあえず誰かにこの幸せを聞いて欲しかったんだ
チラ裏スマン

続きを読む

306: 愛とタヒの名無しさん 2012/01/12(木) 12:47:08.35
ある披露宴に呼ばれ開始を待っていたら、
その近所で火事が起こって消防車がやってくる騒ぎになった。
延焼はないだろうけど、一応何かあったときのためにということで
入り口そばのすぐ避難できるところに移動させられ、みんなおとなしく待ってた。
幸い火事は小火程度で済んだようでしばらくして騒ぎは収まった。
でも披露宴が始まらない。会場に移動しろとのアナウンスもない。
かなり待たされてから、会場とは別の部屋に通され、
「新婦が体調不良なので今日はお食事会のみということに」
と料理だけ出され、食べて帰った。
晴れの日で緊張してたとこに火事のトラブルで参っちゃったのかな、とか皆話していた。

後日わかったこと。
近所の小火で披露宴開始時刻が遅れると知った新婦が、
そんなのいやだ、せっかくの結婚式がだいなしだと騒いで暴れまくり、
なだめられて一時は収まったものの、開始予定時刻を過ぎたらまたヒートアップし、
披露宴会場に乱入して「何もかもだいなし!」と泣き喚いて椅子や物を投げたりしたらしい。
さらには、火事が小火程度で済んだと判明して周りがほっとした隙にこっそりライターを持ち出していた。
見とがめた人が何してると問い詰めたら「許せないからぼや出した建物に放火する」と言ったとのこと。
その時、それまでのように騒ぎながらじゃなく、すごーく静かにライターを持ち出し、
さりげなく部屋を出て行こうとしていたと聞いて、本気で恐い人だと思った。

続きを読む

624: 愛とタヒの名無しさん 2013/12/21(土) 07:43:09.10
30年くらい前に出た美容師による結婚式関連のエッセイ

花嫁が会場に入ると新郎側の親族席の女性たちが全員チマチョゴリだった
新婦はショックを受けて控え室に駆け戻りそのまま籠城、新郎は誠実に新婦を宥めていたが新婦は拒否、結局破談になった
新婦は新郎が在日であることを知らなかったわけではなく、ただ友人知人には知られたくなかったためそれを匂わすような行動、特にチマチョゴリの着用は絶対やめてくれと事前に頼んでいたらしい
著者の美容師は新婦を「我儘。差別的。在日の方に嫁ぐなら自らチョゴリを着るくらいの気概を持つべき」と断じていた

事前の新婦の申し入れを聞いていてそれはないだろうと思った
その時に話し合うべき

続きを読む

このページのトップヘ