きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

結婚式

77: 愛とタヒの名無しさん 2011/03/06(日) 17:25:13.72
新婦・私・友人ABは職場の同期。仲もよかった。
新婦からの披露宴の招待状に快く出席と答え楽しみにしていた私達3人。
ところが、式一月ほど前に友人Aが彼氏(我々は面識なし)と破局。
友人Aが合コンで知り合った彼氏が、実は既婚者であることを黙っていて妻妊娠
里帰り中に合コン→Aと付き合う→クリスマス等のイベントも普通にAと過ごす
→年明けに妻にバレたと別れメール&音信不通。この時点で初めてAは彼氏が
妻子持ちと知り騙されたことにショックを受けていた。
辛い時だからと新婦がAに来てもらうのは申し訳ないかしらと我々に相談。
でもAは逆に我々に新婦ちゃんに気を使わせたくない。一番幸せなときだからと、
彼氏との詳細を新婦には伝えないように言い、新婦には一番楽しい時期に気を
使わせてごめんねと大事な友人である新婦を祝いたいとそのまま出席の意向だった。

で、いざ式当日。式は親族のみの神前式で披露宴からの出席だった。
受付でご祝儀を渡して、待合所というのか、ウェルカムドリンクの供される部屋に
通されたら、直前まで3人で楽しくおしゃべりしていたのにA絶句、立ち尽くす。
どうしたの?と聞いた私とB。そして入り口近くで奥さんらしい人と挨拶周りしているけど
あからさまに挙動不審?な男性。
・・・Aの元彼でした。

続きを読む

45: 愛とタヒの名無しさん 2011/03/05(土) 15:30:08.80
子供で思い出した。
私たち新婦友人がやや不幸だった結婚式。

数年前、高校時代の友人の結婚式と披露宴に出席した時のこと。
式と披露宴は滞りなく進み、新郎新婦がお色直しで席をはずした時、
新郎伯母という人がビール瓶を持って新婦友人テーブルにやってきた。
「うちの息子もお見合いしてるんだけど、なかなかよいお相手が見つからないの。良かったら会ってもらえないかしら」
と言うのだが、よくよく話を聞いてみると、息子さんは50歳とのこと!
(ちなみに新婦友人たちは20代後半~30代後半くらい)
やや引いている私たちに面接のごとく質問を浴びせ始める伯母さん。
新婦との関係、学歴、仕事、居住地、兄弟構成などなど。
最初は新婦同僚だという清楚な美人が気に入ったようだったが、
彼女が36歳と聞くや能面のような表情になり
「申し訳ないけど… 息子は子供が欲しいと言っているから」
美人呆然。私たちも呆然。
その後私の所にも来たが、出身大学を聞かれて答えたらまた能面のような顔になって去って行った。
最終的に、新婦の大学友人だという28歳の派遣社員の人と、新婦同僚の32歳のお嬢様大学卒の人がロックオンされ
しつこく連絡先を聞かれていた。

ちなみに50歳の息子さんという人は出席してなかったので、どんな人かは分からないけど
50過ぎて子供が欲しいとか抜かしているのが本当ならろくな男じゃない予感。
新郎新婦が新郎45歳、新婦28歳という年の差結婚(ただし恋愛結婚)だったので、
伯母さんは自分の息子もいけると思ったのかもしれないけど。

伯母さんの動きはあとで新郎新婦の耳に入ったらしく、二次会の前に新郎に
「伯母がたいへん失礼なことをしたようで、申し訳ありませんでした」
と謝られた。

続きを読む

374: 愛とタヒの名無しさん 2011/03/10(木) 14:49:11.40
数年前200人ぐらいの式で披露宴最中に
「ブリブリブリブリ、、、ビシャーっ、ビシャー」
斜め前のテーブルにいた小学生が泣き始めた、そして嗅いだことのある匂いが
緊張すると下痢する体質らしく我慢していたそう、ずーっと祝辞が数人続いたので今は行ってはいけないと思っていたらしい
そのあと式は続行したがみんな食事は残し気味だった


続きを読む

543: 愛とタヒの名無しさん 2011/03/14(月) 00:51:34.75
俺だけが不幸だった結婚式なんだけども。
まだ21歳の頃両親も早く他界してしまい、天涯孤独で頑張ってきたんだが
会った事のない他県の親戚から俺宛に結婚式の招待状が届いた。
相手のことも良く知らないので、一応電話で確認すると、どうやら親父の親戚の息子が
結婚するらしい。

親戚連中も高齢化してきて病人だらけなもんで、人数が集まらずに困っていたので
面識はなかったが俺に参加要請をしてきたそうだ。
親父の跡継ぎの顔もあるし渋々参加しますと返事を出すが、葬式は慣れているものの
結婚式は初めてで良くわからなかった。

当日受付へ行くと祝儀を渡した瞬間「あぁ、>>1君ね、悪いけど受付やっててもらえる?」
と初対面の俺を受付に置き去りにして、自分たちはさっさと記念撮影と結婚式に参加する
親戚一同、俺って一応親戚だったはずなんだが。

何の説明もなく受付に立たされたので、どうしていいか分からずそこらじゅうの人に
聞きまくってなんとか対応するが来客に怒鳴られまくる。
挙句に良くみると、披露宴の座席表に俺の名前が無い。
問いただすと、親戚が集まらないので新郎新婦の友人を多数召還、結果席は埋まり
無理に親戚を呼ぶことは不要となり、俺は不参加という事になっていた。

この時点でかなり切れかけてたけど、新郎父の言い訳でブチ切れてしまった。
「ごめんねー連絡忘れてたよ、せっかく来たけど席無くて入れてあげられないんだわ
ご祝儀もらっちゃってるし二次会なら参加できるようにするから、4時間くらい外で待っててくれる?」
気がついたら新郎父の前歯3本へし折ってたよ。

その後親戚からは縁切られてるけど、とても快適だ。

続きを読む

13: 愛とタヒの名無しさん 2011/03/27(日) 00:38:25.40
1年くらい前、新郎友人として出席した結婚式の話。
会場に入ると、あちこちのテーブルでぴちぴちと跳ねるものが……
よく見ると 金 魚 だった。
言い方は悪いが、お祭りの金魚すくいの安っぽいやつ。

その会場のキャンドルは、ガラスの器に水を張ったところにロウソクを浮かべたもの。
後で聞いた話によると新婦が、「ここに金魚を泳がせたらステキ!」と思いついたらしい。式の数日前に。
式場スタッフも「そのような前例はないので」と、やんわりと断ったものの、
「どうしてもやりたい」「金魚は当日までには、こちらで用意する」とゴリ押しされ決行。

しかし、当然ながらキャンドルの器は金魚が入ることを想定されていない。
見た目ほど水が入らず、当日届いたイキのいい金魚は勢い余って器の外へ。
小さな水たまりに金魚を放した状態。と言えば想像しやすいかな。
さすがに金切り声とまではいかないが、あちこちで「ヒッ」と息を飲む声が聞こえた。

「なんとかしてくれ」と会場スタッフに訴えても、跳ねてる金魚を捕まえてキャンドルの器に戻すだけ。
また器の外に飛び出してしまう。
おかげで、スピーチや余興を見る余裕もない。
それどころか、料理にダイブしてしまうのではないかといらぬ心配をしてしまう。

キャンドルサービスの頃、ようやくおとなしくなったと思ったら、器の中で腹を上にして浮かんでいる始末。
参加していた子どもの中には「金魚さんかわいそう」と涙ぐんでいる子もいた。

最後、金魚すくい用のビニール袋が用意してあり、希望者は金魚を持ち帰ることができるように
なっていたのだが、誰ひとり持ち帰る者がいなかったのは言うまでもない。

つい先日、この夫婦が離婚したという話を聞いて思い出したので記念カキコ。
この結婚式が理由かどうかは分からない。

続きを読む

529: 愛とタヒの名無しさん 2011/04/06(水) 20:58:07.99
流れ切ってゴメン。

昨年行った結婚式が少し不幸だった。
俺は新郎の学生時代からの友人。
結婚式の招待を受けて、ワクワクしてたら招待状の新婦の名前が予想と違う。
新郎に「お前ってA子と付き合ってたよな・・・?」とおそるおそる聞いてみると
半年前に別れて、すぐに新婦と付き合い結婚が決まったらしい。
A子は学生時代から無職時代と新郎を支えてきた子で、俺たちは同じクラスだった。
新郎はA子から紹介されて入った会社で新婦と出会い、A子を捨てて新婦に走ってた。
つまり新郎・新婦・A子は三人とも同じ会社。


うーん…という気持ちになりながらも、新郎を祝うべく当日参加。
さすがにA子は来ていなかったが、新郎同僚がコソコソと
「新郎君ってA子さんと付き合ってるって噂なかったっけ?」と喋っていた。
俺たちもちょっと顔が引きつってたんだろうな。
新婦がこちらをちらちら見てはムスッとしていた。
テーブルフォトでこのテーブルに来た時新郎は引きつった笑い、
新婦は一枚もカメラ目線がなかった。

あれから一年経つが、二人の間には喧嘩が絶えないらしい。
A子がちょっと美人で社内にファンが多いのが新婦には耐えられないらしく
「どうせあんたもA子さんの方が良かったんでしょ!」と食ってかかるんだとか。
嫉妬深い新婦と生活している新郎はすっかりやつれ気味。
門限が厳しく設定されており、この間飲んだ時新郎は飛ぶようにして帰った。
A子がどうしているかはしらないが、まだ三人とも同じ会社で働いているらしい。

続きを読む

589: 愛とタヒの名無しさん 2013/06/07(金) 13:09:37.08
性格の悪い女友達の結婚式で、友人一同がドタキャンするという不幸があった。
その新婦は人間関係引っ掻き回すのが趣味みたいな女性だった。
借りパクや寸借詐欺、故意に風邪をうつすなんて事もしていたし
共通の友人の結婚式をドタキャンして悪びれなかった。
そんなこんなで皆で共謀して、派手に縁切りしてやらぁみたいな事になったらしい。
それはまあいい。DQN行為だけど、まあ人の勝手だ。経緯を考えても仕方ない。
問題は、私は出席してしまったという事だ。
当日「新婦友人席」のプレートがある7人掛けの円卓に一人で座る私。
おしゃれして、皆まだかな?まだかな?って震えながら一人で座る私。
みーんなざわざわしながら私を見てた。新婦からもご両親からも問いつめられた。
友人スピーチも、本来予定じゃなかったけど私がやった。
新婦ちゃんは、人望があって明るくて皆から好かれてて…って震えながら話した。
逃げる事も出来ず、食事の味なんか解らなかった。ひとりぼっちだった。
係の人が、お席移動なされますか?みたいにそっと打診してくれたけど、
私が入れそうな円卓なんか無かったし、それが聞こえたらしい周りの人が
渋い顔してこっちを見ながらヒソヒソと「ここは満員だよ」って仕草をした
あの二時間、私は世界で一番孤独だったと思う。

友人達に問いつめたら、みんな「誰かが伝えているだろう」と思っていたらしい。
皆は自宅住まい、私だけ飛行機の距離に住んでた(仕事の都合)。
だから待ち合わせなんかもなかったので私自身確認作業も怠った…。けど…。
のび太がドラえもんに泣きながら何かを訴えてる時みたいに取り乱してしまった。
友人達はメチャクチャ謝ってくれて、奢ってくれたり色々してくれた。
その結婚式を知っている人は「新婦さん、可哀想だったね」と言うけど
何もどう考えても可哀想だったのは私でしょうが!!!!

続きを読む

56: チャーチル 2013/06/27(木) 20:24:33.00
今日私が出席してきた都内某所での結婚式・披露宴のお話。
新郎は、IT系企業の技術者。
新婦は、私の職場の後輩。

新婦は、遅刻が多いとか、頼んでおいた雑用を忘れるとか、敬語を使えないとか、書類に誤字や金額の計算ミスが多いとか、
その子の失敗をフォローするのに他の人たちが残業してるのに、一人早々に帰宅して、翌日バッチリ髪をセットして来たり(美容院を予約していたらしい)・・・
とまあ、色々あって、職場関係者の誰も祝福する気持ちが無かった。

さて、この結婚式・披露宴は、基本的に会費制で1人3万円だったんだけど、
招待状には「ご祝儀でも結構です」みたいな意味不明なただし書きがされてた。
要するに、3万円以上出してくれても構いませんよ、という事らしい。

ちなみにこの新婦、直接話したこともない社長にも招待状を送ったそうで、直属の上司の ひんしゅく を買ってていた。

で、職場同僚20人くらいで示し合わせて、会費じゃなくてご祝儀を出すことにして、ご祝儀の金額は1人1000円にすることにした。
会費は定額だけど、ご祝儀は気持ちなんだから、1000円でも文句を言われる筋合いは無いって理屈。

結婚式・披露宴は人生の縮図だからね。
こういう場面で、その人の真価が測られるよね。
悪いけど、海外への新婚旅行は諦めてね。

続きは、また後で書くわ。

続きを読む

65: 愛とタヒの名無しさん 2013/06/27(木) 20:24:42.00
高校時代の友人(女性)の結婚式。
挙式前に新婦の支度部屋に顔出ししたら、
友人がウエディングドレスのビスチェ部分を下げて胸だしてて、
オッサンが後ろから手を回して乳揉んでた。
私、硬直。 なにか訳わからない挨拶にもならない言葉を発して、即退散。
気が動転したまま挙式に参加。
さっきのオッサンと新郎、別人じゃん、あのオッサン誰よっ?
で、披露宴が始まったら、新婦側主賓としてスピーチしたのが、例のオッサンだった。
友人、人付き合いは良く考えた方がいいよ。
もう私は友達「だった」人にならせていただきますよ。

続きを読む

624: 愛とタヒの名無しさん 2013/12/21(土) 07:43:09.10
30年くらい前に出た美容師による結婚式関連のエッセイ

花嫁が会場に入ると新郎側の親族席の女性たちが全員チマチョゴリだった
新婦はショックを受けて控え室に駆け戻りそのまま籠城、新郎は誠実に新婦を宥めていたが新婦は拒否、結局破談になった
新婦は新郎が在日であることを知らなかったわけではなく、ただ友人知人には知られたくなかったためそれを匂わすような行動、特にチマチョゴリの着用は絶対やめてくれと事前に頼んでいたらしい
著者の美容師は新婦を「我儘。差別的。在日の方に嫁ぐなら自らチョゴリを着るくらいの気概を持つべき」と断じていた

事前の新婦の申し入れを聞いていてそれはないだろうと思った
その時に話し合うべき

続きを読む

このページのトップヘ