きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

糞ガキ

842: 名無しさん@おーぷん 2016/12/05(月)22:58:54 ID:zjG
今日、彼女と別れた
夕方家の近くのスーパーに2人で買い物に行って2人でレジに並んだ
俺達の前の客は子連れで、糞ガキがこちらのカゴに触ってそのまま揺すって落とそうとしてきた
糞親がそれを止めたまではいいのだか、糞ガキは何故か俺の腕を数回殴りつけた

糞親が慌てて引き剥がして、すみませんとか言ってるのを完全に無視して、レジに置いてあった台拭きで糞ガキに殴られた部分を丁寧に拭き清めた
そうしたら、糞親は金も払わずに立ち尽くして凄まじく邪魔だった
彼女がいいんですよ〜気にしないで〜と言ったが、金も払わずに糞ガキ引き摺って去っていった
こちらはそのまま会計済ませて帰ったけど、彼女がそれから只管機嫌が悪かった
ああいう時は、笑っていいんですよ〜と言わなければならないらしいし、無視して布巾で腕を拭くなど以ての外だと、恥ずかしい事しないでと俺を責める
でも汚かったし、ハンカチは持ってるけど使ったら捨てないといけなくなるから仕方なくないかと反論したら、俺が異常者だと最低だと延々ヒスった後、もう別れると泣きながら出て行った
慌てて追いかけて、昨日立て替えた金の返済は何とか確約させたが、何故か人でなしと罵倒された
15万は大金だし、一方的に別れると去っていく相手にくれてやる理由は見つからない
そして今、元彼女が被害者意識全開でSNSで触れ回っているらしく、知人や友人からの連絡が鬱陶しい
正直、あの場で糞ガキを蹴り飛ばさなかっただけでも感謝して欲しいと思ってるし、こちらが一方的に被害を受けているのに、愛想良く振る舞う義理など全くない
寛容は美徳だとは思うが、それを他人に強要した時点で何の価値もないと思うのだが元彼女にはそれが理解できないらしい
続きを読む

77: 彼氏いない歴774年 投稿日:2013/06/10(月) 01:13:20.81 ID:4oe9GfPP
昔子供が大好きで、保育士目指して短大の保育科に通っていた。 
初めて行った短大附属の園。まずは園庭の子供たちと自由に遊んで見てくださいと言われ、ワクワクしながら庭へ。 
笑みを浮かべおはよう!と挨拶する私に「メガネブスが来たあ~ww」と騒ぎ出す一部の子供たち。 
勿論一緒に遊んでくれる子達もいたので、暴言は軽く注意して流し、遊び始めた。 

が、さっきの子達がまた来て「メガネオバサンは出てけ!でーてーけwでーてーけw」と合唱された。 
大人の対応で再度注意したら「可愛くないオバサンは来るな」と顔に砂をかけられた。

サツ意が湧いたけど、我慢して冷静に注意した。でも内心泣きたくなった… 
附属の園には何度も行く機会があり、その度に同じ子達にしつこく絡まれた。 

ブスは帰れ、近付くな、お前誰?などと言われ、後ろから笑いながら物をぶつけられた。 
他の実習生はそんなことされてなくて、一人だけめちゃくちゃ惨めだった。

情けないけどそれで子供恐怖症みたいになって、卒業後は保育の道には行かず普通の職に就いた。 
しつこく絡んで来たのは4歳児だけど、生まれて四年であそこまで悪意に満ちた言動が出来るのが怖い。 
大人より率直だしキツイ。
続きを読む

398: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 13:21:36.79 ID:pmSCA4DR.net
 
10代の時に体験した衝撃的な話…。 


もう何年も前だけど、私が学生だった時のこと。 
私は幼稚園教諭になりたくて保育系の短大に通っていて 
地元の幼稚園に3週間の実習に行くことになりました。 
年少クラスに3日、年長クラスに3日 
残りは年中クラスで最終日に1日担任をする…って流れ。

でも担当しないクラスの子ども達とも普通に遊んでました。

実際幼稚園教諭になってわかるんですけど、実習生って子どもにモテるんですよね。 
いい意味でも悪い意味でも。
担任の先生も子どもと遊ぶけど1人1人とべったりじゃなくて全体を見ながらだから
「みんなの先生」って感じだけど、実習生はべったり遊んでくれる。しかもダイナミックに遊んでくれる。
それからちょっと悪いことしても実習生は怒らない。ていうか怒れない。
優しく「ダメだよ~」で終わるから子どもには最高の遊び相手なんです。 
でもあんまり同じ子に捕まってしまってずーっと遊んでいたら、

他の先生が「こっちでも遊んでくれるー?」と助け舟を出してくれます。


そんな感じで過ごしていたんですけど、
ある日年長の男の子に目をつけられました。

「遊ぶ」じゃなくて、「触る」ことに。 

続きを読む

このページのトップヘ