きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

祖父

692:名無しさん@おーぷん2016/07/10(日)01:11:32ID:Stg
この季節になると思いだす祖父との会話。

数十年前の夏休みの夜、
当時小学生だった私と祖父は二人でスイカを食べながら「火垂るの墓」を視ていた。
叔母さんの家で邪険に扱われる清太を見た私は
「悲しいよね、おじいちゃん。
昔は疎開先で同じ目に遭ってタヒんだ子がいっぱいいたんだろうね」
と嗚咽してしまった。

すると祖父はため息をついて
「こんな話聞いたことないわ。
ここもド田舎の農村じゃからな、都会から疎開者が押し寄せとったが
清太とかいうのより年下の奴でも畑を借りてナスやらジャガイモやら育てて生計たてとったぞ。
そもそも村社会で厄介者がぶらぶらできるわけないやろ。
村の青年団に首根っこつかまれて勤労奉仕に強制参加させられとるわい」
と断言した。
でも叔母さんのあの扱いは虐待じゃんと言い返すと
「そりゃ今の基準からしたらな。
でも昭和10年代いうたら貧しい農村じゃ
実の親の元で清太よりずっと酷い待遇受けて育つのが普通なんじゃぞ。
あのおばさんの家は裕福な方じゃろ。
おしんなんて戦争に関係なく清太より10倍過酷な環境で育っとるじゃろが。
あれの何処が辛いんじゃ。昔のガキはあんなに軟やない」
と吐き捨てられた。
続きを読む

397: おさかなくわえた名無しさん 2013/04/28(日) 00:10:02.78 ID:/Iped/4o
父が父方祖父に勘当された。
勘当といっても実際は相続から外されただけ。
理由は、私が父の胤ではなかったから。
結婚してすぐ、疑惑はずっとあったらしい。
それもあってか、私はずっと父に嫌われてたが、
父母の仲は良かった。
疑惑が判明するきっかけは、私の実父Aさんが訪ねてきたから。
続きを読む

338: おさかなくわえた名無しさん 2017/07/11(火) 12:04:58.34 ID:Oa+1GxXg
大したことじゃないんだが、
バリバリの男尊女卑だと思ってた祖父が実は女尊男卑思考だったことが衝撃的だった。 
昔から祖父は俺や従兄弟に
「家事が良くできて気の利く、子供が沢山産めそうな嫁さんを貰え」と言い聞かせていた。

祖母は祖父の言う通りの、三歩下がって夫に付いていく女性。
従兄の一人は35歳の婚活中で、親戚で集まった時に良い相手がいないと愚痴っていた。
従兄の理想は20代の若くて家庭的で共働き希望で…とテンプレみたいな理想だったんだが、
それを聞いた祖父が大激怒。
「お前みたいな年寄りにそんな嫁が来るか!そもそも嫁を働かせるとは何事か!」と怒鳴った。
従兄は「男は年を取っても魅力が増す。今は共働きが普通。」と反論。
それに対して祖父は「男の価値は働いて女を養うことしかない!
お前は若者よりも10年分価値が下がった男だ!」とさらに反論。
そこから祖父が語ったこと曰く、
・女は家事出産育児に加え、仕事も出来ないこともない。男は外で働くしか能がない。
・男は気遣いが出来ないから家の中を任せたら滅茶苦茶になる。
・唯一男が家庭に対して出来るのは妻と子の話をよく聞いて取り纏め、責任を負うことだけ。
・責任を負うからと好き勝手に振る舞ったら妻も子も離れていく。会社だって同じだろうが。
・老後に妻が世話をしてくれるのは若い頃に男が出来る限り尽くしたからだ。
よく考えてみれば祖母はいつも身綺麗にしていたし、
祖父が建てた家も祖母の希望が沢山取り入れられている。
「お祖父ちゃんが昔一生懸命働いてくれたから、
今でも美味しいご飯を作ろうと思えるのよ」と祖母は頷いていた。
女から価値がないなんて言われたらムカつくけど、
同じ男から言われるとそれなりに納得できる。
ちなみに従兄は納得できなかったらしく、
その後婚活パーティーで出会った若い子に付き纏って警察沙汰になった。
続きを読む

【①はこちら】
【②はこちら】

13: 太郎 ◆rX9TemfpVQ 2008/04/20(日) 23:26:38

こんばんは。今ちょっといいですか?
続きを読む

【②はこちら】
【③はこちら】

885: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/10(木) 23:27:18

俺の嫁もむさしの嫁みたいなんだ。
他にもいたんだな、こういう嫁。
そっか、俺だけじゃないんだ。涙でそうorz
続きを読む

874:6932013/08/15(木) NY:AN:NY.ANID:NGx0Ch18
DQN返しともいえる、祖父の武勇伝。当時子供だったので聞きかじりです。

20年以上前、当時健在だった祖父が所有地の整理を始めて、いくつか土地を売った。
まだバブルの恩恵が残ってた頃で、そこそこ高値で売れていく中、マンション開発に交渉された土地があった。
そこは、理由は不明ながら祖父は売りたくなかったらしいけど、相手側に「マンションかハイツを建設したい、
最上階角部屋を破格値で分譲するから土地を売ってくれ」と言われ、一人暮らしの祖父を案じていた父達が
賃貸住だった叔父夫婦にそこに住んでもらえばどうかと勧め、祖父も合意した。
で、マンションというには.微妙な高さのマンション完成。
そしたら、立地条件よし・広さや値段も手ごろだった為、完成前後に完売御礼になったらしい。
無論、叔父夫婦が住む予定だった部屋も。
話が違うと祖父や父達が相手先の会社に訪問したら、「証書もないですしねえ」とヘラヘラ。手違いで売買したのではなく、
口約束だけで法的な書類がないのをいいことに、故意にやったんだろうとわかった。
新築の広い部屋に移れると思っていた叔父夫婦ショボーン。父や他の兄弟も、「高い勉強代だったと思うしかないな」と慰めた。

しかし明治生まれで二度の戦争経験者である祖父は引き下がらなかった。
何度も相手先に赴き、「近くに息子夫婦が来てくれると思ったからこそ売ったんだ、今からでもどうにかならないか」と訴える。
「もうあなたとも先方とも正式な売買契約が成立してますのでねえ。あまりしつこいようだと、警察に…」とやられたそうな。
そうこうするうちに、購入者達の入居がほぼ完了してしまった。
祖父は、そのマンションの敷地三方を囲む形でまだ土地を所有していた。残る一方は山。マジ山。人の登り下りもキツそうな山。
所有する土地に「私有地につき立ち入り禁止」と囲いを付けた。業者に頼まず一人で毎日日曜大工したらしい。
結果、マンションの住人さんは「徒歩・自転車・原付の出入りはできるが車は無理」な幅1mあるかないかの通用路しか使えなくなった。
それまでは、私有地を通過するのを祖父曰く「厚意で」許していただけ。
宅配便や郵便屋さんも、トラックがマンション前まで行けない。こちらは田舎なので皆車で移動するが、マンション入居者さん、
車を出せないor入れられない。
続きを読む

904: 名無しさん@おーぷん 2017/02/11(土)09:15:28 ID:3GS
まだ大学生の携帯所持率が七割くらいだったころ
我が家は同居の祖父の借金を親が肩代わりしてたので
携帯なんて贅沢品は持てず、就活の連絡は全部家電だった

大学の成績も良かったし、大学側からもこんだけ頑張ってきて
成果も残せるんだから就職も大丈夫と太鼓判を押されてた
実際大学推薦ももらった
でもどれだけ頑張っても電話が鳴らなかった

親に聞いても誰も知らないという
時間ばかりがたって、周りは皆就職決めていく中、私だけ決まらなかった

あるとき大学から呼び出された
大学で推薦出した企業との約束を連絡もなくキャンセルするとはどういうことだと
驚いたし連絡なんて何もないと伝えたら、大学側も事情を調べてくれた
結果、企業は家に連絡を入れていたが、それを祖父がとり、丁寧に対応し、
そのまま祖父の手で握りつぶされていた

平日は親は働きに出て私は大学と就活に走り回ってるんだけど、
その間祖父は電話の前で正座して電話がなるのをずっと待っていた
鳴るとワンコールで出ていたため、登録していた留守録に切り替わらなかったようだ
祖父は働いてたときの名残でものすごく丁寧に受け答えしていた
(あとから音声データをもらった)
そして電話を切った瞬間、誰から電話が来たのか、なんの内容だったのか、すっかり忘れていた
親もお金関連でやられて損害を出していた
調べるのに時間がかかり、全て水の泡になってからわかったことだった
祖父の認知症の始まりだった
電話に出たときだけ仕事の癖がでてテキパキ対応できたらしい
医者から借金も認知症で騙されてつくったものかもしれないと言われた
でもどうにもならなかった
それからは自分の就活より、昼間祖父を一人にしておけない!と祖父の介護が始まり
電話を使わなくなった途端認知症がどんどん進行
気づいたら30歳の深夜のコンビニアルバイター正社員の職歴なしのゴミクズに成り果てていた
そこから抜け出せず今祖父の介護しながらワープアしてます
どこで人生まちがったのかな 
続きを読む

13:がぶ ◆HsptrkZmYk2011/08/29(月) 00:56:24.56 ID:lFPESDbx0
10年くらい前に、祖父の家で開かずの間(みたいなもの)を見つけたんだが、その時の体験。


俺が高2の時に、祖母ちゃんを早くに亡くし、1人でデカイ家に住んでたじいちゃんがとうとうタヒんだ。
祖父ちゃんは、戦前から鉄工所を営み、その鉄工所はこの町一番の規模で有名だった。
天皇陛下に瑞宝章を賜った、町の有名人。

住んでる家も、木造だがかなりデカく、俺等 孫はよく遊びに行ってた。
祖父ちゃんの49日が住んで、祖父ちゃんの書斎を整理する事になり、親戚一同が集まった。
男手も必要だということで、俺も参加させられた。

書斎の本棚には、鉄鋼関係の古い専門書やアルバム、釣りの本でぎっしり。
それらを本棚から出し、一ヶ所に集め、親戚の叔母さん達が何やら振り分けてる。

今度はその巨大な本棚を、男連中(伯父さん達や俺)が屋外に出すということで、5人がかりで動かしたんだが、その本棚の裏に小さな引き戸があった。
続きを読む

551: おさかなくわえた名無しさん (o・ω・o) 2014/09/11(木) 23:50:28.10 ID:MmV++2Ic
プランターの話見て思い出した
昔祖父がうちと隣の家の境界に竹垣を立てた
別に危なくもないし、高くもなく、日をさえぎることもない普通の竹垣
隣の家にはみ出してもいないし、誰にも迷惑をかけていない竹垣を自分の敷地にたてた
そうしたら、怪文書が届いた
「私は近所の代表の者です。みんなお宅の竹垣に反対しています。AさんもBさんも反対しています。
 私もです。これは証拠です。今すぐ中止してください。」
というご近所であるAさんBさんの署名付の文書だった
それでうちの祖父がさっそくAさんBさんに確認しにいったら「知らない署名なんてしてない!」
とみんな気味悪がってた時にフと気づいた
うちに隣接している家は3軒、AさんBさんとCさん
なのにCさんの署名も名前も一切書かれていなかった
絶対犯人Cさんだろと目星をつけ確認にいったらあからさまに慌てた様子で
「そっ…そんなことしてない!し…証拠はあるのか!しらないぞ!」ってw
でもその後怪文書が再び届くようなことはなく、AさんBさんも竹垣のことはなんとも思ってなかった

いまだに気になってるのは、うちがうちの敷地内に竹垣を建てて何が悪かったのか?ということ
AさんBさんにも相談したけど二人とも不思議がっていたらしい
続きを読む

248: 名無しの心子知らず 2015/11/19(木) 22:14:43.68 ID:TVx4bU9q.net
男の子です、よろしくお願いします 

嗣陽 つぐはる 亡くなった私の祖父が明るい人だったので、
明るいを継ぐ、という意味で 

榮志 えいじ 明るい志をずっと持って欲しいから 
旧字体なのは栄よりも見た目が綺麗にみえるし祖父の一字でもあるので 

透野 とうや 広い野が透明=将来がみえる
やりたいことに一直線に向かえるという意味で 

迷っていますよろしくお願いします
続きを読む

このページのトップヘ