注目の人気記事

226: 名無しさん@HOME2008/10/24(金) 02:01:27
ウチのトメ、私の父親がぜん立線がんになった時に 
病室まで無理やり押し掛けて「余命先刻は?」「転移もあるんでしょうねえ」 
「(亡くなられても)安心してください、家屋の整理なんかはこちらでやりますので〜(笑)」と 
散々やってくれた。言われた時は父と二人でぽかんとしちゃて、反論もできなかった。 
微妙な部位の癌だし、お見舞いも断ってたのに。 
父は幸い治療に成功して数日の入院ですみ、転移もなく現在は元気に暮らしてる。 
夫はあとで事情を聞いて父に土下座してくれたし、〆てくれたけどトメはお見舞いに行って何が悪い! の一点張り。 
が、この恨みをいつか晴らしてやるとずっと思ってた。 

しばらく前、トメに癌が見つかった。 
本人は癌って知らないけど、転移もあるっぽい。 
とはいえ老人で病気の進行が遅いので、急にタヒぬようなことはないみたいだけど、 
詳しいことは義父しか知らない。 
で、お見舞いと称して入院中のトメのところに突撃。 
笑顔で「トメさん癌ですってねー、転移もしてるみたいで大変ですねー。 
ウチの父は転移してなかったけど、トメさんは肝臓がダメらしいですよ。 
肝臓癌って治らないっていいますもんねえ。 
あと半年もったらいいですねえ」 
とかましてきた。トメ、真っ白になってた。 

トメ、病院でパニック起してるらしいがあとは知らん。 

続きを読む

693: 名無しの心子知らず 投稿日:2008/12/26(金) 13:36:27 ID:ZLuBX3wZ
6歳の娘がクリスマスの数日前から欲しいものを手紙に書いて窓際に置いてお 
いたから、早速何が欲しいのかなぁと夫とキティちゃんの便箋を破らないようにして手紙を覗いてみたら、こう書いてあった。 

「サンタさんへ おとうさんのガンがなおるくすりをください! おねがいします」 

夫と顔を見合わせて苦笑いしたけれど、私だんだん悲しくなって少しメソメソしてしちゃったよw 

昨日の夜、娘が眠ったあと、夫は娘が好きなプリキュアのキャラクター人形と「ガンがなおるおくすり」と普通の粉薬の袋に書いたものを置いておいた。

朝、娘が起きるとプリキュアの人形もだけれど、それ以上に薬を喜んで「ギャーっ!」って嬉しい叫びを上げてた。 
早速朝食を食べる夫の元にどたばたと行って「ねえ! サンタさんからお父さんのガンが治る薬貰ったの! 早く飲んでみて!」っていって、夫に薬を飲ませた。 
夫が「お! 体の調子が、だんだんと良くなってきたみたいだ」と言うと娘が、 
「ああ! 良かった~。これでお父さんとまた、山にハイキングに行ったり、 
動物園に行ったり、運動会に参加したりできるね~」……っていうと夫がだんだんと顔を悲しく歪めて、それから声を押し殺すようにして「ぐっ、ぐうっ」って泣き始めた。 
私も貰い泣きしそうになったけれどなんとか泣かないように鍋の味噌汁をオタマで掬って無理やり飲み込んで態勢を整えた。 
夫は娘には「薬の効き目で涙が出てるんだ」と言い訳をしてた。 
その後、娘が近所の子に家にプリキュアの人形を持って遊びに行った後、夫が 
「来年はお前がサンタさんだな……。しっかり頼むぞ」と言ったので、つい私の涙腺が緩んで、わあわあ泣き続けた。 
お椀の味噌汁に涙がいくつも混ざった。
続きを読む

527: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 03:25:56.02 ID:fg7PcoXB.net
平成の大合併前、
うちは母子家庭で俺が大学生になった頃の話。 

母は公務員だった。
その自治体の女性の中では
かなり上位だったようで、
合併前の交付金で出来るという
図書館の副館長に
なるんじゃないかと言われており、
男性公務員からは
それなりに反感も買っていたようだ。

そんな折、
母は健康診断に引っかかって
検査入院することになったんだが、
先述の図書館立ち上げに追われ
だいぶ検査入院を先延ばしにしていた。 

そして入院したその日、
ご家族の方と医師に呼ばれ
ガンが相当進行しており手が施せない状態だ
と告知されたのが一つ目の修羅場。 

非情だが本人に告知すべきだった筈なんだが、
親族や周囲の人間の
「かわいそう」を真に受け伝えられなかった。 

検査も治療も行われないまま
病室に閉じ込められた母を
休学して病院に詰めていたんだが
当然日に日に弱っていくのを見ているしか
出来ない状態。 

ある意味
親子で病院に閉じ込められてる感じだった。 
さすがにおかしいと気がつく母、
病院からの逃走やら自害未遂やらを起こし
薬で沈静化させる事態に。 

そんな中押しかけてくる大学の先輩。 
「遅くなってすまなかった。
さぁお母さんをお寺に連れて行こう。
信心があれば病気も良くなる」 
と意識の無い母を
連れ出そうとしてくれたのが第二の修羅場。 

そんな状態では
長く保つわけもなく入院から3ヶ月目で母シボウ。
ちょうど新図書館オープンの数日前だった。 

そんなわけで
「生意気にも図書館オープンの日程に
葬式をぶつけやがって最後まで生意気な。
葬式を一週間ずらせ」 
というお言葉を頂いたのが第三の修羅場。
続きを読む

5: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/11/06(土) 08:28:09 ID:udMDPqLD
自分は高校を中退した。 
もう辞めた会社だが、実は学歴を偽って働いていた。大卒の奴らを見返してやりたくて、がむしゃらに頑張っていたら、同期入社ではトップクラスのスピードで課長まで昇進した。 

誰もが知っている上場企業でのお話でした。
続きを読む

862: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/02/22(金) 19:19:26.44
俺39歳、嫁37歳 
家庭内別居9年。嫁との会話月平均15秒。 
子供も小学5年生になったし、中学上がる前で離婚しようかなと考えてた矢先、 
俺の癌が見つかった。 

嫁と結婚し、ATMとして扱われ、人生どうでも良いと思って生きてきた。 
仕事も激務だったけど、ボロボロになるまで働いた。家に居場所も無かったし。 
医者が言うには、どうやら俺は 
6ヶ月持てばイイ方らしい。あえて治療はしないで自然に任せることにした。 

仕事も辞めよう。残された時間は自分自身の為に使おう。 

生命保険には入ってないから、俺がタヒんで嫁が喜ぶのが回避できたのが幸いか。 
このスレの住人には言い残して行こう。 

「人生は短い。お前らの人生は自分自身が楽しむ為だけに有る」 

じゃ俺は先に逝ってるから、お前らは後悔しない脱ATMライフを送ってくれ。 

続きを読む

982: 名無しさん@HOME 2014/12/26(金) 01:23:45.47 0
スレチだったら、ゴメン。

オレ文才ないから、読みにくいかも。
フェイクも一応入れてるから、おかしな事になってもスルーしてくれ。

数年前、二つ下の嫁と結婚。美人じゃないしメシウマでもないが、何事にも一所懸命なところに惚れ押しまくって、やっとこぎつけた結婚だった。
嫁は事故で両親無くしていて母ちゃんとすっげー仲良かった。
結婚した年の暮れに母ちゃんに癌が見つかって、かなり進行していて手術出来ず、抗がん剤治療もしたけど一年余りの闘病生活の後に母ちゃん他界した。
オレより嫁の凹み具合がハンパ無くて、夫婦で泣いたよ。
母ちゃんが他界してから半年後、嫁が妊娠。暗かった家庭に灯りが点いた。
嫁は母ちゃんが遣わしてくれたんだよと大泣きしてた。

続きを読む

このページのトップヘ