注目の人気記事

痴漢

538: :2011/01/02(金) 18:54:51 ID:
「ひどいめにあった」といえるほどのことじゃないかも知れませんが…。

義実家の廊下で急に後ろから抱きしめられて胸わしづかみされたんで夫かと思ったら義兄だった。
びっくりして、「お義兄さん、違いますよ!(=私は義兄嫁じゃないですよ)」というと、
「ああ、ごめん」と静かに微笑んで(苦笑かな?)去って行った。
普段悪ふざけをするわけでもなく、殆ど接点がない人だったんで、うっかりしてたのかなーと思っていた。
(義兄嫁と私は髪の長さも身長も体型も全然違うけど。)

でもそれ以来、同じようなこと(後ろから触られたり抱きしめられる)がわずか2日で数回続いたので、
義兄が疲労かなにかでおかしくなったのかと心配になり、夫に相談した。

夫は驚いていたけど信じてくれ、義兄と二人で何か話し合った後、「もう大丈夫だから。」と言っていたので、 義兄も大変なんだな、と同情していた。

しかし、その晩義実家のマンションの駐車場で突然抱きしめられたので、痴漢かと思って大声を出し、 ωらしきモノをおもいっきり握りしめた後振りほどき、近所の人に警察を呼んでもらってからよく見たら、痴漢は義兄だった。
(暗くて本当に気付かなかった。ωは私が握力弱いことや服の上からだったので、大した怪我ではなさそう)
警察や近所の人には、義兄が義兄嫁と私と間違えたらしい、迷惑をかけてすみません、と説明して帰っていただき、 その後その場をウトメとコトメに任せて私と夫は自分たちの家に戻ったので、その後のことはどうなったかは知らない。

義兄は精神疾患があるようには見えなかったけど、急に変わってしまったので心配だが、
ωを力いっぱい握りつぶせたのが自分にとってはとってもスカだった。

続きを読む

466: 名無しさん@おーぷん 2015/11/24(火)11:16:08 ID:cya
痴漢冤罪の場にいたので報告がてら。
今朝の電車で女子高生のおしりにOLの鞄が当たってるのを「こういうの痴漢だと思うのかなぁ」なんて思いながら見てた。
そしたら女子高生が隣の男の方見て「痴漢やめてください!」と涙目で叫んで、痴漢容疑の男(以下容疑者)は2人の男と1人の女に取り押さえられ、次の駅で引きずりおろされた。
容疑者は否定してたし、暴れてもいなかったんだけどね。

んで俺も一緒に電車降りて「俺見てたんで―、証言します。」とだけ言って、駅員と警察くるまで待機
待機中容疑者の態度が面白くて、取り押さえてた奴らが正義感から色々怒鳴り散らしてたんだが、「はぁ、へー、ふーん」って感じで流してて、余裕あんなーと思ってたw

容疑者と被害者別々に事情聴取。
で、証言しますよって言った俺は女子高生側に連れて行かれて、取り押さえてた奴らは仕事があるから、証人いるならいいよねって感じで解散した。
女子高生の証言が「ずっとおしりを触れらてた」程度だったのに、警察がきて話をしているうちに変わっていった。
警察が「スカートや肌着の中に手を入れられたんだよね?」とか勝手に言いだすと、女子高生が「あ、それもされました。」って感じで勝手に内容盛っていくでやんのw
で、逐一俺の方見て確認するんだけど、何も言わずにうんうん頷いてた。


最終的に容疑者の方に、女子高生は連れて行かず、俺と警察だけで確認に行った。
容疑者はすごい冷静に「やってないんだから、そうとしか言えない。弁護士来るまで黙秘するよ。俺逃げようとなんてしてないのに、無理やり抑えられて怪我した。これ傷害じゃん。」と否認。
んで警察はないことないこと読み上げて、証人もいるし、示談の為に謝罪と5万円払ってどったらって言って認めさせようとしてた。

で、俺が「俺が見たのは、OLの鞄が女子高生のおしりに当たってて、痴漢と勘違いしてるかもなぁっていう状況です。その人痴漢してないですよ」と証言した途端、場が凍った。
警察が「でもさっき被害者の証言に頷いてましたよね。」って聞かれて、「冤罪ってこうして出来上がるんだなぁと思って、一人で納得して頷いてただけで、証言したわけじゃないし。」と言ったら、容疑者が大笑い。
警察が「痴漢を見たわけじゃないなら、帰っていいですよ。」とか言い出したんで、「容疑者さんが不憫だし、裁判やるなら取り調べ含めて見たまま証言します。」って容疑者に名刺渡して帰った。
さっき容疑者から「向こうの出方次第で警察訴えるかも知れないけど、とりあえずお礼がてら奢らせて」と電話来て、その後の様子とか聞きたいので今晩飲みに行くことになった。

淡々と書いてはいるけど、すげぇワクワク、興奮してる。
容疑者と気が合いそうだし、この年になって新しく友達ができそうです。 
続きを読む

685: 1 2014/04/02(水) 12:50:56.07 ID:PQMdYxxX
ありがちな痴漢冤罪系の修羅場に遭遇した話 

俺は当時学生で、ほぼ毎日が電車通学だった 
なので当然他の常連というか顔なじみも出来る。ちょい派手めなJK集団とかくたびれたおっさんとか、密かに狙ってた綺麗めの女の子とか。 
その常連メンバーの中に、いつしかイレギュラーな野郎が紛れ込んできた。イケメンだ。 
イケメンはその言葉通りイケメンで、俺はこいつがあまり好きではなかった。乗ってきた瞬間にJK集団が好奇の目で騒ぎ始めるし、密かに狙ってた(以下略)がすげー挙動不審になるしで、男としてもイケメンの存在は全く面白くなかった。 
つか嫌いだった。 
ある日、いつもは固まってるはずのJK集団が何故かバラバラに乗車してきた。 
喧嘩でもしたか?と思ったが特に気にも止めないでいると、既に乗車していたイケメンの隣に一人がそっと近寄った。 
ちなみにイケメンの定位置は先に乗車し、座席を確保している俺の正面のつり革だ。 
しばらくはいつもどおりガタガタと揺られていたが、突然、イケメンの隣のJKが「痴漢!この人痴漢です!」と騒ぎ始めた。そして、何故かイケメンの腕を掴んで振り回していた。 
騒然とする車内。集まるJKの仲間たち。そして「私も見た!」とお決まりの展開に。 
一方イケメンは冷静な顔で否定。 
こういう時もイケメンはイケメンだった。ファッキンイケメン。
続きを読む

253: 名無しさん@HOME 2014/10/30(木) 21:22:54.42 0.net
すいませんミスりました
時間も経ったので投下。

今まで最大の修羅場は旦那が痴漢冤罪で捕まった時。
朝子供の通学準備をしていたら夫からTEL。

「今警察署いるんだけど俺が痴漢をしたって事になってる。」
この時点で私パニック。

子供の事とかこれからの事とか
走馬灯のように頭のなかで流れてかなり焦った。

結局旦那は警察署送りになって
携帯電話も没収されたようでまる2日ほど連絡とれず。

両親に相談したりネットで同じ事例の体験談を読んだりしたけれど
生きた心地がしなかった。

弁護士は旦那が呼んで、たまたま当たりの弁護士だったみたいで
示談金と不起訴に持っていってくれた。

夫はずっと無罪を主張してたんだけど
長いので一旦〆ます


続きを読む

132: おさかなくわえた名無しさん 2015/09/25(金) 00:38:27.23 ID:1QQsvdEu.net
親父が痴漢で捕まって、職場クビになって離婚したのが修羅場
事情を知った妹もおかしくなって、今でもリスカしたりする
被害者は妹と同じ年で当時15歳。

通勤途中の電車で親父が痴漢。
大人しいデブスだったんで調子に乗った親父は、
パンツの中に手を入れて指を突っ込んだそうだ
それでデブスが切れて騒いだ。

駅事務所から派出所に連れられて、みっちり怒られて、
警察がデブスを説得して被害届は出させずに帰した
連絡受けたお袋が慌ててて迎えに行って、夫婦喧嘩。

夜になってから、デブスの家に謝りに行った。
住所と電話番号は警察に教えてもらった
お袋の話では、門前払いをされたそうだが、土下座して帰ってきたそうだ

その時に相手の母親に、
警察に
加害者は同じ年の娘が居るそうだから被害届は出さない方がいい。
と言われた。
あなたの夫は、捕まえた娘に「この子は頭がおかしい」と騒いだ人だ。
娘はショックで寝込んでいる。
こんな団地で騒がれても迷惑。とっとと帰れ。二度と来るな。
と言われたとか。

相手の父親も、押しかけてくるなんて非常識だと怒ってたらしい

それでしばらくして、家に警察が来た。
デブスが飛び降り自殺を図ったんだとさ
続きを読む

618: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/24(木) 18:16:11.24 ID:p0XGqXis
俺が電車に乗ってた時なんだけど、電車内はやや混んでるくらいで俺はドアの傍の吊革
を右手で掴んでたんだ。

ぼけーっと景色眺めながら電車に乗ってるといきなり左手が引っ張られてパシャって音がしたんだ。
何事かと思ってそっちの方を見ると明らかに遊んでる感じの金髪の女子高生が俺の左手を掴んで写メ撮ってたんだ。
何をしてるのか聞こうとしたら俺の左手を高く突き上げて

「コイツ痴漢です!」

って叫ぶんだよ。
もちろん、俺はとある事情から痴漢なんて出来るわけがない。

が、こういう時に無駄にうろたえるとだめだってのは知ってたので内心バクバクしながら
冷静を装って

「人違いじゃないですか?俺はやってないですよ」

って優しく言ったんだけど女は

「はぁ?しらばっくれんなし!おめえが痴漢やったって証拠があるんだよ!」

と、さっきの写メを見せてくる。
ああ、これは絶対引かないパターンだなって思った俺は、女が警察に突き出すって叫ぶんで
素直に駅員の所に一緒に行ったんだ。
もちろん、近くに居た女の人を証人としてついてきてもらってだ。

続きを読む

このページのトップヘ