きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

留守番

710 :きまぐれ鬼女 2013/06/13(木) 18:19:19 0
すっごいプチですみません。

7ヶ月の妊婦です。
夫が2週間の海外出張中なんだが、それを知ってか知らずか、連休
初日にウトメがアポなしで、新幹線で家に来た。来たっていうか
今もまだ家にいると思う。

明日2歳の息子を連れてスカイツリー見学してから帰ると、今朝の
朝食時に言われた。

嫁子ちゃんは妊婦だから、車で送迎だけしてくれれば良いからね。
大事な時期だもの、お留守番してて構わないのよ?
遠慮なく体を休めて欲しいの。
私は理解ある良トメで同じ母親だもの、嫁子ちゃんが休みたいのも
わかるから。大丈夫よ、気にしなくても。

過去の狼藉が沸々と蘇り、今まで我慢していた自分が情けなくなり、
納豆の小鉢を投げつけて、怒鳴り叫ぶウトメを尻目に2歳の息子を
連れて脱出。

近距離の実家に避難、もちろん着拒。←今ここ

失礼しました。
続きを読む

186 :きまぐれ鬼女 2019/12/23(月) 22:39:47 ID:35FJt6aw.net
年明けに諸事情で私と上の子だけで私実家に2泊帰省して旦那と下の2歳は留守番なんだけど、今日突然「その間こっちに親呼ぼうかな」とか言い出した
息子と男2人きりの3日間楽しむとか言ってたくせに、自称親孝行閃いちゃったんだなー
私が会わなくて済むからマシではあるけど、前も私が里帰り出産で不在の時に義母が泊まったことあってうちのキッチンで料理してる写真とか送られてきてめちゃくちゃ不快だったんだよな…
今は新築したばかりだし尚更不快になりそう
義母は悪い人じゃないけどドジっ子系でつわり流産育児方針などデリケートな所でうっかり発言で私今まで散々傷付けられたし不快な思いしてきたからもう嫌い

もう70で飛行機距離だししんどいから向こうから断ってくれるとは思うけど、でも万が一乗り気だったらどうしよう
でも旦那に呼ぶなって言ったらまた大喧嘩になるし、はぁーーーー…
続きを読む


166: 名無しの心子知らず 2010/07/16(金) 09:02:08 ID:Ok5g1gCI
登校班が一緒の一年生のお友達(Aくんとします)が、 
初めてお留守番をしていると息子に聞いたので、 
息子と二人で迎えに行って家にくるように言いました。 
一年生を一人で留守番させているのは心配だったので。

A君はピンポンしても出ず、 
息子がお庭の方から呼んだら顔を出してくれましたので、 
ママが帰ってくるまで家にいなさいと言いました。 
なかなか出てこなかったのですが、しばらく説得すると出てきて
うちに来てくれました。 

私が下の子の幼稚園のお迎えの時間なので、外に出ると、
Aくんのママが慌てた様子で家の前の公園にいたので、 
「Aくん家に来ていますよ」 
と声をかけると、とても驚かれてしまいました。 

まだ時間も早かったので、遊んで行ってもいいですよと言いましたが、 
すみませんでした、お世話になりましたと言われ、
連れて帰られてしまいました。 
子どもたちはまだ遊びたそうにしていたんですが。。。 

今朝、幼稚園バス亭で、別のお友達(Bくんとします)のお母さんに、 
昨日Aくんのママ30分くらいAくんを探していた事を聞きました。 
うちにも電話かけたそうなので、
携帯の履歴を見るとAくんママからかかってきていました。 

Bくんママに
留守番をしていると聞いたので、迎えに行って家にいてもらった
と説明すると、 
うちに居たのとびっくりされ、 

「頼まれてもいないのに、連れ出すのは良くない。
預かるならAくんままに連絡したほうがいい」 
と言われました。 

家に帰ってたしかめると
確かに昨日留守電にもAくんママメッセージが残っていました。 

余計なことをしてしまったかな。。。 
でも、一年生に一人でお留守番をさせるなんて心配じゃないのかな。。。

続きを読む

637:名無しさん@HOME2012/11/08(木) 11:59:41.97
メモ帳に書いたら長くなりすぎてしまったけれど、うまく削れなかったのでこのまま投下。、
中学生の頃、両親が遠方のお通夜で一晩留守にし、高校生の姉と二人で留守番することになりました。

初めての子供だけのお留守番に姉妹ではしゃぎ、夕飯にスーパーのお寿司やその他諸々を買って、袋詰めを終えて帰ろうとした時、
しらないオバさんが私達の袋をすうっと空気みたいに取っていきました。
ビックリして姉と二人「あの、それ私達のです」と言ったんですが無視され、追いかけて何度も「それ私達のです、間違ってます」を一生懸命に繰り返しました。
出口まできても無視され続けていたので、もう無理に取れ返そうと袋に手を掛けると
「泥棒!泥棒しないでっ!」と騒ぎだし、こっちも「泥棒じゃない!それうちの!」と反論しながら手を離さなかったら、スーパーの店員のおばさんがこっちにきました。
が、その人は泥棒おばさんの知り合いだったようで。
「泥オバさん、どうしたの?」
「この子達がウチの荷物盗ろうとしてるの!私急いでるのに!」
「それは大変、早く行きなさい」
といった感じに私達を引きはがし、泥オバを逃がそうとするので「違う違う、それはウチの。ちゃんと中身見てー!」と姉妹で騒ぎました。
この時はまだ、泥オバが間違えているだけだと信じていた。

続きを読む

このページのトップヘ