きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

田舎

【前編】結婚後、旦那の田舎に住む事に。が、旦那は仕事探しもせず、実家の民宿経営を手伝いもせず、呑気に趣味にのめり込むばかり。見切りをつけた私は離婚の準備を始めた…
709:28-567 2007/06/12(火) 23:07:49
すみません、職場に突撃してきたトメを母に持つアフォ夫、
を持つアボガドバナナな嫁です。
続きを読む

567:名無しさん@HOME 2007/05/13(日) 03:05:40
エネ夫に憑かれている妻です。

現在離婚の準備中で、当然連日のように届くロミオメール。
続きを読む

961: 名無しの心子知らず 2012/02/28(火) 14:44:34.27 ID:sQJeTI7s
直接被害じゃないけど、新スレが立ったみたいだし、埋め草にでもなれば。 

週末、久々に田舎の祖母宅に夫婦+子で訪問してきた。 
以前は頻繁に行き来してたんだけど、子が生まれた関係で 
ここ最近は来てもらうばっかりで行くのは久し振りでした。 

いつもはオープンの玄関の鍵が掛けられてたのにまず違和感その一。 
子供の頃から馴染んでいるので、近所の人にもお土産を用意して 
いつも通りに、挨拶がてら届けてまわるつもりだったんだけど、 
「後で届けるからいい」と言われたのが第二の違和感。 
用意してくれていた昼食に薬味が足りないということで、 
畑(近所)に取りに行くというばぁちゃんがいつもの自転車じゃなく 
嫌ってたはずのシルバーカーを使ってるのに、気付いたのが第三の違和感。 
元気に見えても年を取ったのかな~としんみりしてたけど、 
帰ってきて話を聞いてみたら、鍵もお土産もシルバーカーも、 
知らないうちに現れたせこママ(ばぁちゃん曰わく欲深い嫁さん)対策だったw 

改行多すぎと言われたので切ります。 
後、2~3つに分かれるかも。 
続きを読む

961: 名無しの心子知らず 2012/02/28(火) 14:44:34.27 ID:sQJeTI7s
直接被害じゃないけど、新スレが立ったみたいだし、埋め草にでもなれば。 

週末、久々に田舎の祖母宅に夫婦+子で訪問してきた。 
以前は頻繁に行き来してたんだけど、子が生まれた関係で 
ここ最近は来てもらうばっかりで行くのは久し振りでした。 

いつもはオープンの玄関の鍵が掛けられてたのにまず違和感その一。 
子供の頃から馴染んでいるので、近所の人にもお土産を用意して 
いつも通りに、挨拶がてら届けてまわるつもりだったんだけど、 
「後で届けるからいい」と言われたのが第二の違和感。 
用意してくれていた昼食に薬味が足りないということで、 
畑(近所)に取りに行くというばぁちゃんがいつもの自転車じゃなく 
嫌ってたはずのシルバーカーを使ってるのに、気付いたのが第三の違和感。 
元気に見えても年を取ったのかな~としんみりしてたけど、 
帰ってきて話を聞いてみたら、鍵もお土産もシルバーカーも、 
知らないうちに現れたせこママ(ばぁちゃん曰わく欲深い嫁さん)対策だったw 

改行多すぎと言われたので切ります。 
後、2~3つに分かれるかも。 
続きを読む

967: 彼氏いない歴774年2012/10/01(月) 13:56:24 ID:CHp3fU5U
嫁の貰い手がなさすぎて親戚が見合いをセッティング、今日知らされたんだけど水曜決行らしい。 

相手は私よりも年上の娘さんがいる人なんだと。 
そんなに年下の嫁をもらったら周りから相当陰口を叩かれるだろうに。 
断ったら断ったでややこしいとでも思ったのかな。これだから田舎って嫌だ。 
娘さんは娘さんで今メンヘラになっちゃって大変な時らしいのになんか相手がかわいそうになってくる。 
穏便に済ませようと思う。 
続きを読む

687: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/09/18(金) 09:44:02 ID:+Cbcjdor0
先祖が地主だったせいか、田舎の実家には蔵がある。
古い物をいろいろ放り込んでいるので、夏休みに遊びに言ったりしてた時は
「危ないから蔵の中には入るなよ?」と爺さん達から口うるさく言われてきた。

その爺さんがタヒんで、遺品整理という事で蔵を掃除する事になった。
俺も掃除を手伝うために初めて中に入ったが、確かに子供が遊ぶには
危険なところだった。なにせ、いろんな物を無造作に積み上げているので
ちょっとした衝撃で崩れ落ちてきそうだったからだ。
そんなわけで慎重に荷物を外へ運び出しつつ、掃除を開始。
そんな折、俺は小さな箱を見つけた。筆で「開封厳禁」と書いてある。
黄ばんではいるが、ちゃんと紙で封印されている。
箱の浦には爺さんの名前が書いてあった。…という事は遺品だ。

何が入っているんだろうと思い、紙を破って開けてみた。

干からびた親指と中指が綿の上に並んで入ってた。

俺はしばらく絶句した後、あわてて箱を閉めて他の荷物の中に紛れ込ませた。
誰にも言わず、その荷物と共に蔵の奥の方へと仕舞い込んで、遺品整理は終了した。
10年前の話。婆さんもタヒんで、今は伯父夫婦が実家に移り住んでるが
蔵はまだある。

続きを読む

213: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/22(金) 09:48:46.30
離婚話の合間のプチな修羅場報告。

ちょっとさびれた田舎の風景を撮るのが趣味。
帰省の時もカメラを持ってたんだけど、国道沿いにいい風景があった。
田んぼに枯れたススキ、古い納屋の壁にツタとカラスウリ。
喜んで撮ってたら、近所のお爺さんに声をかけられた。妙に雰囲気のある爺さん。

私有地侵入で通報されても困るし、地元のお年寄りに話しかけられるこういうケースは珍しくないし、良い撮影スポットを教えてもらえたりするので、話をすることにしている。

何撮っとったんや、どこから来たんや、等の会話ののち、
ウチそこなんやけどな、季節外れの珍しい花が咲いてるねん撮っていけ、と。
着いていった場所は建設業?の事務所。資材がちょこっと置いてある。
ただガンガン営業はしてないらしくよく見ると廃墟状態だった。
植木鉢の花をほめつつ撮影。確かに珍しい花だった。
御礼を言って帰ろうとすると、爺さんが「うちな、おもろい生き物飼っとんねん、見てけ、な、見てけ」。
建設事務所の敷地内のプレハブに連れて行かれた。
この時点で、爬虫類か何かを娯楽で飼ってるんだと思ってた。
田舎ってデカい生き物普通に飼うからね、実家の近くには納屋で豹みたいな猫?を飼ってた家もあるし、案外田舎には珍しくないのね。
「おもろいぞー、びっくりすんぞー」とドヤ顔のお爺さんに「あはは、珍しい動物だったら撮らせてくださいねえ」。
お爺さんがプレハブを開けた。

続きを読む

85: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/29(水) 22:08:11 ID:29oQP9d7
 うちの田舎の武勇伝。 
私が大学進学で一人暮らししてた時期、実家に名簿業者?から電話があった。 
当時、うちはナンバーディスプレイしてなくて、姉が電話に出た。以下、母から聞いた話。 

業者「あ、私姓さんのお宅ですかあ。私、私子さんのクラスメイトだったA子といいますけど、同窓会の連絡したいので、私さんの連絡先を知りたいんですが」この時点で、姉、ハンズフリーにする。 
姉「いつのクラスメイト?」 
業者「中学から一緒ですぅ。高校も一緒でぇ」 

姉「中学から一緒?妹は小学校も同じクラスメイトしかいませんけど?」 
業者「あ、お姉さんはご存知ないかもですが、私、私子さんと仲良くて、お家に泊まらせていただいたこともあってぇ」 
姉「あなたの親御さんのお名前は?」 
業者「お姉さんにはわからないと思うんですけどー」 
姉「ならおじいさんかおばあさんでもいいですよ。そしたらどこの子かわかるから」 
業者「えっと……」 

姉「田舎のネットワーク舐めてる?一学年50人しかいない上、小中学校の9年一緒、内半分は保育園か幼稚園が同じだから 
12年一緒なの。あなたの母方の祖父母の名前からでも、「どこそこの娘さん」って即座にわかるの。 
当然、この電話の情報も即回します。ついでに、うちの妹、「私」さんって名前じゃないから。下の名前すら間違ってる人を友達って言う人いると思ってる?下調べがヌルいよ。
こんな嘘ついて何したいのか大体わかるけど、そういうので成功できるのって頭のいい人くらいだと思いますけどね」 
業者、しゃくりあげながら電話を切る。 


その後、母によって私の同級生全員(違う高校の子も)+「私の同級生の兄弟」の在籍?している学年全てに連絡網、 
更に地域放送(田舎なのでこういうのがある)で「一人暮らしの子供さんの同級生を騙る電話がありました。 
電話番号などは絶対に教えないで下さい」と繰り返し放送された。
続きを読む

843: 名無しさん@HOME 2015/09/04(金) 20:25:09.78 0.net
娘に
「小さいころちゃんと勉強するように言ってくれなかったあんたらが憎い。 
こんな田舎に産んだあんたらが憎い。」
と言われたよ。
続きを読む

244: 名無しの心子知らず 投稿日:2012/04/05(木) 15:53:05.43 ID:EkfcXtFP
数年前の冬に爆弾低気圧がやって来て、旦那の叔父宅は一晩で1.5m近く雪が積もったとのこと 
ちょうど連休中だったのとうちは普通に積もっただけなので、旦那と叔父宅の応援に行った 
(叔父家には大トメと定年の叔父叔母しかいないので私は途中の街で買出し&料理程度のお手伝いだけどw) 

旦那は軽トラの荷台の枠をベニヤ板で高く囲い、 
その中に雪を放り投げる←→雪捨て場で排雪  
これを30~40往復ほど繰り返したらしい 

一泊二日で広い庭も駐車場も排雪を終わらせた直後、さすがに旦那も疲れたのかとっとと帰ろうと言い出した 
帰りの車の中で話を聞いたら、 
「高い所から下のトラックに雪下ろせばいいから別に疲れてなんかいない 
 それより気が付かなかったか?周囲の視線に」 

叔父家は角地にあって、道路を挟んで向かい・向かい・斜向かい三件の家が嫌でも目に入る 
そこに住んでる婆さんだか奥さんだか知らないけど、旦那が一生懸命排雪してる姿を二階からジーッと眺めてたらしい 
それも何か言ってくるでもなく、ただ見てるだけ 
それが余りにも気持ち悪くて、旦那は目を合わせないように黙々と作業していたとのこと 
私は一階でお茶したり台所で料理作ってたから全く分からなかった 

まさかとは思うけど、「お宅の家もついでに排雪しましょうか?」と旦那の方から声がかかるのを待ってたのかな 
いやいや、そんな訳の分からん人間が近くにいるわけがないと信じたい
続きを読む

このページのトップヘ