きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

生物

508 :きまぐれ鬼女 2017/05/08(月) 02:41:56 ID:ElO
野生動物の多くは人間よりすごく俊敏で力もすごく強い
虫は小さいのに自分の体重の10倍の重さの荷物を運んだりとすごく力が強い
もし人間が鳥みたいに羽ばたいて飛ぼうと思ったら普通の人間の何倍もの大量の筋肉がいる
魚は人間よりも何倍も素早く、なおかつ長時間泳ぎ続けることができる
爬虫類は何時間でも疲れることなく動き続けられる

このように野生の生き物と人間とは一見物凄い身体能力の差があるように思えるけど
実は野生動物も虫も鳥も魚も爬虫類も筋肉の構造や性.能は人間とほとんど同じだったりする

これらの身体能力の差は筋肉自体の質の差ではなくて筋肉の量や配置、それを支える骨格の構造、
筋肉の活動を支える周りの組織(血管系や呼吸器、脂肪組織など)の差によるものである
続きを読む

337 :きまぐれ鬼女 2015/01/29(木) 18:59:05 ID:eYe
生物が毒を持つのは「獲物を仕留めるための武器」か「自分達が食われないための鎧」であることが多く
いずれにせよ外的の体内に入ったら即座に効く毒成分である。
だが毒キノコの毒は強力だが遅効性.なものも多く、食べてから一週間は潜伏期間があるものもあり
あらかたキノコは食われ尽くしてから発症しかねない。
しかも毒成分自体が強力な旨味成分でもあるものも多く
まるで吐き出させようと思わせずたくさん毒を食わせて確実に杀殳すこと自体が目的かと思わせる構成が多い。
中毒してタヒんだ生物のタヒ体でキノコの菌糸を繁殖させるのかと思えばそういうキノコに限って栄養の乏しい土でしか生きれない。
いまいち何もかもチグハグなので毒キノコの解析は現在でも進まない。
薬理的にどういう作用で中毒するのかちっともわからないとか、ネズミや猿などは無害なのに人間だけが中毒するとか平気である。
続きを読む

このページのトップヘ