きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

父親

280: 名無しさん@HOME 2011/07/29(金) 00:30:29.79 0
浮気されて子供を引き取って離婚したのは、最早化石となるような昔です。
男の子二人いましたが、養育費を支払ってもらったのは三カ月だけ。
弁護士はさんでいなかったので、公的文書も無く泣き寝入りしました。
それでも子供は、頑張ってくれお金がかからないように進学してくれ
世間的には名の通る職業についてくれました。
今は二人とも独り立ちをし、私は働きながら独り暮らしです。

この前長男が久しぶりに会いに来て、嫌なものを見たと言い始めました。
老婆の車いすを押して付き添いで来た父親だった人に会ったそうです。
診察が終わり父親だった男に「●くんだよね。立派になって。また会いに
来るから時間を作ってくれ。」と言われたそうです。
どの面下げてそんな事を言えるのでしょうね。本当に腹が立ちます。

続きを読む

96: タコス ◆d98K.q1./k 2005/11/04(金) 18:42:07
相談いいですか?

離婚にはどっちも承知してるんだけど、親権で争ってるんだけど
続きを読む

222: 名無しさん@HOME 03/01/05 00:22
 
このスレを読んだ限り、まだまだ甘いなと思ったよ。 

俺の母親が不倫した時は、もっとひどいことをしたよ。 

病気で入院している親父が苦しんでいる間に、 
看護をしないで他の男に走った母親がどうしても許せなくて、 
俺は族仲間を連れて母親の不倫相手の男の自宅を襲撃した。 

夜中に乗り込んで自宅の窓ガラスを叩き割りながらペンキをぶちまけて、爆音を響かせた。

近所の通報でパトカーが来たら逃げて、翌日にまたそれを繰り返す。 
 
昼間は、不倫男の子供の小学校に押し掛けて下校途中に罵声を浴びせたり、
車道に放り投げたり、同級生に小遣いを渡して虐めさせたりした。
相手の男には絶対に手を出さないで、とにかくまわり(特に子供)に迷惑をかけまくった。

そのうちに子供がノイローゼになって母親といっしょに母方の実家に逃げ帰ったので、
役所で本籍地を割り出して、さらに追い込みをかけた。
最初はケンカ腰だった不倫男も、さすがに泣きを入れてきた。母親は泣きながら俺を罵倒した。

どちらも自分たちが直接標的にされるわけではないので、さすがに良心が痛んだようだ。
ましてや犠牲になったのは無関係な子供。

おそらくとばっちりを食らった子供はいっしょうトラウマが残るに違いない。

不倫する連中はとにかくまわりへの被害拡大を恐れるので、これが一番効果的な
解決方法だ。実行する際には特に良心は痛まなかった。
それよりも親父を裏切った母親への憎悪のほうが遙かに大きかった。

不倫で悩んでいる人は、これを参考にしてほしい。直接本人を狙うのはリスクを負う。

だから無関係な弱者、特に子供や老人を狙うと早めにケリがつく。
続きを読む

881: 名無しさん@HOME 2014/04/04(金) 11:07:03.66 0
子供の頃の修羅場。
記憶が曖昧なところもあり、矛盾もあるかも
&動物ネタなので苦手な方はスルーしてください。

犬を飼っていた。家族皆で可愛がっていた。
雑種だが賢い子で、不審な人物が近寄ると吠える。
家人以外で顔見知りのおばちゃんが来たくらいでは吠えない。
だが、近所のとある男が来ると吠える。
私は現場を見たことはないが、一度犬はその男に水をかけられたことがあったそうだ。
その男もドーベルマンみたいな犬を飼っていたのだが、虐待をしていた。
そのせいもあってか、その男を見ると犬は吠えるようになってしまった。

ある夜、家族が寝静まった頃に犬の悲鳴が聞こえた。
驚いて外の犬小屋を見に行くと、犬がケガをしている。
犬に噛まれたような傷。
今思えばその日以降、犬を家に入れるなりしてあげればよかったのに…
そうしてくれなかった親をうらんだ。
自分も子供だったが、親にもっと言えばよかった。
次の日の夜、夜中に犬の断末魔の叫び声が聞こえた。
来るなといわれ、父親だけが様子を見に行った。
ナイフで首を切られて殺されていたそうだ。
父親が犬を車で運んで山に埋葬した。
つづく

続きを読む

831: 名無しさん@HOME 2014/03/30(日) 18:38:37.23 0
現在進行形で自分の中での修羅場。
スマホの操作がなかなか面倒で、父親が過去に使ってたガラケーを普段づかい携帯に変えようかと思って実家に帰省した際に父親の部屋からガラケー拝借。
当然充電切れてたので充電しなおして携帯の電源入れてホントに何の気なくメール画面開いて操作したら、女の人の下の名前と思しき名前を親しげに呼び且つ彼女を気遣う父親の送信メールたち。
そして「別れたいのに別れられない」「今日あなたの奥さまに私たちの関係を見られてしまうという夢をみました」という受信メール。
父親が過去使用(4年前ぐらい)してたガラケー。父親は当時単身赴任中、帰ってくるの月に2回ほど。過去のことなのか今もって続いてるのかはわからない。
でも今も働いてる場所は変わってないし単身赴任が終わった今も仕事柄月に計2週間ほどしか家にいない。今のところ私しか知らない。怖くなってそのガラケーは電源を切って元の場所に戻しておいた。母に言うべきなんだろうか…。
私次第できっとこれから実家が修羅場と化すだろう…。

続きを読む

このページのトップヘ