きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

15 :きまぐれ鬼女 2017/06/13(火) 14:15:04 ID:Zd6X5S6G.net
兄嫁が義父(俺ら兄弟の父親)と絶縁して2年くらいになる。
うちは母親が俺を産んですぐにタヒんでしまったので、父親が
再婚もせずに俺達2人を育ててくれた。
子煩悩が服着て歩いてるような人だったので、母親がいなくても
ぜんぜん寂しくなくて、兄の方は母親の思い出がある分、俺より
寂しかっただろうけど、それでも家族3人で明るく暮らしていた。
そんな兄が結婚。待望の初孫が生まれて顔をくしゃくしゃにして
喜ぶ父が、孫を抱きながら兄嫁に「こんなに可愛い孫を産んでくれて
本当にありがとう」と言った。
その一言が気に入らなかったらしい。そのときはニコニコしていたが
父が帰ってから「お義父さんのために産んだんじゃない」「所詮
嫁は子供を産むだけの存在だとしか思ってない」と兄に当たりまくり
最初はなだめていた兄も忍耐の限度を超えて口げんかとなってしまい
「二度とお義父さんには会わない」と言うことで、本当に絶縁してしまった。
最初は一ヶ月もすれば頭が冷えるだろうと思ってたけど、もう2年も経つ。
昨日、姪っ子の誕生日だったので思い出した。神経わからん女だ。
続きを読む

211 :きまぐれ鬼女 2012/06/18(月) 15:04:36 P
とっくの昔に縁を切ったつもりの兄嫁から連絡がきた。
「今までの事は水に流して、前のように付き合いましょう」だって。
兄が当時独身だった私に、
半身が不自由な父の世話を見てほしい、金銭的に協力はすると言ってきたので
仕事をやめて父の面倒を見ていた。
兄夫婦はたまに訪ねては私の家事や介護の仕方にケチをつけ
金銭援助はしらばっくれだし、
事もあろうに父までも私と兄嫁を比較して罵りだしたので
私は家を出て仕事を始めた。
その後は一切音信不通で、私がバツイチ子持ちの夫と結婚し実家を訪ねた時には
父は亡くなっていた。
それ以来5年間交流もないのに急に「仲良くしましょう」だってさ。

兄の子(年子)がそろって私大進学を考えていて、教育費を援助してほしいらしい。
「他人の子(継子)に施せるくらいなら、うちの子にも愛を注いでほしい」
と言い出す始末。
「息子に出せる愛情や金銭なら際限なくあるけれど、
タカリやに恵んでやるものは鼻水一滴もありませんよ、」
と言ってガチャ切りした。
あの糞兄が選んだだけの女だわ。
続きを読む

29 :きまぐれ鬼女 2015/12/24(木) 07:37:32 ID:Np3kGNO10.net
20年前に男と蒸発した母親が臓器よこせと言ってきたので復讐した。

長いうえに恨みつらみを書き連ねています。

気分を害される方もいらっしゃると思うので不快に感じる方はスルーしてください。
文才はありません。説明不足な点や読みにくいと感じる点があったら流してください。

母親が蒸発したとき、私は小学5年生だった。以来私と兄は父が再婚するまで父子家庭で育った。
母親は蒸発する際に、置手紙一枚で私たち家族を捨てていったが有り金は持って行った。


私の兄はもう亡くなったけど2コ上で、生まれつき心臓に爆弾を抱えていて母親が持ち逃げしたお金の中にはこの兄の手術にあてるべく貯めていたものも含まれていた。
母親の親はクソ。母親が失踪した際に父や残された私たち兄妹にあらぬ罵倒を浴びせてくれたうえに、手術しなければ20まで生きられないと告知されていた兄に面と向かって「金食い虫の役立たず」と罵った外道。


母が蒸発して生活が一変した。

もともと父は高額な手術費用の捻出に日勤の正社員勤めが終わった後、夜勤でドカタをしていた。
母親も正社員で働いていたけれど、蒸発した後に残業と称して毎日帰りが遅かったのは不イ侖していたからだとわかった。

蒸発する前に、母親は会社を独立する資金と父をだまし連帯保証人にして借金をした。
不イ侖していたとは知らず、専門職に就いていた母は口癖のように「独立して軌道に乗れば父に掛け持ちなんてさせなくて済む。このままじゃ身体を壊す」的なことを繰り返していたから、不イ侖相手と暮らすための資金を調達させられるとは父も考えていなかった。


貯金ゼロで借金を背負い、兄の手術費用まで工面することになった父は身を粉にして働いた。手術費用は父が親戚中に土下座して借りてきたものの借りたお金には返済がついて回る。

家にはいつもお金がなかった。
続きを読む

600 :きまぐれ鬼女 2020/01/31(金) 10:26:59
小学校3年生当時、親友だった奴(Aとする)の親に母親が寝取られたのが修羅場
不イ侖で母を失ったとはいえ、A自身が悪くないというのは分かっているんだけど、割り切れなかった
なんでこんなこと書いたかというと、Aから結婚するから式に出席して欲しいと直接打診があった
「(現A元自分の)母が久しぶりに会いたがっている。あなたのお父さんと一緒に出席してほしい」とさ
それを聞いて腸が煮えくり返るかと思ったわ
私の父は3年前、大学出て就職した年に心不全で亡くなったんだが、その通夜に出席したにもかかわらず、私の父親が亡くなったこと忘れていやがった
こいつにとってはたった3年で忘れることができるレベルの事だったんだなと思うと、父が気の毒でならない
結婚するのは勝手だけど、亡くなった事を忘れて父親を招待する結婚式なんて出席しないし祝福なんてできないキレた
ハッとしてスマン忘れていたんだ!と本人は弁解していたんだろうけど、弁解になっていない
父と私から母親を奪って挙句、通夜に参加したにもかかわらず父のタヒを忘れていた奴が、普通に幸せになれると思うなよと言って帰った
それから許しを請おうと何度か接触されているが、許されると思っているお気楽な頭が羨ましいよ
もう結婚しようがタヒのうがどうでもいいからかかわってこないでほしい
続きを読む

193 :きまぐれ鬼女 2013/09/13(金) 14:25:02 0
流れを読まずに投下ごめんよ。
父に裏切られた話。
長くなります。

私は小さな頃からパパっ子で、小学の頃は父と2人で毎月某テーマパークへ行き、
中学からは2人で毎年スキーに行っていた。あることが発覚するまでは。
私が高校生の時、ケータイのカードを抜いて本体だけを変えるということが流行ってた。
父は電化製品ヲタでケータイもコロコロ変え、父が以前使ってたのをもらい本体をそれにした。
もちろん父は自分のデータを消去し譲り受けたが、父はメール送受信履歴があることを知らず、
それは消されていなかった。
その中のアド乚スには、「***.○○(私の名前)@***」というのがあった。
ちなみに私のアド乚スではない。
そして某岀会い系サイトのアド乚スも。
なにこれ、と思った私は最悪の事態を想像した。
父の目を盗み、今のケータイを探した。(良い子はry)
そしたらいつも見かけるのと別のケータイがでてきた。
続きを読む

483 :きまぐれ鬼女 2013/10/17(木) 10:21:10 0
レベルが足りなく書き込めない(´・ω・`)
せっかく本文書いたけど要約だけ

父が愛人作って別居、生活費は現金支給・部下Aに届けさせる
支払が滞るようになり母が父に抗議
父は毎月○○万円支払っていると驚き、Aに確認の電話
A行方不明
捜索中、Aによる横領・詐欺行為発覚→警察に届け出
後日、海に浮かぶA発見

以上
続きを読む

122 :きまぐれ鬼女 2018/02/08(木) 13:09:52 ID:Ihwx36i2.net
ノロより地雷病院に気を付けて!
本気で辛いよ!
って話じゃないのか…?(困惑)
続きを読む

969 :きまぐれ鬼女 2014/03/10(月) 17:12:37 ID:OwvxFCGA
>>965
田舎って人間関係が密だよね。人が少ないと必然そうなるのかな。


私の衝撃は、去年末に父が急病で入院して、実家に帰ったのだが、病院で母から急に
「お父さんの母親と兄弟がまだ生きてるって知ってる?」と言われたことだ。

父は両親と弟2人がいたのだが、私の祖父に当たる父の父親が物凄い㬥カ的な人で、自分の父親に
何故か父は嫌われていて、父がみんなのサンドバッグになることで家庭が保たれてたらしい。

父の左手の指がほとんど変に曲がってるのも、父の背中の大きな古傷も、両親にやられたとのことだった。
父がガリガリの小食なのも、子供の頃一人だけご飯が貰えなかったせいだったとのことだった。

よく真冬に水ぶっかけられて外に閉め出されては、飼ってた山羊を抱いて凌いだらしい。
夜通し折檻されてると、隣の家の旦那さんに「自分の子供なんだからええ加減にせえ」と怒鳴り込まれたらしい。
結局、不憫に思った隣の家の夫婦が、杀殳されるよりはと、学校や市の偉い人に掛け合って協力させて父を施設に出さ
せたらしい。
続きを読む

518 :きまぐれ鬼女 2014/01/30(木) 18:05:48 0
おれの家、自営業なんだけど新卒時に同業他社に
修行に出された
うち違った大企業だったんだけどその会社に美人な上司がいた
30代ぐらいだったけど20代に見えるぐらい
しかもやさしく、俺に仕事の仕方を教えてくれた
というか俺にだけは結構付きっ切りで教えてくれる事もあり
もしや気に入られてるんじゃwww
などと思っていた

ある日二人だけで飲みたいと言われて洒落たバーに呼び出された
仕事の話を少ししていると突然ジーっと顔を見られた
何言われるんだろうとドキドキしていると
上司「じっくり見るとお父さんにそっくりね」
俺「え?父を知っているんですか?」
上司「私が俺君と同じ新入社員のとき別の会社で上司
だったの。色々お世話になったからそのことをお父さん
に言ってね」
続きを読む

このページのトップヘ