注目の人気記事

毒親

25: 本当にあった怖い名無し7/1 2012/10/27(土) 23:16:16.17 ID:OqYch63/0
毒家族に行った復讐。 
小さい頃から搾取用兼サンドバックとして育てられてきた。 
三人兄弟の一番上だが、下の妹弟は私の事は生物と思わない様に、と常日頃両親に言われていた。 
父方の親族会議を機会に復讐開始。 
会議もつつがなく終了し、場は宴会へと移行。 
続きを読む

655: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/11/22(火) 18:57:06.94
スレチだったらすまん

嫁が子供欲しくないという
嫁24歳俺30歳結婚2年目

結婚してすぐ俺転勤とかでバタバタしてて今年遅れて式を挙げて
落ち着いたので、子供そろそろかなぁとなんとなく思って
「子供作ろう」とハッキリは言ってないけど
「子供産まれたらビデオカメラ買わなきゃねぇ」とかよく言ってた

そしたらある日嫁が思い詰めたように「ごめん子供欲しくない」と…

理由を聞いたら
・例えば一生つきっきり介護になるような障害児が産まれたら自分に世話は出来ない
・出産で死ぬ女性は一定数居る、自分が死ぬかもってリスク負ってまで欲しいと思えない
・自分には一生かけてやりたい事が山ほどある。(嫁はイラストレーターで、個展とかもやる)
健常児であれば続けられるかもしれないが上記のような場合続けられない。

そして一番の理由は
・親が毒親で、殴られたりお前なんか居なければよかったと言われながら育った。
親が子を愛せるのは当たり前ではない。自分も子に同じ事をするかもしれない。
愛せる自信が無い。

って言われた…

長くなったんで続きます↓
続きを読む

97: 名無しさん@おーぷん 2015/07/22(水)17:52:37 ID:D7m
実の母親がフェミ思想の行き過ぎで、キチの領域に突入してる人だった。
自分の中だけで実践していればいいのに、娘である私に押し付けていた。
女児向けアニメや絵本は視聴禁止、女児向けおもちゃは購入禁止。
男児向けなら良いかと言うとそういう訳でも無く、
とにかく母の目に「性差別がある」と映ったものは何でも禁止だった。
服は地味な色合いのユニセックスな物ばかり。スカートを買ってもらったことは一度もない。
髪型もショートからボブを強要。肩から下に伸ばすことは認められなかった。

私は、女の子らしいものが欲しくて仕方なかった。
周りの子みたいに、着せ替え人形やキラキラしたコンパクトで遊びたかった。
ヒラヒラしたスカートやピンクの服を着て、伸ばした髪にアクセサリーを飾りたかった。
幼稚園も小学校も私服通学だったから、否が応にも周りとの差は目についた。

中学受験をして、合格した学校は制服がある学校だった。
初めてスカートが履ける、気恥ずかしいような嬉しいようなくすぐったい気分で、制服が出来上がるのを待っていた。
届いた制服は、スカートでなくキュロットだった。
愕然とする私の前で、母は
「この学校はちゃんとしている。女子の制服をスカートに限定せず、こういう物も用意してある」
と満足気にしていた。
エスカレーター式の学校だったので、そのまま高校に進学。
高校の制服もキュロット。学校で私一人だけ。

大学生になって、バイトを始めた。
始めて貰ったバイト代で、スカートを買った。
今でも覚えている。小花柄で、ドレープを効かせた、膝上丈のスカート。
買って一か月もしないうちに、母に破り捨てられた。
「なんて浮付いた、非生産的な服」
「こんなものを履く女がいるから、いつまで経っても女は弱いままにされている」
「こんな馬鹿らしいものを買うためにバイトを許可したわけじゃない」
得意気に、憎々し気に喋る母に掴みかかった。そして、母を殴った。
「返して」と叫びながら、何度も、何度も。

その後、母は私に何かを強要することは無くなった。
スカートを履き、レースやフリルを身にまとい、メイクをし、髪を伸ばす私に
何か言いたそうな素振りを見せることはあったけど、
私が身じろぎをすると、慌てて口をつぐんだ。また殴られると思ったんだろう。
そのまま、ほとんど母と会話することなく就職し卒業した。
卒業と同時に家を出て、一度も帰っていないし母の声も聞いていない。
続きを読む

907: 本当にあった怖い名無し 2012/02/04(土) 19:06:38 ID:pLa/D9i+0
復讐というにはぬるい話な上、長文でゴメン。 

A家はうちから歩いて1分かからない距離にあった。 
うちの家族構成は父・母・姉・俺。 
父が亭主関白の暴力オヤジで、子供のころから親父絶対王制な家庭だった。 
稼ぎは母の方が良かったのにとにかく親父が威張っていて俺たちは絶対服従だった。 

A家母は、うちの親父と知人&母の上司。 
A父は女房にまったく逆らえないヘタレ。 
そしてA母はモンペ気質で、Aはワガママほーだい甘やかされたガキ。 
A母とうちの親父の繋がりにより、うちはまるでA家の占有領土状態になっていた。 
Aが俺と同い年なのも運が悪かった。 
俺は生後すぐAの遊び相手として認定され、物心ついたときからAのしりぬぐいをさせられてきた。
続きを読む

359: 名無しさん@おーぷん 2016/08/28(日)17:57:53 ID:6tT
お知恵を拝借、馬鹿馬鹿しすぎてとてもリアルでは相談できない・・・

きっかけはタカハタ某の息子。
俺はふだんTVを見なくて週末に
ワイドショー総まとめみたいなのを見て時事ネタを知る。

タカハタ母の会見を見て息子がやらかしたと知ったが、
その息子を1度も見たことがなかった。TV見ないから。

だから居間にある夫婦共同PCで、ネットして、息子の過去の動画を見た。
名前で検索したら「被害者女性の顔流出キターー」的な
スレタイの記事があって何気なしに開いた。
そしたら風呂上がりの嫁に見られて
「なんでそんな記事見るの?気持ち悪い」とキレられた。
俺はタカハタ息子の存在すら知らなかったくらいで他意はないし、
ただの好奇心でやましい気持ちがあったわけではない
第一やましい思いがあったら共有PCでなんか見ないじゃん?
しかし嫁は「気持ち悪い」連呼
結局修復できないまま寝た。

翌日は俺親父の見舞いのため俺実家に夫婦で行くのが前から決まってた。
親父を見舞って、そうめん食った。TVは「アッコにおまかせ」をやってた。
またタカハタ母の謝罪会見だ。

母「40にもなって大ごとにしてバカな女だ。
生娘みたいに大騒ぎして何様のつもりなんだか」
俺は昨日の今日だったし、やぶへびだと思い「やめろよ」と母を止めた。
しかし止められたので母は余計ヒートアップ(母はこういう所がある)
また止めるとさらにヒートアップするのが目に見えていたので
以降は放置して言わせておいた。

帰りの車中で嫁は
「40の女が、と言うたび義母さんが私をチラチラ見て本当に不快だった」
とヒス泣き。
嫁と俺は40代。嫁と俺母は仲が良くない。

なんとも言い様がなかったから
「そうか?俺は気づかなかったけどな」
と言ったら嫁は黙り込んで口きかなくなった。
帰宅して4時間。いまだ嫁は沈黙。
俺はどうやって挽回+仲直りすればよい?

続きを読む

256: 名無しさん@HOME 2012/02/01(水) 10:00:24.14 0
自分の母親

・あなたはB高校(県内でランク2位の公立校)に行きなさい! 
・A高校(県内トップクラスの公立校)はダメよ!女に学がありすぎると男に嫌われるの!
・CやD(私立女子高複数)は絶対にダメよ!女子高に行ったら男に免疫つかなくて変な男にひっかかるの! 
・お隣の(優しいお姉ちゃん)さんはC高校だからアホの子!仲良くしちゃダメよ!
・大学は教育学部に行って、教師になりなさい!老後は安泰よ!
・できれば医学部の知り合いを作って、医者と結婚してくれたら嬉しいワ
・でも地元の大学以外許さないわよ!親元から離れるのは絶対にダメ!!
・あ、母子家庭でお金ないから、大学の授業料は自分のバイト代で払ってね!

小学校まではいい母親だと思ってたんだ。

中学あたりで「あれ?なんか母ちゃんおかしくね?」と思いだし、
高校で完全に「私はコイツのアクセサリーかよ」と見切った。
それでも高卒で家を飛び出すお金も度胸もなかったんで、
大学時代にバイト&授業料免除でこつこつ貯金して他県の会社に就職決めて
やっと母親と物理的に離れられたよ。

地元の会社にコネ就職させようとしてた母親は半狂乱だったし、
なんか私名義で親に勝手に借金作られてて「今時いるのかよ!」ってぐらいの
典型的な893さんが家に来たりして、大学生活後半は毎晩のように修羅場だった。

でもそこで強引に離れたことで母親も目が覚めた(?)らしく、
娘に頼らず老後を生き抜こうとせっせと働いて貯金しだした。
十数年経った今、孫は溺愛してるけど学歴や将来像に口出ししないし、
借金がらみもやっときれいになった(私もかなり仕送りしたけど)。

あのまま親の毒に気付かずに親の望む通りに生きていたらと思うとぞっとするよ…
続きを読む

315: 名無しさん@おーぷん 2015/12/14(月)13:27:41 ID:???
先月弟の葬式があり、先日早めではありますが49日法要を行いました。
その席で両親が、、「〇〇(弟)は、天使だった。だから神様のもとに召された。」
まんまではありませんが、こんなようなことを式辞(?)で話しました。
私の弟はダウン症で、両親はともに教師をしており共稼ぎだったため、物心がついたころから、
弟の世話はほとんど私がやっていました。
幼稚園に連れて行く、学校に連れて行く、食事をさせる、お風呂に入れる、等々
はっきり言ってほとんど私がお世話係で、今思い出しても学校の中でも、放課後でも友達と遊んだこともありません。

それを思い出すと、思わず式辞を聞いて鼻で笑ってしまいましたら、
目ざとく母がそれを見て、みんなで食事をとろうとした時に私の隣に来て
「あんた、〇〇がタヒんで、喜んでるんじゃないでしょうね。なんてひどい子なの。」
といったようなことを言われ少しお酒が入っていたので、
「何言ってんの?あんたたち面倒の一つも見たことないくせに偉そうに言ってんじゃないよ。
大体幼稚園の頃から〇〇の面倒人に見させておいてさ。
はっきり言うけど、私が悲しむと思ってんの?ずっと早くいなくなれと思ってたよ。」
って言ってしまい、両親から殴るけるの暴行を受け、現在父方伯母の家に家出中。
この伯母はずっと私を助けてくれて、両親にも共稼ぎを辞めて弟の面倒は私じゃなく親が見なさい。
とさとしてくれてたんだけど、将来弟が困るから金を稼ぐといってずっと私に投げっぱなしだった。
伯母はもうこのまま逃げなさいと言っているので、取れるもんきっちりとって逃げることにした。
今朝、病院に行って診断書取ってきて、警察に被害届出してきた。
最初から弁護士についてきてもらったからか、すんなり受け取ってもらえた。
金をたっぷりとるまでは、絶対に取り下げない。
今までの労働力の対価もきっちりもらう。
絶対あいつら許さない。
続きを読む

378: 名無しさん@HOME 2010/08/19(木) 11:53:57 P
旦那の両親はまるで人身売買業者のようでした。 
うちの息子と一緒になったんだから恩返ししろと、 
再三にわたり金品を要求してきた。こちらは何一つしてもらったことはありません。 
うるさいからある程度は払ってきたけど 
それでも年金と家賃収入では足りないからもっとよこせって。 
舅は博打が趣味でした。 

旦那は給料なんてたくさんはとってこれなくて、 
夫婦共働きでなんとかやってきたけどこれでは潰れてしまう。 
考えてみたら、要求だけし続ける舅姑には何の強みもない。 
夫に相談してみました、どうする?これじゃこちらが駄目になるって。 

結果、音信たってジジババ捨てた。すっきり。 
続きを読む

684: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)13:53:45 ID:8Bv
吐くまでナグられても耐えた
「お前なんか生まなきゃよかった」「くたばれ」と言われても耐えた
謙遜のつもりか分からないけど三者面談で先生が私を褒めて下されば遮って唾が飛ぶほど私の悪口を言われても耐えた

私が友達との待ち合わせに向かおうとしたら玄関の前で遮って邪魔して行かせてくれなかったことも耐えた
私の80点のテストは溜息吐いて破り捨てるのに弟の70点のテストは頭を撫でて褒めることも耐えた
私の買ってきた服のセンスを晩御飯の間中ネチネチと馬鹿にされることも耐えた
専業主婦の癖に私に家事を押し付けてきて弟には何もさせないことも耐えた
私の携帯や私物はあれこれ理由付けて没収する癖に私より成績悪い弟には何もしないのも耐えた

大学受験に向けて勉強しようと思った頃に
「おばあちゃんの介護があるから進学は我慢してほしい」
「介護が終わって、結婚して、子育てが終わって、それから通いたければ学校に通えばいい」
と言われたのは流石に我慢できなかった
なんで私だけが辛い思いしなきゃいけないか納得できなかった

家にある母の私物、母の服、全部ハサミとトンカチで壊してやった
母は半狂乱になって「保健所に入れてやる!保健所に入れてやる!」と叫んで叔父さんと祖父母を電話で家に呼んだ
咎められたのは母だった。ナグり飛ばされて床に叩き付けられて震える母を見た時、お腹の底から笑いが止まらなくて高笑いしてしまった
叔父さんはこんな私を気味悪がらずに話しかけて下さった
今まで気付いてやれなくてすまなかった、って仰られて、こんな私のために学費を負担して下さると仰った
それから受験までは祖父母の家で過ごす時間の方が長かった

最初は心療内科に通いながら通学してたけど、大学で過ごす時間が楽しくて体も心も元気になっていった
都内でなんとか職にあり付けて生活してる今、もう母に会う理由はない
叔父に学費を返したいけど断られている

我慢してやる必要なんてなかったんだなーと過去を振り返ってつくづく思う
続きを読む

490: 名無しさん@おーぷん 2016/06/22(水)02:30:18 ID:aeN
10年近く疎遠だった母と再会した際に

「早く結婚しろ。不幸になれ」
って言われて叩かれたこと

母の言葉の意味を飲み込めなくて
ポカンとしている間に弟が母を引き剥がしてくれた
事態を飲み込んだ後は寒気と涙が止まらなくなって、
父の車に乗せられて家に帰るまでずっと泣いた

母の仕打ちの詳細は割愛するけど
昔から母と私は不仲だった
私を心配してくれた父の勧めで
都内の大学に進学して私は一人暮らしを始めた
入学式用のスーツを買う時も
付き添ってくれたのは父だった。
お盆には父が都内まで会いに来てくれた

田舎にはあまりいい思い出がなかったので
しに物狂いで就活して、
辛うじて都内で正社員になれた
家を借りるための保証人、
本籍地付きの住民票の用意など、
親に頼る必要があることは全て父がやってくれた
そういった訳で大学生になって以降は
ずっと実家には帰っていなかった

母の日で盛り上がる世間を見て、
いい思い出もないのに
なんだか実家と故郷が恋しくなってしまった
今から思えば本当に馬鹿なことをしたと思うけど、
母の日に実家に帰省してしまった
久し振りに会った母は相変わらずだった。

顔を合わせた途端に容姿を馬鹿にしてくるし、
弟と私への声のトーンは全く違うし、
服のセンスやカバンの値段を笑ってくるし
それでも私は頑張って朗らかに振る舞おうとした
仕事や都内での生活の楽しさを母に語り聞かせて、
そして叩かれた

確かに私も無神経だったと思うよ
本当は結婚したくなかった、
子供なんか産むんじゃなかった、
今の女は責務を果たしていない、
って母が繰り返し私に語ってたことを
すっかり忘れていたから
でもさ、実の娘に「早く不幸になれ」はないと思うんだ

もう実家に帰る気はない
続きを読む

このページのトップヘ