注目の人気記事

724: 名無しさん@HOME 2012/08/26(日) 19:28:37
ゴメン、質問だけどさ、身内から修羅場に合った人って、その身内を 
タヒぬほど嫌いになれる?それが父母でも?
続きを読む

466: 名無しの心子知らず 2013/04/14(日) 00:18:35.98 ID:bfr1mgQG
うちの母の亡くなった時の話。 
コトメが亡くなったそばから母のクロゼットやら
何やら開けだし、 
「あ、これは私が貰ってあげる」
「こんなの、オクでも売れないよね~」と
漁りだし一同ポカーン。
甥と姪も私が母にプレゼントした品を手に取り、
「これ俺の~」「あたしこれ!」と騒ぐ騒ぐ。
うちの娘(小4)が「それはママがおばあちゃんに
この間のお誕生日にあげたんだよ、勝手にやめてよ!」
と泣き出すと、
「なんだよ、お前のばあちゃんはタヒんだんだから
誰が貰ったっていいじゃん」と甥。
「娘ちゃんだけおばあちゃんと海外旅行行ったりして
ずるいことしたんだから、いいでしょ!」とコトメ。
ちなみにこの甥や姪は当然ながら母にとって孫ではない。
続きを読む

417: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/05/05(月) 00:34:09
あああああああああああ、もうこの連休は嫁のせいで散々だ! 
俺だけじゃない、母さんにもつらい思いをさせてしまった・・・ 
結果が 
母さん⇒発作を起こして夜間診療→嫁の圧力で妹宅へ避難・宿泊決定 
俺⇒嫁に締め出しくらって今妹の家。多分このまま泊まり。 
嫁のやつどこまで我侭を押し通すつもりなんだ! 
おまえが今いるその部屋は俺の名義で俺のローンなんだぞ! 
住まわせて貰ってるって感覚がないんだな、甘やかしすぎてしまったか。 
明日の昼間に嫁実家に電話して、嫁がやらかした事全部話して迎えに来させる予定。


続きを読む

60: 名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 投稿日:2015/07/16(木) 21:44:06.41 ID:PFn+cvFR.ne

愚痴なんだけど… 

子どものクラスに、同じ保育園から一緒の子がいる。
その子はばりばりADHDの特性があり、保育園が一緒だったから知っているけど 
ママは「ADHD傾向があるとは思う。だけど病院に行く必要はない、個性だから。」って言ってスルー。 
他害や立ち歩きもひどいんだけど、「いろんな子が世の中にいるって勉強になるでしょ?」ってスルー。 
うちの子は他害があるときに毎回止めに入って殴られて帰ってくる。 
先生にも言わない。 
先生に言え、自分で止めようと思ったらダメだよ、逃げなって言っても 
「ほかの子が殴られるのがかわいそうだから俺が止めないと。」って言って顔真っ赤にして帰ってくる。 
子どもには何十回も、頼むから離れてくれって言っているけど、「あいつを止められるのは俺しかいないから。」って 
保育園から一緒だからたぶん情もあるんだと思うけど、必死に止めてるみたい。 
担任は息子がそう言う態度なのをいいことにずっと席を隣にして、息子を世話係にしてる。 
わたしが抗議するって言っても、息子が「ほかの子が困るからさ、俺は集中しているから平気だよ。」 
って言う。 
実際、本当に集中してるんだろうなって成績ではあるけど、わたしの心が持たない。 
息子も心配。 
続きを読む

197: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/19(日) 22:25:15 ID:uFEarkv2
流れぶっちぎって投下

5年ほど前シーズーを2匹飼っていた。
面倒はちゃんとみていたが、受験の年にあまり面倒を見て上げれなかった。
当時私の家族は両親、兄は帰宅10時以降、
私は受験生(中3)で帰宅時間は12時越えてた。
そのため夜の散歩は庭になり、朝は行ったり行かなかったりと犬にはちょっと可哀想な生活をさせてしまった。
(基本的私が飼いたいと言い出したので、面倒は私が見ていた。)
受験目前1ヶ月前、祖母の知り合いがうちに来てお茶会をしていた時、犬の話になり母が
「うち皆忙しくてあまり遊んであげれないのよ、ちょっと可哀想よね~」と言ったらしい。
そしたらお茶会に来てた一人のおばちゃんが「私がもらってあげる!!」と...
続きを読む

277: 名無しさん@HOME 2014/06/22(日) 14:04:55.64 0
ペットを弟と母に殺されたことが最大のトラウマ。

俺には4つ下の弟がいるんだが、俺は俗に言うサンドバッグ子。弟は愛玩子。
母は弟を溺愛し、俺と弟が喧嘩すると理由も聞かずに俺を部屋着のまま氷点下の屋外に叩き出したり、
食事を抜くなどの贔屓をしまくっていた。父親は母を溺愛しているので、これらの行為をほぼ黙認。

俺は、高校の頃にはそんな家族にうんざりして、部活から帰った後は飯の時以外、部屋にこもる生活になっていた。
俺の部屋の本棚には歴史の本が並び、その一角に水槽を置いて、屋台で掬ってきた金魚を飼っていた。
金魚を眺めながら塩野七海や陳舜臣の本を読むのが好きだった。

高2?の頃、食事の時間に弟と口喧嘩になった。俺は弟を言い負かしたが、弟は泣きながらリビングを出て二階に走って行った。
俺の部屋には無力な金魚がいる。嫌な予感がして、俺は後を追おうとした。
母親はリビングの出口にいたし、弟の意図を間違いなく察知してたいが、弟を止めなかった。
そして、奴は、、、弟を追う俺を、阻止してきた。ドアの前に立ちはだかって。

母親を押しのけて必タヒで追いかけたが、遅かった。俺が自分の部屋で見たのは
俺の本でたたき割られた水槽と、床の上で飛び跳ねていた金魚。
ショックで貧血を起こして倒れそうになった。
俺は泣きながら金魚をすくい上げ、水槽の残骸(下半分には水が残ってた)に戻したが、
その金魚は助からなかった。母親は弟の行為を全く咎めず、
「弟を大事にできない人間に生き物を飼う資格なんかない」とか超理論で俺を罵倒して、
また飯抜きの刑に処された。

水槽の中という閉じた空間でしか生きられない金魚が、その空間を破壊された瞬間を想像すると、
自分が手錠をかけられて水の中に放り込まれたような恐怖を感じる。もう10年以上たつけど、今でもたまに夢に出る。
数日前にもまた、その時の夢を見た。横で寝てた彼女が言うには、うなされて、辛そうな声で泣いてたって。

就職してから実家にはほとんど帰っていないが、母は自分がしたことを棚に上げて、早く孫の顔が見たいとかほざきよる。
昨日、決心をきめてはっきりと言ってやった。
「俺がこれから結婚して家族を持ったら、アンタには妻子に指一本触れさせない。アンタは親になるべきではなかった」って。

続きを読む

このページのトップヘ