きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

1: 1 ◆SemWiFNIUE 2005/11/11(金) 05:41:30
従姉に恋をした。

信じられないほど心が痛い。
彼女に会ってから今日まで、一年一年、一日一日、その痛みは蓄積されていき、今は極限だと思う。
それはもう彼女との未来など有り得ないのだと実感してしまったからだ。
二ヶ月前のあの日に。

5年前、母が再婚した。
嫁いで間もない冬のはじめ、嫁ぎ先のお姑さんが亡くなった。
その葬式の最中、彼女と初めて出会った。
彼女は母の再婚相手の姪っ子。
歳は俺よりも2つ上。
しかし小さな風貌のせいか幼く見え、またバタバタした葬式の最中でもあったため、俺は紹介を受けていたにも関わらず彼女の年齢など頭になく、高校生だと思い込んでいた。
だから別段、彼女に意識を払っていたわけでもなく、ましてや当時の俺には結婚を約束していた彼女もいたため、そのファースト・コンタクトはなんてことなく終わった。
続きを読む

3: 匿名: 2014-04-04 01:51:33
事情があって三ヶ月前から親と同居してる。
そうしたら、妻の愚痴が増えた。
母と話す機会も増えたけど、母もなんだか愚痴っぽい。

帰宅して、妻の愚痴きいて、母の愚痴聞いて、ご飯食べて
妻の愚痴聞いて、風呂入って、呼ばれて母の愚痴聞いて
また呼ばれて妻の愚痴聞いてるうちに一日が終わる。

仕事で疲れてるのに、家で全く休めてない。

続きを読む

252:名無しさん@HOME2012/10/14(日) 22:00:49.08
取り違え修羅場に便乗
病院で母が私を産んだ同じ日、同じ時間にもう一人女の子が産まれた。

翌日母乳をあげる為、母がヨタヨタしながら新生児室に行くと看護士さんがオロオロ
聞くと私ともう一人の女の子、どっちが母の子なのか似過ぎてて判別出来ないと半泣き
母は「私はスルンと産んだ。だからこの子だ!」
と内心思いつつ
「あ、こっちが家の子です~」と頭がまん丸な私を連れて行ったそうな。

もう一人の子は頭が少し瓢箪の様になっていたらしい
母「だからあんたは、ひょっとしたら私の子じゃないかも知れなかったのよ~」
姉、強張った顔の私に慌てて
「お母さんにこれだけ似てて、そんな訳無いよアハハ」
と言ってくれたけど、ピー年間育ててもらって有り難いと思ってるけど、吃驚したよ母さんorz
続きを読む

1:名無しさん@おーぷん2014/07/29(火)23:38:24 ID:kNh0mpNg5
「父さんの再婚相手な、大学生なんだよ」

父の口からそれを聞いたとき、思わず鼻で笑ってしまった。
つまらない冗談だと思った。
それが本当のことだと、私が知ったのは今から半年前だ。

夏には眠れない夜が、ふと訪れたりする。
そして、そんな日は怖い話を聞いたり話したくなったりする。
 
今日がまさにそんな日だ。

怖い話が聞きたいって人は、よかったら私の話につきあってほしい。
続きを読む

803:名無しさん@おーぷん2016/02/18(木)13:41:39 ID:hA1
うちは母がシタで子供ごと父に捨てられたっていう笑える母子家庭だったんだよね
母は運良く稼げる資格持ってたんで金銭的にはそんなに苦労しなかったけど
祖父母には縁を切られてるんで親戚づきあいがなくて、従姉妹のいる友達が羨ましかったよ
ずーーっと、軽蔑してたよ、母のことは


とにかく母から早く自立したくて寮のある学校に入学して家を出て
そのときから2回しか実家に帰ってない

お見合いだけど、尊敬できる旦那と出会って一人娘を授かって
そりゃあもう大事に育てたよ

その娘がさ、まさか不倫するとは思ってなかったよねwwww
娘が中学生になったとき、わたしが母と絶縁してる理由もきちんと聞かせたのにね
相手の奥様に凸されたときは寝耳に水で、ある意味笑っちゃいそうになったよ
なぁんだろうな~ってなんか虚しくなって涙が止まらなかったよ


しかもわたしが味方してくれると信じこんでるんだよ娘はw
大事にはしたけど、甘やかしては来なかったのに馬鹿じゃないのって思った
ビンタして二度と来るなって怒鳴ったけどわたしの人生ってなんなんだろうなあほんと
母も娘も捨てなきゃいけない人生ってなんなんだろう
婦人科通いしてでももう一人生んどけばよかったなんてゲスな考えが浮かんでくるよ

親も子供も大切にできる人が羨ましいよ
わたしにはもう夫しかいない
続きを読む

98おさかなくわえた名無しさん 2016/07/12(火) 00:17:11.79 ID:3xtr9xAL
ここ数年ずっと引きずってるけど

自分、中小のSE 。年収は500万
弟、名前だけは大きい会社の平社員、安月給。仕事ができるかはしらん。
従兄達、大企業のお偉いさんが多い。

こないだ、法事で全員と顔を合わせたんだが、従兄が俺と話をしようと酒持ってきてくれたんだが、弟に物陰に引っ張り込まれた。
「お前が○○さん(従兄)と話すなんて1000年早いんだよ。会社の格が違うんだよ、俺が話すから引っ込んどいてくんない?」
目の前が真っ暗になるくらいショックだった。

しゃーないから自分は他の従弟と話してたんだが、弟と違っていい子すぎてなんで自分の弟はこんなに傲慢なクズになってしまったのか。
未だに涙が出そうになる。

続く
続きを読む

444: 名無しさん@HOME 2013/03/09(土) 22:40:19.51 0
ウン年前の話。

母が急タヒした。
前日、父の愚痴を電話で聞いていて
それをなだめていた矢先だった。

当日も、
「お父さんが話も聞いてくれない」
「今日も夕食を作ったのに、外で食べてた」
私は父の浮気の事も知っていたので
「お母さんだけなら、うちにおいでよ」
(私は長女で、旦那の社宅に住んでた)

その電話を切った20分後に
電車に飛び込んだ。

父から連絡があった時に
「あんたのせいだ」と言ったらしいけど
そのあたり、記憶が無い。

旦那と3歳の息子とで実家に帰り
通夜・お葬式、と
これらも記憶が無い。
続きを読む

431:名無しさん@おーぷん2016/07/01(金)21:31:23ID:zp1
吐き出し&浄化の意味で投下します。ものすごい長文失礼。
実母が毒親だと理解した瞬間が修羅場だった。

私の母は昔から何かにつけて私と姉弟を比べては「私子が悪い」と言ってくる人だった。
姉弟とケンカした時に悪者になるのはいつも私だった。

姉とケンカした時は「妹なのに我侭すぎる私子が悪い」、弟とケンカした時は「姉ちゃんなのに我慢できない私子が悪い」っていつも言われてた。
明らかに非が向こうにある時にだっていつも「悪いのは私子」と言われ続けてきた。

姉や弟が悪いって言ったこともあったかもしれないけれど覚えてない。
一番はっきりと覚えてるのが、小4の頃、弟が私のお年玉を盗んだ時。
どう考えても盗んだ弟が悪いのに「盗られるような所に置いてた弟が悪い」ときつく責め立てられ、弟は「こらっ、めっ!」程度の生ぬるい説教しかされず。
納得のいかなかった私は次の日、弟の財布からお金を盗んだ。

喚く弟に、さっき盗んだばかりの500円を見せて「私が盗ったんだよ。返してほしければ私のお年玉盗ったこと謝って」と言った。そしたら案の定母にチクる。
弟も私のように「盗られる所に置いてた~」と言われればいい、なんて思ってたけど(実際財布があったのは玄関先の椅子の上)、
母は私をぶん殴り「弟のお金を盗むなんて最低! 私子は犯罪者だ!」と激しく罵られ号泣。それでも母の罵詈雑言は止まなかった。

父や祖母が駆けつけてきたけど、母から私が弟のお金を盗んだことを聞いて母と一緒に私を責め立ててきた。
更には、その場にいなかった姉にも晩ご飯の時に同じように吹き込んで、私はその日から3日くらい家族に泥棒呼ばわりされることとなった。同時にそれくらいの頃から、母はあまり私の事を気にかけなくなった。

母に褒めてもらいたくて一生懸命頑張ったつもりだけど、母は末っ子である弟を可愛がるばかりで私の事なんてほぼ無視。
相談にすらもまともに乗ってくれなかった。大体馬鹿にされるだけ。思う存分甘やかされる弟、褒めてもらえる姉が羨ましかった。

そのせいで私は未だに相談事を口に出すことが出来ず、一人でなんでも決めた挙句事後報告、という悪い癖がついてしまって、高卒で就職し上京した時にやらかして先輩や店長から激しく罵られることに。
その時、上記のお年玉事件の事を思い出して鬱寸前になり、辞めて実家に戻ってきた。

数か月で辞めたということでどこを受けても採用してもらえず一年間のニート生活。最高に惨めだった。
そんな時、母が声をかけてきた。母が立ち上げた職場に空きが出たから働かないか? って。
はじめて母に必要とされた気がして嬉しくて、そこにパートとして就職したんだけど……ぶっちゃけ上京した頃よりも酷かった。

母と一緒に事業を立ち上げた共同管理者はまさに男になった母。癇癪持ちで八つ当たり癖があり、自分の意に反することがあれば言葉で人に当たり、物や壁を殴って蹴って破損。
少しでも失敗すると客商売なのに、客の前で平然と怒鳴り散らす有様。

管理者が癇癪を起こすと、他の従業員さんたちには母がフォローを入れに行くんだけど、私にはゴミを見るような目で見下した挙句「貴方みたいな人間はいりません。」「今すぐお辞めになられたほうがよろしいんじゃないんですか?」と言ってくる始末。

その言葉に私が腹を立てて反論しようものならば「私はここの事業主ですよ! 公私混同しないでください!」と返してくるんだけど、その割には何かしてほしい時には仕事中であっても猫撫で声で「私子ちゃぁ~ん、○○してぇ~」と言ってくる。
納得がいかないながらも母の役に立てているという事実が嬉しくて続けてきた。
続きを読む

852: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)17:41:33 ID:hFi
母親がニート姉と一緒にマンション暮らししてるのだが
自分がタヒんだらマンションの名義を私に変更して
固定資産税諸々を払えとか言ってきた
そうしないと姉が生活保護受けられないから、だそうだ

なんで住んでもいない場所の税金なんぞ払わなきゃいかんのだ
続きを読む

845:おさかなくわえた名無しさん04/01/21 20:58 ID:oLGHbeeq
長いので、2回に分けます。
父から聞いた母の話。

母が2人目を妊娠中に、父が学生だった頃の元彼女(以下A)が失踪した。
「好きな人に振られた、私はもうタヒぬ」と遺書を残して消えたらしい。

しかし数日後、Aから電話が掛かってきて「○○(父の名前)、迎えにきて…」
と弱々しい声で、数日前から宿泊している土地の場所を言ってきた。
当然行くわけがなく、会いたいならウチまで来い、と答えたら本当に来た。

母はつわりが酷いので2階に上がらせてから、父は近所に住むAとの共通の友人B(男)を呼んで、
2人で皆が心配しているから、早く家に帰れと促すと、Aが泣き出してしまった。
しかも「私はあなたとやり直したい…」と父に縋ってくる始末。しかし、当然断る父にAが逆上。
「タヒんでやるー!」と泣き叫ぶわ、持っていた睡眠薬を飲もうとするわで大騒ぎ。
続きを読む

このページのトップヘ