きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

349:名無しさん@おーぷん2016/08/07(日)18:22:08ID:Bt5
久々に親戚の集まりがあった。本当は嫌だったけど断ると母が泣き叫ぶので仕方なく参加した
夏休みの予定を叔父に尋ねられて
「今年の夏はとにかく英語を頑張ります」
と言ったら

「女のくせに。身の程を知れ。社会に貢献しろ」と従兄(20代後半だけど浪人と留年を繰り返して未だに学部生)に言われた
「なんで貴方に身の程を決められなきゃならんのですかw」と言い返したら
「じゃあ俺も身の程わきまえない。胸揉ませろ」って言われて顔を近付けられたから
「女性の勉強と男性の強制わいせつは同列に語られることなんですねー。へー」
と返答したら
「氾されろブス」
って
それ以降はガン無視してやったけど、なんでこんなクズが野放しになってるのかわからない
周りのおっさん(さっきの叔父も含む)は3人ともゲヘゲヘ笑ってるし、叔母と母はそっと目をそらしてるし、祖母は台所に立ったままだし父はすっかり酔っ払って話にならないし
従兄弟は揃いも揃ってミニマム版の叔父たちだし、従姉妹はみんな目がタヒんでるし
残り二日も滞在しなきゃいけないんだけどもうさっさと帰りたい
続きを読む

837:2005/12/02(金) 20:21:46
お嫁さんは小姑にどれくらいならかばってもらってもOKなんでしょうか。
私の母が兄が結婚したとたんにトメトメしくなり
色々ときつく怒ったりしてるんですが。
正直まだリア厨なうえに、姑と小姑は同じくらい嫌われていると聞いてもいますし
どこまで口出ししても大丈夫なのか心配です。

もしかしたら余計なおせっかいと思われてるかな…


例を挙げると
1:義姉と一緒にホットカーラーを巻いて(後ろが巻きにくい)
2人で着替えたりして遊んだら、母が「結婚してるんだから他にやる事もあるでしょうに」とか
「夫の実家で…あぁ悲しいわ」とか言う。
遊んでいたのは両親もいなくて、兄夫婦と私だけだったからです。

でも掃除や料理、もしくは台所片付けなんかをすると勝手にいじられるの嫌だと怒る。

2:義姉の友人がビーズアクセサリの委託販売をしていて、そこに連れて行ってもらい
ストラップを買ってもらい、帰りにファミレスでご飯をごちそうになりました。
そしたら「家で食べるより義姉と一緒に食べたいの!?」と怒り始め
父に諭されるも色々と口論になり、義姉に電話する!と切れた。(止めさせた)

3:花子(仮名)という名前の義姉を「はー姉ちゃん」と呼んでいたら、
「私は舅姑にも小姑にも名前で呼ばれた事なんて無い」と泣き出し
「息子だけでなく娘まで手玉に取っている」となじられた。


他にも色々せきをしただけで「風邪うつす前に帰ったら?」とか言うし、
嫁いびりと言うよりも精神病みたいです。
続きを読む

【前編】嫁と母は性格が合わないので辛い。嫁は女の子が好きそうなことが大嫌い。母は典型的な女っぽい好み。だから陰でお互いの悪口を言い合ってるorz
883: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/12(土) 18:06:19
これ違うかなー?

817 :可愛い奥様:2007/05/11(金) 18:37:02 ID:UWHrAyUd0
うちは、母の日と私の誕生日がいつも微妙にかぶったり前後するので
母の日スルー。私だっていい年してお誕生日祝いなんてしないんだから。
でも、来月はお中元を考えなくてはならない。はげしく憂鬱。
婚約した年はウトが好きだというので素麺贈った。そしたらトメが
私は好きではないのに、お父さん、もらってよかったねと言った。
で、その年のお歳暮は、トメが好きというカニを。今度はカニは
好きだけれど外で食べるんじゃないと、むくのが面倒で。

結婚し一年目は、では無難なところでと夫実家で使っている銘柄の洗剤。
実用的だけれど贈り物って感じじゃないわね。お歳暮はヱビスビールとジュースの
詰め合わせ。いいものだけれど、重くて腰痛くなっちゃったわ!
2年目は、タオルの詰め合わせ。軽くてなんか重みがないわね
さすがに腹がたって年末は、商品券。あら、金額がまるわかりで下品ね。

そんなに不満なら返してください。
続きを読む

682: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/12(土) 12:28:57
母親から電話あり「今日(嫁)ちゃんの誕生日でしょーー。明日母の日だし
一緒にちょっと素敵なお店でお食事どうかしら〜。東京魚ーカーで見つけたところがあるの」
母は大変に気が若くて、特に俺が出て行ってからは、娘気分でふわふわしている。
嫁におそるおそるどう?と聞いてみたら、シカトされた。
さらに、断る?と聞いたら、激怒された。
「いい年してお誕生会もくそもないだろ〜〜!!!!母の日?ふん!
あんなの小さな子が幼稚園でお母さんの絵でも描いてあげるもんだ。
東京ウオーカーなんて、アホ女子大生が浮かれて読むもの。勝手にやってろ!
私の都合が悪いから断るって言ったら、わかってるね?杀殳すからね。

わかったよ。でも、俺、母の日とかそういう感謝を一度でもしたことないから
俺だけ行こうかと思うんだけれど。そうすればかあさんも気が済むだろうし。
と言ったら、へー。若い女と浮気する甲斐性ないくせに、ママとは
おしゃれなおフランス料理なんだ。ふーん。そんなママとデートが楽しいような
ガキの子どもなんか産みたくないな。もっと大人の男でも探しに
わたしも渋谷にでも繰り出そっと。

と、思いっきり嫌味を言われて口を聞いてくれなくなった。
続きを読む

490: 名無しさん@おーぷん 2016/06/22(水)02:30:18 ID:aeN
10年近く疎遠だった母と再会した際に

「早く結婚しろ。不幸になれ」
って言われて叩かれたこと

母の言葉の意味を飲み込めなくて
ポカンとしている間に弟が母を引き剥がしてくれた
事態を飲み込んだ後は寒気と涙が止まらなくなって、
父の車に乗せられて家に帰るまでずっと泣いた

母の仕打ちの詳細は割愛するけど
昔から母と私は不仲だった
私を心配してくれた父の勧めで
都内の大学に進学して私は一人暮らしを始めた
入学式用のスーツを買う時も
付き添ってくれたのは父だった。
お盆には父が都内まで会いに来てくれた

田舎にはあまりいい思い出がなかったので
しに物狂いで就活して、
辛うじて都内で正社員になれた
家を借りるための保証人、
本籍地付きの住民票の用意など、
親に頼る必要があることは全て父がやってくれた
そういった訳で大学生になって以降は
ずっと実家には帰っていなかった

母の日で盛り上がる世間を見て、
いい思い出もないのに
なんだか実家と故郷が恋しくなってしまった
今から思えば本当に馬鹿なことをしたと思うけど、
母の日に実家に帰省してしまった
久し振りに会った母は相変わらずだった。

顔を合わせた途端に容姿を馬鹿にしてくるし、
弟と私への声のトーンは全く違うし、
服のセンスやカバンの値段を笑ってくるし
それでも私は頑張って朗らかに振る舞おうとした
仕事や都内での生活の楽しさを母に語り聞かせて、
そして叩かれた

確かに私も無神経だったと思うよ
本当は結婚したくなかった、
子供なんか産むんじゃなかった、
今の女は責務を果たしていない、
って母が繰り返し私に語ってたことを
すっかり忘れていたから
でもさ、実の娘に「早く不幸になれ」はないと思うんだ

もう実家に帰る気はない
続きを読む

【前編】嫁と母の仲は最悪。だから結婚後ずっと絶縁に近い状態だった。ところが俺の実家の近くに転勤がきまり引っ越さなくてはならないのだが…
178:1192007/05/17(木) 21:55:28
すいません。帰り際にかいて、すぐに帰るつもりが
ちょっと突発的にいろいろあって。

今までいろいろあったことを並べるといっても、
自分は、あ、この二人は合わないな、全くだめだ、
泥沼になる前に引き離そうと思って引き離したので。

自分と嫁の休みが合わないので、俺が自分の休みに帰っても嫁がいないということがほとんどなので、
帰るのは月一くらいになってます。
嫁は、自分が休みのときに、俺のところにこないのは
俺の親とばったり街で鉢合わせが嫌と言うことです。
続きを読む

119:名無しさん@お腹いっぱい。2007/05/17(木) 16:38:40
うちの嫁と母の仲は最悪。だから結婚後ずっと絶縁に近い状態にしてきた。
住所と電話は教えているが、電話は一切拒否。
連絡といえば、年賀状と年末の歳暮のみ。
親類の冠婚葬祭さえ、俺ひとりで行っていた。

ところが4月、俺の実家の近くに転勤がきまったので
引っ越さなくてはならないのだが、嫁が俺の実家の近くは嫌というので俺だけ単身赴任した。
会社には嫁の仕事の都合でということで。
嫁が俺が実家に住むことは絶対いやというので、会社の独身向け社宅に住んでいるんだけれど、
親がそこに来るようになっていて、
俺は自分の親だから追い出す心境にもならなくて。
嫁は自分の仕事が休みのときも絶対にこっちには来ないけれど、電話でいつも、
ぜったいに実家に出入りしてないでしょうね、
もし、していたら離婚だからね!と毎回ウザイほどだ。
ばれたら俺は袋叩きだ。
続きを読む

4:名無しさん@HOME2010/02/23(火) 14:39:00 0
実母が姑に。

産後三カ月、姑は孫を連れて遊びに来いと毎日のように電話をかけてくるけど
そんな余裕全くなかった。ので、その都度断っていた。
で、ある日実母に家事育児を手伝いに来てもらった。
そこに姑が来た。
「嫁子ちゃんそんなに大変なら私が預かってあげる。粉ミルクで育てているのよね。
だから大丈夫。」そういって哺乳瓶とか粉ミルクとかおむつとかを 荷造りし始めた姑。

私は突然のことで何をどう言ったらいいのかさっぱりわからなかった。
姑は50代だけど見た目若く、はでな美人で何でもはっきり言うタイプで、
意地悪とかされたことはないけどぼんやりな私は苦手だった。

実母はおっとりぼんやりな人で、人の悪口を言ったり、怒鳴ったりしているところを見たことがない。
実母は立ち上がって姑に向かって
「辞めてください!母親から赤ん坊を取り上げようなんて鬼のような人ね!」 って怒鳴った。
30年生きてきてこんな母親見るの初めてで、びびって腰が抜けそうになった。
鬼って…あの母が人に向かって…
姑はビビってごにょごにょ言って帰って行った。
のちに姑から電話で、家も近いのに会えなくてつらかったからと謝ってくれたけど
とにかく実母を見直した。母は強いな。私もしっかりしようと思いました。
続きを読む

【前編】母が再婚した。嫁いで間もなく嫁ぎ先のお姑さんが亡くなり、その葬式の最中、従姉と初めて出会った。母の再婚相手の姪っ子なので血は繋がってない。俺は恋してしまった…
300: 1 ◆6uSZBGBxi. 2005/11/25(金) 11:28:44
11月。夜勤明け。

携帯の留守電をチェックしたら親父からメッセージが入っていた。
「母さんのことで話がある。連絡をくれ」

大抵は忙しさに託けて電話を返さない俺だったが、この時のメッセージはなんだか親父が普通じゃない気がした。
しかも親父の口から母のことが出るなんて。

夜、親父に電話した。

「あのな。お前には言ってなかったんだが」

前置きした親父が語った話はひどく俺を動揺させた。
続きを読む

このページのトップヘ