きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

母親

723 :きまぐれ鬼女 2017/01/05(木) 10:22:55 ID:FHqxRy+s0.net
俺の親父は不倫した母親に「今までありがとうな。あとは好きな所で好きな人と生きろ」って札束いくつか渡してスパッと別れた。俺はその時中学生だったけど親父かっこいいなと思った。

別れた後も親父は母親の悪口を言わなかったし俺が言うのも許さなかった。俺が大学に入った頃に一回り下の美人と再婚して歳の離れた弟ができた。
母親も美人だったから「親父って面食いだよな、このスケベ」って言ったらゲンコツくらったw

母親は不倫相手とはすぐ別れたらしい。しばらく一人で暮らしてたけど親父の再婚後に全部知ってる職場の同僚と再婚してそれなりに幸せに暮らしてるみたいだ。

親父達が別れたあとも俺は母親に会うように親父に言われた。反発したり色々あったけど今ではいい関係だと思う。

俺が就職したお祝いで母親と飲んだ時に酔っ払って
「私はバカな事をして〇〇さん(親父)の妻ではいられなくなったけど、あんたの母親でいさせてくれた。おかげで自分を立て直してちゃんと生きる事ができた。感謝してもしきれない。あんたも〇〇さんみたいに強くて大きなイイ男になれよ」
って泣きながら笑ってた。


正月は親父達が移住した沖縄で過ごしてて何となく思い出したので書いてみました。長文すんません。
ここのノリとは違う気もするけど正月ボケなのでカンベンしてw
続きを読む

175 :きまぐれ鬼女 2019/02/19(火) 01:04:48 ID:wK+IgFfC0.net
自分23歳 彼女51歳で、結婚を考えてるから親に紹介したら
彼女の前ではいい顔してた母親が彼女が帰ってから大反対してきた

まず彼女が既婚者で、俺との結婚が決まってから離婚すると言ったのが一番気に食わなかったらしい
あと彼女は153センチ87キロのぽっちゃりなんだが
その容姿も気に食わなかったらしい

俺は今のままの彼女を心底愛してるしどうしたら反対されなくなるのか意見下さい
続きを読む

714 :きまぐれ鬼女 2014/09/04(木) 17:22:53 0.net
母が事故で急逝した時に日記のようなものを見つけてしまった時。

日記(というよりやり場のない気持ちを書き殴っている感じ)の内容
・なぜだかわからないけど(私)の事が好きになれない、というか嫌い
・生んでしまったからにはきちんと育てなければいけない、嫌っていると気付かれてはいけない
・上の2人と態度が違うと嫌っているというのがわかってしまうので
(私)にどこまで厳しくして良いかわからず
つい(私)を甘やかしてしまっている気がする
・早く巣立って欲しい
・帰省が終わった、態度には出さなかったと思う。
などなど

ケンカもしたこともあるけど、普通の親子だと思っていた。
風邪をひけば看病してくれて、金銭面でも差別されたこともなかったし、
進路など相談に乗ってもらったこともあった。
どこにでもいる母親だったと思う。
私が結婚して家を出るまで邪険に扱われた事もなかった。
結婚後もの帰省も里帰り出産もやさしく受け入れてくれた。
母が亡くなってしまった今となっては真偽を確かめる事もできないけど、生きていたとしても
確かめる勇気なんてなかったかもしれない。
母のタヒ後抜け殻の様になってしまった父親が元気を取り戻した頃、
「母がタヒぬ前に一度だけ意識を取り戻して、ノートを見つけたら読まずに捨ててほしいと言っていた
何か心当たりはあるか」
と聞いてきた。知らないとだけ答えた。

日記を読んだ当時は1人で修羅場だった。
続きを読む

208 :きまぐれ鬼女 2008/07/21(月) 12:54:23 0
私の兄弟が等質なの苦にして、母が自杀殳。父は元からいない。

その後、兄弟と2人暮らしになった。
お葬式とその後のことが済んだ後さ、等質が私に食事出せって言ったんだ。
なんで私がお前に食事を与えたり、そもそもお前の食費負担すると思うの。
誰のせいでお母さんはタヒんだのって言ったら、騒ぐ騒ぐ。

そんなの相手してるほど暇じゃないし、食べるものは自分の年金で
買えばいい。それでも家においてやって光熱費まで出してるんだから、
あんたは何も偉いことはないし、私の世話になってるんだから
私に毎日頭下げて暮らすのが当たり前なんだよと毎日、毎日、毎日
言い聞かせること三ヶ月。

幻聴や幻覚、近所が監視云々の話を始めたら「あんたの妄想以外の
何者でもない!基地外はお前一人じゃ!その話は聞かない!」と
必ず言い聞かせた。

そしたらある日、私が帰ってくるまで待って「首を吊る!」って騒ぐ。

ほんとに吊る気あるなら、私に構ってもらおうとか甘えられても
相手する筋合いに無いから、いますぐ吊れ。といったら
外へ賭けだしたから放置。
近所で迷惑を掛けたので、引きずっていって土下座させて謝らせた。
家でまた暴れた。

ある日、首を吊ると騒いだから、私に甘えて構ってちゃんなんだね、
うんよく分かった。じゃあ吊りなさいと言ったら首を吊った。

動かなくなって一時間ほど待ってから警察呼んだ。

私は人の心は失ったが、生活は取り戻しました。
続きを読む

786 :きまぐれ鬼女 2017/12/07(木) 15:26:27 ID:Tqa6zNAp.net
子どもの頃、母親が誰かと入れ替わった気がした
同じ顔、同じ人物なんだけど絶対 今までの母親とは違うと思った時があった
次第にそれは確信になって
あとからそういう脳の病気があると知った
おかしいのは自分だった
誰にも言わなくてよかった
続きを読む

888 :きまぐれ鬼女 2018/02/18(日) 06:45:23 ID:fTucA/ta.net
痴呆の進んだ祖母に「お母さん」と呼ばれるようになったこと。
最初はびっくりするやら情けないやらで泣きそうだったけど、慣れると結構楽だったりたまにかわいくも思える。
ご飯食べたくないの~と言ってる時も
「好き嫌いする子はお母さん嫌いだなっ」
て言うとチラチラこっつ見ながら食べるし、ショートステイ行きたくないの~と言った時も
「お泊まり帰ってきたらフルーチェ(好物)作ってあげようか?」
って言うと
「お母さん迎えにきてね?必ずよ?」
って言いながら行ってくれる。
70過ぎまで剣道教室やってた人とは思えないわ。
私は一貫して「お母さん」だけど、母はお友達のさゆりちゃんだったりやえちゃんだったりする。
父は教室に通ってた問題児のたかしちゃん。
続きを読む

637 :きまぐれ鬼女 2007/09/21(金) 22:14:11 ID:kikUpA/V30
あんまり関係ないけど(20前だし・・)
母は晩婚だったので43歳のときに8歳(私)と6歳の弟
引っ越の挨拶に私と二人で行くとそこの住民の意地の悪いおじさんが
「孫かい?」と母に聞く
「いえ、、娘です」というと
「えええ?娘??あんたいくつだ?」
「43です・・」と母は小さな声でいうと
「は?43でこんな小さい子??あんたの同級生じゃみんな幼稚園の孫が
いるだろうに・・」
「はあ・・そうですか」
「はあ?じゃなく当たり前だろうよ」
などと言われてた・・

今も両親はその土地に住んでますが
その意地悪い人の息子さん43過ぎて45になりますが孫どころか独身です・・
続きを読む

815 :きまぐれ鬼女 2018/03/08(木) 10:39:28 ID:e0tgKbFz.net
大したことじゃないけど、愚痴りたい

自分は潔癖ではないものの神経質で、親はズボラ
そこを踏まえなきゃいけないのは分かってるし、神経質な自分がいけないのも理解してるから折り合いつけて生活してる

食器棚のドアを閉めるのが面倒だから開けっ放しとか、片付けるのが面倒だから食後の片付けをしないとか、それは自分がやればいいから何とかなる
でも、使った後のデンタルフロスとか、鼻をかんだ後のティッシュとか、どうしても触りたくないから、それは自分で捨ててくれと頼んだ
ら、「丸一日放置してるとかじゃない!」と逆ギレされた
そんでもって、「デンタルフロスは丈夫だから、まだ使えると思って置いてる」と反論されたから、取り敢えず折れておいた

デンタルフロスなんて、一度使えばゴミじゃないのかよ…と神経を疑ったけど、自分が神経質なのがいけないのか分からないのが微妙な悩み
続きを読む

485 :きまぐれ鬼女 2009/05/13(水) 08:43:08 ID:H54JArudO
>>459の内容ほどひどくなくてもビックリするようなこと平気で言う人はいるよ。それも二十歳過ぎて。

お母さんを亡くされたばかりの人に「かわいそー私だったら絶対に嫌だ」と言った奥さんがいた。
あと、高齢でもうお子さんも大きい人に「子供○の子だけ?男女両方いないと」と言った人も。
・・・何かさ、そういうことってたとえ本音でも相手に言ったらいけない、失礼だって分からないんだろうか?
ただ、まともな人はそんな無神経な人から自然と離れていくから同じレベルの人しか周りに残らないんだよね。
だから結局品のない見下し合いや競争好きな人達に囲まれて程度の低い環境に留まるだけ。
そんな中で築かれた人間関係はギスギスして裏切り当たり前の世界だから、心荒立てながら生きていくことになる。
そうやって因果応報というか自業自得で自滅していく人も多いと思うよ。
続きを読む

851 :きまぐれ鬼女 2017/11/09(木) 19:35:49 ID:TFuxsRtx.net
小学生の頃気分屋というか気性.が激しいというかとにかく面倒臭い子だった自分
宿題も気分がのればささっと終わらせるけどのらなければダラダラ~としてた
そんな時母親に「仕方ないからこれを飲みなさい」と謎の白い液体を出された
母いわく「元気が出る薬」で近所に住んでる知恵袋的なお婆ちゃん(顔馴染み)がくれたというもの
「これ飲んだらやる気が出てなんでもできる」と言われてすごい!と思って飲んだ
本当にやる気がみなぎってきて何もかもささっと終わった
でも何となく「よそに触れ回ってはいけない」と感じてた
薬は病院でもらうのと雰囲気が違うし、それを飲む時は寡黙な父も「よかったな、お薬すごいな」とやたら饒舌になった
成長とともに飲まなくなってきたけど大人になってから「もしかして今で言う脱法ドラ○グの類だったのでは」と思った
そのくらい元気が出たから

そんで自分も母になった
子供が私に似た気分屋でいつまでもお片付けなどしない
愚痴りというか相談ついでに母に「あの時の薬って今もどこかで売ってるの?」と聞いてみたら
「あれはただ小麦粉を溶いた水よwダメ元でやったら効いてびっくりしたwプラシーボ効果てすごい」

他にも「算数が得意になる薬」とかもあってそれも覿面効いてたらしい
最初は小麦粉溶いたり塩水にしたりしてたけど最後らへんはただの水でも効いてたと
父が饒舌に感じたのは恐らく暗示のため?

なんとなく後暗い過去として記憶してた自分にとっては衝撃的だった

なんとなく後暗い
続きを読む

このページのトップヘ