きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

新婦

808: 愛とタヒの名無しさん 2010/06/11(金) 00:35:13
新郎(A君)側で出席した結婚式の話。
新婦(X)とは初対面のはずだったが、バージンロードで見てびっくり、先週知人(B君)の彼女として紹介された女性だった。
向こうも自分に気付いて、明らかにうろたえた表情。
続きを読む

739:愛とタヒの名無しさん2008/09/30(火) 10:33:34
ホテルの披露宴に呼ばれて行ったらブッヘwだった
開場した途端、新婦側の同僚・お友達・親族が
椅子取りゲームの如くダッシュで椅子を
「確保ー!!!」状態
新婦希望のお洒落な立食パーチーだったらしく
椅子もテーブルもどう見ても人数分なくて
新郎側の高齢者も含め親族が皆立ってお客様に席を譲っていた
それ見てホテル側が慌てて椅子とテーブル用意したり
埃っぽい披露宴だったwwww
料理も新婦側のゲストがアリのようにタカって食うもんねーし
新婦だけすんげーゴージャスな椅子に女王様みたいな格好で座ってるし
なんかもう色々と…

全額心労側が費用持ってなんでコレなんだ?と思ったら
新婦が勝手に内容変更して黙ってたらしい。3ヶ月で離婚してたっけなw
続きを読む

308:  2011/02/22(火) 14:03:02.07
新郎従妹で出席した結婚式。 
新郎はいわば本家跡取りで、実家は田舎だけど土地持ちのいわば地元の名家。
いい大学出て新郎両親の自慢の息子だったんだが、
就職した東京で係累のいない彼女連れ帰ってきて一族発狂。 
大騒ぎしたあげく、駆け落ちしそうになって新郎両親が渋々許可→新郎母が決めた式場で 
結婚式をあげ、結婚後は実家に戻って同居となった。 
私含むイトコ世代は「あーあ、嫁いびりされるぞこりゃ」とうんざりしてた。 

披露宴がはじまると、新婦側の出席者は新婦の勤め先の上司夫婦と同僚代表のおばさんが 
一人、あとは新婦友人の女性が一人だけ。 
新婦は幼い頃に両親が事故で他界したそうで、親戚をたらい回しされて育ったそうだ。
今どきあるんだね、太変だねと言っていたが、実際に家に迎える新郎両親は
「どんな育ちだかわかったもんじゃない!」とはなっから身構えてた。 
あと、交通費もかかる地方での式だからしょうがないかもしれないが、
これだけ少ない招待客って新婦に何か問題でも??という空気は少なからずあった。 

ぴりぴりムードのまま式がはじまり、
新郎側招待客の長いスピーチが続いたあとで新婦上司がスピーチ。
穏やかで心のこもった挨拶で、新婦の人となりや仕事ぶりを褒め、
信頼する部下が仕事を辞めるのは残念だが…と、
心の底から新婦の幸せを祈っているのがわかるスピーチだった。 
その後、新婦友人(以後A)がスピーチの壇上にあがった。 
新婦友人は小学校の4年の夏から5年の秋まで同級生だっただけの人で、
新婦が別の親戚の家に行くのに引っ越したあとは、ときどき文通してたんだって。
で、結婚が決まってはじめて手紙に彼氏がいたことを書いて
結婚式に出てくれないかと言われ、
仕事で海外にいたのを急遽帰国してきてくれたのだそうだ。 
続きを読む

171:愛とタヒの名無しさん2011/01/08(土) 18:34:00
本人達はいたって幸せそうな式だったので軽くスレチかもしれないが、男友達の結婚式でのこと

高校時代の男友達から、結婚前提に付き合ってるんだ~と彼女を紹介される
続きを読む

48:愛とタヒの名無しさん2007/10/09(火) 20:33:16
10年くらい前の話だけど

従姉のA子さんの結婚式で突然司会が
「えー。突然ですがここでA子さまにプレゼントがあります。
A子さまのお父様であるBさまに特別ゲストとしてきていただきました」と言い出した。
A子と親戚一同は顔面蒼白
新郎側の親戚と友人だけが盛り上がっていた
A子は泣きながらその場から逃げ出し、控え室で泣きじゃくり
新郎も後を追いかけ、事情を知っている私の父やその他の親戚は司会者に詰め寄る始末

…というのも、A子のお父さんというのはどうしようもないクズ男で
浮気はするわ借金はするわDVはするわ
A子の母がある日耐え切れずA子を連れて我が家へ逃げ込んできた時も
A子母を出せA子を出せと玄関先で大暴れし、父に向かって「お前はA子母とデキてるんだろう」とか喚き倒し
結局、警察を呼ぶことになってしまった
さらに、その後離婚が成立した後もしつこくA子母に金を貸せだのよりを戻して俺の面倒をみろだの言い
A子母は心労の為若くして亡くなった
しかもその後、A子が就職したと人に聞くと、職場にでかけて「俺はA子の父親だA子の給料をよこせ」と大騒ぎし
A子は職場を辞めざるを得なくなったこともあった

そんなわけなので、当然のようにA子は結婚式にも父親は呼ばず、うちの父を新婦父の代理に頼んだ
ただ、どこからかA子が結婚するという噂をききつけ、金づるになると思ったA子父が式場へやってきて
担当(だか誰か)に泣きながら嘘の過去を語ったらしい
それを信じた式場の担当者が勝手に父親を披露宴に招待したとのこと

その後、A子と新郎はこの司会者と式場を訴えたらしい(ここら辺は詳細は不明)
続きを読む

768:愛とタヒの名無しさん2011/06/03(金) 16:20:58.74
挙式当日美容室に入ると、その絨毯張りの場所で自分達の衣装・アクセサリー・小物を確認。
足りないものが無いかどうかを確かめてから、ヘアメイクに案内された。
約1時間後、私がヘアメイクされてる最中、同じ日に挙式する他の新婦(以下A)が美容室入りした。
で、Aも私と同じように衣装の確認の流れになったんだが、
「私のドレスは!?」
と一言。
続きを読む

273: 恋人は名無しさん 2009/07/30(木) 21:53:34 ID:MVUPsLq1O
 
【1】 
バイトの身分なので詳細不明な部分も少しありますが書きます。
私のバイトは結婚式、披露宴などで料理提供やドリンクケアをするサービス系。
支配人やキャプテンなど、社員で当然の担当ポジションはもちろん社員。
サービスだけが、いつもだいたい社員3人バイト10人前後で働いていた。


バイトといっても研修を何度も受けさせられるので、社員との仲も良かった。

そのサービス担当の社員の中にY子(32)という人がいた。
転職してきたらしいがどこかガサツで、度々招待客を怒らせたりしていた。


先日、バイト達の都合がつかず、サービスが社員12人バイト3人の日があった。
その日の新郎新婦は若くて、とりわけ新婦がここ最近でずば抜けて美人だった。
順々に料理を提供していき、魚料理のお皿をさげようと皆が動いていた時だった。
Y子が、さげた魚料理の皿に残ってた魚+ソースを、新婦にぶっかけた。
真っ白なウェディングドレスに点々とシミがつき、新婦の顔にもソースがべっとり。

一瞬訳がわからなくなったのか、一呼吸間をおいて新婦が「きゃー」と叫んだ。

続きを読む

34: 愛とタヒの名無しさん 2014/11/07(金) 00:29:22.84 .net
職場の先輩の新婦が元嫁の妹だった。
その結婚式に俺が参列してしまい
先輩の結婚式は不幸な出来事になってしまった。

俺は離婚後に転職して今の職場になったし、
再婚して現嫁の苗字になっていたから
元嫁妹が準備の段階で気づく訳がなかった。

俺も事前に新婦の名前を聞いていたが
元嫁妹の名前はよくある名前なので気にもしていなかった。

式の前に先輩から新婦を紹介され、
お互い一瞬固まったが「初めまして」と愛想笑いですませた。

元嫁親族は見て見ぬ振りをしてくれた。
しかし友人のサプライズで行方不明の姉、
つまり俺の元嫁がお祝いに駆けつけた為に自体は一転。

離婚原因はよくある性格の不一致ってやつなのだが、
元嫁は離婚時にウン百万の貯金と俺が集めてい
た腕時計コレクションを持って逃げた。

元嫁両親は呆れて行方を探さなかった。
(謝罪と返金の申し入れがあり貯金額は貰った)

そんな事を知らない元嫁は式場で俺の姿に気づき発狂。
「今更お金なんてないんだからね」などとのたうち回りながら
登場5分ほどで退場していった。

その後事情を説明し司会者が
場を取りなして披露宴は続けた。

5年たった今でも先輩夫婦には頭が上がらない。

続きを読む

407: 愛とタヒの名無しさん 2010/04/15(木) 02:39:37
多分不幸な式になる。来週の友人の結婚式。 
私は新郎と幼馴染で新婦とは同級生。 
で、さっき新婦から電話があって、 
「新郎妹が破水した。式には出られないって。嫁いびりだふんがー(意訳」 
結婚式が決まったのが半年前で、新郎妹の出産予定日は分かってたのに、 
同時期に「誕生日に式を挙げたい」と日取りを強行したのは新婦。 
そして新郎母に嫁いびり嫁いびりと喚き散らしてしまったので、新郎母が 
「そんなにいびって欲しいならいびってあげるわよ!私も式に出ないわ」と怒ってしまい、 
新郎親族も、新郎母に追随する流れになっているらしい(新郎父情報)。

私家族は新郎家族と家族ぐるみの付き合いで、家族で招待されている。 
新郎母は「もう出席なんかしないで〜」と言ってるらしいが、 
すでに出席の返事をしてるし、私母はどうするか頭を抱えている。 
新郎も相当なことを言われたらしく「破談だ」と言ってるし、欠席でいいんじゃないかと思う・・・ 
私はどうなるか興味しんしんなので、破談にならない限り出席の予定です。  
続きを読む

248: 1/2 2011/07/13(水) 04:02:49.23
 
新郎と新婦の両親がかわいそうだった話をひとつ 

私は遠い遠い親戚程度の縁で招待されたんだが、それだけ規模の大きな式だった。 
どこからどう見ても幸せな式だったんだが、一人女に囲まれてる男が居た。 
どうやら新婦が好きな

ちょっとマイナーな歌手?らしい。

いわゆる新婦はその男のオッカケで、コンサートが終わったあと、
会場から出てくる所をひっつかまえて式で歌ってくださいと依頼したそうな。
ここまでは普通にいいんだけど、ここからが酷かった。 

男はちょっと妙な化粧をしたいわゆるビジュアル系ってやつで、 
賛美歌を歌うときに周りの女と肩を震わせてヒソヒソ話しをしている。
その時は何事かと思ったんだが、そのあとの披露宴で耳にしたんだが、
どうやら  「悪魔がまじめに賛美歌を歌っている」と笑っていたんだとか。

続きを読む

このページのトップヘ