注目の人気記事

新婦

171:愛とタヒの名無しさん2011/01/08(土) 18:34:00
本人達はいたって幸せそうな式だったので軽くスレチかもしれないが、男友達の結婚式でのこと

高校時代の男友達から、結婚前提に付き合ってるんだ~と彼女を紹介される
続きを読む

48:愛とタヒの名無しさん2007/10/09(火) 20:33:16
10年くらい前の話だけど

従姉のA子さんの結婚式で突然司会が
「えー。突然ですがここでA子さまにプレゼントがあります。
A子さまのお父様であるBさまに特別ゲストとしてきていただきました」と言い出した。
A子と親戚一同は顔面蒼白
新郎側の親戚と友人だけが盛り上がっていた
A子は泣きながらその場から逃げ出し、控え室で泣きじゃくり
新郎も後を追いかけ、事情を知っている私の父やその他の親戚は司会者に詰め寄る始末

…というのも、A子のお父さんというのはどうしようもないクズ男で
浮気はするわ借金はするわDVはするわ
A子の母がある日耐え切れずA子を連れて我が家へ逃げ込んできた時も
A子母を出せA子を出せと玄関先で大暴れし、父に向かって「お前はA子母とデキてるんだろう」とか喚き倒し
結局、警察を呼ぶことになってしまった
さらに、その後離婚が成立した後もしつこくA子母に金を貸せだのよりを戻して俺の面倒をみろだの言い
A子母は心労の為若くして亡くなった
しかもその後、A子が就職したと人に聞くと、職場にでかけて「俺はA子の父親だA子の給料をよこせ」と大騒ぎし
A子は職場を辞めざるを得なくなったこともあった

そんなわけなので、当然のようにA子は結婚式にも父親は呼ばず、うちの父を新婦父の代理に頼んだ
ただ、どこからかA子が結婚するという噂をききつけ、金づるになると思ったA子父が式場へやってきて
担当(だか誰か)に泣きながら嘘の過去を語ったらしい
それを信じた式場の担当者が勝手に父親を披露宴に招待したとのこと

その後、A子と新郎はこの司会者と式場を訴えたらしい(ここら辺は詳細は不明)
続きを読む

768:愛とタヒの名無しさん2011/06/03(金) 16:20:58.74
挙式当日美容室に入ると、その絨毯張りの場所で自分達の衣装・アクセサリー・小物を確認。
足りないものが無いかどうかを確かめてから、ヘアメイクに案内された。
約1時間後、私がヘアメイクされてる最中、同じ日に挙式する他の新婦(以下A)が美容室入りした。
で、Aも私と同じように衣装の確認の流れになったんだが、
「私のドレスは!?」
と一言。
続きを読む

273: 恋人は名無しさん 2009/07/30(木) 21:53:34 ID:MVUPsLq1O
 
【1】 
バイトの身分なので詳細不明な部分も少しありますが書きます。
私のバイトは結婚式、披露宴などで料理提供やドリンクケアをするサービス系。
支配人やキャプテンなど、社員で当然の担当ポジションはもちろん社員。
サービスだけが、いつもだいたい社員3人バイト10人前後で働いていた。


バイトといっても研修を何度も受けさせられるので、社員との仲も良かった。

そのサービス担当の社員の中にY子(32)という人がいた。
転職してきたらしいがどこかガサツで、度々招待客を怒らせたりしていた。


先日、バイト達の都合がつかず、サービスが社員12人バイト3人の日があった。
その日の新郎新婦は若くて、とりわけ新婦がここ最近でずば抜けて美人だった。
順々に料理を提供していき、魚料理のお皿をさげようと皆が動いていた時だった。
Y子が、さげた魚料理の皿に残ってた魚+ソースを、新婦にぶっかけた。
真っ白なウェディングドレスに点々とシミがつき、新婦の顔にもソースがべっとり。

一瞬訳がわからなくなったのか、一呼吸間をおいて新婦が「きゃー」と叫んだ。

続きを読む

34: 愛とタヒの名無しさん 2014/11/07(金) 00:29:22.84 .net
職場の先輩の新婦が元嫁の妹だった。
その結婚式に俺が参列してしまい
先輩の結婚式は不幸な出来事になってしまった。

俺は離婚後に転職して今の職場になったし、
再婚して現嫁の苗字になっていたから
元嫁妹が準備の段階で気づく訳がなかった。

俺も事前に新婦の名前を聞いていたが
元嫁妹の名前はよくある名前なので気にもしていなかった。

式の前に先輩から新婦を紹介され、
お互い一瞬固まったが「初めまして」と愛想笑いですませた。

元嫁親族は見て見ぬ振りをしてくれた。
しかし友人のサプライズで行方不明の姉、
つまり俺の元嫁がお祝いに駆けつけた為に自体は一転。

離婚原因はよくある性格の不一致ってやつなのだが、
元嫁は離婚時にウン百万の貯金と俺が集めてい
た腕時計コレクションを持って逃げた。

元嫁両親は呆れて行方を探さなかった。
(謝罪と返金の申し入れがあり貯金額は貰った)

そんな事を知らない元嫁は式場で俺の姿に気づき発狂。
「今更お金なんてないんだからね」などとのたうち回りながら
登場5分ほどで退場していった。

その後事情を説明し司会者が
場を取りなして披露宴は続けた。

5年たった今でも先輩夫婦には頭が上がらない。

続きを読む

407: 愛とタヒの名無しさん 2010/04/15(木) 02:39:37
多分不幸な式になる。来週の友人の結婚式。 
私は新郎と幼馴染で新婦とは同級生。 
で、さっき新婦から電話があって、 
「新郎妹が破水した。式には出られないって。嫁いびりだふんがー(意訳」 
結婚式が決まったのが半年前で、新郎妹の出産予定日は分かってたのに、 
同時期に「誕生日に式を挙げたい」と日取りを強行したのは新婦。 
そして新郎母に嫁いびり嫁いびりと喚き散らしてしまったので、新郎母が 
「そんなにいびって欲しいならいびってあげるわよ!私も式に出ないわ」と怒ってしまい、 
新郎親族も、新郎母に追随する流れになっているらしい(新郎父情報)。

私家族は新郎家族と家族ぐるみの付き合いで、家族で招待されている。 
新郎母は「もう出席なんかしないで〜」と言ってるらしいが、 
すでに出席の返事をしてるし、私母はどうするか頭を抱えている。 
新郎も相当なことを言われたらしく「破談だ」と言ってるし、欠席でいいんじゃないかと思う・・・ 
私はどうなるか興味しんしんなので、破談にならない限り出席の予定です。  
続きを読む

248: 1/2 2011/07/13(水) 04:02:49.23
 
新郎と新婦の両親がかわいそうだった話をひとつ 

私は遠い遠い親戚程度の縁で招待されたんだが、それだけ規模の大きな式だった。 
どこからどう見ても幸せな式だったんだが、一人女に囲まれてる男が居た。 
どうやら新婦が好きな

ちょっとマイナーな歌手?らしい。

いわゆる新婦はその男のオッカケで、コンサートが終わったあと、
会場から出てくる所をひっつかまえて式で歌ってくださいと依頼したそうな。
ここまでは普通にいいんだけど、ここからが酷かった。 

男はちょっと妙な化粧をしたいわゆるビジュアル系ってやつで、 
賛美歌を歌うときに周りの女と肩を震わせてヒソヒソ話しをしている。
その時は何事かと思ったんだが、そのあとの披露宴で耳にしたんだが、
どうやら  「悪魔がまじめに賛美歌を歌っている」と笑っていたんだとか。

続きを読む

441: 愛と死の名無しさん 2010/06/22(火) 00:42:30

私の見た恐ろしい披露宴の話。

私は新郎の同僚として出席しました。 
初めて見る新婦さんは小柄で色白の可愛らしい女性。 
披露宴の時に同僚達と2人のもとへ行き、新婦さんとも言葉を交わしましたが 
23歳と若いのに(ちなみに新郎は26歳)しっかりとした言葉で挨拶をしてきて、

でもほんわりしていて本当に可愛らしかった。

「いいカップルだね~」「お似合いだね~」なんて話ながらテーブルに戻った時、
入れ違いに新婦側の招待客の女性達が2人の席へと近づいた。
ちょっとして、私が料理に夢中になっていると、2人の方から「きゃっ!」という声が。
そっちを見ると、どうやら新婦のウエディングドレスに飲み物がこぼれてしまった様子。
新婦が自分でこぼしたのだと思い、「大丈夫ですから」という声も聞こえてきたので
あらら~と思いつつみんな特に気にせず食事再開。


しかし、お色直しの後、また2人の席から「わっ」「きゃっ!」という声が。
振向くとまた新婦のドレスに飲み物が零れた様子。
でも今度は2人の後ろにいた女性が「ごめんなさい」と言っていたので、
その人が零したらしいことがわかった。

なんで写真撮りに高砂に行った人がグラスを持っているのかわからなかったが、
今度はワインだったので水色のドレスに思いっきり染みが・・・。
「大丈夫です」「気にしないで下さい」と新郎新婦がその女性に言っていて、
スタッフさんが一生懸命ハンカチでシミをとったりしていた。
「大丈夫かな」と私がつぶやいたら、隣に座ってた同僚が「ねえ、あの女笑ってない?」と。
見たら確かにちょっと変な感じに笑ってる。しかもすぐに自分の席に帰った。
戻ったテーブルの席からして、新婦の同僚のようだった。


「さっきこぼしたのもあのオバサンだったじゃん」と同僚が言ったもんだから

私達はそのオバサンにずっと注目してた。
続きを読む

42: 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)17:23:33 ID:zJT
自分が不幸な式の話。長くてごめん。

昨年のクリスマスイブに、
先輩(20代後半♂)の結婚式に招待された。
先輩と私は同じ集落の出身。。

いわゆる過疎地で、喩えだけど、
小学生から高校生まで同じ校舎で学んでいるような
ド田舎を想像してもらえればいいと思う。
子供が極端に少ないために友人の年齢幅も広くて、
10歳くらい違っても一緒に遊ぶような関係だったりする。
親戚関係もあったりするので、
小学生も中学生もなくてみんな仲良し!という感じ。

先輩は東京の会社に就職し、そこで同僚女性(先輩の6歳年上)
と結婚することになって、私を含めた共通の友人たちに招待状が来た。
私たちは先輩が上京した後は先輩とほとんど交流がなかったけど、
皆に慕われていた人だったので全員で出席することにした。
面子は、男6人(20代~30代)、私を含めて女2人(20代)。

披露宴からそのまま二次会に参加したんだけど、
そのときに花嫁さんを紹介してもらった。
花嫁さんとは初対面だったけど、
これまた田舎じゃ見たこともないくらい綺麗な人で、
話し方も垢抜けてて本当にまぶしかったw

おめでとうございます~とか奥さん綺麗ですね~とか、
そういうありきたりの会話をしてたんだけど、
そのうち先輩がうるうるし始めて
いきなり目の前にいた私の肩をがしっとつかんで、
ほとんど抱きしめるみたいなかっこうでわーーって泣き始めた。

私たちも新婦さんも、他の出席者もぽかーん。
恐る恐る先輩に「どうしたの?」って聞いたら、
嗚咽交じりで何を言ってるのかわからなかったんだけど、
辛うじて聞き取れたのが

「お、おれは・・・お・・・おまえ・・・」って単語だけ。

全員「?」状態だと思うんだけど新婦さんだけは
何かしらのピースがはまったみたいで、
突然私と先輩の間に体をねじ込ませるようにして、
私を突き飛ばして「この~~~!」って叫びながらビンタしてくれたorz
デコっていうの?石がついた爪のせいで大怪我に。

式場の人に応急処置をしてもらったけど、
予想以上にひどかったようでそのまま病院送り。
2次会は結局新婦さんの錯乱が収まらなくて救急車騒動になって、
そのままお開きになってしまったらしい。

翌日、新郎新婦のご両親が私のホテルまで
謝罪にきてくれて、そのときに聞いたこと↓

・先輩が泣いたのは、地元を離れて10年くらいたったのに、
当時の友人が皆来てくれてくれたことで子供の頃の思い出が
よみがえって感極まってしまったから。
・私の肩をつかんだのに他意はなく、たまたま目の前にいたから。
・あの時先輩は「俺はお前らと友達で本当に良かった」
って言いたかったらしいけど、「俺は」と「おまえ」しか言えなかった。
それを聞いて、新婦は「俺は本当はお前が好きだ」
って言おうとしたんだと邪推して激昂したらしい。
(先輩は新婚旅行で2週間休みを取るため、
仕事を先に片付けようとして毎日残業だったせいで、
新婦は以前から浮気疑惑を持っていたそうだ)

新郎新婦本人たちも謝罪に来たいということだったけど、
まずは怖い思いをした私の意向を伺ってから、
ということで先にご両親が謝罪と事情説明に来てくれたそうだ。

それでびっくりしたのが、2次会の後にヒステリーで失神した
新婦を病院に運んだら、なんとそこで妊娠が判明したらしい。
マリッジブルーと妊娠初期の精神不安定?
で暴走したんじゃないかってことで、冷静になった今は
「なんてことをしてしまったんだ」とふさぎこんで
「私さんに謝りに行かせてください」とホテルで泣いているそう。
とりあえず直接会うのはお互い落ち着いたらってことにして、
東京観光もそこそこに帰ってきてしまった。

事情がわかったからもう怒ってはないんだけど、
顔の傷が消えなさそうで本気で凹む・・・
皮膚とその下の組織がえぐれてるところがあって、
そこはもう皮膚の移植をするかどうかっていうレベルらしい。
ちょうど頬のど真ん中だから髪でも隠れないし、
もうすぐ大学の卒業式&会社の入社式があるから泣けてくるw

治療費&慰謝料で高級外車が買えそうなお金を提示されて、
そんな大金欲しくないんだけど、昔からの家族ぐるみの付き合いを考えると
ここで受け取らないのも相手の立場が・・・とか考えてしまう。
とりあえず治療にかかった実費だけを負担してもらうのがベストなんだろうな。
続きを読む

796: sage 2011/03/19(土) 19:50:00.37
流れ豚切って申し訳ない
時効なので投下 (※長文)

俺=新郎友人として出席した結婚式での話。

新婦(21) 見た目DQN(式までにはまぁまともに見えるようにイメチェン)
新郎(29) 超エリート・家も金持ち・×1で子持ち(3歳・娘)

友人などから聞いた話だと、新婦が入籍を必死に急かしていたらしい。
(なので結婚式前に入籍済み)

新婦の見た目や高卒・片親(偏見スマソ)も手伝って
金目当ての結婚か・子供を虐待するのではないかと
新郎側親戚は微妙な空気だった。
(新婦が子供なんか絶対に産まないと言い切っていたそうだ)

新郎側の見栄か盛大な結婚式・披露宴が予定されていて
式が滞りなく進み披露宴会場へと移動。

会場の準備に少し手間取っていて一同待機。
準備ができ、会場に入るが新婦が来ない。
しばらく待っていると新郎側親戚の席が騒がしい。
そして『新婦は体調の為・・・』とお決まりのアナウンス。
その日はそのまま帰ったのだが後日談に驚いた。

続く
(長文なるので一度切ります)



続きを読む

このページのトップヘ