きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

教師

200: 本当にあった怖い名無し 2011/12/17(土) 18:07:21.11 ID:y4GKdiCt0
オカルト関係ないけど投下。スレチだったらごめん

中学時代の副担任A(3年時)がものすごいクズだった。
気に入ってる子への贔屓・気に入らない子には陰湿な嫌がらせ、可愛い女生徒にはセクハラ・猥褻行為…というテンプレのようなクズ。
さらにうちの中学校は軽い身体障害持ちの子が結構いたんだけど(目とか耳とかの)、その子たちにも酷い嫌がらせをしてた。
妙な言いがかりをつけて「罰だ」と、目の悪い子や耳の悪い子を、その先生の授業の時だけ一番後ろの席に無理やり行かせたり、
黒板に対して後ろ向きで授業受けさせたり…言うこと聞かないと内申悪くするとか脅した上でやってたからホントにタチ悪かった。
しかも担任や校長先生やらに何度も訴えて、父兄たちからもあれこれ訴えられてたにも関わらず、Aはクビにもならなければ何らかの罰を受けた様子も無かった。
校長が「大人には大人の事情が~」とかしどろもどろに言ってたから、事情は今でもわからんままだけど「何か」があったんだろうと思う。

結局卒業までどうにもならなかったわけだが、卒業前に文集(といっても一人一人のプロフィールとか、クラスの皆や先生へのメッセージとかそんなの)
を作ることになり、そのためのプリントを手に取って「先生へのメッセージ」の欄を見た瞬間、クラスの心はひとつになったw
そして担任の協力のもと、こっそり文集を多めに作ってもらい(経費はうちのクラスの皆で出し合ったw)その文集を
Aが確実に家にいない時間を狙って、Aの奥さんと娘さんたちに送りつけてみた。
続きを読む

762:名無しさん@おーぷん2016/06/12(日)02:34:11ID:9CM
平和教育の授業で視聴したアニメ映画が
あまりに幼稚で中3の娘が衝撃を受けた話。

中学の修学旅行の行先が広島・京都・大阪で広島訪問のメインが原爆ドーム。
事前学習として3年全生徒が体育館で
原爆と折鶴を主題にしたアニメ映画を視聴させられたのだが
その内容が後述のように幼稚&お花畑&電波で「学年全員が白けていた」らしい。

先生の目もあって生徒達も黙って視聴していたのにラスト付近では
男子の数名が失笑してしまい退席時に学年主任に嫌みを言われていたそうだ。
声優が有名どころを使っていて(エヴァンゲリオン声優も主演)
アニヲタの女子グループだけ盛り上がっていたとか
続きを読む

【前編】22歳でとある私立の臨時教師に。受け持って最初の学級名簿にとんでもない名前があった・・・「山田王子」(ぷりんす)( ゚д゚)ポカーン
1: 名も無き被検体774号+ 2012/10/29(月) 11:40:50.50 ID:e2fpBpEK0
質問ありますか?

気団で嫁さんがスレを立てていたことを知りました。
ので、適当に俺もスレ立てです。
自分サイドの話でも書こうかなと思ったけど、文才ないのでこういう形式の方がいいかと。

仕事が仕事なので、不規則なレスになると思います。
続きを読む

1: 名も無き被検体774号+ 2012/09/16(日) 10:27:51.38 ID:At9VA+W60
出てくる名前は限りなく本名に近い雰囲気を纏わせた仮名です。

ということを、念頭に置きつつ。
続きを読む

201: 名無しの心子知らず 2012/11/19(月) 18:20:02.77 ID:JU0S09M9
近隣に不審者が出たらしい。 
その時に防犯ブザーを鳴らしたが誰も出て来なかった事にたいして被害者子の親が近隣に怒鳴りこんでる。 
何度も誤報うってりゃ誰も出なくなるだろうよ 
怒鳴りこみの苦情いれたら逆に教頭に文句言われて学校にもカチムカ 
何度も誤報の苦情いれたのに対応しなかった学校のくせに文句言うってなんなの
続きを読む

681: おさかなくわえた名無しさん 2010/11/11(木) 23:34:42 ID:5KsXLIaZ
今息子が小1なんだけど、担任がマジキチ 
給食の時間、隣の子が「俺とじゃんけんして俺が勝ったらお前のプリンよこせ」と要求 
息子は拒んだのに担任が「何を喧嘩してるの、ちゃんとじゃんけんしなさい」とじゃんけんを強要、息子はプリンを奪われてしまった 
さすがにその対応はおかしいということで担任と話し合ったんだけど、日本語が通じない 

何故息子にじゃんけんをさせたのか→もめていたから 
じゃんけんする理由がないのにじゃんけんを要求してきたからもめたんでしょ→そう、もめていた。だからじゃんけんさせた 
じゃんけんしなきゃいけない理由は何?→もめていたことが理由 
以下ループ 

こいついったいどうやって倒せばいいんだよ
続きを読む

324: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 17:37:59.75 ID:s+xK71MX0.net

小3位の時何かの授業で1人ずつ席を立って
お父さんの職業を言うというのがあった。
お父さんのいないAちゃんの番になり答えに困った彼女は
「死んじゃったの…」と小さい声で言った。

そしたら新米の男性教師はバツがわるいのか怖い顔になり
「そういう時はお母さんの仕事を言いなさい」
となぜかAちゃんが機転きかせないのが悪いみたいな言い方した。
お父さんが居ないのは知らないわけないと思うけど
うっかりしてたのかなあ
子供ながらにその対応は無いだろと思って
嫌な気分になったので今でも忘れられない

続きを読む

827: 名無しさん@おーぷん 2015/06/18(木)00:08:58 ID:wGN
愚痴

女って、教員とか講師とか
子供に関わる仕事しちゃいけないのかな

教員免許をとって大学卒業
学生の頃バイトしてた塾に
正社員で来てくれってお願いされて、
子どもたちからの引き留めもあって、
塾に就職して4年目

塾講師歴はすでに7年経過
今は受験生をメインに
集団授業で200人ほど教えてる

結婚もして25歳だし、
そろそろ子ども産まないとなと考えてたんだけど、
周りからせめられる

毎年募集かけてるんだけど、
私の担当科目は極端に
教えられる人が少ないらしくて、常に人手不足
今も私が結構無理をして時間を詰めている状態
塾側は理解があって産休ももちろん認めてくれるし、
人手のある他の科目の講師は産休とっている人もいる
問題は保護者

私が結婚したのは
24歳の春の頃なんだけど、
それを聞いた保護者から
「途中で抜けたりしないだろうな」
と釘をさされた

その時は
そんなつもりもなかったので、
大丈夫ですと言い切ったんだけど、
また今年も3月にその保護者から釘をさされた

「兄の受験はうまくいったけど、
次は来年弟の受験がある、
抜けることのないように」と
さらにその保護者から話がまわって、
「産休とかされたら困る」
「うちの子の受験が終わるまで責任持てるのか」
と何件か問い合わせがあったそう

正直やめたいけど、
人手不足でまるまる受験生を引き継げるような
後任も今年は見つからなかった
なんか泥沼に片足を突っ込んでしまった気分
周りも産休とってたから、産んで、
実家住まいだから家族の協力を仰いで
またバリバリ働くつもりだったのに

しかも今日、
夏季の入塾説明会聞きに来た親に
「あんな子育てしたことのないような
若い人に見られるんですか」って言われたよ
この業界、女性働きづらすぎるだろ・・・

子ども好きだし、教えるのも好きだし、
天職だと思ってたのに辛い
続きを読む

20: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/04(土) 19:01:53.77 ID:HbTWU2zF
中学の同窓会で先生に人殺しと言われたこと。

先生は15歳年上のいとこと同窓生で親友だったんだが、
それがわかったのは
私が高校生になったばかりの時、いとこの通夜での席だった。
当時はいとこの死因は
「もとから心臓が悪く薬を飲んでいたが、
突然の発作で薬を過剰に摂取してしまったことが原因」
と説明されていたが、よくよく考えると
いとこの心臓が悪いなんて話は聞いたことないし、
たしかスキーのお土産とかもくれたはず。
なによりいとこは医療従事者だった。
いくら慌てていたとはいえ仮にも専門家がそんな死に方をするのか?
とおかしな感じはしたが誰に尋ねるわけにもいかず、
なるべく気にしないようにしていた。

それから4年後、成人式の後に中学の同窓会を開くことになり、
当時の先生方も参加してくださることになった。

当日用事があり少し遅れて会場に入り、友人とあいさつしていのだが、
いきなり背後からビールをかけられた。
びっくりして振り返ったら先生がすごい形相で立っていて、
「この人殺し!」「クソ女!」
「おまえのせいでいとこちゃんは死んだんだ!」と罵られた。
私も含めその場にいた全員突然のことで固まってしまってたが、
先生がグラスを持った手を振り上げたとき
男性陣が先生を後ろから羽交い絞めにして抑えてくれた。
それでも私は固まったままで、
友人と騒ぎをきいて駆けつけてくれた店員さんに連れられて
他の座敷に避難したところでようやく我に返った。
とりあえず両親に連絡して迎えに来てもらったが、
待っている間ずっと先生の怒鳴り声が聞こえてきた。

次の日、その場にいたもう一人の先生から
謝罪の場を設けたいと連絡があり、
両親と一緒にその場に赴くと本人はいなかったが連絡をくれた先生、
先生のご両親、同窓会の幹事がいた。
幹事も先生に呼ばれたらしい。
続きを読む

このページのトップヘ