注目の人気記事

救急車

859: 名無しさん@HOME 2007/09/07(金) 08:47:27
シンプルなのいこうか 

変態ウトが私の入浴を覗こうとしたんで 
まとったバスタオルを芝居がかった動きでハラリと落とし 
私「満足しましたか?」 
ウト「おお~お(゚ー゚*)(。_。*)」 
私「(^ー^)ニヤッ」 
ウト「(゚∀゚*)ニパァ」 
そこで思い切り下半身を蹴り上げた。 

変態ウトは半タヒ半生の体で病院に担ぎ込まれたが、無傷だった。 
よかったね。 
続きを読む



907: 恋人は名無しさん 2011/01/29(土) 23:13:32 ID:lcviJTwp0
文才無いんで簡単に投下。

俺27歳、彼女34歳。
婚活サイトに何となく登録して、そのうち彼女と知り合って付き合いだした。
『まぁまぁ美人だけど齢を喰い過ぎているから結婚相手には不適だな~』
と思いつつ、会ってすぐやらせてくれたし面倒な事もあまり言わないでそのまま
ズルズルと約半年愛想良く応対しながら風●行く代わりに付き合っていた。 
続きを読む

413: 名無しの心子知らず 2012/01/15(日) 21:30:52.67 ID:yIw+QEko
短くまとめるのが苦手なので結論から言うと、
泥子が盗んだプラモデル塗料を一気飲みして病院送りになった

続きを読む

382: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/01/27(火) 15:20:56.56 ID:qktxuad6.net
数年前、飲み会を自宅でしていた時に友達が具合が悪くなった。
友人男性はお酒を飲んでなかったので、車で病院に連れていくことになった。
付き添いに二人のって合計四人で車に。
四人中三人が結構な量を飲んでいるので車がかなりお酒臭かった。
寒い時期だったので窓も閉めていた。

飲酒検問の場所を通ることになり窓を開けたら、すごいお酒の匂いで、運転してる
友人男性がはーをして数値に出なくても飲んでないということを信じてくれない。
数値に出ない以上、飲酒には全く当たらないんだけど若かったせいかとにかく行かせてくれない。
具合の悪い人のことを言ってもだめで、笑笑と警察官が増えてくる始末。

責任者呼んで と言ってもダメ。まあ、警官相手に責任者もないだろうけど。
しょうがないから携帯で救Q車呼んだ。
検問で動けないなどは言わずに、丸々の交差点近くで検問やってて、そのあたりって言って。
車のナンバーを言い、車の横に立ってると説明して。
続きを読む

812: おさかなくわえた名無しさん 03/10/05 01:33 ID:TUorbcqv
まあ、わりとあきれた話。

運転中、同僚が苦しみだしてしまった。
その人は昨日、似たような症状で病院に担ぎ込まれていて、発作を起こしたばかりだった。
その後落ち着いて先生からは帰ってよし、明日も働いてよしと言われていたのだが、
夕方になって突然苦しみだしてしまったのだった。
もう汗だらだらでかなりやばい感じ。

たまたま道路沿いに専門病院があり走りこみ、
「すぐ診てください苦しんでいるんです」とつたえると、
受付でおしゃべりしていた若い受付嬢と若い医師がめんどくさそうに
「今日は検査できないよ」的事を念入りに言ってきた。
すごく念入りだった。

(続く)
続きを読む

724: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/15(水) 14:48:41 ID:DHO2JtGn
夜中の2時にピンポンを鳴らす音が。
玄関まで下りていくのが面倒で、窓を開けて下を見ると隣のババが居た。
話を聞くと、ジジが胸が苦しいと言うので病院に連れて行ってほしいという。
(隣の家は老夫婦二人暮しで、ジジしか車の免許を持っていない)
私は夜間救急やってる病院を調べて電話をしている間に起きだしてきた旦那が車を出すコトになった。
検査の結果、とりあえず異常なしという診断が出て、
「気になるようなら昼間に外来を受診してください」と言われたのだが、
それがジジ本人には不満だったらしく「あの医者はヤブだ、不親切だ」とブーブー文句たれてた。
まぁ、本当に夜中に病院にいかなきゃいけない状況の病人なら、そんなにスタスタ歩けないだろうし、
怒るだけの元気があるならまず大丈夫でしょうよ…。
家で待っていた(自分は家のコトをしなくちゃならないと付き添いをしなかった。夜中に何の家事があるんだ!)ババは
帰ってきた夫を見るなり、「おじいさん、何でもなくてよかったわぁ」だってさ。図々しい!!
寝起きで頭が回らなくて、言われるままに病院まで付き添ってしまったが、普通に救急車呼べば良かったんだよな。
それからしばらくして、また隣のババが夜中にピンポン鳴らしたが、気が付かないフリしてやった。
そしたら、反対隣の家に突撃して「救急車呼びますから」と言われたら帰っていったらしい。
続きを読む

このページのトップヘ