きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

慰謝料

534: 1 2014/02/17(月) 13:22:04.40 0
既婚男です。
高校生の娘が処女でない事が確定した。
風呂場の棚にボディケアのチューブが各種置いてあって
やれ角質取りだの脂肪取りだの塩だのむだ毛取りだの、
家族全員が使う棚なのに恥ずかし気も無くズラリ。
高校生になった頃からその中に
胸を大きくするクリームやらが混ざり始めた。
まあそこまでは良い。俺が口出しする事でもない。
しかしいつしか「陰毛を柔らかくするクリーム」が
その棚に仲間入りした。そんな物あるんだな。
そして、陰毛柔らかくする必要性って一つだよな。
俺は膝から崩れ落ちたよ。まだ17歳なのに。
しかし男親から思春期の娘にそんな事言えない。
いっとくが細かく棚をチェックしてたんじゃない。
見えちゃうんだよ、俺のひげ剃りクリームの隣にあるから。
で、妻に話した。妻はゲラゲラ笑いながら聞き流した。
あんた、絶対に娘にそんな事言っちゃ駄目よ、
見なかった事にして忘れなさいよ、って言われた。
しかし女親としてなにか娘に言うべき事は無いのか。
そんな中でも陰毛を柔らかくするクリームは
日々消費されていて、俺は胸が痛かった。
妻に、娘にそれとなく注意するよう言ったら
逆ギレされた。気持ち悪い事言うな!見るな!ってさ。

続きを読む

350: 名無しさん@HOME 2014/03/06(木) 17:33:59.14 0
両親が離婚してから裕福な生活から貧乏まっしぐら
あのとき離婚しろと私が言わなかったらこんなことにはならなかったと思うと泣けてくる

続きを読む

265: 名無しさん@HOME 2014/03/03(月) 06:01:22.68 0
流れぶった切って投下失礼します。

去年からの話、フェイク多目です。
在宅で仕事をする私に「●●宅奥様」と言う謎の封筒が届いた。
封書の中には写真が数枚。どれも完全隠し撮りと言った写真で写真には旦那と知らない女が写ている。
何かの悪戯だと思い無視すると二度三度と違う写真が送りつけられる始末。
前提として、旦那は自他ともに認める嫁好きであり浮気など絶対にありえない。後物凄くうそや隠し事が下手な為シロだと確信。
だが写真に写る女性がどれも同一人物なのが気になりそれとなく旦那に相談。
旦那顔面真っ青で浮気を否定。
相手の女性は旦那の会社の同僚Aだと写真を旦那に見せた時点で判明。
親戚の弁護士と探偵に相談。
もしかしたらAの夫が浮気をでっち上げて慰謝料請求なのでは?という結論に至り探偵に調査を依頼した。
この時旦那には言って居なかったがそのAの身辺も気になったので調査もお願いした。
旦那の話を聞く限りでは、Aは仕事が出来まじめで交友関係も広い良い仕事仲間だと。所が×2で今と前の夫が驚くべき確立でクズな事が判明。
その後その写真を送りつけていたのがそのAな事も判明。
旦那が「???」と混乱し、私もAとは接点がない為「???」となり、取り敢えず弁護士に介入して貰った。

続きを読む

114: 名無しさん@HOME 2014/02/27(木) 20:28:32.92 0
俺は婚約結納してた彼女に、共同の貯金を持ち逃げされた過去を持つ
彼女の会社の既婚同僚と浮気をしていた、2人ともまだ現職についているが
既婚同僚は、離婚することなく今も水面化で元婚約者とも続いている
その会社のHPは、会社の社会的責任がどうとか立派な事も書いているが
彼らの職場にも報告したが、個人的な事では会社は介入しないって言われた
よく社内不倫で有責者は解雇されたと読むけど、現実的に本当にできるものなのか疑問
俺は元婚約者親と既婚同僚から使い込まれた金と慰謝料を貰って別れた

婚約破棄後から積極的に接触してくる女がいた、のちの嫁になる
恋愛も女も嫌になってた時期で、食欲なく家でじっとしていることが多かった
弁当を作ってきて、外に連れだしたり、家に掃除をしたり
2年もそんな事をしてくれたので、もう一度、嫁を信じて結婚した
結婚する前に、浮気に対してトラウマがあるので一度でもしたら即離婚を約束させた
嫁からの提案で互いに記入した離婚届を交換して結婚生活を始めた
結婚して1年は平穏で楽しかったが
ある日の夕方、強制有給で家でいるのも退屈になり繁華街の本屋に出かけた
その途中、ホテルの前でつかみ合っている嫁と男を見つけた
「何をやっている」と声を掛けた
「お互い合意の上だ、口を出すな」と男が答えた
その言葉は5年も前に婚約者の浮気相手に言われた言葉そのままだった
俺は強い吐き気とめまいを感じて、その場から逃げた
「あなた、待って違う」という嫁の言葉も耳に入らずに、どう帰ったのか分からないまま
家に着き荷物をまとめて、すぐに弟の家に転がり込んで、その日のうちに離婚届を提出した

続きを読む

このページのトップヘ