きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

従兄嫁

161: 愛とタヒの名無しさん 2013/11/22(金) 09:19:42
自分の式の話で前置きが長いけど。 

式場の収容人数の関係上、親戚の多い私側が大幅に御招待する人数を調整する事に。 
両親とも相談し、おじ・おば、いとこまでを呼ぶ事にし、いとこの配偶者・子どもなどは呼ばない事になった。 
その事は私の母から、親族全体に通達してもらっていたのですが、ある従兄の嫁(仮にAとする)にだけきちんと伝わっていなかった模様。 
私はこのAが大嫌いでした。 

理由として、Aは出産時に、必要も無いのに帝王切開にして保険金出させたり、出産後首の座らない赤子を外に連れ回したり、 
それを注意した従兄の母(私の伯母)に嫌がらせをして鬱病に追い込んだり、挙句従兄共々無職になり、カードローンが嵩んで自己破産。 
車だけは手放したくないと私の父に泣いて縋り、ここは少しややこしいので省きますが、私の父がローンを返済、毎月ローン分のお金を従兄夫婦から手渡ししてもらうように手配。しかし支払いが遅れる月も多々。 
現在は第二子も生まれ、家族4人、生活保護で暮らしているのです。 
そんな状態ですので、従兄のみ招待したところでお断りされると思っていました。 


しかし招待状の返信は参加にマルが。
しかもAからの「○○と××(従兄夫婦の子ども)も私ちゃんの結婚式、楽しみにしてるよ」と言うメッセージ付き。 
母からの通達の件もあるし、招待状は従兄の名前のみで出していたけど何か勘違いしている…と思い、今度は私が直接電話。
「折角なんだけど、人数の都合上従兄までしか呼べない。本当にごめんね」と伝えた所、Aがフジコ。 
「今までの恩を忘れたのか!」(そりゃお前だwww)とか、
「○○と××の為に新しい洋服を買ったのに!もう着る機会無いから弁済しろ!」とか
「私ちゃんの結婚式に行く為に、エステも契約した!その代金も(ry」などなど。 
新婦の私でさえエステ行かないのに、なんでAが行くんだよwwwとか思ったけど、何とか言って聞かせた。

だけど結局、
「折角家族4人、祝儀1万で美味しいゴハンが食べれると思ったのに!!そんなに器小さいと、結婚生活もうまく行かないよ!!」と吐き捨てガチャ切り。 
色々突っ込みどころが満載でしたが、話はキッチリ伝わったと思っていました。 


続きます 
続きを読む

161: 愛とタヒの名無しさん 2013/11/22(金) 09:19:42.45
自分の式の話で前置きが長いけど。

式場の収容人数の関係上、親戚の多い私側が大幅に御招待する人数を調整する事に。
両親とも相談し、おじ・おば、いとこまでを呼ぶ事にし、いとこの配偶者・子どもなどは呼ばない事になった。
その事は私の母から、親族全体に通達してもらっていたのですが、ある従兄の嫁(仮にAとする)にだけきちんと伝わっていなかった模様。
私はこのAが大嫌いでした。
理由として、Aは出産時に、必要も無いのに帝王切開にして保険金出させたり、出産後首の座らない赤子を外に連れ回したり、
それを注意した従兄の母(私の伯母)に嫌がらせをして鬱病に追い込んだり、挙句従兄共々無職になり、カードローンが嵩んで自己破産。
車だけは手放したくないと私の父に泣いて縋り、ここは少しややこしいので省きますが、私の父がローンを返済、毎月ローン分のお金を従兄夫婦から手渡ししてもらうように手配。しかし支払いが遅れる月も多々。
現在は第二子も生まれ、家族4人、生活保護で暮らしているのです。

そんな状態ですので、従兄のみ招待したところでお断りされると思っていました。
しかし招待状の返信は参加にマルが。しかもAからの「○○と××(従兄夫婦の子ども)も私ちゃんの結婚式、楽しみにしてるよ」と言うメッセージ付き。
母からの通達の件もあるし、招待状は従兄の名前のみで出していたけど何か勘違いしている…と思い、今度は私が直接電話。「折角なんだけど、人数の都合上従兄までしか呼べない。本当にごめんね」と伝えた所、Aがフジコ。
「今までの恩を忘れたのか!」(そりゃお前だwww)とか、「○○と××の為に新しい洋服を買ったのに!もう着る機会無いから弁済しろ!」とか「私ちゃんの結婚式に行く為に、エステも契約した!その代金も(ry」などなど。
新婦の私でさえエステ行かないのに、なんでAが行くんだよwwwとか思ったけど、何とか言って聞かせた。だけど結局、「折角家族4人、祝儀1万で美味しいゴハンが食べれると思ったのに!!そんなに器小さいと、結婚生活もうまく行かないよ!!」と吐き捨てガチャ切り。
色々突っ込みどころが満載でしたが、話はキッチリ伝わったと思っていました。

続きます
続きを読む

このページのトップヘ