きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

弁護士

3 :きまぐれ鬼女 2020/09/06(日) 15:22:07
<弁護士相談中、相談予定の方について>
ネットに離婚の情報を書き込むことで請け負ってくださった弁護士があなた自身の弁護をしにくくなる恐れがあります
ネットを見ているのはあなただけではありません
あなたの配偶者や関係者が見ている可能忄生があります
書き込む前にもう一度、書き込むべきか、書き込んでも良い状態かを考えましょう

<精神的な病の方へ>
ネットでの誹謗中傷に耐えうるほど、あなたの精神状態は回復できていますか?
もし悪化した場合、誰も責任は取れませんし、取ってくれません
むしろあなたにとって不利な状況で離婚問題に決着がつく恐れもあります
私たちは医者でもあなたの家族でも友人でもありません
あなたが傷つくことも、あなたの病気にとって良くないことも言います
離婚問題に直面されていることで精神的にもダメージを受けていることはお察ししますが、あなた自身やあなたの周りの人たちのために
ネットでの相談はやめましょう

<離婚当事者ではない人による相談について>
悩みや問題の当事者以外が相談するのはスレチかつ非常識です
当事者にしか分からない事情があり、本人の意思も重要ですので、勝手に情報を漏らすことは本人の足をひっぱることになります
仮に許可をもらって書いているとしても、本人が自分の意思で動かないとどうしようもないので素人に相談するのはリスクしかありません
あなたにできることは当事者の話を聞くことや
いざというときにサポートできるようにしておくことなどで、それ以上はただのお節介にしかなりません
当事者に該当するのは離婚問題に直面している夫または妻のみです
それ以外の親や子供、友人や親戚などの第三者は相談不可です
続きを読む

946 :きまぐれ鬼女 2020/08/29(土) 13:35:19 ID:Zo.n1.L3
結婚を考えている彼に借金がある事を告白されました。
彼は年収300万くらい(明確な金額はまだ教えてもらっていません)

かれの年齢は40歳、実家暮らし。
一応正社員で働いていますが、浪費癖はある様です。
ヘアケア用品や、下着、靴下衣類に結構お金を掛けます。
私は消耗品は量販店で買えばいいのに。と思っていますが、
彼は、人に会う仕事でもあるのでさりげないところに、
金をかけるのがいい。と言います。

借金の金額は年収と同じくらい。との事でした。
カードローンがあってそれを銀行で一部を借り換えたそうです。

借金がある人との結婚は考えられないと言ったところ、
弁護士に自己破産を勧められていて、自己破産しようかと思っている。との事でした。自己破産したら、多少買い物などの制限ができるけど、今のうちに二人で住む部屋を借りてしまえば、
生活で不都合はない。と言っています。

私は30代半ばで、正直結婚に焦っているので、
彼をすっぱりと捨てる事も出来ず悩んでいます。

この先新しい男忄生との出会い。を考えても、
自分の年齢の事もあり、私自身の価値を冷静に見ても、
この借金男とお似合いなのかな。とも思えています。
続きを読む

697 :きまぐれ鬼女 2021/02/19(金) 03:40:56 ID:he.98.L1
昔、元夫が浮氣した時の事を思い出す。
当時夫と私と息子の3人家族だった。
夫が虫垂炎になって運良く散らせるという事で1日入院後に3日ほど自宅療養になった。
足の悪い義父が運動も兼ねてのお見舞いに来て、付き添いで義姉も家に来ていた中、自宅療養中の日曜日に若い女忄生が訪ねてきた。
女忄生は夫の浮氣相手。夫が既婚者とは知らず、一人暮らしで自宅療養をしているマンションに看病に来たという事だった。
ベットの中から出てこない夫。布団を剥がそうとする義父と義姉。状況を掴めない浮氣相手と私と息子。
布団から引きづり出したけど、浮氣相手に詰め寄って「何で家にくるのか」と非難するだけで話が進まないので、浮氣相手には氏名と連絡先を控えて帰ってもらった。
双方の両親と共に話し合った上、水に流し歩み寄る事に。大きかったのが息子の「パパが謝ってるよ」の言葉。
浮氣相手は夫の嘘で全く事実を知らず、結婚詐欺も視野に弁護士を立てるという連絡にこちらも弁護士を立てて謝罪と和解金で収めた。
それから2年後、娘を妊娠中に別の女忄生と浮氣をした。
理由は家に居場所がないから外に居場所を作ったという。
1回目の浮氣以来私や息子、双方の実家から扱いが冷たいと疎外感を感じていたらしい。
誰がそうさせた?それでも少なくとも私と息子は貴方を夫としてパパとして扱っていた。
心機一転引っ越して、仲良く勤めてそれ故の第二子なのに、夫は「追い詰められた」とこちらが悪いと言う。
2回目の浮氣で夫婦で話している時に息子が降りてきて、パパまたやったの?と夫に声をかけた。
夫の台詞と息子の言葉でもう終わりだ決めた。
今年で離婚して6年になるけど、未だに「仏の顔も三度までって言うじゃん」と最後まで離婚を渋った夫を思い出す。
同時に「二度あることは三度ある」と返してた事も。
私は3度目4度目と息子娘が翻弄される事は避けなければならない。あんなの2度どころか1度起これば十分大きな傷なのだから。
続きを読む

850 :きまぐれ鬼女 2021/02/20(土) 13:15:13 ID:ky.az.L1
母親がマンションで漏水事故を起こしたこと。
しかも火災保険未加入だった。

新卒だったある日、会社で一仕事終えて家に帰ったら大家さんがカンカンだった。
母が漏水事故を起こしたという。

聞いてみると、キッチンの水を出しっぱなしにして出かけた上、排水する部分をわざと塞いでいたため、下の階が濡れていないところがないくらい、全て濡れてしまったのだそうだ。

下の階は四人家族。
水漏れが止まらないのに気づいて、出せるものは全て出してくださったらしかった。

大家さんから「あんたが母親を躾けておかないから!あんたのせいだ!タヒんで詫びてくださいよ!そのくらいのことですよ!」と怒鳴られた。

どうしよう、何百万とかかるはずだ、もうダメだ、とその日は泣きながら謝罪し、下の階に菓子折り持って行き、土下座した。空気読めない母が行くとろくなことにならないだろうから、私が行った。

下の階の旦那さんは「こちらの言い値を、あんたら親子にタヒぬまで一生払ってもらいますよ!弁護士も既に用意しました。訴訟も起こそうと思えば起こせますよ。即金で200万、あとは800万を分割。これが払えなけれ
ば訴訟も辞さない!あんた若くて太ってもないんだから体売ってでも払え!」と怒鳴られた。

最終的にそこの奥さん役息子さんが「やめようよ、かわいそうだよ」と解放してくれた。

翌日会社で上司や先輩方に事の次第を報告し、下の階の惨状を写真で見せ、「下の階の片付けを手伝いたい。急ですみませんが、休みを変えてほしい」と相談した。

みんな仰天していたが、「なんとかできねえかなあ」「弁護士の知り合いいるけどこういうの得意かなあ」「私子の手に負えないだろ」と色々考えてくれた。

その中に、「そこの大家さんを知ってる」という上司がいた。
前職が不動産仲介で、よく私の住むマンションの空室を決めていたので仲良しだったそうだ。

「私子さんに罵倒した大家さんは、実はそこまで力はない。表向きは旦那さんがいろやってるが、奥さんが実権を握ってる。旦那さんはヒステリックであれだけど奥さんは凄いまともなんだよねー」

支店長「おい!その奥さんの電話番号わかるか?俺話すわ」

と言ってくれて、なんと支店長がその場で電話してくれた。

支店長「いやーもうびっくりですよね。下の階も上の階も火災保険未加入って中々ないですよ今どき。私子もとても憔悴してましてね。お気持ちはわかりますが、水漏れ起こしたのはお母さんで、私子じゃないんですよ」

としばらく話して電話を切り、

支店長「○日休みね?俺も片付け手伝いに行くわ。あんな荷物お前一人でどうやって片づけんだよ。あ、あと奥さんがマンションの空き部屋下の階の人に貸していいってよ。ホテル代浮いたな」
他上司「えー!支店長行くんすか!?俺らも休みなんで行きますって!こんな現場なかなか無いし」

ということで、当日は支店の休みのメンバーが集まってくれた。母には
「絶対に失礼をするな」
「一言も喋らなくていい。喋るときはお母さんが謝るときだけ。私から促したら話していい」
と言っておいた。

当初ブチ切れていた大家さんには「保険屋にこういう風に話せば保険が下りるはずです。大丈夫です、経験があるから」と支店長が話してくれた。

大家さんが機嫌よくなり、「この間はこのお嬢さんに酷いこと言ってしまった。子供の頃お母さんによく毆られて、深夜に放り出されてたのをよくみてたのに」とさらっと私の幼少期まで暴露されたがまあいい。

下の階の旦那さんも、いきなり登場した専門知識豊富な支店長達に質問攻めにあい、しどろもどろになっていた。
更に「訴訟もご検討でしたか。まずね、私子に言ったような無茶を許可するなんてどこの弁護士です?当然、これだけフッかけるのも相談済ですよね?変な弁護士ですねえー」

と言うと奥さんのほうが「弁護士は入れてない。無料相談に行っただけ」と認めた。

最終的に
「駄目になったガスコンロ、電気ストーブ、トラブル解決のために早退した奥さんの給与分の代金、修繕後の引越し費用」
だけで済むことになった。数十万だけど、事故の内容に比べたらかなり安い。

そして後日、保険の方も無事おりたらしく、大家さんからホクホク顔で
「お金はなんとかなったよ。これでうまいもんでも食いなさい」
と言われ、一万円を渡された。支店長に聞いたら、母の重過失をうまいことただの過失と捉えられるように言い含め、目論見通り焼け太りになったそうだ。

今思うと、旦那さんの要求はかなり無茶だったが、社会経験ほぼゼロの自分はオロオロしっぱなしだった。支店長や上司がいなかったら本当にどうなってたかわからない。
続きを読む

625 :きまぐれ鬼女 2020/06/14(日) 11:08:57 ID:Wd.bb.L2
友人Aのとこは奥さんが出産してからレスで、「家庭を壊さないなら外で遊んでもいい」と許可をもらってた。
しかし結婚17年目にして唐突に奥さんから「不贞で離婚」と言い渡されたらしい。
「外で遊んでもいいと言っていたし合意の上だったのに急にこれはひどい。弁護士を紹介してほしい」
とAが言うから弁護士を紹介した。
その後、弁護士から連絡があり「勝てる案件じゃないから断りたい」と。
Aが俺に言ったことは嘘ではなかったが大幅に省略されており
・奥さんは「プロの女忄生相手で、家庭を壊さないなら外で遊んでもいい」と言っていた
・今回の浮氣相手は会社の部下(もちろん素人)
・その女がA娘に「お父さんは私の物だから、ババア(A妻)と一緒に家を出て行け」といやがらせした
というわけで、普通に不贞だし家庭壊してるしA娘は怪我したしで到底勝ち目がない、と。
しかしAに紹介した手前「何とか引き受けてくれないか」と再度頼んだ。
そしたら弁護士はもともと俺嫁の知人だったので、弁護士は俺嫁の方にチクった。
現在、俺夫婦が大ゲンカ中で昔のことまで蒸し返されて離婚話になりつつある。
よくよく考えたら何で関係ないAのことで楺めるハメになったのかとバカらしくてしょうがない。
Aに苦情を言ったら「弁護士一人紹介できない役立たず」という返事が来て
クズはとことんクズだなと呆れた。
続きを読む

625 :きまぐれ鬼女 2020/06/14(日) 11:08:57 ID:Wd.bb.L2
友人Aのとこは奥さんが出産してからレスで、「家庭を壊さないなら外で遊んでもいい」と許可をもらってた。
しかし結婚17年目にして唐突に奥さんから「不貞で離婚」と言い渡されたらしい。
「外で遊んでもいいと言っていたし合意の上だったのに急にこれはひどい。弁護士を紹介してほしい」
とAが言うから弁護士を紹介した。
その後、弁護士から連絡があり「勝てる案件じゃないから断りたい」と。
Aが俺に言ったことは嘘ではなかったが大幅に省略されており
・奥さんは「プロの女性.相手で、家庭を壊さないなら外で遊んでもいい」と言っていた
・今回の浮気相手は会社の部下(もちろん素人)
・その女がA娘に「お父さんは私の物だから、ババア(A妻)と一緒に家を出て行け」といやがらせした
というわけで、普通に不貞だし家庭壊してるしA娘は怪我したしで到底勝ち目がない、と。
しかしAに紹介した手前「何とか引き受けてくれないか」と再度頼んだ。
そしたら弁護士はもともと俺嫁の知人だったので、弁護士は俺嫁の方にチクった。
現在、俺夫婦が大ゲンカ中で昔のことまで蒸し返されて離婚話になりつつある。
よくよく考えたら何で関係ないAのことでもめるハメになったのかとバカらしくてしょうがない。
Aに苦情を言ったら「弁護士一人紹介できない役立たず」という返事が来て
クズはとことんクズだなと呆れた。
続きを読む

755 :きまぐれ鬼女 2018/08/10(金) 14:56:20 ID:oNqthMMF0.net
人少ないな

中途採用で同僚になったやつがレースやってて、誘われたので練習を見学にいったら
彼氏がレースやってる、という友人に誘われて見学に来てた嫁さんと出逢った。
背が低くてニコニコ笑ってて色白で、かなり年下だろうと思ったら自分より年上で、しかも当時は既婚者。
結婚している、と聞いた時はショック受けたが
離婚の話し合い中だが相手がなかなか条件面で承諾せず困っているというので
親戚に一人弁護士がいたので、紹介するといって連絡先をゲット。
その弁護士の立ち回りが良かったのと、かなりストレスから解放されたようで
物凄く感謝されて、その後も色々相談を受けるようになって
離婚が成立したと連絡があった翌日に嫁を呼び出して花束こ婚姻届わたしてプロポーズ。
嫁さん驚いて「嬉しいけどちゃんとお付き合いしてからもう一度プロポーズして欲しい」と・・・
その後、2年付き合って再度プロポーズしてやっと結婚。

・・・と、気がつけばそこからさらに15年も経ってるなあ。
子供も2人生まれて、毎日が忙しいからあっという間に感じるわ。
嫁の友人はそのすぐ後にレースやってた彼とは別れ、ワイの同僚も体調崩して1年ほどて実家に帰った。
あの時、ほんの少しズレてたら出会わなかったんだな~と思うと面白いな、こういうの。
続きを読む

486 :きまぐれ鬼女 2020/03/04(水) 20:45:37 ID:E3.z5.L7
結婚してから、それまでに加入していた保険金の受取人ってどうしてる?
うちは特にどちらが言い出したとかじゃなくて「変更しなきゃね」「そうだね」って感じで
それまでの受取人だった親から配偶者に変更した。
ちなみに夫も私も新社会人になった時に職場を回ってた外交員に勧められて。
そしてそれぞれ自分で掛け金払ってきたから、その事を親に報告はしてなかった。
私の方はしばらくしてから母親に「ちゃんと変更しておきなさいよ」「もうやったー」って会話があったが
夫の方はそういう会話はなかったらしい。
30代の中頃に夫が貰い事故で亡くなって、その時に夫の親が貰えるつもりだったタヒ亡保険金が
すべて私と息子の受取になっていたことで騒ぎ出し、嫁の企みだなんだ言い出して
弁護士を雇ったものの却下されて毎日恨み節の電話を掛けてきたり
自宅周辺をうろついたりされて、一時遠方に住む兄の家に避難したこともあった。
あとで知ったんだが、義父がリストラに遭っただけでなく、競馬にハマって借金こさえてた。
それでお金が必要だったみたい。(後に自己破産している)
だけど私も息子が喘息持ちで専業主婦になってたから、お金はいくらあっても不安だった時期。
「事故の賠償金も出たんだろう?だったら保険金の半分ぐらい寄越せ」とか言われても「んあ?」って感じだったし。
色々あって、義実家とは完全に縁を切り、用件があったら弁護士を経由してもらうようにして引っ越した。
あれから10年近く経って、今は息子はサッカーする程度には丈夫になったし
私も正社員で働く職場に恵まれ、どうにか順調に暮らしているが
先日友人同士で話をしていて、たまたま保険の話になった時に
「家計費から掛け金払ってるのに夫が受取人を自分や子供に変更してくれない」って嘆いている人がいて
ちょっとビックリした。
結婚したら変更するのが普通だと思ってたけど(あくまで自分で支払ってる前提でね)家庭によるのかな。
でも、私はそのおかげで夫が亡くなったあとの生活が本当に助かったので
変更しないって人には何故?と思ってしまう。
続きを読む

46 :きまぐれ鬼女 2016/12/15(木) 07:46:08 ID:Eh2
神経というか、知能がわからん話

義妹(妻の妹)から
義妹の姑の妹とやらが離婚したと留守電に入っていたが、
関係がないし忙しいしで放っておいた。
が、知らない女がうちに押しかけてきて
「この家を早く明け渡しなさい!」とバカ騒ぎしたため、
弁護士に対応してもらっている間に警察に通報した。
現在、隣の家と裁判しているのだが、簡潔に言うと
うちの土地に犬小屋を建てようとしたくらいの話なので、うちが負ける可能性.はない。
で、押しかけて来たこの女は、予想通り義妹の姑の妹。
離婚で金も住居もなくなったらしいのだが、
「裁判したからには引っ越すことになるんだから、
アタシがこの家に住んであげるわ」とおほざきになられた。
隣家の往生際が悪く、弁護士はほぼ日勤、警察にも2日に一度は来てもらっていたので、
ちょうど来ていた弁護士と、すぐに来てくれた警察に囲まれて、
バカ女はとりあえず騒ぐのはやめた。
裁判の関係者ではないのが隣家の証言もあって警察は引き揚げたが、
弁護士から「こちら(俺んち)が引っ越すことは、
今回のケースではありえません」と説教されたバカ女は、不思議なことをおほざきになられた。
「裁判をしたからには、勝敗を問わず両方が現住所から引っ越さなきゃいけないのよ」
正気なんだろうか、とは思ったが口に出すのは控えた。
俺が言わんでも弁護士さんが「そんなバカな話はありえない」とはっきり突っぱね、
バカ女のほざく寝言をことごとく論破し、
1時間後には当初の威勢のよさが消えうせたしょげ具合で大人しくなった。
その過程で、バカ女とうちは親戚関係にはないともはっきり突きつけたので、
バカ女は肩を落として、どっかへ去っていった。
続きを読む

207 :きまぐれ鬼女 2018/11/01(木) 18:14:34 ID:y1nOAIuT0.net
「なかなか相手が結婚を決意してくれない」っていう態様でもないし当方男なんだけど相談いいかな

私 29歳 職業パラリーガル(法律事務所に所属して弁護士の補佐をする仕事)
彼女 27歳 とかのデザイン業で正社員
付き合って3年

彼女とは実質婚約までしていたんだが私の職業のことで喧嘩になって婚約を破棄されそうになっている

私の所属している法律事務所は債権離婚相続交通事故その他いろいろ手広くやっていて、刑事事件の弁護も請け負っているんだけど彼女はそれが気に入らないらしい

私がパラリーガルをやっているってこと自体は彼女も付き合った当初から知っていたはずなんだけど、刑事弁護の補佐をしていることまでは知らなかったそうだ
この間「あなたは刑事事件の弁護の補佐もやっているのか」って聞いてきたから肯定したら大喧嘩に発展した

私としては普通にこのまま結婚したかったんだけどこの手の価値観の不一致は致命的?
もうかれこれ2週間以上会うことはおろかLINEさえ無視されてる
彼女いわく犯罪者の擁護をするような人とは口も聞きたくないらしい(正確には被疑者・被告人の擁護だけど)
続きを読む

このページのトップヘ