きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

就活

904: 名無しさん@おーぷん 2017/02/11(土)09:15:28 ID:3GS
まだ大学生の携帯所持率が七割くらいだったころ
我が家は同居の祖父の借金を親が肩代わりしてたので
携帯なんて贅沢品は持てず、就活の連絡は全部家電だった

大学の成績も良かったし、大学側からもこんだけ頑張ってきて
成果も残せるんだから就職も大丈夫と太鼓判を押されてた
実際大学推薦ももらった
でもどれだけ頑張っても電話が鳴らなかった

親に聞いても誰も知らないという
時間ばかりがたって、周りは皆就職決めていく中、私だけ決まらなかった

あるとき大学から呼び出された
大学で推薦出した企業との約束を連絡もなくキャンセルするとはどういうことだと
驚いたし連絡なんて何もないと伝えたら、大学側も事情を調べてくれた
結果、企業は家に連絡を入れていたが、それを祖父がとり、丁寧に対応し、
そのまま祖父の手で握りつぶされていた

平日は親は働きに出て私は大学と就活に走り回ってるんだけど、
その間祖父は電話の前で正座して電話がなるのをずっと待っていた
鳴るとワンコールで出ていたため、登録していた留守録に切り替わらなかったようだ
祖父は働いてたときの名残でものすごく丁寧に受け答えしていた
(あとから音声データをもらった)
そして電話を切った瞬間、誰から電話が来たのか、なんの内容だったのか、すっかり忘れていた
親もお金関連でやられて損害を出していた
調べるのに時間がかかり、全て水の泡になってからわかったことだった
祖父の認知症の始まりだった
電話に出たときだけ仕事の癖がでてテキパキ対応できたらしい
医者から借金も認知症で騙されてつくったものかもしれないと言われた
でもどうにもならなかった
それからは自分の就活より、昼間祖父を一人にしておけない!と祖父の介護が始まり
電話を使わなくなった途端認知症がどんどん進行
気づいたら30歳の深夜のコンビニアルバイター正社員の職歴なしのゴミクズに成り果てていた
そこから抜け出せず今祖父の介護しながらワープアしてます
どこで人生まちがったのかな 
続きを読む

714: 恋人は名無しさん 2010/07/29(木) 21:18:53 ID:OhjB4CLDP
俺男…24歳社会人 
元子…21歳大学生(就活生) 

付き合って10か月くらいの春。 
元子が妊娠したと言ってきた。 
6週目らしい。 

そんなにやる回数も多く無かったが、毎回避妊はきちんとしていたし、トラブルがあった覚えも無い。 
しかしまあ気付かないうちに避妊具が破れていたとかそう言ったことなんだろう…、と半ば強引に納得した。 

もう自分は働いていたし、元子とはよく喧嘩もしたが将来も考えていたので中ゼツと言う選択肢は無く 
「予定外だが、少し早まっただけだ。」 
と思っていた。 

すぐに報告&結婚の許しを貰う為に元子の家にお邪魔した。 
まずは謝り、それから元子さんを下さい、と言った。 

ご両親はとても驚いていたが、許しを頂くことが出来た。 

自分の親にも話し、大急ぎで結婚の準備をする事になった。 
元子は就活を辞めたが、大学は卒業を目指す事にしたらしい。

715: 恋人は名無しさん 2010/07/29(木) 21:21:10 ID:OhjB4CLDP
親しい友人に報告すると、避妊しなかったのかよ~wなんてからかわれた。 

俺「ちゃんとしてたつもりなんだけどな~w」 
友『まじかー。そんな事もあるんだなー。あ、そっか、お前の種じゃなかったりしてw』 
俺「んなわけあるかw」 
友『冗談wとにかく幸せにな!頑張れよ』 
俺「おう、ありがとなw」 
とは言ったものの。 

あれ? 

な ん だ か 一 抹 の 不 安 

自分でもなんで妊娠したのか分からないくらいだったので、どんどん不信感が募って来てしまった。 
実は付き合って3か月くらいの時、浮気をされた。(男女の関係無し…らしい。) 
でも「もう絶対にしない」と言う元子の言葉を信じてたし、それから浮気のうの字も疑う出来事は無かった。 
それに「本当に俺の子?」なんて最低な事は聞けない…聞いた所で本当の所は分からない…どうしたら… 
と悶々とした日々を過ごしていた。
続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2014/06/29(日)21:14:07 ID:WwGqnPnkl
3年前に俺を振ったくせに、元カノが復縁迫ってきたwwww
続きを読む

518: 名無しさん@HOME 2014/03/15(土) 06:32:20.48 0
仕事の都合で実家暮らしになった俺のところに、学生時代の悪友IとKが遊びに来た
酒が入ったので、当時のように同級生のGをからかって遊ぼうということになり電話をかけた
俺「おいG、同窓会やるから来いよ」(他に誰も呼ばない、俺たちも行かない店に呼びだすイタズラ)
G「は? 年明けにやったばかりなのにか? そりゃお前はいなかったが」
俺もIもKも知らなかったのでちょっと驚く
G「やりたいなら声かけてもいいが、こんな中途半端な時期に集まろうとしてもなー」
俺「で、でもよ、Eから俺たちのところに話が来てさ」(E:当時の学年主席)
G「Eからか? じゃ俺パス。この間の同窓会さんざんだったからな。野郎の女房が子供連れて実家帰ったきり音沙汰ないって、ひたすら愚痴こぼしてたんだから」
俺「あー・・あとHとか」(H:当時の生徒会長、野球部のエース)
G「退院したのか? 突然連絡取ってきた中学の先輩に逆らえなくて、窓から飛び降りて入院してたのに」
EもHもそんなことになっていたとも知らなかったので、俺たち言葉がない
G「たち、と言ってたがお前と誰よ」
俺「えーと、IとK」
G「Iの奴出所したのか? オレオレ詐欺で逮捕されてたのに」
それも知らなかったので俺吹きだす
G「それにお前、リストラされて実家帰ってきた身で同窓会とか言ってる場合か? 就活しろよ。お前には貸しはあっても恩義理感謝の類はまったくないから協力する気はないからな」
知らなかったIとK吹きだす
G「あと、Kとは切ったほうが安全だぞ。このところ俺とかOとかに、出資すれば30倍にして返すから金出せって連絡してきてるから。仕事ないならお前のところには来ないとは思うが」
Oは地元自営業の二代目、Gは三代目

その場は凄まじい空気の中解散になって、酒が抜けてからちゃんとGに聞いたら全部実話だった
IとKにからかわれていたのは俺だったらしい

続きを読む

このページのトップヘ