きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

学生時代

980 :きまぐれ鬼女 2018/08/29(水) 09:24:19 ID:wGsR+RxI0.net
学生時代の仲間内で空気読めないズケズケ言う&体育会系な子がいたんだけど、まぁあの子はそういうキャラだから…で許されてた
中には本気で怒って離れる人もいたけど
私の結婚式で親族に対し失礼な発言をしたらしく、お怒りの言葉を親族から頂いた。酔っていたと聞いてその場は咎めず。
本人はあとから「私、◯さんに悪いことしたからごめんなさいと伝えてください」と言うのみ。理由や説明なし。
でも30過ぎた大人がよりによって披露宴の席で親族を弄るような発言する?
そこまで配慮できない人間だったのか見抜けなかった自分にも自己嫌悪。引越しを機に住所教えず、SNSもブロック。
許されていた世界がいつまでも存在すると思わないで欲しいし、いい加減大人になって欲しい。
ちなみに発達とかそういう障/害ではないと思う。雑な性.格なだけ。
続きを読む

48 :きまぐれ鬼女 2019/01/05(土) 02:01:15 ID:s8zZYF6V.net
去年、腰を悪くして脚にまできて歩き方が引きずる形になってしまったんだが、学生時代の友達に会ったら歩き方を馬鹿にされたり「歩き方変だぞ!」と言われた…
症状や病名を聞いてきたから説明したんだが謎のアドバイスされたり、他の飲み会で自分の歩き方をネタにもしていたのを風の噂で聞いてショック…
少しずつFOするかなぁ…
続きを読む

378 :きまぐれ鬼女 2019/01/29(火) 19:00:17 ID:2T4oqLei.net
学生の頃から仲良くて、大人になってからも時々集まってたグループ。
私以外はみんな結婚して子持ちだから最近は飲みじゃなくランチだったけど私も満足してた。
私は個人でバイヤーをしてて、10年同棲してる6歳年下の彼氏と5年前にマンションを買って、年に2.3回2人で海外に買い付けに行くという生活をしてる。結婚願望も出産願望もないし、何も問題なければ今のままで十分だと思ってる。
前は「ほんとあんたらしいね~」とか「あんたは年下が合ってると思うわ~」と言われてたのに
最近になって1人の友達から「本当に子供産まないつもり?」とか「海外旅行もいいけど、そんな生活いつまでも続かないよ?」と言われた。

「私は満足してるし、彼氏も親もそれでいいと言ってるし、海外に行くのは旅行じゃないよ。毎回行くのは同じ場所だし観光なんてしないよ。2週間みっちり買い付けで仕事だけだよ」と言うと
「はぁ…。もういい加減大人になろうよ。あんたが50歳になった時に泣きついてきても、こっちは何にもしてあげられないよ?」と言われた。

その日、解散になった後に別の友達から電話がきて「あの子、子育てでいっぱいいっぱいで、多分八つ当たりみたいなもんだと思うよ。時間が経ったら許してあげて」と言われた。
電話してきた友達は何も悪くないし、文句言ってきた友達も悪意のみで言った訳じゃないと思うけど「価値観のズレ」を思いっきり感じてしまい「あぁ、もう無理なんだな」と思った。
続きを読む


624:名無しさん@おーぷん2017/12/07(木)09:55:55 ID:qNj
人からしたら大した修羅場ではないのだろうけど、個人的にはタヒにかけたので修羅場。

私はアナフィラキシー持ちなんだけれど、学生時代に突然発症。
最近はアレルギーというのがメジャーになって、アレルゲンの無い食べ物とか、飲食店のメニューにもアレルゲン表示されるようになったけれど、とにかく私のときはそんなのがなく、アレルギーっていうのもあまりなかった。
ド田舎だったので、花粉症すらもいなかった。(花粉症になったら一巻の終わりみたいな田舎)


その日は普通に部活をしていて、校内周辺をランニングしていた。
途中、なんだか指の間に痒みを感じたのだけど、血行が良くなっただけなのかもと気にもせず走っていた。
ランニングが終わった後、小休憩があった時に先輩に「ちょっと顔がヤバイよ!」と言われた。
確かに気持ちが悪くて、今にも吐きそうだった。
先輩に顔が腫れてる、顔色が悪い、唇が倍くらいに腫れ上がってると言われ、先生を呼んでくるから木陰で休んでろと言われた。
もうその時には吐き気がすごくて、視界も狭くて黒いフィルターがかかってる感じ。
この時に知ったけれど、意識不明になるのって本人的には眠くなるんだよね。
「あーダメだ眠い。寝よう」っていうのが我慢できなくて、自然と瞼が落ちる感じ。
私は嘔吐をしながら寝た。

その後は先生数人に担架で運ばれ、保健室へ。
本当に当時は先生たちもアレルギーの知識もなかったし、持病があるタイプでもなかったから先生たちもてんてこ舞い。
どうするかってなった時、生徒の一大事を知らされて様子を見に来た教頭先生が、私の顔を見た瞬間「救急車を早く呼びなさい」と叫んだらしい。
その時、私は運悪く喉の腔内まで腫れ上がっていて、先生たちが対応に追われている中、静かに呼吸が止まっていたらしい。

教頭先生が私の顎を上げて、なんとか気道を確保しようとして、わずかに呼吸を確認している間に救急車が到着。
なんとなく親が来たのも分かったし、救急隊員の人に声をかけられているも聞こえていた。
病院で点滴をしたら、あっという間に意識を取り戻して回復をしたから大したことなかったのかも。

けれど医者にはアナフィラキシーショックと診断され、学校給食で一週間牛乳は飲まないで下さい、あと血液検査結果が出るまで運動はしないでくださいと言われた。
その日は突然の入院だったので入院食もなく、一晩点滴で過ごしたんだけれど心配で親が見舞いに来た時に目の前でモスバーガーを食べらた時も合わせてセットで修羅場w
もうお腹の中空っぽだから、すごく親が恨めしかったよ。

そして一週間後の血液検査結果でアレルゲンが分かったんだけれど、医者に「あと15分遅れていたら、助からなかった。教頭先生の迅速な対応に感謝してください」と言われたのが本当に修羅場だった。
続きを読む

このページのトップヘ