きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

婚約者

481: 名無しさん@おーぷん 2014/11/30(日)12:10:46 ID:e2y

結婚寸前で破談になった。
婚約者が中学生の頃イジメの首謀者だったみたいなんだけど、
その被害女性からうちの実家に
手紙と証拠が送られてきて心配になった両親が
興信所を使って調べたら事実だったことが判明した。
俺も最初は子供の頃の話だろって思ったんだけど、
いじめの内容がえぐすぎて嫌になってしまった。

ここまで恨まれるってことも怖かったんだけど、
そんなことをしていたなんて今の彼女からは想像できなかった。
結局昔のことを理由に婚約破棄ということで、
こちらもあまり大事にしたくなかったこともあって、
式場のキャンセル料といくばくかの慰謝料を支払いました。
女の人って怖い。イジメの内容も本当に人間性を疑うものだったので、
なんかもう恋人を作れる気がしない。

続きを読む

931: 恋人は名無しさん 2006/05/28(日) 01:47:26
流れを無視して投下します。
今では立派な笑い話です。

3年程前、ドイツのチュービンゲンに留学していた頃の話です。

当時、日本には学生の身分ながらも婚約している恋人がいて、
1年間の留学が終わった暁には、式を挙げることが決まっていました。

叩かれることを承知で書きますが、僕はすこぶる女癖が悪くて、
長期休暇を除いてほとんど彼女に遭えない禁欲状態に耐えられるはずもなく、
渡独後1ヶ月で現地妻ならぬ現地彼女を作ってしまいました。
関係ないですが、ドイツの女性は総じて顔が筋張っていてお世辞にも綺麗とはいえず、
留学生どうしの集まりの時に知り合ったロシア人の女の子(以下A)と付き合うことになりました。

Aは身長165cmくらいの線の細い、黒髪であることを除けば典型的なスラブ美人で、
性格は少し思い込みが激しいところがありますが、基本的に優しく、気が利いて、
僕としては申し分のない女性でした。

はじめ、Aは寮でひとり暮らしだったのですが、
僕の借家が広すぎて持て余していた為、自然とに同棲するようになりました。

続きを読む

このページのトップヘ