きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

1 :きまぐれ鬼女 2022/09/04(日) 14:06:42 ID:1Fb98NoW0.net
ワイ「課長なったわ」 

母親「おとうさーーん!?!?」(発狂)

父親「うぉおおおおお!!!!!!!!」(咽び泣く)

お婆ちゃん「課長になったと聞きつけてきますたwwwww」

姉「課長になったんだって!!!?ほらあんたも挨拶!!!」

幼女姪「おめでとうございますでしゅ」
ワイ「あわわわわ、大ごとになってるでござる、、」
続きを読む

739 :きまぐれ鬼女 2011/11/15(火) 10:24:33 0
姉が婚約した時に、同居の祖母が急逝した。八十だったけどどこも悪くないとか
笑っていたのにある日起きてこなかったので、私が朝食だと呼びに行ったら
亡くなっていた。心臓マヒで眠るように亡くなっていたよ。
いいばあちゃんで小さい頃は共働きの母に代わって私達姉妹を育ててくれて
懇談会も来てくれた。
おしゃれできさくで気の若いばあちゃんは友達にも人気で
我が家は友達が遊びにきたいと言ってくれる家だった。

そんなばあちゃんなのに姉の婚約者は気に入らず、姉には言わなかったが
私に「あいつは嫌な臭いがする。やめた方がいいと思う。」と言って来た。
でも恋愛結婚で二人ともラブラブだったから私も誰にも言えなかった。
同居の祖母の喪中と言う事で姉の結婚式は、延期になった。
婚約者が籍だけでも早く入れたいとせっついたそうだが、祖母に育てられた
姉は生真面目でけじめがつかないと式の後に入籍したいと断ったそうだ。

一年延期になったが、ちょっとしたきっかけで婚約者が借金まみれで
いろんなところで借りていてもう返せずに闇金まで手が出そうだったので
姉と我が家にたかるつもりだったのがわかった。
指輪を貰って両家の顔合わせをした婚約でお金は動いてなかったが
弁護士を入れて破談になった。
元婚約者の両親も借金の事を知らなくて、姉のせいでばれたと
元婚約者に恨まれて車でひき逃げされた。でも姉は転んだ時に
擦り傷を作っただけだった。姉はばあちゃんのお墓参りに行こうとして
居たときで線香を忘れた事を思い出して曲がり角を曲がったので
車に勢いで転んだだけだった。それでもしっかり顔も見たので
警察に届けて元婚約者は捕まった。
元婚約者には執行猶予が付いたけど、姉と我が家に接近禁止が出ました。

本当にあいつと結婚しなくて良かった。ばあちゃんが体を張って教えてくれたのでと
思います。ばあちゃんありがとう。ねえねは来週素敵な人と結婚します。
続きを読む

51 :きまぐれ鬼女 2012/08/15(水) 17:48:40 0
姉たちの巻き込まれた修羅場。

姉夫は仕事で、一年のほとんどを海外で過ごす生活。
姉も仕事をしているため一緒に住むことができず、
姉が姉夫のいる国に行ったり、姉夫がたまに日本に帰ってきたりしている。
そんな生活をしている間に姉の妊娠が発覚。
本当は「結婚生活が安定してから~」と思っていたらしいのに、姉夫が色々失敗しちゃったらしい。

姉夫は仕事の都合上しばらく帰ってこれない。
姉も英語を話せないし、もう少し仕事をしたい、と姉夫の居る国には行かない選択。
姉夫両親は海外。私と姉は母子家庭で育ち、その母も病気で亡くなっている。
結果、姉は一人で子供を出産することに。
世話をするという名目で私も姉夫婦のマンションに住まわせてもらうことになり、
私が仕事で居ない時の姉に付き合ってくれるのは姉と姉夫の共通の友達のAさん、Bさん(二人とも男)。
ちなみにAさんと私は付き合っています。

二人とも独身で、時間に融通のきく仕事をしている、ちょっと特殊な人。
私が居ない時に姉が貧血で倒れたりした時はAさんが病院に付き添ってくれたり、
Bさんが家具やインテリアを組み立ててくれたり。
他にも姉の女友達が居たりするんですが彼女たちも仕事に融通がきかず、
毎日ではないですが、日中付き添ってくれるのはAさんBさんでした。
続きを読む

60 :きまぐれ鬼女 2020/10/07(水) 19:29:54 ID:oq31ktje0.net
俺高1ゆー高2の頃もゆーには色々あったがモテモテ話なので割愛
話はゆー高3俺高2に飛びます

ここでヱロ展開がやってくるんだけど
このときの俺の猿思考が7年後どえらい惨劇になる
続きを読む

1 :きまぐれ鬼女 2020/10/07(水) 00:51:13 ID:oq31ktje0.net
立ったら書いていこうとおもってる
続きを読む

15 :きまぐれ鬼女 2018/07/25(水) 11:26:04 ID:Jlt
30歳の自分に、姉がお見合い話を持ってきた
相手スペック:
・アラカン、バツイチ
・果物農家(法人化)でいわゆるセレブ農家
・同居必須で親の介護をして欲しい(施設は姥捨て山なので反対!とのこと)
・専業主婦希望で農作業の手伝いはしなくていい
・子供は最低3人欲しい

姉は「共働きが当たり前でかつ家事育児介護も嫁という家庭が多い中で
この人は専業主婦でいいと言ってくれてる。超優良物件だよ」と言うが
オジ専でもないのに一回り以上年上のおっさんはちょっと・・・とお断りしようとしたら
「三十路のバツイチのくせに選ぶつもりなの?」とヒスられたw

私は確かにバツイチだが、だからといって好きでもないおっさんに嫁いで
おっさん親を介護したら間をおかず夫の介護・・・というのはしんどいんだがなぁ
法人化してるとはいえ、相手男忄生自身が農作業大好きで365日畑にいるような人だから
まったく手伝いをせずに、私だけ趣味の旅行に行くというのも厳しそうだし

あまりにしつこいのでそんなに言うならねえちゃんが結婚したら?とキレてみせたら
私はもう断られてるの!と口を滑らせてちょっと笑ったw
姉は42歳で結婚歴なしの実家暮らし
見合い話を最初に持ち込んだのは姉の上司で、最初上司は姉を紹介しようと思って
それとなく2人を引き合わせたそうだが、先方から「せめて子供の生める年齢の女で」と
いきなり断られたらしい
普通はそこで終わる話だと思うが、何故か妹を紹介する流れになったという
(というか上司もそのことを何故姉に伝えるんだwww)

姉に「私の顔を立てると思って」と最後は懇願されたけど
何かの漫画で読んだ台詞を思い出して、妹を人身御供にしなきゃ立たない顔なら
立てる価値もないんじゃない?とpgrしたら超ヒスられて
「あんたなんて紹介してあげないから!」と向こうからお断りしてくれましたw
続きを読む

649 :きまぐれ鬼女 2017/08/05(土) 21:50:13 ID:SxVbZfxP.net
もう30年近く前の、親戚の結婚式の話。
私は当時3歳か4歳で、年子の姉が一人いる。
姉だけが花嫁さんのベールを持つ役目を受け持ち、白い可愛いド乚スを着てた。
(当時は分からなかったが、両家の子供たちから一人ずつ選ばれた)
私は紺色の地味なワンピース。
記憶が飛び飛びなんだけど、白ド乚スの姉を見た瞬間私の不満は爆発し、そりゃもうグズりにグズった。
面白がった父が写真に残す程、酷いグズりようだった(多少記憶にある)。
集合写真にも泣き腫らした顔で写っている。
で、どういう経緯でそうなったのか分からないが、私も式で白いド乚スを着せてもらえる事になった。
でも周りの大人達は、そんな私を見てクスクス笑うのね。
大人は気付かれてないと思うだろうけど、周りの雰囲気を子供は敏感に感じ取っているのだよ。
なので、白いド乚スを着せてもらっても私の心はちっとも晴れなかった。
親戚の子にリングガールとかさせる人は結構多いと思いますが、子供が複数いる場合は扱いに差を付けないで欲しいなぁと切に思う。
まあ、一番不幸だったのは新郎新婦とうちの母だろうな…。式の最中にグズった訳じゃないから許して。
続きを読む

143 :きまぐれ鬼女 2013/07/05(金) 22:47:51
俺「やっぱり、俺はここの子供じゃなかったのか……」
姉「結婚しよう!」
俺「……(;゚Д゚)」
姉「子供つくろう!」
俺「……(;◎Д◎)」

今までの人生で一番混乱した日だった。懐かしい。
続きを読む

835 :きまぐれ鬼女 2016/12/20(火) 17:04:09 ID:8S6
今日、姉がヨメトメ戦争を勝ち抜き旦那を捨てて 出戻ってきたので吐き捨てていく。

俺には七つ上の姉がいる。
昔から負けん気が強くて男勝り、昆虫観察が趣味の少し変わり者の姉だった。
この姉がいなかったら、俺はきっとタヒんでたと思う。というのも、ひどいイジメにあっていたからだ。
その時姉は既に社会人で実家におらず、俺もイジメられていた事はいえなかったんだが、やっぱバレるもんなんだな。
ある時、本当にたまたま実家に遊びに来た姉と、下校中に鉢合わせた。
その日も毆られてたから、俺は傷だらけだった。姉は俺の顔を見てサッと表情を無くしたよ。
いつも笑ってる姉だったから、この時のことはよく覚えてる。このあとの事も。
転んだって言い訳する俺に「誰にやられた」って真顔でさ。結局、その迫力に負けて首謀者と取り巻きの名前を教えた。
そしたら姉は、そいつら(中学の時の同級生だから徒歩圏内)の家に毆り込んだ。文字通り、竹刀担いで。
竹刀こそ肩に担いだまま使わなかったものの、演劇部で鍛えた姉の声量は物凄かった。
夕暮れのご近所に姉の怒声と抗議の声と泣きながらの絶叫が響き渡った。
それを4軒、きっちり。最後の方はのど飴舐めて「あーえーいーうーえーおーあーおー」って発声練習?しながら、徒歩で回った。
結果として、イジメは収束した。
それどころか近所中でヒソヒソされまくり村八分に近くなったいじめっ子の家はみんな、二年と待たず引っ越していった。
俺に対する謝罪はもちろん無いままだ。
良くも悪くも田舎で、まだまだ昔の価値観に染まってた土地だから、相当陰湿に言われてたと思う。
姉の無双っぷりに胸が透く思いだったから、そんなもんいらなかったけど。
こんな事あったよね、と姉に言ったら
「あんたも結婚して子供できたんだからしっかりしなよ、親と実家は姉ちゃんが面倒みるから嫁と子ちゃんと守れよヘタレ」
と返された。俺きっと姉にはタヒぬまで勝てないと思うけど、ヘタレなりに頑張ろうと思う。
続きを読む

975 :きまぐれ鬼女 2013/05/24(金) 13:29:23 0
ねーちゃんの出張のとき、親がねーちゃんの子どもら預かったこと。
可愛がってやるつもりでいたのに、あいつらが宇宙人みたいで、
まともなコミュニケーションが全くできなかったこと。
うちの母親が作る料理を全部「なにこれ」「マクド」と言って食べず、
数日間、マクドと菓子パンとジュースだけで暮らし、
母親が作ったごちそうが、ほとんど生ごみになったこと。
休みだしどこか連れてってやると言っても、面倒がって顔も洗わず、ずっとDⅤD流しながら、
DSしていたこと。
子どもが3人もいるのに、DⅤDの音だけしかせず、家の中が不気味なほど静かだったこと。
声かけても、誰も返事もせず、「マクド」「なにこれ」「ウザ」しか声聞いた覚えが無いこと。
一番下(一年生)が最後ちょっと心開いて寄ってきたから、
近所の公園連れて行ってブランコ乗せたら、カカシみたいで、こげなかったこと。
帰ってきたねーちゃんに「一年生なのにやばくない?」とその話したら、
「公園とか行きたがるとウザいから、そういう余計な事しないで」と怒られて、
「いやそれおかしい、子どもは遊びたくてあたりまえじゃん」と言ったら、
「母親失格だって言いたいの!」とヒステリー起こして泣かれたこと。
親に「お前が謝れ」と言われたこと。
続きを読む

このページのトップヘ