きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

妊娠


352: 名無しさん@HOME2013/07/21(日) 19:41:04.00
十年ほど前の昔話ですよ。 

義兄嫁はとにかく難癖が好きな人で、我が家のすることを非難する。 
学生結婚した事から気に入らず、年下の私が先に結婚していたのも気に入らず 
私が学生結婚しても大学辞めないで卒業したことも気に入らず 
子供が男の子だったのも気に入らず、私の実家の家業も気に入らず 
なにもかもが非難のねた。

会いたくなくて義実家にもずらして行くようにしていたら、わざわざ電話して来て
うちの子がどこの学校に行ったのか、何しているか探って来て不用意に言おうものなら
お説教の手紙を送ってきたり、義母に言いつけた。
的を得たものならまだ聞く耳を持つが、まったく筋違いの内容が多いので
旦那と相談の上で固定電話を撤去して、手紙が来たら受け取り拒否でポストに入れた。
義両親にもちゃんと話してあったので、義父からきつく叱らたらしく一応それでその時は
沈静化したようにみえた。

数年後義父が亡くなりました。さすがにその時は会うしかなく通夜葬儀と忙しく済ませて
四十九日で親戚の皆さんが帰られて、義兄夫婦と姪と義母と私達夫婦と息子になった時に
爆弾発言が義兄嫁からありました。
当時義兄夫婦に中三の娘が一人で、弟にあたる我が家には高二の年の息子が一人でした。

すみません、長過ぎって叱られたので続きます。
続きを読む


291: 名無しさん@HOME 04/12/25 00:15:12
|-`).。oO(いいかな?) 

もう義理家族じゃあないんだけど 
まあ、狙ってたことを実行できたから(ノ゚Д゚)ノ☆ 
4年前、私に子供ができないという理由で、偽家族に苛められてました 
旦那もかばってくれず、離婚。



で、一昨年再婚して・・・恥ずかしい話ですが出来ちゃった再婚です。
出来たんです!
実は正式に医者に行ったわけではなく、不妊症と診断されてなかった訳ですが
元旦那の家族が、「嫁が悪いに決まってる!このうまずめが!病院?世間体悪い!」って言ってて
元旦那も私も、医者にいかしてくれなかったんです。
元旦那だって「僕が悪いわけないじゃん~病院?何言ってるの?」って奴だったので。

現旦那は、そのことを知ってるので
「それじゃあ~ちょっとだけ仕返ししてみる?」って言われて計画をしました。
そして、今日、クリスマスイブに実行。
ベビーカーに、生まれたベィベを乗せて、元旦那宅へ訪問。
「はい、出来ました。ってことで私が悪いわけじゃなかったんで、
それより、元旦那さんを病院つれてってあげてくださいねえ?
今怖いんですって!環境ホルモンで種ナシになる男がいるんですからっ!」
と、言い捨ててきました。
元旦那も、義母も青い顔でオタオタしてました。
そして、現旦那がビシッと一言
「妻(私)をくれてありがとう。おかげさまでこんな可愛い息子がもてました。」
元旦那、「あ、ああ。」と終始泣きそうな顔でした。

帰り道、現旦那と二人で
「ちょっと意地悪だったかしらね?」
「いいんじゃない?倍以上お前は苦しめられたんだろ?足りないぐらいだ」
と、笑いあいながら帰ってきました。

続きを読む


437: 名無しさん@HOME 2014/10/29(水) 23:05:20.88
義実家は酒屋を経営している。 
義兄(長男)に酒屋を継がせる予定だったらしいが、都会の大学に行き、都会の商社に就職し、 
そこで知り合った嫁にすっかり染まった義兄は、こんなダサイ店継ぐのは嫌だと言い切り、 
次男である私の夫が酒屋を継ぐことになった。



田舎によくあるような酒と生活用品がほそぼそと 
売ってる店なので客も少なく、私は店の手伝いの他、パートにも出ていた。
それでも、常連さんもいてくれて何とか赤字だけは出さないように頑張ってた。
ところが義兄がリストラにあい、義実家に帰ってくることになった。派手な嫁さん連れて帰ってきて、
酒屋は自分と嫁で経営する、店の外観ももっと今風に改装したほうがいい、とか勝手に盛り上がってて
義両親は店は次男が継ぐ、義兄は他で仕事を探せ、仕事が見つかって安定するまで義実家に居てもいいが、
と念を押していたけど、義兄嫁が妊娠して初孫フィーバーになった義両親が今になってやっぱり長男が
継ぐのが筋だよな、と、もし産まれてくるのが男の子だったら尚更だ、などと言ってる。
義兄嫁は洋風居酒屋にしたいとか寝言。借金しなきゃ無理なのにわかんないのかな。
最悪、義兄夫婦のせいで首吊ることになったり破産しなきゃならなくなりそう。義両親も頭冷やしてほしい。

続きを読む


1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/03/12(土) 15:22:53.24 ID:8oAnJn5t.net
彼女「妊娠しちゃった…」 
俺「えっ…誰の子…?」 
彼女「友達としちゃって…」 
俺「そ、そっか…(ってことは別れ話しにきたんだな)」 
彼女「血繋がってないけど、大丈夫?」 
俺「????????」 

大丈夫なわけないだろ頭おかしいのかよ…
続きを読む


353: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/23(木) 22:56:17.15 ID:Jn6xkIj10.net
34歳の時、同年令で独身のA子さんからよく嫌みを言われた。 
ちょうど三人目の育休から復帰したばかりで休みが多くて、 
しかも三人目は先天忄生の病気で入院を繰り返していたから、独身のA子さんからしたら、邪魔な存在にしか感じなかったのだろう。


ある日、子どもの入院前にA子さんから酷い暴言を受けた。
「年取って無理して産むから、そんな出来損ないが産まれるんだよ」

今までで一番傷ついた言葉だった。


その後、人事異動でA子さんとは離れられてホッとした直後に、
私が謎の体調不良に見舞われ、半年ほど仕事を休むことになった。
続きを読む


470: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/01/01(金) 01:10:49.46
うちの石はランシ提供受けるしか道はないんだけど、かれこれ10数年先延ばしにしてきた 
でももしかしたら今年はやるかもしれない 
もらうとしたら嫁の友達くらいしかいないんだけど、赤の他人だしなんだかなぁ 


叩かれるだろうけど、不倫相手に話したら喜んで提供すると言ってたけど、
もし実現したら愛する人との子どもができるわけだから、俺は最高に幸せになる
続きを読む


1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/02(日)04:47:06 ID:iA8
なんで結婚したいのか聞いたら、仕事やめるから扶養に入りたいんだと
一気に冷めたわ
扶養って俺が養うって事だろ?なんで俺が面倒見なきゃあかんねん
俺は不自由と面倒と損害が大嫌いだから、財産分与だとか扶養義務だとかタヒんでも嫌だわ
こういうクズ女ってどういう育て方したの?
続きを読む


352: 可愛い奥様 2018/06/25(月) 15:36:59 ID:aAOkORqR0
愚痴吐き出し失礼 

24wでまだ悪阻が終わらない嫁、力を持て余した息子二人を放置して一人ツーリングで観光地に出掛けて、20時に日焼けしたニコニコ顔で帰ってきた旦那に久々にキレてしまった 
「上二人は知らない間に大きくなったから一度ちゃんと子育てがしたい」「妊娠中と産後のフォローはする」と旦那の熱望で三人目に踏み切ったのに何だこれ

子育てのビジョンを聞いたら「もう一回赤ちゃん抱っこしたかっただけでそんな難しいこと考えてない」と言われて、妊娠してから一度も酒飲みたいと思わなかったのに昨夜は飲みたくて飲みたくて寝られなくなった
それだけの考えの為に子どもにこんなに我慢させて私も多分産むまでコースの悪阻に耐えてたのか?
私は二人で満足してたんだ、私たちの今までの生活返せよ!と泣いて怒り、朝ももう何もかも嫌になって一人でワーワー泣いて寝落ちして起きても頭痛いし最悪だ
こんな考えじゃお腹の子にも申し訳ない
悪阻で荒んでるだけだと思ってこれから気持ちを立て直していこう
続きを読む


844: 名無しさん@おーぷん 2018/06/27(水)09:08:37 ID:XrN
昨日妹から電話あって、母が妹の同級生(A男)を誘惑して妊娠したらしい…。
しかもそれがA男経由でA男両親に話が行ったみたいで家に乗り込まれたって…。
妹は「お腹のをおろして私の転校、私とお母さんの引越しをしなければ訴えるって言ってるのにお母さんは産むって言い張ってて、もうどうすればいいかわからない。」って泣いてた。
とりあえず今日実家に行って母と話をするんだけど、どう話をすればいいの?

当たり前だけどこんな経験した事ないから全然わからん。
向こう様にもどう話をつければいいか誰でもどんなものでもいいからアドバイスが欲しい。
母自身は自業自得だからぶっちゃけどうなろうと構わないけど、妹には出来る限り被害を少なくしてやりたい。
続きを読む


905: 可愛い奥様 2012/03/24(土) 09:31:53.68 ID:bMEie7UJ0
数年前まで、夫以外の人とデートしたりしてた。 
しかも相手はみんな夫の仕事関係の人。 
例えるなら、夫はサッカーチームの管理栄養士・デート相手複数人は全員そのサッカーチーム選手、みたいな。 
最終的にその世界のトップの人と仲良くなり、その人の子供を妊娠。 
それが我が家の次男。 
世界的に有名な人なので出産を決めました。DNAを残したかった。 
それ以来、浮気行為はやめました。
続きを読む

このページのトップヘ