きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

女子高生

654: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 02:27:21.11 ID:ZzK4zx4K.net
中学生一年の頃の修羅場。
長い割に馬鹿馬鹿しいです。

休日に部活の為に学校指定のジャージで登校中に見知らぬお姉さん方五人に囲まれる。
「あんた人の彼氏にちょっかい出したでしょ?」
は?となりながらも知りませんと否定。
「知らばっくれんな!」
肩をドン。小柄な自分ふらつく。
あとは襟首掴まれてギャーギャー喚いてて何を言っているのか不明。
そこに男子高生が二人が乱入。
お姉さん方と口論。
「こいつが!」とか「この子に!」とか争ってるけど自分は傍観。
騒がしかったからね、近所のおっちゃんも登場。
何があったのか聞かれたけど低血圧もあって見てただけだからわからないですとだけ返す。
おっちゃんが話を聞いたら、その男子高生の片方が自分に一目惚れしたと。んでお姉さん方の友達と付き合ってたけど別れようってなった。
腹が立ったお姉さん方は突撃ーみたいな。
おっちゃん苦笑いしながら「この子男だぞ」と。
お姉さん方と男子高生全員固まる。
部活に間に合わないからと、そこで自分退場。
朝から変なのに巻き込まれたと気落ちしました。

今日居酒屋でおっちゃんにバッタリ会ってその話されたので思い出し投下。
続きを読む

563: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/01(金) 02:45:34.37 ID:49bxv1Yd
駅で女子高生が男に「触りましたよね?」怒ってた。 
「誰が触るかこのブス!」と女子高生を怒鳴りちらす男。 
確かに可愛くない子だった。
そのせいかギャラリーが助けに来ず、男が調子にのって、 
「名誉毀損で訴えるか?冤罪だよな~ブスが調子こくから世の中不況になった!」 
と一方的に容姿を馬鹿にされた女子高生が泣きそうになってたので

間に入った。

「身の潔白は警察で爪や手についた付着物を調べてもらうとわかりますよ」 
「仮に触ったとしたらあなた(男)の手からこの子(女子高生)の制服の布地が検出されます」 
と言うと一瞬顔色を変える男。 


「まあ今日はこのくらいで勘弁してやるよ、これからはこんなことするなよおブスちゃん♪」 
と軽口叩いて逃げようとする男。 
泣き出す女子高生。 
(これ絶対痴漢してたな) 

男を捕まえて

「身の潔白の為にも警察に行きましょう」 
「何もないなら名誉毀損として警察につきだせばいいんですよ」とまくし立てた。

続きを読む

618: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/24(木) 18:16:11.24 ID:p0XGqXis
俺が電車に乗ってた時なんだけど、電車内はやや混んでるくらいで俺はドアの傍の吊革
を右手で掴んでたんだ。
続きを読む

259: 本当にあった怖い名無し 2014/01/05(日) 17:28:38 ID:J9xnxuDMO
私 28歳
彼 34歳
彼子 17歳

私と彼は4年の付き合いで結婚前提の同棲中、
お互い親と挨拶済みだった。
そんなとき彼が女子高生に本気になった。
ある日を境にそっけない態度が続き、
疲れてるのかと彼の好きな料理やマッサージなどをしたが態度は変わらず、
私が何かしたんだろうかと悩んでいたら彼からファミレスに呼び出された。
ファミレスに行くと彼にぴったりくっつく美少女が…
「だ、誰?」とびっくりしてたら私の声真似しながら「だっ誰?だって~w」
と彼と顔を見合わせながらクスクス。
そして「彼君の本命の彼女ですよ~おばさーんw」とクスクス。
その後は二人で私の容姿と年齢を小馬鹿にしながらの別れ話。
告白も同棲も彼からの話なのに、
彼は私が彼のアパートに無理矢理押し掛けたと彼子に話していた。
「もうおばさんなんだから彼君が嫌になるのも仕方ないでしょ?羊水腐ってるんだしw」
と勝ち誇ってて凄かった。
彼もニヤニヤしながら頷いていた。
こんな底意地悪いことする人じゃなかったのにどうして…と思ったが、
その場は身をひいて別れ話をした。

続きを読む

818: おさかなくわえた名無しさん 2008/11/28(金) 19:16:14 ID:+t4RYzom
昨日の事。60台の日雇いっぽいオッサンが
地元の進学校の女子高生に告白してたな。それも電車の中でw

断ってもしつこくつきまとわれてたから俺が説教したら
恋愛は当人同士の勝手だろ?

それは好きあってる人間同士での話だっつーの。
そこを指摘したら
どこかの大学生だかしらねーがお前とメス女、いつかころすからな」と言い放って翌日から見なくなった

その女の子の話じゃ最初にその男と出合った時は電車が目的の駅につくまでの30分ほど顔をずーーーーーーーっと見られたらしい(正面から)
女の子は黒髪ストレートロングヘアーでいかにもなお嬢様系雰囲気なだけに
ああいうのをあしらうのは苦手なんだろうな・・・
まあ電話番号とメルアド交換しただけで出会いはありませんでした まる
明日メールするけど。


しかし本当に分をわきまえないヤツはずうずうしい

引用元: ・(-д-)本当にあったずうずうしい話 第93話

続きを読む

898: 愛とタヒの名無しさん 2011/04/10(日) 01:55:04.41
友人(新婦)が高校時代の先生と結婚式を挙げたときのこと。
二人は教師と生徒の関係だった頃から付き合っていて、友人が短大を卒業した年に式を挙げた。
披露宴には、ありがちだが歌を贈るために新郎のクラスの生徒たちが来ていた。
定番のてんとう虫のサンバの後、それぞれが色の違うポンポンを持って
「祝」の字を作るなどいかにも高校生らしいお祝いをしてほのぼのだったが、
〆の挨拶にマイクをとった子(牧瀬里穂似だった)がいきなり泣き出し
「ごめんなさい先生、私やっぱり先生のこと好きです。結婚しても諦められません!」
としゃがみ込んだところで空気が一変。
広がるどよめき。絶句の表情で固まる新郎を睨みつける友人。
友人父が「この野郎やっぱり生徒なら誰でも手ぇ出す奴やったんか!」と新郎を殴り
さっきの女の子が「やめて先生は悪くないのー!」とかばいに行って友人ともみ合いに。
収集つかなくなって、当事者まとめて別室に連れて行かれた。
披露宴はお食事会となり、各テーブルとも禁断の恋の話題で盛り上がったことこの上なし。
女の子のは一方的な片思いだったと誤解がとけ、二十年たった今も二人は夫婦やってるけど
旦那がいつ女子高校生に手を出されないかと、友人は不安が絶えないようだ。

続きを読む

このページのトップヘ