きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

墓参り

344: :2017/07/14(金) 00:23:47.22 ID:
25歳の時に付き合ってた恋人が事故で亡くなった。
彼がいなくなって、彼の部屋から婚約指輪のカタログが出てきたので、結婚を考えてくれていたのかもしれない。
そのあと恋愛とは縁のないところで生きてきていた。
でも、彼のお姉さんが結婚、出産をしたのを機に、私も先に進まなくちゃいけないのかもしれないという気になってきた。

それでもなりゆきに任せようと思っていたときに、婚約者と知り合った。
恋人が亡くなったこととか全部伝えた上で付き合ってくれた。
去年の私の誕生日にプロポーズをしてくれて、嬉しかった。
婚約者といると本当に幸せだったし、穏やかな気持ちでいられた。
お互いの両親への顔合わせも済んで、秋に入籍予定。
来週が恋人の命日で、結婚したらもう行かなくなるだろうし、回忌法要の年だし、けじめの意味でも休みをとって最後のお墓参りに行ってきたいと婚約者に話した。

今週末は、婚約者と旅行に行くし、来週末は友達の結婚式もあってもう1日の日に法事があるからその日に行くのは避けたい。
法事はさすがに行かないし、彼の両親とも結婚をするという報告を数年ぶりにしたくらい連絡を取っていなかったので一人で行って帰ってくるつもりだった。

そのことを婚約者に話したら、今更墓参りとかあり得ない、
彼の形見(誕生日に買ってくれた腕時計で使ってないけど捨ててもいない。でも、それなりにいいものなのに使っていないことを疑問に思った彼に聞かれて、もらったことを話した。)
を捨てていないことも意味がわからない、タヒんだ人でしょ?と言われた。
もういない人だけど、そんな言い方されるとは思ってなくてショックだった。
でも、今までも無意識のうちに彼のことを話したり引き摺っていたりしていたのかもしれなくて、婚約者を傷つけていたのかもしれないと思って謝った。
婚約者曰く、彼のことを想ってたり引き摺っている様子は一切なかったのに今更なんなんだと思ってると。
結婚するからこそけじめの意味で命日と回忌法要の年に最後のお墓参りに行くことがそんなに非常識なのか、そもそも考え方が合わないのか悩んでいる。
婚約者が付き合うときに言ってくれた、恋人を亡くして辛い思いをしたこともまるごと受け止めるから、と言ってくれたのも月日が経つと変わるのは仕方ないんだろうけど、なんかこのまま結婚していいか悩む。

続きを読む

695: 名無しの心子知らず 投稿日:2009/08/09(日) 09:55:27 ID:bN4XHtwS
流れを変えて、お盆の季節になると思い出す昔話を。

田舎でまだ個人商店が主流だったような町の、お盆の墓参り時期。
自分の家の墓石がいくらかズレていることに気づいた人がいて、地震もないのに不思議だと親族総出で墓をあけてビックリ。
遺骨がない!
よく探してみると過去の埋葬時に入れた遺品もない。

あわてて通報、その墓地の墓を全て調べたら他家でも無くなっている物多数。

犯人は、唯一被害がなかった家の娘(入り婿あり子持ち)。
遺品目当てに墓荒らし、いい遺品がなかった墓からは遺骨を盗んだり腹いせにゴミを入れたり、他にも窃盗多数。

塀の中行きが決まり、入り婿は子を引き取り離縁。
両親も盗み公認していたために村八分(個人商店がほとんどだったので買い物さえできなかった)、夜逃げ。

墓荒らしの被害者の中にはその筋の方がいて、塀の中から出てきた泥はその筋のしかるべきところに沈められ一生しゃぶられたそうな。

続きを読む

743: 名無しさん@HOME 2008/06/28(土) 10:18:50

流れを無視して恐る恐る・・・プチッとバカ夫婦話。

旦那実家とは近距離別居。でも凸された事も無いんでこの点では有難い。
がしかし、先々代まで農家だった家で女系家族の中の唯一の男子だった
旦那への密かな執着(旦那の前ではそういう素振は見せない)と層化信仰がウザイ。

待望の男である旦那には、しっかりと農家長男教も洗脳していたらしい。
女系で育ったせいか、旦那はマッチョな癖に女っぽい部分があり、若干というか正直ドM。
自宅では「おい動物」と私に呼ばれ「はい」とお返事して休日は家事を手伝う生活。

私との結婚生活で長男教の洗脳も解け、奥タン大好き男に。

でも義実家では勿論、そんな素振は全くお互いに見せずにいた。
多少イラッと来る事はあっても、旦那の親だし他人だしと一応我慢してた。
だけど相変わらずしつこい層化勧誘や大作マンセー攻撃に苛々も最高潮に。

つい我を忘れて「おい動物、お前の親何とかしろよ」と顎で合図しながら言ってしまった。

最初、ウトメは何が起こったのか把握できずに固まったままだったが
自体を把握しだすと「親に向かって!」「何て女なの!」と怒りだし、旦那に
「こんな女、さっさと捨ててしまいなさい!!ムッキー」という感じになった。

「あ、別に別れてもいいッスよ」とハナホジに近い状態で答えたら、旦那が
「それはダメッ!!奥タンと絶対に離れない!!母さんは父さんに守って貰えるでしょ!!
奥タンは俺が守るんだ!!し*う教の自由が認められている日本で、何の権利があって
無理矢理し*う教を押し付けてるんだっ!!奥タンの人格を認めない親なんか要らない!!」
そう言って、旦那はファビョる両親を尻目に私の手を取って義実家を飛び出した。
旦那もつい興奮して私の事を家に居るみたいに「奥タン」と呼んでしまいorzになってた。

その後2年近く義実家とは疎遠。

何か用事があるときは旦那が窓口になり独りで対応しているみたい。

続きを読む

このページのトップヘ