注目の人気記事

因果応報

211: 名無しの心子知らず 2013/11/02(土) 11:03:03.09 ID:XWrcSD0R
私の時は粘着性はなかったので大した被害ではなかった。 

災害で家自体は無事だったけどインフラが絶たれ当面住めなくなった。 
今はもう使ってない古い家でよければと親戚が申し出てくれて一時的に 
引越しすることにした。夫の勤め先は事実上の壊滅。仕事を探してあち 
こちを巡る夫。更に二児の下の子が病気になりとても回らなくなった。 

引っ越してすぐ知り合いになったAさん「何か困ったことがあったら 
言ってね」とは言ってくれたんだけど、実際にはお願いしても「今、 
手が話せなくて。」教えて欲しいことがあっても「ちょっと判らない 
わ。」でのらりくらり。子供を二時間ほど見ていて欲しいとお願いし 
にいったら「分かったわ、これにサイン頂戴。」と子供預かり書という 
書類を出してきた。私はてっきり持病やアレルギー等の確認だろうと 
見たら、お金のコトしか書いてなかった。

・費用は\1,000/h。規定時間を超過したら\5,000/h。 
・家にあるの物を子供が壊したらその分を請求する事に同意する。 
等々がズラリと並んでいた。私は怒るよりも怖くなってしまい「夫と 
相談してまた来ます。」と携帯で撮影して引き上げた。
そんな時にBさん・Cさんに出会った。役所に届け物を出しに行った時に
親切に教えてくれたのがきっかけで色々と面倒見てくれるようになった。
特にBさんはウチの上の子と同学年の子供が居て、同じゲームをやっての
もあってかよく一緒に遊ぶようになった。

程なくして何とか夫の勤め先が決まり、子供の病気も完治、生活全体が
落ち着いた。前住人の親戚が良い人だったお陰か地域にもすんなり馴染
めた。親戚の顔を泥を塗るマネはしたくなかったので地域の活動には
積極的に参加した。Aさんだけは、私が子供をお願いした時の事を「常
識無しの託児ママを紙一枚で撃退してやった」として周囲に自慢げ
に話していたので挨拶のみにして積極的に関わろうとはしなかった。

つづく

続きを読む




482: 名無しさん@おーぷん 2016/11/28(月)09:33:21 ID:Cid


旦那、ずっと前から腰が痛い腰が痛いって言ってて
一度検査受けたら?って言い続けてた。


湿布も鎮痛剤も効かないなら筋肉痛や神経痛じゃないだろと。
元々女房が言うことなんて馬鹿にして聞かない人だったけど、私なりに心配してたのに「うるせえ!」って怒鳴られたり殴られたり。
なのでもう黙ってた。
先々週、夜中にのたうちまわってやっと病院へ。
結果、手遅れの膀胱がんだって。膀胱だけに?
女房としてはショック受ける話なんだろうが、ホッとしてる自分がいる。


 
続きを読む

692: 名無しさん@HOME 2010/09/01(水) 18:30:33 0
>母の危篤時もプリンに会いに病院ぬけだしてたようなやつだから、  

大丈夫、そういう人はまともな亡くなり方しないよ。 
うちの母が亡くなった時、父方の同郷の爺が仮通夜から変に「これは○○だから」とか 
とか、「△家はそうではない」とかいい倒しやがった。ちなみに父は婿養子。 
なので△家の作法は関係ない。で、仕切る割には肝心なときに、「じゃあ」とか 
いって姿をくらませた。後で聞いたら妻には「葬式で~」とかいって、 
実はプリンちゃんと旅行。その後うちは爺とは必要以外絶縁状態 

で、1年後、仕事から帰ると爺の妻(爺にはもったいない良妻)が、 
自宅で心不全で突然タヒ。 
初めは動揺しており、絶縁中のうちにパニックで連絡してきた。 
爺は嫌いだが、母のタヒ後爺と絶縁後もなにかと気遣いしてくれていた爺の妻なんで 
「不義理はいけない」と抜け殻の爺の横で、妻の葬儀に手伝い&参列した。 
幸か不幸かお子さんはいなかったんで。 

が、この爺、一周忌も待たず、すぐに妻と住んでいた家にプリンちゃんを入れやがった。 
これで、完全に絶縁。 
ここからは父の地元の親戚から聞いた話。 
数年後、爺は、同居プリンが法事で留守中に自宅の風呂で亡くなったらしい。 
検視してもらったが、事件性はなく心不全だったとのこと。 
爺は体を病み始め、亡くなる前は歩行も怪しかったらしい。 
なぜか遺言状は、爺の妻がいるときのままであったため、財産は親族へ。 
未入籍のプリンは、爺の葬儀後、爺の親族に追い出されたらしい。 
因果応報ってこういうことなんだろうと思う。 

続きを読む

226: 名無しさん@HOME2008/10/24(金) 02:01:27
ウチのトメ、私の父親がぜん立線がんになった時に 
病室まで無理やり押し掛けて「余命先刻は?」「転移もあるんでしょうねえ」 
「(亡くなられても)安心してください、家屋の整理なんかはこちらでやりますので〜(笑)」と 
散々やってくれた。言われた時は父と二人でぽかんとしちゃて、反論もできなかった。 
微妙な部位の癌だし、お見舞いも断ってたのに。 
父は幸い治療に成功して数日の入院ですみ、転移もなく現在は元気に暮らしてる。 
夫はあとで事情を聞いて父に土下座してくれたし、〆てくれたけどトメはお見舞いに行って何が悪い! の一点張り。 
が、この恨みをいつか晴らしてやるとずっと思ってた。 

しばらく前、トメに癌が見つかった。 
本人は癌って知らないけど、転移もあるっぽい。 
とはいえ老人で病気の進行が遅いので、急にタヒぬようなことはないみたいだけど、 
詳しいことは義父しか知らない。 
で、お見舞いと称して入院中のトメのところに突撃。 
笑顔で「トメさん癌ですってねー、転移もしてるみたいで大変ですねー。 
ウチの父は転移してなかったけど、トメさんは肝臓がダメらしいですよ。 
肝臓癌って治らないっていいますもんねえ。 
あと半年もったらいいですねえ」 
とかましてきた。トメ、真っ白になってた。 

トメ、病院でパニック起してるらしいがあとは知らん。 

続きを読む

612: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/09/17(火) 23:01:20.74 ID:9tda6nd50
イジメの話が多くて申し訳ないのだが。 

高校時代、私とA子はイジメを受けていた。 
私は勉強は割合に出来たが運動が苦手、オマケに顔がバナナマンの日村を 
坊主頭にした感じでバイキン扱い。 
A子は美人で勉強も運動も出来たが、クラスの主流派に合わせることに興味が 
なく、主流派を自負する女子達からは白眼視されていた。 
当時はアムラーファッション全盛期だったけど、茶髪にもせず化粧もしない、 
でもA子の方が遥かに輝いて見えて、正直なところ私は憧れていた。 

私は主に男から、A子は主に女からイジメられていたが、能動的にイジメていた 
のがB♂、C♂、D♂、E♀、F♀のグループで、中でも主犯格のBとEは付き合って 
おり、互いに「面白いこと考えた!」とエグいイジメを競うように考えていたように 
思う。 
私は無視とバイキン扱いがメインだったが、A子は性的な物も含め、かなり酷い 
イジメだったと思う。詳細は胸糞悪いので書きたくないくらいに。 

私もA子もイジメられっぱなしで高校生活を終え、私は本州の北の外れから 
西の外れの国立大へ行き、A子は海外留学した。 
故郷から遠く遠く離れた環境で、非モテなりに大学生活を楽しみ、無事就職。 
それから十年近く経ち、どこから知ったのかA子から携帯に電話がかかってきた。 

「来月の同窓会どうする?」 
大学卒業頃から、毎年出欠ハガキが来てはいたが、毎回無視していた。 
「是非、今年出て欲しいのよ。ちょっとやり返したいからさ。君も協力してよ」 
他の連中に会いたいとは思わなかったけど、きっと、もっと綺麗になっているA子 
には会ってみたかったので、出席すると返事を出した。
続きを読む



439: 名無しさん@おーぷん 2014/08/09(土)02:55:14 ID:LSemq6ovG

長くなるので長文苦手な方はスルー願います

私の姉がバレエを習っていたので、
ついでだからと私も2歳からバレエスクールに入れられた
(姉は幼稚園卒園時に辞めた)
2歳から習ってるのであたりまえだが、他の子より上手に踊れた
だけどそのバレエ団は、金持ち優遇主義
発表会に20万出せば主役・10万で準主役
ド下手くそでも親がお金を出せば主役のお姫様の役になれる
貧乏ではないけれど私の親は基本出演料しか出さないので、

いつも脇役だった

そんな中、実力主義のバレエ団の本部が、区内に移転してきた
快活なオーナー先生(女性)、レッスンはスパルタ
オーナーへのお中元・お歳暮・心付けは禁止
発表会出演料は全員一律3万
一番上手な子は主役、下手くそは脇役
パチ屋の社長の娘でも下手な子は脇役

それを知った母親は、私をそのバレエ団に転入させた
続きを読む

110: 名無しさん@おーぷん 2014/08/20(水)17:20:31 ID:???
小さい鉄工所を経営してる。
間男に意地悪され続けて×2になる。
初めての嫁が出て行き間男と再婚、
次に言い寄ってきた女は間男の
差し金で3人で笑いながら過ごしてたって。

でも地道に仕事して来て良かったよ。
苦しい時も辛い時も一生懸命で
タヒのうと思った事もあったけど、
今は生きてて良かったんだって
今になって思う。×2になってやっと1年。
続きを読む

937名無しさん@HOME 2015/02/06(金) 14:30:31.00 0.net
うちの旦那は二人兄弟の下で、義兄は義母の実家に養子に出されて苗字が違う。
前妻との間に息子が二人いるが、私が結婚して間もなく病気で他界したため後妻をとった。
その後妻とも娘が一人でき、偶然うちの娘と同い年で生まれたためそこそこの付き合いはあった。

義兄嫁は娘が同い年ということで何かと比較し、
「うちの○○は成績がよくて~」などと憚りなく言うような人で
こちらは「そうですか」とスルーしつつ、必要以上には接触しないようにしていた。
のちに義兄の息子たちはそれぞれ結婚して家庭を持ったが、
義兄嫁が嫁いびりに精を出し疎遠になったらしい。

義父は旦那が小さいころ亡くなっており、義母は諸事情で晩年ホームに入っていたが、時折面会にいくのは我が家だけだった。
義兄夫婦は「遠いから」とか理由をつけて行くのを拒否し、
「あなたたちが行ってくれるから安心」などとのたまうだけ。

ある日突然ホームから「義母が倒れて入院した」と連絡がきたが、当然駆けつけたのは我が家のみ。
脳梗塞で意識不明のまま1週間入院して亡くなったが、その間義兄嫁は一切面倒も見ず、
顔も出さなかった。
亡くなったと知らせが来たのは昼間だったのですぐ義兄家にも連絡したが、義兄嫁が「うちは子供の世話があるから行けない」。
うちにも同じ年の子供がいるんですが?と言いたいのをこらえ、旦那に連絡してひとまず私が病院へいき、
遺体を引き取って帰ってきた。

旦那の希望で自宅で葬儀をやることになったが、義兄嫁は「一晩中遺体についてお線香絶やさないなんて気持ち悪い」
「子供たちのご飯つくらなきゃ」といって顔だけ出して早々に帰り、
義兄も「俺は養子に出た身だから、あとはお前たちが仕切ってくれ」と
言って帰宅。

旦那も義兄夫婦の対応に怒り呆れ果て、
「申し訳ないがおふくろの葬儀だけはこらえてくれ。あとは絶縁だ」と言って、
殆ど付き合いはなくなった。

最近になって突然義兄から手紙が届き、義兄嫁が腎臓の病気で人工透析をすることになり、
今まで散々いびってきた嫁に頭を下げて同居しているが、肩身が狭く病状も思わしくないとのことで
嫁同士チカラになってやってくれ…と言ってきたがお断りした。
「病気の人に手を差し伸べるのが人として当然」みたいな態度だったが、因果応報だと思っている。

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/live/1422007947/ 
続きを読む

このページのトップヘ