注目の人気記事

350: 名無しの心子知らず 投稿日:2016/03/14(月) 22:40:00.80 ID:E72ufYd9.ne
先週の金曜日の事。 
同じ1歳の子供がいるママさん達4人で支援センターに遊びに行った。特に何事もなく、解散したその日の夕方にママさん達とのLINEグループに1人のママさんが「ちょっと言いたいことがあります。」ときた。 

何かと思ってたら「私さん、パトカーや救急車、消防車がサイレンを鳴らして走っている時は何か大きな事件や人の命がかかっている時です。 
なのに子供に「救急車だよ~」って笑いながらいうのはどうかと思います。人の不幸を喜ぶような人とはあまりお付き合いはしたくないです」ときた。 
はぁ?と思って思い出したら支援センター帰りに救急車がサイレンを鳴らして走ってるのをみて、確かに言った。けど人の不幸を喜んでたわけじゃない。 
ただ自動車に興味ある子供に教えただけ。それもダメなの? 
とりあえず返事せずに既読無視。他のママさん達は心配のLINEと相手にしない方がいいって言ってるけど、絶対にまた支援センターで会いそうで嫌になる。
続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/11(水) 18:20:35.80 ID:1ukQO8BP0.net
 
東日本大震災追悼式の宮城県遺族代表、菅原彩加(さやか)さん(19)=石巻市出身=のことば ◇
私は東日本大震災で甚大な被害を受けた

宮城県石巻市大川地区で生まれ育ちました。

小さな集落でしたが、朝学校へ行く際すれ違う人皆が
「彩加ちゃん! 元気にいってらっしゃい」と声をかけてくれるような、
温かい大川がとても大好きでした。
あの日、中学の卒業式が終わり家に帰ると大きな地震が起き、
地鳴りのような音と共に津波が一瞬にして私たち家族5人をのみ込みました。
しばらく流された後、私は運良く瓦礫(がれき)の山の上に流れ着きました。


その時、足下から私の名前を呼ぶ声が聞こえ、かき分けて見てみると釘や木が刺さり
足は折れ変わり果てた母の姿がありました。
右足が挟まって抜けず、瓦礫をよけようと頑張りましたが
私一人にはどうにもならないほどの重さ、大きさでした。
母のことを助けたいけれど、ここに居たら私も流されて死んでしまう。
「行かないで」という母に私は「ありがとう、大好きだよ」と伝え、
近くにあった小学校へと泳いで渡り、

一夜を明かしました。 


続きを読む

193: 恋人は名無しさん 2015/02/14(土) 20:13:26.08 ID:BGmEuYMb0.net
付き合いはじめは普通だったのに最近いきなり 
「私たちは他の命を頂いて生きてるんだよね」
とか電波なこと言い出した 

チョコ食うときまでいただきますとか言ってて引いた
続きを読む

309: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/08/01(金) 20:10:22

妻が妊娠したんですが産みたくない、おろしたいって言われて困っています。

妻44、俺46、長男24、長女22です。
子供は二人とも学校を出て働いています。
息子のみ同居で娘は一人暮らしです。
妻は自分の年齢が不安、上の子たちがどう思うか不安、生まれた子が年のいった親をどう思うか怖い、周りの目が怖い、と言います。
でも俺は授かった命は生んで育てたいんですが。
皆さんどう思われますか?
続きを読む

このページのトップヘ