きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

叔母


908: 名無しさん@HOME 2013/11/27(水) 10:21:57.23 0
弟夫婦は、経済的に苦しいという理由で
結婚と同時に実家で同居を始めたが、 
弟嫁は父が亡くなったとたんに態度が豹変。 
家事放棄して、一日中寝てるか
遊び歩いているらしい。 

情けないことに、弟は嫁の態度を
改善させる事も出来ず、間に立ってオロオロ。

私は母に相談されて、弟夫婦を追い出せ、
なんなら手伝うって言ったんだけど、
驚いた事に母の方が実家を出た
(土地家屋の名義は母のまま) 

母は父とうまくいってなかったし、
いまだに小姑である叔母達が
デカい顔をして出入りしている家には、
何の未練もないそうだ。 

しかも今私が住んでいる都市の郊外には
母の実家もあり、
仲の良い姉妹も住んでるので、
この街でマンションを買うことにした。 

んで、母が実家を出てから数ヶ月、
今まで母が遮断してた叔母達の口撃を 
一人で受けることになった弟嫁が
電話で泣きついて来た。 

ホコリだらけの仏壇をみた叔母が怒りまくり、
毎日毎日説教に来るらしい。 
居留守は見抜かれ、朝から出かけても
叔母のおかんネットワークは凄まじく 
弟嫁の外出先にも凸して説教。 

「もうあの店には恥ずかしくて行けない」
そうだw 

家を出たい、お母さんが買ったマンションに
住みたいとか図々しい事を言い出したので、
不愉快だから二度と電話かけるなと、
ガチャ切りした。 

弟からも電話があり、
母に帰って来て欲しいとか、
叔母をなんとかしてくれって 
泣きつかれたけど、 

「良い機会だから、
嫁にしっかり家事を仕込んでもらえば?」 
って言ったら、そうだなぁ、
ちょっと考えるって言って電話を切った。
馬鹿だ。 

現在母は、家具屋や雑貨屋を廻って、
うまれて初めての一人暮らしの準備にうきうき。 

母が実家を出るきっかけを作ってくれた
弟夫婦には少しだけ感謝している。
続きを読む


422: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)10:21:27 ID:vxB
長い長い吐き出しです。長文嫌いな方はスルーして下さい。

母には一回り以上年が離れた腹違いの妹(叔母)がいて、
祖母は後妻さんだったんだそうだ。
母が結婚が早かったこともあって、長女の私のことを
当時まだ学生だった叔母は妹が出来たと喜んで
小さい頃からとても可愛がってくれたし、私も大好きな叔母だった。

母にとっては最初は男の子が欲しかったみたいで
(デキ婚だったし、嫁ぎ先の跡取りのプレッシャーがあったみたいだ)
女の子だったからか母は私より後に生まれた弟の方を可愛がってると
子供心に強く感じていたこともあったから余計に。

その叔母は、結婚してまだ新婚のうちに旦那さんを事故で亡くして
義両親と同居だったそうだけど、とても仲が良かったこともあって
未亡人になったあともそのまま同居し、義両親を最期まで看取ったらしい。
旦那さんを早くに亡くしたことまでは知ってたけど、それ以外のことは
最近まで知らなかった。

その叔母さんが5年前に尻餅からの圧迫骨折で杖を使うような生活になり、
通いの家政婦さんを雇ってたけどなかなかいい人に巡り合えず、
その話を聞いて私がお手伝いにいくようになった。
旦那も理解してくれて(旦那のことも可愛がってくれてたし)
週3日お手伝いに行ってた。

大好きな叔母さんと色々おしゃべりできるのも楽しくて、
料理も手は出せないけどレシピは色々知ってるから、
教えてもらいながら作って、私自身のレパートリーも増えたりして。

でも私が通いじゃなかった日に心筋梗塞起こして布団の中で亡くなってた。
発見したのは私。

警察が来て不審タヒ扱いで事情聴取もされて、なんやかやすごく大変だった。
生前叔母さんからは「タヒんだら私ちゃんにお葬式出してもらいたいわ」
なんて冗談っぽく言われてたけど
旦那がそうしてあげろって言ってくれたからその通りにお葬式出してあげた。

出してあげたって言っても一時的に立て替えただけで、
お葬式代は叔母が自分で用意してあった。
母には相談したけど「うちがやる理由がない」って一蹴された。
父は昔から空気で母がやらないと言えばやらないに賛成って人。
身内はこんなだけど、叔母さんは友達が多かったから賑やかなお葬式になった。
続きを読む


753:おさかなくわえた名無しさん2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:zcg+KQJn
血の繋がった叔母に5000円で売り飛ばされそうになった

・叔母の家は自営業で、客の中にお得意様であるお金持ち老夫婦が居た
・その老夫婦にはヒキコモリの孫(男・20代半ばくらい)が居た
・ヒッキー孫は実家ではなく祖父母である老夫婦の家の一室に引きこもっていた
・ありとあらゆる我侭が黙認されるためと思われる 
・ゲームと漫画にかこまれてひたすら引きこもる孫が老夫婦へ駄々をこねた 
・友達が欲しい 
・男は乱暴だからおとなしい女の子がいい、年下がいい、でも離れすぎてるのもイヤ 
・老夫婦は娘が3人いる叔母に女の子を紹介してと持ちかける 

・うちの娘は年が離れてるからあんた行ってちょうだい!と私(当時16)に話をもってくる 
・条件は、GWの連休中に泊り込みでそのヒッキーの隣の部屋で過ごすだけ、日給5千円、簡単でしょ! 
・うちの娘はだめ!本家の娘もダメ!年齢がむこうの条件に合わない!だからアンタ行け! 

・(私)私と同い年の女の子の親戚他にもいるじゃん、連休中とか友達とも遊びたいしずっと泊まりは嫌だ 
・(叔母)あの子(同い年のイトコ)もだめ!とにかくあんたが行け! 
続きを読む

123: 恋人は名無しさん2009/05/26(火) 13:00:26 ID:N9uH5xDH0
田舎から関東に引越しする前から、何故かほぼ同居状態だった愛人さん。 
この人実は、母の実妹。(叔母さんですね) 
関東に引越しする前から父には、放浪癖?みたいなモノがあり、 
いきなり家出をする人だったみたいです。 
関東に引越ししたのも、父の家出が発端。 
関西まで進出して結局、関東に落ち着いた。 
田舎に戻っても楽しい遊びが出来ない?みたいな感覚で  
私達(母、私、弟)は父の元へ引越し、 
その1年後に叔母が父を追いかけるようにやってきた。 
そして、一応隣のボロ屋を借りて叔母は住むんだけど 寝る時以外はほとんど一緒。 
もう、同居と同じ状態でしたね。 
私は、最初これが普通なのだと思っていたけれど、友達が  

「あんたの家おかしくない?何で叔母さんが同居なの?」 

っと。その言葉で叔母に不信感を持った小学校高学年の私。 
思春期に入っていて叔母の怪しい行動?が、ポロポロ見えてきたわけです。 
それでも母が何も言わず 私は何も言わないまま そんな奇妙な生活は続く。 
そして私が高校に入学する時 一戸建ての家を購入して引越し。 
何故か、叔母さんも一緒に引っ越して完全同居になる。 
 
続きを読む

458:   02/06/22 15:27
失礼な一言スレにも書いたんですがこっちのほうが合ってるようなので 

ウチ、元公家さんなんですが、妹の旦那の親が家柄とかそういうのが自慢の 
廚で 

妹曰く 

『アナタのご実家、調べさせていただきましたけど、まぁまぁ普通の 
ところの様ね』 

確かにウチは維新後本家と分かれた分家筋で親もリーマンですけど 
ご先祖さんはゴニョゴニョ 

『まぁ若干釣り合いはとれないけど宅の○○ちゃん(旦那)がいいって 
言うならしかたがないわね(旦那は三男)』 

正直唖然 一体どこの調査会社に調べさせたのやら(w 

ちなみにこの三男、こういう親が嫌で高校から家を出ていたそうだ。 
この話をウチの母親から聞いた京都の本家筋の親戚、ピクっと来たらしく 
本家を仕切る叔母が『東夷に礼儀を教えてあげましょうか おーほっほ』 
と(いやマジでw)おっしゃり、こりゃ結婚式ただじゃすまないなーと思っ 
たら祝電披露やらスピーチやらでやってくれました。 
京都の親戚筋はまぁ元公家さんばっかなんですが(当たり前か)横の繋がり 
が強固なようで、名前を聞けば誰でも知ってるようなお名前がずらりと・・・ 
叔母曰く 
『生半可な自慢は恥かくだけって田舎者には教育してあげないと○○(妹) 
が苦労するでしょ。いい機会だわ。みみっちい自尊心粉砕しておきましょ』 
と。京言葉でおっしゃるので迫力が(w 
おかげで向こうの親、妹には以後高飛車に出ることはなくなったそうです 

続きを読む

35: 名無しさん@HOME 2011/05/10(火) 09:58:31.28
 
DQNてほどでもないんだが… 

地方から就職で東京に出てきて、こちらで結婚。

で、子なしなんで義母からさんざん嫌みだの嫌がらせをされた。
そんな中、義母が同じ地方出身だということが発覚した。
ふと、教師生活38年教頭まで勤めた叔母に相談してみた。
見事に「○○のとこの義母子!あーあの子ね!」とヒット。
なんかかなりの問題時で親子面談や家庭訪問までしたし。
(小学校教諭なのに)高校卒業後は就職の面倒まで見たとか。

田舎って狭いなぁwww 


おかげで今はすごく快適に過ごしてる。

また皆で食事しようね。 
続きを読む

772: 本当にあった怖い名無し 2012/06/24(日) 18:18:03.69 ID:PrhmwffX0
昔からうちの家族に嫌がらせばかりする叔母(五女)に対して
少しだけ復讐した話。

その叔母は、性格が唯我独尊で、自分が悪くても絶対に
謝れない上に、一度自分で結論を出したらどんな証拠を
見せても納得しないという難儀なやつだった。
子どもはおらず、旦那が割と収入が良い仕事だったため、
お金があるのだけが自慢だった。
母親は、昔からその叔母から嫌がらせや暴言を受けてき
たのだが、実の妹ということで色々便宜を図ってやり、
その叔母に対して怒り狂う子どもたちに対して
「私に免じて許してあげて欲しい」というような人物だった
ので、今日までずっと我慢して来た。
何度も殴り○したいぐらいの事も有ったがずっと我慢して来た。
続きを読む

このページのトップヘ