きまぐれ鬼女-鬼女・不倫・浮気・修羅場系まとめ

当サイト[きまぐれ鬼女]は、鬼女・修羅場・キチママ系などの日常生活に関する2chの面白い話をまとめた鬼女系2chまとめです。

注目の人気記事

勘違い

746 :きまぐれ鬼女 2020/06/11(木) 10:24:11 ID:v4.jk.L1
中2の娘が初めて同じクラスになった女の子の身体に触れたら、
その子がコルセットを装着していたらしく娘が面白がって「え、なにこれ!固い!」「何か入っている!」と大声で騒ぎながら何度も触ったらしい。
娘の発言を聞いて娘の友達や男子も、その子の体をベタベタ触ったりグーで叩いたりしたらしい。

学級委員をしている男女2人とその友達が止めに入って先生を呼んで、娘達は先生に注意された。
その子の親御さんに謝罪した方が良いか先生に尋ねましたが、謝罪まではする必要がないが、その子は病気でコルセットをしていることを娘さんに説明したので親御さんからも注意してあげてほしいと言われた。
なんて言えばいいんだろう。
娘はコスプレで着るようなコルセットをつけていると勘違いして、からかってしまったと言っている。
あまり人の体をを触るなでいいんだろうか…。
続きを読む

565 :きまぐれ鬼女 2010/08/15(日) 07:46:00 O
自分大好き男と距離を置いたあとの出来事でございました…。


件名:(≧ー≦)

バランスとって二人で歩こう
傷めたハートがしぼんじゃう前に
遠くて近いふたりだけの場所
小さい手・あったかい手
今度はぜったい離さないでね
口にだすよりわかりあえる
『好き』を伝えるスキンシップ♪
ルンルン気分でさぁ歩こう!
涙はもういらない♪


お前に泣かされたんだっつうの。
氏ねと。
続きを読む

746 :きまぐれ鬼女 2012/04/16(月) 17:51:55 O
元カノでもなければ復縁要請でもないのでスレチすまん
なんか学生の時の女友達が変な事になってるから吐き出したくて

その友達(A)は大学の時仲良くなった女友達の友達
あんまり今時な子ではなく地味目で人見知りで女友達はいるけど男友達はいないみたいだった
共通の友達を交えて話すうちにちょっとずつ仲良くなって2人きりでも話せるくらいになった
そして少しだけど好意を持つようになった
でもかまうとするりと逃げられるのであちらにはそんな気はないんだろうなと思っていた、こちらも少し気になる位だったし
卒業式で「もうAとあんまり会えないなんて寂しいよ」と冗談ぽく言ったら、Aも「社会人だからね」と笑っていた

それから他の学部の女友達から頻繁に遊びに誘われるようになって、付き合うようになった(今の嫁)
嫁から許可が出たので披露宴にもA含む女友達を呼んだ
Aも笑顔で祝ってくれた…はずだった

長くてすまん、ここまで前提

続きを読む

130 :きまぐれ鬼女 2010/07/13(火) 17:11:46 0
昔の携帯が出てきたので、発見したロミオメール。
ロミオは元上司で、勘違いが激しい困った人でした。

仕事帰りに当時彼氏だった旦那とデートする予定だったので、いつもより集中して仕事をしていた。
〆日前から当日まで、大抵1~2時間は残業になるのだが、この時は作業計画通りに進んでいたので
残業せず帰れそうだったので、ウキウキしながらPCの電源を落とし営業の人へメモを置き、帰り支度を
していたら、背後からロミオ登場。
作業報告をして帰ろうとする私にモジモジする元上司。
なんだよーと思いつつ「他に今日までの書類等ありましたか?」と聞くと

「君が残業するのは、僕と二人になりたいからだろう?気づかなくてごめんね」
「君は若くないけど(当時私25、元上司33)結婚を考えてあげても良いよ」
「出張の度に君にだけ、特別にお土産渡していたんだ。嬉しいでしょ?」
お土産、他の事務女子社員にも渡してたじゃん・・・ウヘァ状態だったが、気を取り直し彼氏がいる事を伝え
お断りさせて頂いた。その後、嫌がらせなどは無く普通に上司部下だったが、私の結婚が決まり退職を
伝えると、毎日携帯にメールを寄越してきた。以下、抜粋。

続きを読む

272 :きまぐれ鬼女 2019/05/22(水) 14:19:31 ID:DT1rJcVu.net
めっちゃ混んでる週末のイオンモールに妻子と行った。
たまたま平面駐車場の、店内入り口に近い所が空いてた為、ラッキー!と駐車。
で店内歩いてたら少し気分が悪くなったので、妻に言って一人車で休む事にした。
駐車場は相変わらずの大混雑、空き待ちの車が徘徊したりハザード点けて隅に停車したりしてる。
それを横目に車に乗り込んで寝ようとしたら、一台の車が俺を見ながらすぐ側でハザード出して停まった。

明らかに俺の枠を狙ってるんだけど、俺はすぐには動かない。
ただ休みにきただけ。
わざわざ車を降りていって、『すぐには出ませんよ』と言う義務もないと思って気にせず、シートを少し倒してスマホいじってた。
しばらくしたら窓をコンコンされ、開けると、
『出ないんですか?』
『はい、休んでるだけですが?』
『紛らわしいんですよね!』
『何がですか?』
までやり取りしたところで相手は車に戻って急加速して何処かへ行った。
なに?俺が悪いの??
続きを読む

367 :きまぐれ鬼女 2020/03/26(木) 17:12:05 ID:vb.dx.L1
愚妹がやらかしてくれたわって愚痴
私は実家広島で専門系の高校卒業してから東京に引っ越し&就職
高校の親友も同様に東京に来た
どちらかの家に泊まる頻度も高いし病気になったとき便利だったからお互いに合鍵を交換してた
アポなし訪問はしないとかのルールも決めてトラブルもなくやってた

4月から妹も東京で働くことになって一昨日に引っ越してきた
家に来るときは事前に連絡してと言ってあったのに妹がアポなしで私の家のピンポン連打
偶然親友が私の家にいたから出てしまい「姉ちゃんの家から姉ちゃん以外が出てきた!泥棒!」と騒いでごたごたして最終的に警察のご厄介に
仕事中に警察から空き巣を捕まえたと連絡された私が午後休とって慌てて駆けつけて上記聞かされる
事前に訪問連絡されて私が許可した客人で空き巣ではないことを説明して親友と妹を引き取って警察を後にする

これで勘違いしちゃったね、チャンチャンで済めばよかったのに妹が逆ギレ
「家主がいないのに家に入るなんて泥棒と一緒!」→家主本人が許可してる
「ゲーム機を持ち出そうとしてた!許可取って入ろうが泥棒!」→それは親友が忘れていった親友のゲーム機
「第一他人なのに合鍵を持ってることがおかしい!」→当人同士が納得してやってること
「お前(親友)の持ってる合鍵を私に寄越せ!」→アポなし訪問するようなやつに合鍵渡したくない

昔はまともだったはずなんだけど…
私が実家から出た4年間でおかしくなったのか、元々潜在的におかしかったのが今露見したのかわからないけど
今後は妹との付き合い最低限にしようかな…
続きを読む

848 :きまぐれ鬼女 2018/04/28(土) 12:20:21 0.net
彼と会った日の夜、寝ぼけて彼だと勘違いして半年ぶりに旦那とディープキスしてしまった
途中で気づいて離れたら、したいって言ってきたけどちょうど生理だったから断った

半年前に子どものことで気まずくなりキスはおろか手もつながなくなって
その間に今の彼と付き合いだし精神的にも肉体的にも満たされたからか、最近旦那にも少し優しくできるし歩み寄れるようになったけど、やっぱりもうキスはおろかセ○クスとかできないよ

彼は年的にもう奥様とはそういうことはいっさい無いらしいし、バレないように旦那さんとは仲良くしなよって言ってくる
軽いキスやハグぐらいならがんばれたんだけとなぁ
続きを読む

714 :きまぐれ鬼女 2020/01/18(土) 12:31:57 ID:Psd
よく分からない修羅場に遭遇したことがある。
私は結婚してすぐ、とあるハウスメーカーで注文住宅を建てた。
そこのメーカーさんは、家を建てる前に、間取りのイメージをつかむためお宅訪問サービスをやっていた。
同じハウスメーカーで建てた一般住宅を訪問して、内装や光熱費なんかを見せてもらうサービスね。
で、我々の家が建ったあと、そのお宅訪問サービスをする側になってくれないかと頼まれ、了承した。
お宅訪問があるときは、担当者から事前に電話があって、後日その担当者と一緒に家の購入を検討してる家族が来る。
実際に何家族か出迎えたし、我が家を見て住宅購入を決めた家庭もあったようだ。
そんなある日、平日の午前中に、いきなり家のチャイムがなった。
インターホンを見てみると、全然知らない若い男女の姿。
「こんにちわ~。ここって〇〇(旦那のフルネーム呼び捨てだった)の家ですよね?ハウスメーカーに紹介されて、お宅訪問に来ました~」
と、女性.に言われ、今日訪問があるなんて聞いてなかった私は仰天&大慌て。
まさか旦那が私に訪問のことを伝え忘れてたのか!?と半ばパニックになり、思わず何の警戒もなく玄関のドアを開けてしまった。
で、直に対面したとたん、それまで笑顔だった女性.が突然ギャーーー!!!と叫んだ。
こっちも腰を抜かしかけたが、向こうはそのままワケの分からないことを叫びつつ、手のひらで私をバシバシ叩き始める。
あとでご近所さんに聞いたところによると、女性.は「泥棒!!泥棒!!不審者がいる!!おまわりさーん!!」と叫んでたらしい。
叩かれまくってた私は、混乱しすぎて全然聞こえてなかったけど。
それで気がついたら、男性.につかみかかられて扉に思いっきり押さえつけられていた。
恥ずかしい話、何が何だか分からなすぎて私はガクガク震えてされるがままだった。
そのうち、騒ぎに気づいた近所の人が駆けつけてきて、私を押さえる男性.やキーキーわめく女性.相手にもみあいになり、もうめちゃくちゃ。
すぐに警察がすっ飛んできたけど(交番が近い)、とんでもなく長い時間に感じてしまい、やっと男性.から解放されたときには涙が止まらなかった。
で、隣の家の奥さんに抱えられつつ事情聴取を受けたんだけど、何だか妙な質問をされるのね。
「この家はあなたの家で間違いありませんか?」って。私は「はい」としか言いようがない。
隣の奥さんも近所の人も肯定してくれて、それで警察の人も納得したらしく、謎の男女の元へ戻ってったんだけど、女性.は「嘘だ!!あの女なんて知らない!!〇〇(旦那の名前)の奥さんは違う人だ!!」って大声で叫んでいる。
私はとにかく、あの男女は初対面であることと、突然やってきて叩かれたことを警察に主張しといた。
結局、その日はそのままグダグダで解散。どうも警察が事情聴取しても男女の方が素直に応じなかったらしく、二人はパトカーにのって行ってしまった。
後日わかったこと。あの男女は確かに、我々と同じハウスメーカーで家を建てようとしている夫婦だった。
で、彼らがそのハウスメーカーを選んだのは、同じハウスメーカーで家を建てた友人がいたからなんだけど、その友人というのが偶然にも、うちの旦那と同姓同名だった。
男女の担当者が、お宅訪問を提案したとき、どのお宅を見に行くかリストを出したみたいで、そのとき旦那の名前を見つけて友人と思い込んでしまったらしい。
その辺がよく分からないんだけど、あの男女、その友人とは連絡は取り合うものの具体的な家の住所は知らなかった?ようで。
担当者の目を盗んで、勝手に友人(と思い込んでる我々の家)の住所をゲット。
友人なんだからアポなしで行っても大丈夫だよね、と軽く考えて我が家に突撃してきたらしい。
ところが出迎えた私が、二人の知る友人の妻じゃなかったため、知らない人が友人の家に!?→泥棒だ!!と勘違いした、と。
警察から教えてもらって目玉とんでったよ。勘違いする以前に家を間違えたと思わないもんかね?
向こうは、勘違いなんだから自分悪くないと思ってるみたいだけど、こちとらそこそこ怪我をしてたので、警察にはそれなりの対応をしていただいた。
家バレしてるから逆恨みが怖かったが、幸いそういうこともなく、男女のご両親からは警察を通じて丁寧な謝罪をいただいた。
あとハウスメーカーの、男女の担当者と、我々の担当者からも、土下座せんばかりの謝罪があった。
情報管理の甘さをひたすら謝ってくれたけど、詳しく話をきくと、あの男女ってばスタッフオンリーの部屋にずけずけ入り込んで資料あさって我が家の住所探し出したんだってさ。
色々常識の通じない人種っているんだなぁと、しみじみしてしまった事件だったよ。
続きを読む

365 :きまぐれ鬼女 2020/01/05(日) 11:35:22 ID:lL.lp.L1
数年前の出来事
同級生が女優になったのだがとある番組で初恋の相手の話を
した
その話を聞いて多分同級生Aの事だな、と思ったが
翌日、同級生Bから
「あの女優が言ってたのって俺だよな?」
と言ってきた

俺は
「何いってんの?Aの事じゃないか?」
と言ったがBはあれは絶対俺の事だ、ど頑として譲らなかった
女優が言っていた初恋の相手は虫取りが趣味、明るい、勉強
もできる時と出来ないときの落差が激しい。
それに対してBはゲームが趣味、どちらかというと根暗
勉強はずっと上位とほぼ真逆
なのに女優は自分の事が好きだった、勇気を持って告白
すれば良かった、と言っていた

その年に同窓会があり女優も来ることが分かるとBは
「俺、告白するわ」
と騒ぐようになった
一応何人かに説得してもらったが全く聞き入れてくれなかった


そして同窓会当日、Aは来なかったがBと女優は来た
女優の周りには直ぐに人集りができた
Bもいたのですぐに
「以前テレビに出たときに言っていた初恋の人ってAだよな?」
と聞くとうんと答え、その後如何に自分がAの事を好きだった
かを話した
その間Bは驚いた表情をしていた
特にその後問題を起こさなかったが
「女優は俺の事を好きだったはずだ」
となおも食い下がってきた

その後仕事の関係で引っ越しをしてしまい同窓会に
もいかずBとも連絡をとってない
何度もあれはBのことじゃないと言っているのに
理解してくれない事が分からない



続きを読む

533 :きまぐれ鬼女 2018/06/26(火) 19:39:33 .net
遅刻したり上司に楯突いたりの勘違いパートさんが
「こんなとこよりもっといい仕事がみつかった」って言って
後足で砂かけるような辞め方したけど
しばらくして「雇用保険もらいたんで離職票を早くくれ」とか
言ってきたんで笑った
「あれ、ここよりいい職場はどうなったんですか」と聞いてやったらフジコフジコしてた
続きを読む

このページのトップヘ